2012年07月05日

細野「ヒ素・クロムなどの有害物質が含まれているガレキは直接処分させない。(だから燃やす)」

 細野大臣出演のモーニングバード(直ちに消されそうな気がしますが、一応)


20120705 細野大臣に聞く ガレキの広域処理必要... 投稿者 PMG5

 宮脇先生が提唱されているガレキによる防潮堤処理。宮城県議会も全会一致で、進めています。それなのに、どうしても細野大臣は、認められないと主張します。
2012071001.jpg

そして、「ヒ素などの汚染物質が含まれている木質をそのまま埋めることは、環境省は決して認めない」と主張しました。では、そのような物質を燃やしていいのでしょうか。本当に支離滅裂です。

 環境省が放射能は、99.9%取れると主張しているフィルターメーカーの回答
zaikainiigata:新発田広域クリーンセンターを施工した三機工業もセシウム除去性能について保証していないとするとともに、〈この種の実証実験等もいたしておりません〉とピシャリ回答。 pic.twitter.com/wMF4aVkD [http://twitter.com/zaikainiigata/status/220699582198317056]
2012071004.jpg
 メーカーが全く認めていない性能をなぜ役人が保証できるのでしょう。その上、ガレキの直接埋設は認めない。支離滅裂と言うよりも、私には全く理解不能。どこかの「学者」が放射能は燃やせば無くなる。と言って失笑をかったことを思いだします。環境省は、ヒ素もクロムも放射能も焼却すれば、消えてなくなると思っているんでしょうね。それ以外に、納得できる理由は全く見いだせません。

天皇陛下は、十分その危険性を熟知されておられ、春の園遊会で次のようなお言葉を宮城県知事に伝えられました。

天皇・皇后両陛下が主催する春の園遊会に古川... 投稿者 sievert311
天皇陛下は村井知事との間で、がれき処理が話題となり「危険なものも含まれているんでしょうね。アスベストとか」「十分に気を付けて処理をされるよう願っています」と作業員の健康を思いやった。

 アスベストとか、ヒ素とか含まれていることを環境大臣自身が認めているのに、なぜそれをわざわざ北九州まで運んで、燃やして、さらに海に埋め立てるのでしょうか。そのままでは埋めることすら許可できない廃棄物を燃やして濃縮し、さらに海岸に埋める。理論自体破綻していることがわからないのでしょうか。ヒ素、クロムは燃やすと無害になるとは私には思えませんが。

環境省の情報操作
2012071002.jpg

 確かにこんな小学校があったら、何とかして片付けなければなりませんが、それにしてもあの広大な東北の土地でなぜわざわざ小学校の校庭にガレキをうずたかく積み上げるのか。

生駒市議会議員 有村京子 ブログから
そしてこの市議会旬報では広域処理推進キャンペーンとして「みんなの力でガレキ処理ー受け入れ・処理への更なるご理解、ご協力をお願いします」というメッセージと共に、無残な被災地の写真が掲載されている。
今年5月に撮られたもので、南三陸町立戸倉小学校の校庭にうず高く積まれた震災ガレキの写真。子ども達の学び舎がこんな酷い状態とは・・・
胸詰まる思いで見つめ、やはり広域処理が必要なのかと思ったが、一方震災から1年以上たってほぼガレキは仮置き場に移動されているはずなのに何故未だにこのような状態なのか不思議に思ったので、現地の役場に電話した。
小学校は廃校で子供はいません、運動場がガレキ仮置き場になっています。このガレキの山は98パーセントリサイクルして地域内で有効活用します。」
これが真相、職員の答え。

なんら問題のない写真を掲載して、いかにも広域処理が必要であるかのような心憎い演出。


 ほとんど詐欺と言って良いと思います。そして、現在一生懸命燃やしている女川の市街地。
どこに復興の邪魔になっているようなガレキがありますか?こちらから
2012071003.jpg
 市街地にガレキがない状況で、なぜ復興がすすまないのか、それにはもっと別な理由があるからとしか思えません。(きーこさんは、お叱りを受けたようですが。)

 そして、このような状況下で無理矢理ガレキ核酸を進めようとする北九州市の北橋市長。なんと、先日首相に面会しています。
北橋北九州市長による表敬-平成24年6月29日

 国の愚かな政策を民意を全く無視してごり押しする北九州市長が、うれしくてたまらないのでしょう。

◆関連ブログ
環境省の作ったガレキ安全神話のほころび2012年04月24日
女川原発 1メートルの地盤沈下と5メートルの東方移動2012年06月14日
タグ:ガレキ
posted by いんちょう at 22:04| Comment(30) | 原子力
この記事へのコメント
大飯原発が再稼働だそうですが、使用して毒性を帯びた放射性物質のゴミはいったいこの狭い日本のどこに捨てるのでしょうか?
日本人を根絶やしにしてしまいたいアメリカの思惑がここまで透けて見える時代になりましたね。
Posted by 広島の近くから at 2012年07月05日 22:50
院長先生、さっそく動画をあげていただきありがとうございます。
リアルでも見ましたが、細野大臣の言葉にあきれるばかりです。

