2012年04月22日

福島の子どもたちからの手紙「わたしは何さいまで生きられますか?」

福島の子どもたちについては、今まで何度かブログでも紹介させていただきました。(関連ブログをご覧ください。)はだかの王様を見抜いたのが子どもであることからもわかるように、真実を見抜くことができるのは子どもであるのは、古今東西論を待ちません。


から。哀しい子どもたちの声なき声をご覧ください。

小学校3年生
2012042201.jpg

小学校5年生
2012042202.jpg
 小学生に何歳まで生きられますかと聞かれるような国・政府が健全なはずはありません。放射能のガレキを全国に振りまくのではなく、子どもの健康のことを一番に考えないとおかしいのではありませんか。なぜ、この子どもたちのさけびを無視して、放射能をばらまき、さらには放射能という毒を作る原発を再稼働するのか、私には全く理解できません。毒を作って世界中の人たちを死滅することが電力会社の使命としか思えません。
 子どもに言われました「なぜ、電気を作るときに毒を作るの?つくんなきゃいいじゃん」と。
この言葉に、きちんと答えられる大人がいますか?「毒を作らないと、みんなが食べていけないんだよ。」とでも、説明するのですか。電力会社の本当の使命はなんですか。

通販のカタログ(表紙)
2012042203.jpg

1ページ
2012041713.jpg

拡大
2012041715.jpg

 放射線量計が、育児関係の通販に平然と載っていますし、この線量計はアラーム機能がありません。(わざと省いているんでしょうか、子どもにストレスを与えないために)

 このような線量計が大々的に売られていることからも、この問題が決して福島に限定されるわけではないことがよく分かります(この通販誌は、全国で売られています)

 もう、放射能は風評被害ではなく、現実の問題なのです。ところが、福島では次のような催しをわざわざするそうです。
 
小学校鼓笛パレード復活 福島市教委が2年ぶり
 福島市教委は20日までに、東京電力福島第1原発事故の影響で昨年中止した市小学校鼓笛パレードについて、今年は5月16日に実施することを決めた。児童への放射線の健康影響に配慮し、パレード区間の短縮や放射線量測定の徹底など放射線対策を万全に実施する方針。
(中略)
 区間内の放射線量については今月5日に区間内9カ所で測定し安全性を確認したほか、開催2日前となる5月14日にも測定する。さらに当日は、参加全児童をバスで待機場所から送迎するほか、マスクを配布するなどの対策も講じる。
 市教委は「放射線に対する保護者の不安も理解できるが、鼓笛パレードの実施による子どもたちの成長がより重要と考えた」と話している。
(2012年4月21日 福島民友トピックス


 また、得意の外部被曝だけを測定する方法で安全だと称しているのでしょう。放射能が舞う中での鼓笛隊パレードは、肺の中に放射能を吸い込み、内部被曝につながります。なぜ、放射能を無視して、このような危険な催しをさせるのでしょう。教育委員会がもっとも大事だと思っていることはなんですか?

◆関連ブログ
フクシマの今−韓国テレビと投稿から2012年03月12日
子どもの屋外活動は、30分以内(福島県郡山市)2012年03月03日
BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」3月1日放送から・・フィルムバッジをつける子どもたち2012年03月08日
小中学生、高校生、役人、有名大学教授 正しいことを言っているのはだれ?2011年09月23日
子どもの目は真実を穿つ−「今、福島には来ない方がいい…」2011年08月13日
タグ:P
posted by いんちょう at 07:28| Comment(11) | 原子力
この記事へのコメント
SF小説かなにかフィクションものをみせられているような、それでいて本当に日本で起こっていることなんだと、血の気が引く思いです。どうして黙認して生きていけますか。
Posted by Etsuko Makino at 2012年04月22日 07:48
本当にSFみたいですね。

