2012年06月18日

仙谷由人−再稼動にかける表の顔と愚劣な言い訳をする裏の顔

 国民の意思を全く無視して、政府が大飯原発再稼働を宣言しました。恥知らずの関西電力は、これで安全のお墨付きをもらった。もう事故が起きてもオレの責任ではない と言う顔をして、再稼動準備を始めています。
 このように国民を無視した決定をしたことに対しては、強い抗議をしなければなりません。電話ができる人は電話、FAXができる人はFAX、メールの人はメールで、関係各所に抗議の声を届けましょう。
私は、こちらで紹介した方法 を用いて
・首相官邸
・経産大臣の地元、東京事務所
・原発担当相の地元、東京事務所
・仙石氏の地元、東京事務所
・大井町役場
・福井県庁
・滋賀県庁
に抗議のFAXを1日1回しています。それが、私の意志です。

 私はシビアアクシデント対策を決める時代に、ちょうど東電の安全グループにいました。東電は、役所から言われたら、いくら理不尽なことでも、そのプライドの高さもあって、どうにか対応しようとします。ところが、関電はまったく違います。役人から、なんと言われようと、「スンマヘン、スンマヘン」で謝りまくって、相手の顔を立て、実際にはなんの対応をしません。東電側の人間は、その様子を見ながら、「あいつらは、プライドも何もないなぁ。謝る度に、頭の中でチャリーンって、音がしてるんだぜ」と陰口をたたいていました。
 そういう背景もあり、東電をはじめとする沸騰水型原発の会社は、シビアアクシデントマネージメント対策として、ベント配管を追加したのですが、関電をはじめとする加圧水型原子力発電所のコストのかかるベント配管は設置せず、水素再結合器でお茶を濁しました。だから、未だにベント配管すら、設置されていないのです。(余談ですが、日本原電の敦賀1号機は、沸騰水型であるにもかかわらず、ベント配管は設置していません。)このようなドケチ関電が、まともな事故対応などするはずもないのは火を見るよりも明らかです。そんなことなど、関電と長年つきあいのある地元自治体、地元民はよくよく知っているはずですが・・

 さて、大飯の再稼動を前のめりにやった主犯はだれか。言わずとしれた無役の電力利権代理人である仙谷由人氏です。枝野氏の国会答弁と代理戦争に書きましたが、
 「仙谷氏に働きかける太いルートはないか」。枝野氏に見切りをつけた業界は、仙谷由人民主党政調会長代行に狙いを定め、「仙石氏の地元、徳島の人脈を中心に探している」(関係者)。東電問題は、業界を巻き込んだ代理戦争の様相も呈してきた。
この工作が、功を奏しているようです。
2012061801.jpg 2012.6.17(日)熊日
 ここまで政権の手続きを主導したのは民主党の仙谷由人民主党政調会長代行だった。「選挙に落ちる覚悟でやり抜け」。3月頃、仙谷氏は4月中の再稼動決断に向け、腹心の枝野幸男経済産業省を叱咤激励した。その後の首相と関係閣僚の会合には6月16日も含め自らもオブザーバー参加した

 なにやら勇ましいことです。国民の意見とまったく乖離したことをやるのが民主主義国家という風潮が、最近のマスコミの論説に目立ちます。そろそろ、戦時中の反省をすべて忘れてしまったのでしょう。まあ、この方が、どっしりした考えをお持ちならば、それはそれで認めないこともありません。

 次のような裁判が行われていたこと、どれだけの方がご存じだったでしょう。

『“立たない”と言った記憶はあるが“立つ”とは言っていない』
セクハラ発言裁判で「事実無根」が完全に裏目に
 通常国会が開会した24日の夕方、その男の姿は東京地裁の第712号法廷にあった。
 仙谷由人政調会長代理は昨年、週刊文春と週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、それぞれ1000万円の損害賠償や謝罪広告の掲載などを求めて提訴。24日に開かれた裁判に原告として出廷したのだ。
 問題になったのは、文春が「仙谷官房長官 篠原涼子似日経記者にセクハラ暴言!」、新潮は「『赤い官房長官』の正気と品性が疑われる桃色言行録」(ともに11年1月13日号)という見出しの記事だ。10年末に官邸内で開かれた内閣記者会との懇談会で、当時は官房長官だった仙谷が、お気に入りの女性記者の体を触り、「(アソコが)立つ」「立たない」と下ネタを口にするセクハラをはたらいたという内容である。
 仙谷側は「事実無根であり、読者に対して誤った認識を抱かせた」として告訴。「これはジャーナリズムの危機」とまで断じていた。さすがは弁護士出身だけあってケンカ上手……と思ったら、どうも旗色が良くない。
 この日の裁判では、午前中にセクハラを受けたとされる女性記者が出廷。
「記事に書かれたような発言があったのは事実で、肩も抱かれた。ただ、セクハラとは感じず、訴える気はなかった」
 と証言したのだ。
 裁判を傍聴したジャーナリストが言う。
「“勃起発言”の有無について証言せざるを得なくなった仙谷氏は『“立たない”と言った記憶はあるが“立つ”とは言っていない』とか、『“立たない”という言葉は日常的に口にしている』と珍妙な言い訳を展開。『懇談会には他にも女性記者がたくさんいた』『特定の記者に向かって言ったわけではないからセクハラではない』と牽強付会な主張をして、法廷内の失笑を買っていました
 最後は裁判長から「大勢の女性の前で“立たない”と言うこと自体、セクハラではないのか」と、たしなめられたという。
「記事は“事実無根”として訴えたことも裏目に出た。裁判長から『発言があったなら、どうして(意見書に)そう書かなかったの!』と叱責されていました」(前出のジャーナリスト)
 最近は政界でも存在感はほとんどなし。落ち目の仙谷を象徴するような話である。