院長先生及び、こちらの読者の皆様で、どなた読み解いていただけると嬉しいので、コメント投稿させて下さい。

昨年5月に、福島県相馬市から、青森県八戸市までの沿岸350キロを遊歩道にするというニュースを聞きました。

『復興国立公園、長距離遊歩道350キロ想定(2011/05/23 09:00)
 環境省の三陸復興国立公園構想で、同省が海沿いに整備する三陸海岸トレイル(長距離歩道)について、八戸市の蕪島から福島県相馬市の松川浦までの南北約350キロを想定していることが22日、分かった。遊歩道は、観光振興のほかに漁村の文化伝承、防災、教育などさまざまな視点で活用する方針。』

福島第一原発も収束する見込みもなく、津波被災の状況も把握出来ていない4月から環境省の計画として上がっています。

ずっと、地元の人間が誰も知らない中で、このような計画が決まって行くことが不思議でしたが細野大臣がどうしても瓦礫を早くどかしたい理由の一つも、この計画があるからなのかと、今日の放送で、改めて感じたのですが、詳しく読み解く事が出来ません。

沿岸のいくつかのNPOや団体もからんで行くようですが、何故そんなに急ぐのかもわかりません。

瓦礫の広域処理を急ぐことと、関係がなければ、地元の為になるのかもしれませんが、私には不明です。

不適切なコメントでしたら、削除して下さい。



新「三陸復興国立公園(仮称)を軸にした地域の復興
http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/attach/council_mat/sanriku_110711.pdf

三陸復興国立公園(仮称)ビジョン策定等事業
http://www.env.go.jp/guide/budget/h23/h23-hos-3b/013.pdf

平成24年5月7日
三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興のビジョンの策定について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15188

東北お遍路プロジェクト
http://tohoku-ohenro.jp/
代表のHPより:9月15日に環境省国立公園課を訪問し、環境省が相馬市の松川浦〜八戸の蕪島に350キロの遊歩道を作る計画のルートについて聞く。
これから調査に入るが、私たちの活動とリンクしていくことを確認した。続いて10月2日NHKの早川信夫解説委員を訪ねる。
マスコミに大々的に取り上げてもらいたい。目指すは「クローズアップ現代」
Posted by 広域処理に関係してる? at 2012年07月05日 23:09
今の細野の話を訊いてたけど、
結局、瓦礫処理を広域でしたいと言うのは、
全国の
瓦礫の処理業者の利権なんですよ。
美味しい仕事なんでしょう。
彼らにとっては。
東北のものを遠くに運んで、埋めると言うのは。
本当に、東北を助けたいと言う思いがあるのなら、逆に東北に行ってあげて、焼却炉を作って燃やしたり、埋めたりするマンパワーになってあげればいいんだけど、それでは、彼らにとって、利ザヤが薄い訳ですよ。
話訊いていて、納得しました。
細野は、そう言う瓦礫処理屋さんの意図に
乗っかってるんでしょう。
彼は、さすが元々不倫屋さんだけあって、
言ってることが信頼をおけないと言うのもわかったし。
Posted by 話訊いてて納得 at 2012年07月06日 00:06
自民党県議会の発言に対し、細野氏は「このことまで自民党の県議会の人に言わせるのはこくだと思う」と言った。
玉川さんは、「無理やり言わせたのではない」と答えたが、そういう意味ではなく、私には宮城県議会の人々への圧力に感じ怖かった。
潰されないよう宮城県議会を応援していきたいと思う。
Posted by たまご at 2012年07月06日 01:23
http://www.youtube.com/watch?v=N9y5WBmSk9M&feature=related
環境省が、がれき処理の件でマスコミを使って世論操作をしているかがよくわかる動画です。
しかも日本人は、マスコミを簡単に信用している人がいかに多いかという指摘もあります。
がれき処理のやり方の矛盾がこれほどとは考えませんでした。とても勉強になります。
Posted by ひろ at 2012年07月06日 03:22
そういや7日夜に、こういう番組を、大本営報道部もとい日本放送協会が放送するそうです。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0707/index.html
日本放送協会最後の良心ともいえるETV特集に比べ、かなり政府のプロパガンダ工作臭ただよう番組内容になっていそうな気がします。
Posted by 新潟県民 at 2012年07月06日 03:47
連投すみません。

やりましたね、財界にいがた。
でも知る人にしか知れ渡らないのでしょうね、この件は。
恐らく県内マスコミ最大手の新潟日報は、完全に無視するでしょうし。
「環境省はバグフィルターでセシウムの99.9%を除去できるとしています」
こんなこと↑を紙面に再度掲載しているくらいですから。
Posted by 新潟県民 at 2012年07月06日 04:09
宮城に埋められない猛毒のヒ素やクロムを、北九州で燃やすのはいいのか?!

最終的にはその猛毒の灰を、北九州の海に「埋める」んだぞ。

埋めてはいけない物を、埋めるんだぞ。

宮城県民は汚染させないが
福岡県民ならいいのか?

