2012年07月25日

撤退しないと話した現場最高責任者−本店とサイトは別会社

 死亡説も流れていた吉田元福島第一原子力発電所長。久しぶりにインタビュー記事が載りました。

福島第1原発の吉田前所長、部下は「地獄の中の菩薩」…復興テーマのシンポジウムにビデオ出演
 東京電力福島第1原発事故で収束作業の陣頭指揮を執り、食道がん療養のため昨年12月に退任した吉田昌郎前所長(57)が、復興をテーマに福島市で来月開かれる出版社主催のシンポジウムに、ビデオ出演することが24日分かった。

 約30分にわたるビデオ映像で、吉田氏は危険を顧みず行動する部下たちを「地獄の中の菩薩」と感謝の念に堪えなかったことや、「原子炉の冷却作業をする人間は撤退できない」と死を覚悟していたことなどを生々しく明かしている。

 吉田氏が事故直後の現場指揮官としての心情を一般に向けて詳しく語るのは初めて。

 吉田氏は昨年3月に原子炉建屋の水素爆発が起きた後、部下たちが「現場に飛び込んで行ってくれた」と語る。その上で「私が昔から読んでいる法華経の中に登場する、地面から湧いて出る菩薩のイメージを、すさまじい地獄みたいな状態の中で感じた」と、部下の後ろ姿に手を合わせて感謝していたという。

 政府事故調などで、東電の全面撤退問題が議論になっているが「基本的に私が考えていたのは発電所をどうやって安定化させるかということ。現場で原子炉を冷却する作業をしている人間はもう撤退できないと思っていた。本店にも撤退ということは一言も言ってない」と言い切った。

 昨年3月14日の3号機の水素爆発時は、がれきが飛んでくるなど「(指揮を執っていた)免震重要棟の人間は死んだっておかしくない状態だった」といい、「これからもう破滅的に何かが起こっていくんじゃないか」と恐怖を感じたという。

 シンポジウムは長野県小布施町の出版社「文屋」の主催で、8月11日に開かれる。吉田氏が療養中のため今月11日に東京都内のホテルでビデオを収録。原発の事故処理を指揮する東電幹部のメンタルケアをし、吉田氏と親交のある人材コンサルタント薮原秀樹氏と対談する形で行われた。

 ビデオ映像には英語訳のテロップも添えられ、薮原氏による「聞くことで支える『福島完全安全宣言』」と題した講演の後上映される。

 ◆吉田昌郎(よしだ・まさお) 55年生まれ、大阪府出身。東京工大卒。79年に東京電力入社、10年に福島第1原発所長に就任した。東日本大震災後、原発敷地内の免震重要棟にある緊急事態対策本部で収束作業を指揮。1号機原子炉への海水注入の中断を求めた東電本店の指示を無視し、注水を継続したことが話題となった。健康診断で食道がんが見つかり、昨年12月、所長を退任した。現在は執行役員、原子力・立地本部付。


 熊日新聞には写真入りで掲載されました。この吉田所長が言っていることは本当でしょうし、菅首相が全面撤退は許さないと言っての利根だのも本当でしょう。では、真実はどこにあるのか。

 私が東電に入社したのは1988年4月。1989年1月には福島第二原発3号機で再循環ポンプの事故が起きました。私はまさしく事故の起きたときに、1−2号機を担当する第一保修課に配属されたのですが、事故の規模があまりに大きかったため、手伝い要員として任命されました。新入社員早々に東京に出張し、通産との会議に出席して議事録を取ったことがあります。私はほんのメモ程度だったのですが、他に議事録を取っている人間がおらずに、なんと私のメモを使って、東電の作戦会議をやっていたことを思いだします。出席者は、
・通算省資源エネルギー庁
・本店
・サイト(発電所のことを社内用語ではこう呼びます)
の代表者。サイト側は、原因をまとめて通常の定期検査と同じスケジュールで再稼動を主張していたのですが、本店と通算省は、これだけの大事故を起こしたのだから、何を寝ぼけたことを言っているという態度。サイトからは、たしか工程表も持っていったような気がしますが、こんな議論には当然ならず。全く、意見が違っていたことに本当に同じ会社かと思いました。対役所を一番に考える本店と、再稼動だけを目的とするサイト。もはや別会社の組織としか思えませんでした。