こんな手紙を子供が書かざるを得ない状況が悲惨です。

親たちの話していることを聞いて書いているのでしょう。学校では大丈夫とPRしてるようなので。

この状況が子供の心にどれだけの負担を課しているか。

親は子供に対しては、「大丈夫だよ」と安心感を与えつつ、即座に東日本を脱出するしかないのです。今スグに!
危機感・不安を植えつけつつ、そこに留まる事が一番問題だと思います。

戦争で爆撃が激しくなったら、すぐに疎開させたりしていたのに、「放射能」に関しては目に見えないから、危険と知りつつ住まわせ続ける。判断が間違っていると感じます。

Posted by アナンダ at 2012年04月22日 12:47
はじめまして。ドイツ在住です。
オンラインで読む日本の新聞のニュースからは知ることができない貴重な情報を いつも読ませて頂いています。

子供のための外出用のグッツの中に、
こんなものがある日本って、
どういう国なのか、全く理解出来なません。
何事も無かったかのように、携帯電話を持つかのように、ガイガーカウンターを持つ事が普通になって行くのかと思うと、背筋が凍り付きそうです。
これから夏に向けて、各地では野外での色々なイベントがあるでしょう。福島をはじめとした汚染の数値が高い地域で、今まで通りにそれらを行う事が「復興」とは、とても思えません。それは「洗脳」のように見えます。

現実を直視しない日本に、将来は無いように思います。
Posted by Sachie at 2012年04月22日 16:36
いつも拝読しています
昨日だか、熊日のお年寄りの話はなるほどやらせだと思いました
これも子供の気持ちはこんなのが多いんだろうなと思いますが、これに大人は入っていないのしょうか?
Posted by コウノ at 2012年04月22日 19:04
徳島県のHPより
http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652

 
がんばれ徳島。
Posted by 首都圏に住んでいます。 at 2012年04月23日 07:06
院長様、いつも情報有り難うございます。
タイトルを拝見し、ショックを感じます。
その答えを子供達は、ずっと待っているのではないでしょうか?

目の前にいる子供を救うことが出来るのは、唯一ご両親、周りの大人達だと。

情報統制され、放射能の話さえまともに出来ないとされる福島の方々が、避難がしやすい世論(福島原発の現状、放射能の危険性を強く訴えるなど)、環境を全国民で作り上げて行く必要があるのではないかと感じています。

未来ある子供達の将来を繋げてほしい。何が一番大切か、何を守るべきか、我々は真剣に考える時ではないでしょうか?
Posted by 思考 at 2012年04月24日 00:47
Sachieさん
ドイツ在住なのですね。
ドイツは立派な国です。
いち早く脱原発に舵をとりました。
国をリードしていく政治家が「政治哲学」をきちんと持っているからでしょう。

日本はというと・・・
政党間の争いごと、
党内での分裂、
訳のわからない人が有名人(タレントとかスポーツ選手等)であるがゆえに議員になる、
企業と繋がり(これもある意味「絆」)を持って私財を増やす、
仲良しこよしグループのメンバーだから大臣になる、
・・・・・そのような政治家・官僚が政権を握っています。

日本のこれからはどうなるのか、
子供たちの健康や未来は???
やはり、海外移住プランを視野に入れておかないといけないのでしょうか?

日本の政治家・官僚には是非とも「哲学」をお持ちになり、そのうえでご自分の専門分野(法律、経済、外交、産業、医療・福祉等)を生かして国民のための政治をしていただきたいです。






Posted by peko at 2012年04月24日 10:34
ありがとうございます。少し、ドイツについて書かせて頂きたいと思います。ドイツは政治家も立派かもしれませんが(疑問が無いわけでもないけれど、少なくとも日本よりは)国民の意識も違います。原発を容認していたドイツのメルケル政権が、脱原発に舵を取ったのは、国民の力だったのだと思います。当事者である日本人の私が驚くくらいに、福島の事故を契機に多くの市民が脱•原発を求めてデモなどの運動を始めました。今も定期的に続いています。原発に反対していた緑の党などがあった事が日本と大きな違いだと思いますが、個人の考えてきちんとしていて、それを主張することが特別な事ではありません。国民は納税などの義務を果たしているのですから、権利を主張するのは当然です。日本に住む人達も「被ばく」と言う現実を直視し、「安全に暮らす」と言う基本的な権利をもっと主張すべです。そうしないと、愚かな政権の思うつぼです。
Posted by Sachie at 2012年04月25日 14:48
始めまして!先生の『フクシマの真実と内部被曝』から凄くお勉強させて頂きました。