細野大臣は自分の言動に酔っているが、破たんしている。

絶対に北九州に持ち込んではいけない。
ガレキ広域処理は中止撤回すべき。
Posted by 北橋市長に怒りがこみ上げる at 2012年07月06日 09:51
国会事故調の報告で吉田前所長が「本社からだけでなく官邸から直接指令が来たりして指揮命令系統がゴチャゴチャ…」と言っているようですが

東電は「官邸が口出ししなければ こんなオオゴトにはならなかった」と言う方向で責任逃れを謀っているようにしか取れません。

所詮、吉田前所長も東電社員(今は役員?)だし。

東電=原子力ムラを生き残らせるために管直人をスケープゴートにする というのが政財界の総意なんでしょうが これでは納得できません。管直人も悪いが 東電=原子力ムラはそれを遥かに上回る極悪なのに 悪代官はセーフで岡っ引きだけ手が後ろに回るなんて許せない!
Posted by tottoko at 2012年07月06日 10:10
3.11以降、権力を笠に着て言葉をもて遊ぶ官僚的発言を聞く度に、非常な苛立ちを覚えます。

権力をもつ者が一旦「安全だ」と言えば、
下の者は、「それでも危険があるから安全対策を講じなければ」と考えたしても、それができなくなってしまいます。

権力をもつ者が「おれが安全だと言ったんだから、安全対策を更に講じる必要は全くない」と言い始めるからです。

権力をもったら、下の者に対し、自分が発した言葉に「絶対的な意味」を強制することができるからではないでしょうか。

権力の階層構造に入れば、企業であれ、官庁であれ、政府であれ、官僚的機構であれば、どこでも起きることかもしれませんが。

しかし、日本はとりあえず民主主義国家となっていて、最高の権力者は、国民のはずですから、政府、官僚に対し最高権力者として対抗していきましょう。






Posted by どういうの at 2012年07月06日 10:52
広域処理が、ゴミの運搬費用がとても大きく地元の経済上の復興にプラスに働かないことははっきりしている。

このことが始まった時に個人として感じたことです。

政権で権力を持つ人達にとっては踏絵で、自分達に忠誠をもつ人とそうでない人を利益分配をしながら選別できる方法になっていると思いました。

国会議員にとっては、国税を使った選挙対策の一つと思いました。現政権または霞が関への忠誠の明かしとして協力を地元に働らきかけ、選挙対策として地元や支援企業の利益に貢献することは、支援者のみに留まらない選挙民への利益誘導にもなり、次期選挙ではその分当選の可能性を高めるという判断もあると思いました。反対運動はありますが、お金で潤う方には、目立たない形で、効果がでるということはよくあることです。

霞が関の役人にとっては権限権力影響力の行使、省庁間の税金の分配合戦の一つ。広域処理の正当性を絶対なものにすればそれだけ関係省庁の威光はまし税の分配も増えそうです。


細野大臣は今まで想像していた以上に考えていない方だと認識しました。まわりの言うことを聞いて自分で判断している気持ちになってはいるけど、まわりにとっては、大臣の顔を立てて判断させてあげているんだと言うような状況が想像できました。

エレベーターにのって自分は地上の位置に立っていると思っていたら、実はエレベーターが下がっていて思いっきり地下に居るってことに。そういう状況に気が付けない視野の持ち主と思いました。

地元の人達が民主主義の手続きをもとにあそこまで決めたなら、国はそれを支援する立場をとることこそが地方の自主自治復興につながると考えます。

ゴミの中の有害物質をはっきり調べることはとても難しい。サンプルが均一になりえないから。そして重要なのは環境への影響評価こそ。

クロムがっていうけどクロムを含む金属は日常にふつうにある。クロムメッキとかステンレスとか。6価クロムが発生しそれを人が摂取するリスクの評価管理を大臣は語らないから説得力がないのだと思う。

一方ヒ素はクロムほど日常に使わる様なものじゃない。農薬も使われなくなっているみたいだし、天然にヒ素が存在してそれが湧水などに含まれることはあるようだけど。木材の防腐材とかは、それがどの程度使用され含まれていて埋めた場合どの程度環境に影響があるのかを公開で検討すべきことだと思う。
県議会を細野大臣が説得するならそういう実際の検証を考えた上でいうべきことだ。玉川さんの「どのくらい含まれると考えるのか?」との問いにこの時点でまったく答えられないのでは話にならない。理解もしてないことを判断して進めているということが理解できました。

民放のたかだか一番組がこんな噛みつきかたをしてくるとは思わなかった様に見えます。
Posted by やまゆ at 2012年07月06日 12:24
細野さんは、宮城で埋め立ててはいけない有害物質を、北九州では燃やしてもいいと言っている。こんなことを言う人を、北九州市民だけでなく、風で汚染を広げられる西日本の人は許していいのですか。