 311の災害を考えますと、本店側の人間が勝手に撤退すると、菅首相に話してしまったんでしょう。この本店側の人間は、原発に対してはほぼ素人である菅首相が、海水注入をやめろ都命令したら、反論することなくそのままサイトにつないだ人間です。つまり、自己の責任感などは何もなく、2F-3の本店で見られた自己の保身だけを目的とする本店サイドの人間だったと考えれば、納得がいく話です。(武黒フェローという名前が挙がっていますが、私はこの方は直接知っておりません)

 そうすれば、東電が撤退は考えなかったといい、現場が撤退するつもりはなかったと話している一方で、政府側が撤退は許さないと怒鳴り込んだという舞台裏が理解できるのではないでしょうか。

 東電の原発は全部で三カ所あります。福島第一(1F)、福島第二(2F)、柏崎(KK)。実はこの発電所に勤める人たちも決して仲がいいとは言えません。勿論サイト間で人事異動はあるのですが、6割程度は変わりませんから、独特な文化があります。

1F・・東電の原子力の開拓をやっていた自負がある。発電所内は、燃料破損事故が多発したため、高レベルに汚染。緊急停止(スクラム)をしてすぐに再稼動。またスクラムといった今では信じられないトラブルも経験しているため、職員全体のレベル(不具合対応の)は非常に高い。きれい事では原発が運転できないこともよく知っている。放射能廃液を夜中にこっそりと捨てていたという話も聞いたことがある。そのくらい、何もかもやっている。そして、なんでも知っている。

2F・・1Fの犠牲の上に立てられた発電所。ベテラン職員は、全員が1F出身。燃料破損事故などは起こしたこともなく、優良プラントだった。敷地もこじんまりとして狭く、よくいえばアットホーム。4基しかないので、職員の人数もそれほど多くはない(350名くらいか)。発電所内にも汚染されて立ち入り禁止にせざるを得ないような場所はない。トラブルも少なく、そのため対応能力は1Fに比べると高くはないと思う。何か大きな出来事があれば、1F出身者が指揮を執る。そんな感じだった。1Fと比べられてもね・・・というのが正直なところか。

KK・・世界最大の原子力発電所。敷地も広大で、最新鋭のプラントがずらりと並ぶ。地盤が脆弱なことは、全員が知っているが、見て見ぬふり。新潟沖中越沖地震では、随分と辛酸をなめさせられたと思う。私の時にはまだ建設プラントが有り、活気があった。2F出身の私は、1Fの大きさにも度肝を抜かれたが、KKはそれ以上。バブル絶頂期に建てられただけあって、標識一つをとっても高級感が漂う。青山通りなんて言うしゃれた名前もついていた。

新入社員、配属先のランキングは、

KK >> 1F > 2F

だっただろう。おそらく。


 原発事故が起こると、じっさいのところは現場の作業員は逃げるしかなくなります。

から

2012072503.jpg

このような差し迫った現場で、逃げることは考えなかったのは吉田所長だったからでしょう。関電の大飯原発所長は、真っ先に船で逃げ出し、社長も海外に逃亡しそうです。死を覚悟して、原発のトラブルに対処するといった悲壮感は全く感じられませんから。なぜ、同じ原発事故で有りながら、ちゃんと目に入ってこないのか不思議でなりません。

このゴルゴ13の別の一ページ
2012072501.jpg

3号機の爆発画像とそっくりだと思いませんか?


このマンガは、一読されることをお勧めいたします。

◆関連ブログ
首相と斑目委員長を診断する☆2011年05月17日
3月12日未明の東電FAXにSPEEDI情報が掲載−政治家は知らなかったと証言2012年02月28日
1-3号機メルトダウン報道について2011年05月25日
放射能の怖さをなぜ人より早くわかることができたか・・説得のヒント2012年05月12日
posted by いんちょう at 22:18| Comment(4) | 原子力
この記事へのコメント
KKですか!懐かしいですね。その昔終戦間もない頃私は彼の地の
すぐ近くに住んでいたことがあります。まだその頃はあの辺で
石油を採掘していて、復員してきたオヤジはそこの従業員でした
から、親子五人で社宅住まいでした。