セクハラした仙谷氏は「公党の恥さらし」 民主党の女性参院議員が激しく批判2012.6.15 14:17 [民主党]
 「公党の恥さらしだ。幹部の襟を正してもらいたい」
 15日に国会内で開かれた民主党参院議員総会で、谷岡郁子参院議員(愛知選挙区)が、セクハラ行為があったと裁判で認定された仙谷由人政調会長代行を、名指しこそ避けたものの激しく批判する一幕があった。
 仙谷氏は、セクハラ行為があったと報じた週刊誌2誌に各1000万円の損害賠償などを求め提訴したが、東京地裁は12日、「セクハラと受け取られかねない言動があったとの根幹部分は事実だ」として、仙谷氏の請求を棄却した。
 谷岡氏の発言に対し、幹部の反応はなく、他の議員が呼応することもなかったが、仙谷氏のセクハラ裁判が党内の女性議員らに深刻な問題となっていることをうかがわせた。


 セクハラ事件自体は、私はどうでもいいと思います。セクハラ行為かどうかは、男女の関係によって決まるものであり、正しいかどうかなど第三者にわかるものではないからです。それを週刊誌に書かれたからと訴え、しかも理由にならない理由で裁判所で答弁する。原発で事故が起きても、どこかの大臣が「ただちに影響はない。」「7回しか言っていない」といったように、あの時点では、わからなかった。私も関電に騙されたと平気で申し開きをするのは目にみえています。このような裁判を起こすような人間が責任感があるとは私にはとても思えません。

 次のような発言をして、国民を脅すことを忘れません。

仙谷氏「大飯以外も粛々と」再稼働推進を明言 「ロウソク生活には帰れない」2012.6.14 00:25
【脱原発】「脱原発」の動きが、福島第1原発事故の深刻さと絡み、国民の感性的な部分で確かに存在する。しかし、今さらロウソクの生活には帰れない。アジア各国と違い、日本では良質で安定的な電力供給が確保されているからこそ、多くの製造業があるということを忘れてはならない。日本には石油、石炭、天然ガスなどの天然資源がほとんどない。石油価格がどんどん上がってアラブ諸国へ利益が流出している。結果として「働けば働くほど貧しくなる」という経済構造にある。原子力か火力を基盤に置かなければならない

 この記事を紹介しましたら、口が悪い人が「この人、きっと毎晩ロウソクを使っているのよ。」なんて言っていました。一体何に使っているんでしょうね。

仙谷氏のホームページから
2012061802.jpg1989年6月10日発行
2012061803.jpg1993年12月25日発行  
2012061804.jpg2003年2月11日発行
2012061805.jpg2011年2月10日発行