細野さんの秘書の佐藤という男性が、「宮城の瓦礫は東京で燃やすものよりも線量低いんですよ? だからいいじゃないですか?」と言ったそうです↓
「だからいい」の意味が分からない。細野さんの秘書だけあって、支離滅裂なこというところがそっくり。

以下はpotirlandから転載
ノリコ (@nori_net_q) 2012/07/05 14:02:54
from web
どうにか民意を伝えたくて細野事務所0335087116に 電話しました。秘書の佐藤という男性は、「宮城の瓦礫は東京で燃やすものよりも線量低いんですよ? だからいいじゃないですか?」こんな簡単に言うなんて、東京には大切な両親や祖父母、友達がいるのに。
http://twittaku.info/view.php?id=220744541798543360

三機工業のバグフィルターの性能についての回答からも政府のうそが明らか。回覧板で、全国の隣組に回せたらどれほど、国民を啓発できるでしょう。みんなに見てほしい院長のHPです。
Posted by 細野は平目政治屋だったんだ〈上(=大企業)しか見ない〉 at 2012年07月06日 13:01
院長先生、診療がお休みのときの時間を縫ってでの各地でのご講演、お疲れさまです。各回ごとに、先生のコメントやつなぎのお話が違っていて、あらたな発見があり、「なるほどねえ」と唸ったり、理解を深めたりしています。

さて、いつのご講演の時だったか失念しましたが、先生は、こう仰ったと存じます。「ディズニーランドに行ったら、服は着替えて帰って来なければならないんだよ。ディズニーランドは、汚染されているんだから...」

このことは、放射線管理区域への出入りや同区域からの物品の移動に関する規定に基づいてのコメントだと存じます。(間違っていたらごめんなさい。)

小出裕章先生のご著書「図解 原発のウソ」の63ページには、以下の記載があります。

「私は、仕事上、『放射線管理区域』というところに入ることがあります。(中略)子供を連れ込むなんてもってのほか、私の実験着が汚れていれば、管理区域の中で捨ててくる。(中略) それが放射線管理区域です。その基準はいくつかというと、1u当たり4万ベクレルです。この数値を超えて汚染をしているものは、管理区域の外側には持ち出してはいけないというのが、日本の法律なのです。もしこれを厳密に適応するなら、福島県の東半分、宮城県と茨城県の南部と北部、栃木県と群馬県の北部、新潟県の一部、千葉県、埼玉県、東京都の一部を放射線区域の管理区域にしなければならない。」

私は、法律や科学の素人ですが、東北の瓦礫は、放射能で汚染されているのだから、放射能汚染されていない地域へ持ち出してはいけない、ということは容易に推察できます。

細野大臣は、科学の素人であっても、京大法学部卒業ですから、少なくとも法律には強いはずですよね。

それなのに、放射能汚染されている瓦礫の移動は、法律違反であるという認識を持たないのでしょうね。大臣なのに、なぜ、日本の法律を遵守しようとしないのでしょうか。

瓦礫の放射能汚染について言及しないだけでなく、問題をクロムとヒ素による汚染にすり替えておりました。すり替えるのなら、それなりに準備すればいいものを、クロムおよびヒ素の含有量を玉川氏に質問されても、データを出せないお粗末さ。

話は横にそれますが、去年、福島の事故が起きてからしばらくの間、香港の空港では、日本からの渡航者/帰還者は、放射能汚染の度合いを測定されていました。香港のフラッグシップであるキャセイパシフィックの乗員は、成田へのフライトが終っても、航空機から一歩も出ずに、香港へとんぼ返りしていたと聞いています。それほど、こちらでは、放射能汚染を警戒していたのです。(まあ、いまは、すっかり緩みました...いろいろな思惑があるようで...) 日本国内では、放射能汚染について、風化させることなく、お一人お一人が警戒を続けて頂きたいと存じます。

話を細野大臣に戻しますが、同氏は、自分が得たほんの僅かな知識だけで物を言っているようにしか見えません。他人の意見には耳を貸さない大きな駄々っ子のようです。40歳を超えられて、ご自分のお顔に責任を持たなければならないのに、どうにも人相が悪すぎますしね。そこらへんのヤーさんなら、けっこういい線なのでしょうけれど、この人が環境大臣なんて、納得がいきません。

対して、緑の防潮堤を提唱なさる宮脇昭先生には、長年の経験と実績に裏打ちされた揺るぎのない自信と迫力が感じられます。

細野氏の倍以上の年齢を重ねられた宮脇昭先生に、「細野、お前みたいな小僧はだまってろ!」と仰って頂きたいものです。
Posted by 香港の主婦 at 2012年07月06日 14:03
わたしも、昨日番組をみました。