社宅から徒歩で現在ではKKがある場所は一面松林でしたからそこを
抜けてなにもない浜辺に行き、そこで海水浴をして又徒歩で帰って
きたものでした。越後線の此方側に石油の採掘櫓が建っておりました。

KKの辺りはまったく何もない松林でただ風の音しか聞こえてこない
場所でした。まさかあんなものが建つとは夢にも考えませんでした。
田中の角さんは彼の地を入手して転売して五億円ばかし儲けたそうです。

KKが建設されてから二度ばかし近くまで行ったことはありますが
無機質な建物が建っているだけで、昔の面影はありませんでした。
刈羽村に居ります遠い親戚のオヤジがKKに何か物品を納入している
そうです。

後であの辺は蟻地獄の砂地だということを聞かされました。
沖合に活断層もあると聞かされていますし、無事に稼働できるなんて
到底信じられません。青山通りは松林通りの間違いだと思います。
Posted by ハマの住人 at 2012年07月25日 22:47
先生、このブログをご存知でしょうか。

今年1月に書かれたものですが、もし事実だとすると、昨年末〜今年にかけて急激に線量が高くなった日があったり体調不良を覚えたのは、この北九州のがれき焼却のせいだったのかと。
こっそりやってましたね、北Qさんは。

■親が北九州市の環境局の職員の人のブログ
http://kenken87.blog.fc2.com/?mode=m&no=7&cr=8b7c7d2eebcf719db56b6f218e4fbf83

この試験焼却を通じて“ガレキを燃やすと放射能が検出される”と、すでに市長や北九州市役所は知っていたということですね。さらに、一部の人にお金が入ることも指摘されています。
このブログを読んで、北九州の市議にガレキ反対電話をした際罵声を浴び、一方的にガチャンと切られたあのイヤな感じを思い出しました。

悪いことをしている人間は不利になると威嚇するんですね。


>焼却の段階で放射能は大気中にばら撒かれるらしいです
>(僕の親は市の環境局で働いているので詳しいです)
>ここからはあまり大きな声では言えませんが
>日本政府は今後、全国自治体に被災地の放射性物質のついた瓦礫を焼却受け入れを要求するみたいです
>もちろんタダではなく大金と引き換えに・・・

>地域全体が潤うならまだしも大金を手に入れるのは一部の人(誰とは言いませんが)
>健康リスクもハッキリわかってないのだから勘弁してほしいですが
>決めるのは市議会らしいです

>北九州の市議なんてもうそれはそれは・・・
>親の話によると北九州市は瓦礫受け入れはほぼ確定的らしいです

Posted by hanna at 2012年07月25日 23:11
>この本店側の人間は、原発に対してはほぼ素人である菅首相が、海水注入をやめろ都命令したら、反論することなくそのままサイトにつないだ人間です。

この一連の事態には院長に誤解があります。
国会事故調によると、ここは
菅首相が海水を注入していると東電から聞いた時に怒ったのは「事前に報告を受けていないっ!!」ということだったのですが、東電本店サイドが海水注入を
怒ったと勝手に解釈して、海水注入ストップの命令をサイトに出したのです。
その相互の誤解が理解できたので、1時間後に海水の再注入の命令がサイトに伝えられたのですー全ては東電幹部の保身しか考えない体質が産んだ危機でした…

あと、関電の美浜で1991年に起きた事故は0.7秒遅かったら今の福島と同じ事故になっていたといわれています。
この時、関電の社員の4人に3人が家族に電話して「逃げろっ!」と言ったとか…
原子炉が止まって、緊急炉心冷却装置(ECCS)が自動で作動せず、なす術がなかった時に、たまたま土曜日で美浜を訪れていた
関電の原子力の技術者のトップが慌てて手動でECCSを動かして対処して事なきを得たそうです…怖い話ですね…
Posted by Cipher at 2012年07月26日 01:11
実家が刈羽から50キロの地点にあります。

福島原発事故の時、もし巻原発ができていたら
私たちは大熊町と同じ運命だったかもしれず、
住民投票で決めてくれた巻町の笹口町長(当時)
に心の底から感謝しました。

今から思うと中越・中越沖の2度の地震でよく
破局的事故にならなかったと思います。

刈羽は運が良かっただけなのに、当時は日本の
技術はすごいと思って、大きな間違いでした。

Posted by 都民 at 2012年07月26日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。