 どうしてこのように顔が変わるんでしょうね。

◆関連ブログ
パソコンを使って効率よくFAX送信2012年06月02日
枝野氏の国会答弁と代理戦争2011年11月08日
タグ:仙谷
posted by いんちょう at 21:24| Comment(14) | 原子力
この記事へのコメント
日本の敵仙谷由人 こいつを卑下するのは、いくらでも構わん
大嫌いだ
Posted by Gaga at 2012年06月18日 22:18
院長先生こんばんは。この間、医師と原爆ぶらぶら病とか311放射能についてお話したのですが、彼は鹿児島の人なので広島長崎の原爆の今も続く被害とかまったく知らなくて関心もないようで驚きました。広島長崎に親戚がいるとか原発産業にかかわりがないと医師ですら関心も持たないのですね。院長先生のような医師は極めて私たちにとって貴重な存在でありがたいです。動画もとても役に立ち、いまさらながらアメリカが日本に広島長崎でどんなことをしたかこの最大の民族ホロコーストについての憤りが湧き上がります。原発再稼働もおそらくアメリカの指令だと思います。猿の惑星という映画に出てくる進化したサルは日本人のことだそうです。ですからアメリカにとって原爆を落とせる有色人種の一種のサルである日本がどうなろうと日本人がこれから何人死のうと知ったことはないのです。
Posted by 広島の近くから at 2012年06月18日 22:40
先生、いつもありがとうございます。
40歳を過ぎたらその人の人となりが顔に出るといいますが、この政治家たちの顔、、本当に酷いです。醜さが溢れ出して本当に気持ちが悪いです。こんな腐った老害たちに子供たちの未来を託さなければならないなんて、、、。
私は原発がなくてロウソク生活を余儀なくされるのなら、そちらを選びます。。
Posted by Nunu at 2012年06月18日 23:20
仙谷氏の写真、同じ人間に見えませんでした。
巨悪を断つって書いてますけど、巨悪になるって書き直してほしいです。
Posted by おえっ at 2012年06月19日 10:40
民主党には1国民としてはがっかりしました。
しかし、残念ながら、経済界は、およそ原発再稼働を歓迎しています。

国民の敵は、民主党ではなく、民主党や自民党が耳を傾ける経済界ではないでしょうか?

下記の経済団体のHPには、原発再稼働を歓迎するコメントが軒並み、似たような文章で掲載されていることに驚きました。

大抵の企業が下記の団体に加入していることを考えると、困惑してしまいます。

経済界は、一般消費者の安全をまったく軽視しているとしかかんがえられません。

経済同友会
http://www.doyukai.or.jp/

日本鉄鋼連盟
http://www.jisf.or.jp/news/comment/120616.html

関西経済連合会
http://www.kankeiren.or.jp/

大阪商工会議所
http://www.osaka.cci.or.jp/

日本商工会議所
http://www.jcci.or.jp/

経団連
http://www.keidanren.or.jp/

Posted by どういうの at 2012年06月19日 12:12
"仙谷由人−再稼動にかける表の顔と愚劣な言い訳をする裏の顔"

巨悪を立つ 1986年



巨悪になる 2012年


おえっさん、うまいです。
今や巨悪が立つ、と言われる仙石氏ですけど。実生活ではなかなか立たないらしいですねw

ネットがあってよかったと思います。日本中が言質を取っていますから。
こんなヤツらに、命を左右されたくない。
小野先生のおかげで、生まれて初めて官邸にメールしたり、皇后陛下に手紙を書いたりしました。読んでくれるかどうかは別として、意外と簡単でした。なんで今までしなかったんだろう。
日本人は知らないうちに、心の中に境界線を作ってる、作る教育を受けてたのかもしれません。。

声を上げるって気持ちがいい!
Posted by 北九州のがれきは、緑の防波堤にして! at 2012年06月19日 12:31
【★20日午前9時北九州市役所集合★】
北橋市長がれき受入れ表明。
組織でなく個人個人が思い思いで集まろう。
プラカードを持って静かに抗議、音楽で抗議、大声をあげて抗議。
みんな違ってみんないい!市民アピール最後のチャンス。
さあ行こう、市役所へ。
http://hinanohanasi.blogspot.com/2012/06/209-20-httpwww.html?spref=tw
Posted by kitakyuu at 2012年06月19日 13:21
東京の瓦礫も着々と消却場所を増やしています。
静かに今月には3カ所も追加されました。
光が丘、世田谷、板橋です。
この調子で毎月焼却場所を増やしていくようです。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/gomi/oshirase/saigaihaikibutu.html
来週から練馬区光が丘が始まります。
どうかお時間がある方、抗議のメールをお願いします。(こちらは練馬区です。)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/goiken/goiken.html

また、練馬区の、原発反対の議員です。
こちらの方にも、瓦礫消却反対メールお願いします。
すがわら一秀
国会事務所

〒100-8982 千代田区永田町2-1-2
衆議院第2議員会館1020号
TEL:03-3508-7634

練馬事務所

〒176-0012 練馬区豊玉北5-23-11
TEL:03-3992-3333
Posted by 子育てママ at 2012年06月19日 20:10
今さら木炭とローソクの生活に戻れますか?
ゴルゴ13シリーズの中で原発社員がメディアに問いかけたラストシーンがありましたね。
でも、汚染で健康を害した日本人の産業が衰退したら真面目にそういう生活が待ってるかもしれません。
Posted by GOGOGO at 2012年06月19日 21:14
メールお願いしますと書いて、電話しか記載していました。すみませんでした。お手数おかけします。