市民が何人集まっても、署名をしても、なかなか細野さんを引きづり出して 話が出来るものでもないのですから、番組に感謝しています。

どうしても瓦礫を北九州に運ぶ気のようで、がっかりしましたが。

細川護熙前首相のやっておられる、みどりの防波堤は、環境対策が問題ないのなら、希望があるすばらしい案ですね。
Posted by ゆめ at 2012年07月06日 14:37
当初、広域処理をする理由は、運送業者や全国各地の産廃業者や自治体にカネをバラまくのが目的だと思っていましたが、真の狙いは、全国で放射能瓦礫を燃やしバラまくことによって、放射能の影響による疾患の発生率が、被災地と全国に「有意の差がでない」ようにするための処置なのではないかと思うようになりました。もちろん今後予想される訴訟を潰していくためなのでしょう。
 そして真の目的を知らない、全国各地の馬鹿な首長たちが、目先のカネに目がくらんで瓦礫受け入れを進めようとしているのが、今の日本の現状なのかもしれません。
Posted by 肝澤幅一 at 2012年07月06日 23:53
廃校でない,とのコメントもありましたが,「震災による校舎全壊で移転」らしく,実質廃校です。

要するに,瓦礫積み上げによる教育活動に対する「事実上」の支障はないわけで,つまらぬ議論と思います。

院長指摘の通り,詐欺的宣伝です。

Posted by うさぎ at 2012年07月07日 00:53
> 細野大臣は自分の言動に酔っているが、破たんしている。

不倫屋と言うのは、やっている事は、たかだか、泥棒猫なんだけど、自分のやってる事に
酔いしれる、と訊いたことがある。
奴に
「ふつうの人間だたら、当然、
 狭い、被災地の中でも福島第一に近い所に
収束させての瓦礫処置と言う発想になるはずだけど、
どうして、最初から広域処理になりますか?
3年間、徐々に処理されていくのが、
待てませんか?
急がせるならば、広域に拡散させるのではなく、全国の産廃業者を、あくまで東北の
狭い地域で処理させるのを手伝いに来させればいいだけの話ではないですか?
何故、最初から。その発送を敬遠しますか?」
「福島が収束してないのに、
何で、原発再稼働ありきなんですか?
今まで、原発に携わっていた人が
仕事をあぶれると言うのならば、
厚労省が中心になって、
雇用を回してあげればいいんじゃないですか?」
「たかだか関西の夏場の15%って、会社や家庭が使ってない器具のスイッチをあらかじめ切っておくことで、節電できないもんなんですか?」
「本当に、関西の夏場の15%だが足りなかったとして、それならば、何で、大飯は、夏場だけ稼働にならず、年がら年じゅう稼働になるんですか?」
訊いても、答えられないと思う。
最初から、良し悪し考えずに、
「...ありき。」で来ているのだから。
野田さんが、菅さんの脱原発から180°舵を切って、原発推進に転じた事も含めて、
アメリカの影が見え隠れするんだけど、
日本の原子力村が利権目当てそれに乗っかり、多数決を取った場合、安全の事を考えて、明らかに原発の再稼働や広域に瓦礫処理する事に反対する人が圧倒的に多い中で、日本がここまで、民主主義や人の命を大切にする国では無かったことに、3.11以降気づいてしまい、日本人として本当に情けなく思う。東電・関電は言うまでもなく、東北に瓦礫処理をサポートに行くでも無く何が何でも、外に瓦礫を持ち出したい瓦礫処理屋さんも、またそれを看過する政府も、人の命などどうでもいいのだろう。少なくとも、次期選挙では、原発の再稼働・瓦礫処理の可否も含め、国民に問うべきである。


Posted by ちゃまいえ at 2012年07月07日 07:53
いつも有用な情報をありがとうございます。

モーニングバードの件や南三陸町の小学校の件、バグフィルターメーカーの件を引っさげて、週明けにも北九州市や大阪市にまた電話してみようと思います。

バグフィルターについては、さもありなん。こちらでも書かれているかもしれませんが(過去記事全て読めていません。申し訳ありません。)、原発施設内の、作業服等を燃やす焼却炉には、もっと高性能のフィルターがつけられていますしね。

以下、フィルターメーカーの日本ガイシ ホームページより。

「2段のセラミックフィルターと高温HEPAフィルター(※)の採用により、高いDF(排ガスの除染係数)を有します。※HEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルター:大気中から浮遊微粒子を除去する高性能フィルターです。0.3μmの微粒子に対して99.97%以上の捕集率があります。」
Posted by あおみどり at 2012年07月07日 12:09
再投稿失礼します。
うっかり早合点していましたが、北九州市や大阪市が受け入れるというがれきは、南三陸町のがれきではなかったですね。
北九州市は石巻、大阪市は岩手。それぞれの現状を調べるか問い合わせてから、電話してみようと思います。
Posted by あおみどり at 2012年07月07日 15:26
以下は北九州市内で出まわってる情報です。
多分内部の方からなのでしょうね。
とんでもない話です。

(ここから。)
北九州市の上下水道局では石巻のがれきを本焼却する影響で水道水が汚染された場合、最終的に局内のどこの課が水の汚染に対応するか、汚染された場合どこの課が責任をとるのか、そういったことを内部で押し付けあっている。
また同局は、ゲルマニウム検出器などを所持しておらず、水の放射能汚染を検出する体制がまったく構築されていない。
行政は一般的に水道用に取水する水に含まれる化学物質や細菌類の検査は行っているが、放射性物質の検査までは行っていない。
検査を行ったところで、当然取り除くことはできない。水源地流域やダム、配水池、取水する河川に降り注いだら、もうおしまい。市民は汚染された水を使うしかない。

