2012年05月16日

5月19日、27日の講演会(熊本市、屋久島)のお知らせ

 講演会のお知らせ(熊本市、屋久島)

日時 平成24年5月19日(土)14:30-16:45
場所 熊本市 熊本学園大学
費用 500円
備考 託児あり(お問い合わせください)090-1920-9675(勝連)
2012042702.jpg

日時 平成24年5月27日(日)10:00-12:00
場所 鹿児島県屋久島 安房公民館
費用 500円
備考 託児あり
2012042703.jpg

それ以外の講演会のお知らせは、ブログ右上の
myself.jpg
をクリックすることで、見ることができます。

院内勉強会と環境省との質疑応答を1枚のDVDとして、発売予定です(500円)今週中には、ご案内できるかと思います。講演会よりも、時間が長くなり深くなっています。
タグ:講演会
posted by いんちょう at 21:11| Comment(6) | 原子力
この記事へのコメント
こんにちわ、院長先生。 いつもありがとうございます。
気になるニュースです。 
http://www.seafoodsource.com/newsarticledetail.aspx?id=15576

アメリカのFDAが韓国産の貝の輸入を制限しはじめました。 普段なら、サルモネラ菌による汚染とかなんとか、歯切れよく汚染源を書くFDAが今回は毒素が何か特定していません。やっぱり、放射能汚染が原因ですよね。
Posted by めぐ at 2012年05月17日 01:11
めぐさん添付のFDA記事で、制限は缶詰を除く、と読めるのですが。なぜでしょう?その理由も書いていませんね。
Posted by rienrikiriki at 2012年05月17日 13:28
今日院長先生のブログでピンポンダッシュアカウントを見ました。言いえて妙ですね。

ピンポンダッシュ、その心は・・・はなから逃げ腰。

フォローゼロの見るからに捨てアカウントですね。相手はただの卑怯者ですのでどうかお気になさらないでくださいね。
Posted by ここ at 2012年05月17日 16:22
院長先生の発言にもあったのですが、「何を書いてあるかよりも、何を書いていないかの方が重要」ですね。 確かに、なぜ缶詰は大丈夫なのか書いていないので、自分の頭で3つの可能性を考えてみました。
A)産地偽装
特定の業者が日本産を韓国産と偽っていて、その業者は偶然にも缶詰は取り扱っていない。
B)製造年月日
汚染した貝の缶詰は、まだ偶然にも市場に出回っていない。
C)消費者・風評被害
アメリカの一般大衆は、味付けした剥き身の貝の缶詰(韓国産の缶詰の大部分はしょうゆ風味では?)を食べないのでFDAには公衆衛生上の危機感がない。 それに、加熱調理した缶詰も危ないと警告すると、何が毒素かばらしたも同然になる。 (冷凍や生鮮の貝なら、毒素が細菌やウィルスであってもおかしくない。) 結論:缶詰も危険だが、注意しないで放っておこう。
Posted by めぐ at 2012年05月18日 01:39
まず、ウサギさんが他にもいたから、ネーム変えました。




第二次世界大戦・原爆・東日本大震災・原発事故・瓦礫受け入れ・・・なんか大きな出来事が(放射能関連)多すぎると思う。またなんかたくらんでるのかな(政府の人)
Posted by にんじん at 2012年05月18日 11:41
茨城でも出ているそうです。


埼玉の浄水場で基準値超のホルムアルデヒド検出 高濃度続けば取水制限も

産経新聞 5月18日(金)21時22分配信

 埼玉県は18日、庄和浄水場(同県春日部市)と行田浄水場(同県行田市)で処理後の水から、国の基準値(1リットル当たり0・08ミリグラム)を超える化学物質「ホルムアルデヒド」を検出したことを明らかにした。県は低い値に調整して供給を続けているが、数値が改善されなければ取水制限が行われ、家庭の水道水が出にくくなる可能性もあるという。

 県によると、17日に利根川から水を引き込む行田浄水場で採水した処理後の水から、基準値を超える同0・096ミリグラムのホルムアルデヒドが検出された。その後、同浄水場で最高で同0・168ミリグラムが検出されるなど、同じ水系の庄和浄水場とともに基準値を上回る状態が断続的に続いた。

 県は有害物質を吸着する粉末活性炭を入れるなどして基準値未満に調整して供給を続けている。高濃度の状態が続いた場合、両浄水場で取水制限が行われ、県内の一部地域で水道水が出にくくなったり断水したりする可能性があるという。

 ホルムアルデヒドは防腐剤などに使われる化学物質。基準値を超える水を飲んでも直ちに健康に悪影響はないが、継続的に吸入すると目や鼻が強く刺激される恐れがあるという。

 県は、水道水の塩素と反応してホルムアルデヒドを生成する何らかの化学物質が利根川水系に流出している可能性もあるとみて、流出元の特定を急いでいる。

胡散臭いです。
関東の下流域では水道水は要注意です。


Posted by 都内からです at 2012年05月19日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。