お問い合わせ先
すがわら一秀事務所  TEL:03−3992−3333   FAX:03−3992−7211

ご意見フォーム
http://www.isshu.net/contact.html

よろしくお願いします。
Posted by 子育てママ at 2012年06月19日 21:21
私も仙谷さんの事務所に電話したことがあります。「集団自殺」の真意が聞きたくて。秘書さんが出られましたが、「電気が足りないと、パソコンもエアコンも使えない、仕事もできない」というお決まりの脅し文句で、会話にもなりませんでした。

今日は九電に電話しましたが、お客様本部のオオクボさんというかたが、はっきりと「お客様に電気が足りないというご不自由をおかけしないためにも、ぜひとも九州の原発も再稼働したいです」とおっしゃったので、びっくりしました。原発とめてほしい、という「お客様」の気持ちはどうなるのでしょうね。毎日腹が立って死にそうです。

7月8日、湯布院でお待ちしております。
Posted by 松本真美 at 2012年06月19日 22:02
英語版では、チェルノブイリはカタストロフィなのにはびっくりです。

カタストロフィーは日本では、完全破壊ですが、福島をそのように表現しなかったことに政策の意味がありそうです。

福島原発の暴発と震災はそれ以上の結果をもたらしているのに。

今後、福島を含む1億人の人体実験が起きようとしているわけですが、この著作を見て、日本の医学会が懺悔・反省、今後の指針として欲しいです。

英語版はこちら
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

超概略も日本語でありますのでご紹介します。
http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/core/bookdata/1000/b1083.htm

昨夏これを読んでびっくり仰天し、放射能問題を深刻に考えるきっかけになったレポートです。
------------------

Sent: Friday, June 15, 2012 2:16 AM
To: drag-ash@m2.hinocatv.ne.jp
Subject: 日野クリーンセンターで6月中旬から焼却される放射性 廃棄物について

お返事遅くなりました。地域の汚染を認める訳には参りません。地域の汚染は“地球”の汚染。日本と言う国が、あるいは日野市という地方自治体が、“地球を汚染させる”という決断を、何の検証もなく、しかも勝手にしてしまうという現状は、人類を、そして自然を冒とくするに等しい事態であると考えています。
 残念ながら、15日に第一便がクリーンセンターに運び込まれてしまいました。朝7時半到着と言う事で反対する市民10人ほどで、抗議活動のために7時に集合したところ、相手もさる者で、6時の段階で搬入を完了させていたとの事です。権力の方が一枚上手でした。この問題は、“原発”という国家政策をかけて、国民を従わせるための“絆”を強めるための戦略の一環として私たち市民に押し付けようとしている問題ですから、個々に匿名のメールで抗議しているレベルでは、動きを止める事は到底難しいと考えます。今、日野市の中で、メールでつながりあった市民が中心となって、脱原発のパレードを、まだ300人レベルではありますが、2度成功させています。がれきは今後も定期的に運ばれてきます。ぜひ、その市民運動と連動して、反原発の大きなうねりを作り、無意味どころか有害ながれきの受け入れも止めさせるために、運動に参加してください。
 私もあなたと同じように、これ以上の環境汚染を、何としても食い止めるために活動しなければならないと考えております。我が子のために。我が子孫のために。地球の未来のために。      日野市議会議員 奥野 りん子
Posted by nakai sachiko at 2012年06月20日 11:34
結局原発と原爆は同じものでしょう。
アメリカは故意に日本にいるスパイにお金を渡して55も原発という名の原爆を活断層の上に置いたのだと思います。その時限爆弾を地震で爆発させたとみるのも間違っていないと思います。わざと欠陥だらけのアメリカ製原発を日本に仕掛けて命令を聞かなかったら爆発させるという脅しが現実になったのだとも考えられます。今の民主党は、311を起こすべく作られたテロ内閣であることに、考えることを辞めた日本人がどれだけ気付いているか。自分の頭で考えないとこういった洗脳状態の戦時下のような時代には放射能には打ち勝てないかもしれません。
Posted by 広島の近くから at 2012年06月20日 11:43
官房長官時代の自衛隊は暴力装置という発言で激しくバッシングされたのが、2010 11月。その翌月ならハニートラップあるかも、女性記者さんすみません、妄想です。
もともとそのような方だったのか、あるいは、政界のさまざまなトラップに絡めとられ転落されたのかはわかりませんが、わたしたちは、政治家に対しては未来への責任と展望についての現時点での発言から評価し、また、その発言が選挙用のお飾りか深い思想に裏打ちされた確かなものかを見抜く責務を今回の事故により次世代から託されました。
前は政治家に発言を任せてぼーっとしていられましたが、これからは、わたしたちもまた、発言、行動する主権者として次の世代をがっかりさせないよう、トラップに気をつける必要アリですね(^-^)
Posted by マツダマツコ at 2012年06月20日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。