上下水道局は、電話をかけてくる市民に対する想定問答集を作成中で、その中で「(がれきを焼却しても)市内の空間線量が平常値なので、水道水も安全です。」というとんでもない嘘の回答まで用意されつつあるらしい。ここでもまた市民の安全を無視した責任逃れを行おうとしている。

市内在住のある方が試験焼却中に水道水を飲んで、口の中がピリピリしたという情報があるらしい。この方は市内に半世紀近くお住まいだが、初めての経験だった。この時点で既に水道水が汚染されていた可能性がある。この方のことは、上下水道局も知っています。でも握りつぶした。

先日、北橋市長は市役所の課長級以上約600名を集めて、がれき焼却に関する研修会を行った。
このとき、市長は「がれきに付着した放射性物質は焼却すれば消滅する。だから心配などする必要はない。」とまで言い放った。

北九州市上下水道局

総務課
電話:093-582-3131 FAX:093-582-3100
経営企画課
電話:093-582-2477 FAX:093-582-3100
水質管理課 
電話:093-582-2570 FAX:093-582-3114
水質試験所
電話:093-641-5948 FAX:093-641-5998
お客さまセンター
電話:093-582-3031
Posted by パナ美@北九州 at 2012年07月07日 15:36
震災後早くから陸前高田の市長さんが
震災がれきについて各被災地独自で処理させて欲しい(被災者の雇用にも役立つ)
処理のプラントも立ち上げるからと国(官庁?)や県側に申し出ても
なぜか全く色よい回答が得られなかった

そんなエピソード思い出しました。

環境省の広告を毎回見る度に腹立つ思いです。
公共放送のNHKまでもキャンペーンに利用されてるとはね(絶句
Posted by おばQ at 2012年07月07日 20:13
震災瓦礫に、アスベスト、ヒ素、六価クロム、PCBなどの、特別管理産業廃棄物、化学物質、重金属が含まれています。
焼却によって、有害物質の拡散、汚染を広範囲にわたって引き起こすリスクがあります。

そういう事実を知っていても、瓦礫利権の方が重要だと、言い切る政府。
全国を汚染列島にしてまで、利権にすがり付く。


広域がれき処理に、いったいいくら使っているんだ!?
被災地を助けないで、いったい何やってんだ!?


国(環境省)が、日本全国に有害物質をばら撒く政策って、どんな政策なんだよ。

日本って、どんな国なんだよ〜?


PCBについて
http://www.jesconet.co.jp/business/PCB/pcb_03.html


Posted by 桃加 at 2012年07月07日 23:18
こんばんは。父の3回忌法要に実家に来て、3か月ぶりに目にした番組が偶然にもNスペ 「がれき」。母がNHKでバラエティを見ていてその流れで。最悪( ̄ー ̄)でした。最初のお山のショットでもう誘導先は明らかだったけれど、耳のわるい母の横で悪態をつきながらひたすら耐えました。わたしがんばりました。あまりの偏向ぶりに悪態の一部はトーンが上がり母も聞きとれたかも。
小野先生のこちらの記事をチェックする前に心の備えもなく直面したこれ。まさに細野とNHKの連係プレー、やりたい放題。番組中、何回2000万トンと繰り返したか。北橋健治市長のよりにもよっていい人に見えちゃう涙目ショットでのインタビュー。がれきのお山の前を登下校する女子中学生の映像と、がれきを見るたび震災の恐怖を思い出すと強調するナレーション。国の基準8000べクレルをおおーきく下回るわずか30べクレルの北九州市焼却灰というご説明。そして、津波で家族を失い、生活のためがれき分別をしておられるお母さんが作業時に孫を思い起こされる品を手にして涙されるシーン。一応、偏ってないエビデンス作りでちょっと説明会の反対意見や搬入トラック阻止のシーン入れてますが、こんなの予備知識無しで見てたら、同情するなあ。環境省や北九州市を応援しちゃうなあ。公共の電波、受信料取ってこんなことしてくれて、ETVスペシャルのスタッフさんたち、反乱しなきゃ、いい加減。安倍そーりの政治介入どころじゃない、政権との結託でしょ。ほんと戦時下だ。

ちょっと役にたったのは、がれきの状態のショットがたくさん映って、実際無理やん、厳密な核種や線量測定管理なんて。お母さんやお父さんたちが防塵マスクにゴーグルと軍手で選り分けて下さってたけど、センサーが選り分けるわけではない。当たり前。(ゴーグルや軍手外して作業されているところも映ったが圧迫感や暑さで外されたと思います。痛ましい。)除染といいがれき分別といい、人は触っちゃいけないのに、そこはスルーでした。おにHK
Posted by マツダマツコ at 2012年07月08日 01:22
連合についての気になる記事です。