私は熊本・ダンナは佐賀県人ですが8年前からカリフォルニアそしてイギリスに住んでいます。
息子が以前CAの日本語補習校で「はだしのゲン」を読み、初めて原爆の恐ろしさにショックを受け、夏休みに長崎の原爆記念館に行き読書感想文を書きました。あの本には私も凄い衝撃を受けましたが、事故が起きるまでは一度も「原子力発電」があの「はだしのゲン」に繋がるなんて思ったことも有りませんでした。

イギリスは50年程前に史上最悪と言われたセラフィールド原発事故がありましたが、未だに原発推進の国です。でも先週息子の中学で「原発に賛成か反対か?」というレポートの宿題があり、福島の原発事故のお陰でイギリスにも反原発の新しい風が吹き始めた様に感じました。集めていた沢山の反原発・放射能関連URLでサポートしましたが、きっと「フクシマ」がなかったら私も何一つ知らずに「原発」を持つ事の恐ろしさと「原爆」を直接結びつけては考えられなかったと思います。

原発さえなければ放射能廃棄物の問題も原発付近の放射能漏れによる健康被害も、事故による被曝も、そして原爆も全て無くなる。「たかが電気の為」「金の為」に余りにも尊いものを失い過ぎる。

日本もドイツに習って今すぐ原発から手を引き、反原発を世界に働きかけて欲しい。原爆で裸になった国が何故又これ程まで原発に頼ったのか?これが何故また日本が原子力で苦しむ事になったかの一つの理由ではないかと思います。

子供達の未来を奪い、危険と不安だらけの日本にしてしまった東電と政府は罪を償って欲しい。日本のみならず世界中を放射能で汚染し、更なる事故で地球を危機に追い込むかもしれないのに、原発再開なんて狂気の沙汰です。もう日本政府は魂まで腐りきっているのでしょうか?あ〜、のさん、のさん!
Posted by はら at 2012年04月30日 18:42
こんな記事を見つけました。

ドイツZDF「放射能ハンター」 和訳全文
と動画 http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

それからこちら
首相官邸]雨が降っても、健康に影響はありません 2012年5月5日 (原発・放射能)
http://shanti-phula.net/ja/unity/blog/

++++++++++++++++

↓ここからは私のひとりごとです。
なんだか、今、日本で起きていることは無血戦争。被災地の人はほっぽらかしのその一方で、瓦礫全国ばら撒き政策。 現政府の進める一千万人外国人移住政策(当然特定外国人)とあわせて、武器も使わずに血も流さずに日本人の総入れ替えをもくろんでいるような気がするのは私だけでしょうか?
Posted by kei at 2012年05月05日 14:11
福島県在住です。

ただただ悔しいです。歯がゆいです。
危険と承知しながら福島に住まなければいけない。
結婚を控えている息子に、「とりあえず今子供を持つのは熟慮して欲しい」と言わなければいけない現実。
若い人たちの将来が不安でなりません。
私たちにしても、因果関係をうやむやにされるのが目に見えているような病に倒れて家族に迷惑をかけたくない。
経済的に許されば今すぐにでも海外移住したいけれど、リスクが多すぎます。

どうせ何か事が起こったら、利権にまみれた人たちは真っ先に逃げるんでしょう。第一原発四号機、どうか何事も起こりませんように。私たちはただ祈るしかできません。
Posted by mio at 2012年05月12日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。