1) 東日本大震災:がれき受け入れ、県に要請書提出−−連合岡山 /岡山 毎日新聞 2012年07月05日 地方版
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20120705ddlk33040550000c.html

2) 連合会長、民主との協力見直しも 自民党本部で講演 中国新聞 '12/6/28
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201206280159.html

民主党が嫌だからと言って、安易に自民党に投票してはいけません。 せめて、投票する前に、あなたの選挙区の候補者が、「電力会社からいくら献金を受け取っているか?」「電力株をいくら持っているか?」問い合わせてください。 祖父さんの代から電力会社とズブズブの候補には絶対に投票してはいけません。
Posted by めぐ at 2012年07月09日 07:33
今日の新潟日報朝刊より

●放射性物質の測定 市議会に項目説明
 汚泥受け入れ検討糸魚川の2社

 放射性物質を含む浄水汚泥の受け入れを検討している糸魚川市のセメント会社2社は10日、受け入れを実施した際の検査項目について、市議会に説明した。両社とも工場敷地境界を中心に週1回空間線量を計測し、排水・排ガスの放射性セシウム濃度は月1回測定するとした。
 2社は電気化学工業青海工場と明星セメント。市議会市民厚生委員会協議会に両社の担当者が出席し、空間線量などの検査項目は原則、放射性物質汚染対処特別措置法に定められた内容に沿っていると報告した。
 また、受け入れた全量をセメント材料に1%弱の割合で使用し「すべてセメントになるので、焼却灰などの2次廃棄物が出ない」と強調した。議員からは、風評被害が出た場合の対応や計測データの公開方法、搬送中の安全策について質問が出た。 両社は新潟市や県企業局など県内14水道事業者が保管する放射性汚泥のうち、国が再利用可能としている1キログラム当たり100ベクレル以下の汚泥について受け入れる方針。


・・・排ガス測定は月1って、少なくないですか?
まぁこれで、上越地方には県内で発生した汚染汚泥が、中・下越地方には東北地方の汚染瓦礫がと、新潟県内にまんべんなく放射性汚染物質が行き渡るわけですね。糸魚川市の明星セメントの眼と鼻の先にはフォッサマグナミュージアムという博物館がありまして、そこで春と秋にクラシックカーのイベントが開催されるので毎回行っていたのですが、それも終わりになりそうです。
Posted by 新潟県民 at 2012年07月11日 07:04
今日の新潟日報朝刊より

●住民から不安の声
 放射性汚泥受け入れ 糸魚川市、初の説明

 糸魚川市は19日、市内のセメント会社2社が放射性物質を含む浄水汚泥の受け入れを検討してることに関し、初の住民説明会を今村新田地区公民館で開いた。住民からは「観光や農作物に対する風評被害が出たらどうするのか」といった不安の声が相次いだ。
 2社は電気化学工業青海工場(デンカ)と明星セメント。説明会は同地区に近いデンカと合同で実施し、市と同社の担当者8人が出席。住民は約20人が参加した。
 説明では受け入れ対象を1キログラム当たり100ベクレル以下に限定していることについて、吉岡正史市民部長が「一般食品に適用される基準と同じで、安全だと判断している」と強調。デンカの高田誠次長は「理解を得た上で安全に処理させていただきたい」と述べた。
 住民からは風評被害のほか、「間違って基準値を超えた汚泥が運ばれる恐れもある」といった心配や「市民の総意が『やめろ』となった場合はどうするのか」との質問も上がった。吉岡部長は「いろんな意見を聞かせてもらった上で市の方針を決めたい。市長が最終判断する」と答えた。終了後、西山邦雄区長(62)は「安全性が確保できるなら受け入れはやむを得ない。その場合も日常的な検証が必要だ」と話した。
 市は今後も要請のあった地区を対象に住民説明会を開く予定だ。
Posted by 新潟県民 at 2012年07月20日 03:57
今日の新潟日報朝刊より

●がれき受け入れ 県、焼却場調査を開始
 技術支援 本格検討へ

 東日本大震災で発生したがれきの受け入れ問題で、県が受け入れ準備を進めている新潟市などの焼却場の現地調査を始めたことが20日、分かった。がれきに含まれるアルファ線やベータ線を出す放射性物質の測定など技術支援の検討も今後、本格化させる。
 現地調査は、来週にも開かれる見通しの新潟市など県内5市と県の「連絡会議」で、放射性物質の管理方法などを話し合う際の検討材料を集める目的もある。
 5市と県の関係者によると、県防災局などの職員が7月下旬、新潟市と三条市、柏崎市の焼却場を訪れ、焼却炉の形式や焼却量、灰の出方などを調べた。その際、飛散防止のためにセメントやキレートと呼ばれる薬品で固める処理(固化)が行われている飛灰(ばいじん)のサンプルを提供してもらったという。
 また、県は専門技術が必要な放射性物質の測定方法も検討。放射性セシウムは5市にもある持ち運び式の測定器で測定できるが、アルファ線を出すプルトニウムやベータ線を出すストロンチウムなどの測定は、県が持つ専用機器でしか測定できない。このため県がこれらの測定で5市側を支援する方向で調整する。
 試験焼却の実施前後で周辺環境の放射線量に変化がないかどうか、監視も行う考え。
 県の山田治之防災局次長は「県としてどんな支援ができるかを検討している」と話した。


●県と5市 来週にも協議
 
 東日本大震災で発生したがれきの処理に関し、県と新潟、長岡など5市が安全管理の手法を検討するための連絡会議について、長岡市の森民夫市長は20日午前の定例会見で「来週当たり(初会合が開かれる)可能性がある」との見通しを示した。その上で、「放射能の監視体制や灰の処理について、県としっかりスクラムを組めることを期待している」と強調した。
 震災がれきをめぐっては、岩手県大槌町からの木くず受け入れに向けて5市側が独自の安全基準を設けて受け入れ準備を進めているのに対し、泉田裕彦知事は放射性物質の管理に懸念を表明。県議会6月定例会で「具体的な管理手法などについて各市とともに実務的な検討に入りたい」と連絡会議をつくる方針を示した。当初は7月上旬にも初会合が開かれる予定だったが、事前調整が続いていた。
 森市長は「県と市の意見の食い違いに当惑している方も多いのできちんと調整することが必要」と述べた。
 長岡市が検討している焼却場と処分場の選定や住民説明会の開催については、県との協議内容を受けて決めるとした。

・・・いつの間にか、県と受け入れ表明5市がタッグを組んで、試験焼却に向けて邁進し始めているとしか思えないのですが!?以前にも指摘したように、泉田知事はいつの間にか変心して、焼却灰の管理を県の望むようにさえしてくれれば、受け入れ表明5市が瓦礫を受け入れ、試験焼却を行なう事自体は容認するみたいです!しかも、外部被曝に対する考慮しかしていないみたいですし・・・。
とんだ狸親父でしたかね、泉田知事は。私も含め、彼に勝手に感情移入して、瓦礫受け入れ反対派の希望の星扱いしてきた皆様、ご苦労さん!
Posted by 新潟県民 at 2012年07月21日 05:10
今日の読売新聞朝刊新潟版より

●処分場で鉛 基準18倍
 新潟市 がれき受け入れ検討の場所

 新潟市民らで作る市民団体「未来の生活を考える会」は20日、震災がれきの受け入れが検討されている新潟市の廃棄物の埋め立て処分地で国の基準の(1リットルあたり0.31ミリ・グラム)18倍に当たる鉛が検出されていたと発表した。同市からは「処分場から出る水には異常がなかったため発表しなかった」と検出されたことを認めた。
 同会と新潟市によると、今年2月から廃棄物の受け入れを始めた新潟市西区のい第4赤塚埋立処分地で定期検査を行ったところ、5月10日、焼却灰から有害物質の鉛が同5.3ミリ・グラム検出された。想定より多くの鉛が灰に混入し、処理の為の薬剤が足りなかったことが原因という。
 同会が11日、処分地を見学した際、市が初めて説明したという。市は同処分地に搬入された約1800トンのうち、約600トンを掘り起こし、別の施設で再処理を進めている。残りの約1200トンも同様に処理する予定。同会の阿部幸恵代表(39)は「影響がないから発表しないのは市民の感覚とずれている。震災がれきの受け入れについても不安が大きい」と話した。
 同市の平石洋・廃棄物施設課長補佐は「市としては問題とは認識していない。震災がれきは市民に安心してもらえるよう、きめ細かく情報公開をするように検討している」と述べた。

・・・最近、震災がれき受け入れの記事に関しては、新潟日報が発表したのとほぼ同じ物を数日遅れで発表するなど、もしかして震災がれき関連については県内マスコミで報道協定を結んだ?と思わざるを得なかった読売新聞新潟版ですが、久々の独自スクープですね。拍手。
Posted by 新潟県民 at 2012年07月21日 13:15
岩手県滝沢村には医療用放射性廃棄物の焼却炉があります。
フィルターで100パーセント取り除けるかは、ここに聞いてみればいいでしょう。
ここで燃やしているのは半減期が短いものだけだとはいいますけど。
Posted by ひろこ at 2012年07月23日 19:22
先生、古い記事だから見ていただけるかわかりませんが、すみません。

防潮堤を決定的につぶす法案のパブコメを募集しているようです。

この測り方、燃やすほうに適用すればいいのに。と思います。

ほらやっぱり燃やすしかないじゃないか。とやりたい風が見えすぎて、すごい嫌です。このパブコメ、何とかなりませんでしょうか。

安定型処分場パブコメ http://p.tl/L1vK
 
その条文 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=20914&hou_id=15882 … …

JIS K 0058に定める放射能のはかり方http://kikakurui.com/k0/K0058-1-2005-01.html … …

読んで見ていただけると助かります。
Posted by 茶夢 at 2012年11月07日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。