2012年09月11日

18歳以下1人が甲状腺がん(福島県)

18歳以下1人が甲状腺がん 福島健康調査8万人分析
 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会(座長・山下俊一やました・しゅんいち福島県立医大副学長)が11日開かれ、事故発生当時18歳以下を対象とした甲状腺検査について、1人が甲状腺がんと報告された。

 甲状腺検査の対象は約36万人で、これまで結果が判明したのは約8万人。

 調査主体の福島県立医大の鈴木真一すずき・しんいち教授は検討委で「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんが見つかったのは最短4年。福島では広島、長崎のような外部被ばくや、チェルノブイリのような内部被ばくも起きていない」と述べ、放射線の影響を否定した。

 鈴木教授は終了後、記者会見。小児甲状腺がんは100万人に1人〜2人の頻度といわれていたが、自覚症状が出てから診察する場合がほとんどで、今回のように全ての子どもを対象とした検査の前例がないため「比較できない」と述べた

 年齢や性別、外部被ばく線量などについては「たった1人しかいないので、個人のプライバシーに関わる」として、一切明らかにしなかった。

 山下副学長は「いろいろなデータが出てきた。検診から次の医療行為に移っていく。プライバシーの配慮に努める」と話した。

 これまでの調査で425人が、5・1ミリ以上の結節(しこり)や、20・1ミリ以上の袋状の嚢胞のうほうが見つかり「2次検査が必要」とされた。60人が2次検査を受け、うち38人の結果が判明。この中の1人ががんと判断された。


 ついに恐れたことが表に出てきました。この記事を参考に、今までの資料と比較して検討してみましょう。

まず、今回の検査の分類(第5回福島県「県民健康管理調査」検討委員会 次第から)
2012091101.jpg

H24年度を入れた検査
2012091108.jpg
(嚢胞を認めたものは明らかに増えています)

専門医に対して、検査をしないように通達を出したのが、山下俊一であり、鈴木真一(両者ともこの記事に名前がありますね)です。
2012091102.jpg

4年間では、チェルノブイリは起きないの根拠は、こちらの報告2012091103.jpg
(スライドより)「超音波診断による結節性異常に対する穿刺吸引針生検と細胞診が重要です。特に小児甲状腺癌の場合には典型的な乳頭癌よりも硬化がんタイプで繊維化や石灰化の強い例が多く存在します。1cm以下の結節でも早期に頚部リンパ節への転移や肺転移の頻度が高いのが特徴です。」

SPEEDI開発者が苦言 放射線影響学会、仙台で開幕から
 福島県立医大の大津留晶教授は「原発事故に関連した疾患が発症するまでには4、5年はかかるとみられる。その前に健康に関するデータを集めることが重要だ」と指摘。「低線量被ばくは安全だとの考えを押し付けてはいけないし、いたずらに危険をあおってもいけない。心身両面で県民への多角的な支援が求められている」と述べた。
2012091107.jpg
 この教授については、フクシマを植民地支配するナガサキの医学者達−731部隊の現代版で紹介しました。放射能災害が本格的に出てくるのは4−5年後。(その頃には、今まで安全だと主張していた低線量被曝に対する被害が表れてくる。)さすが、福島医科大学です。主張されていることに表面上まったく矛盾はありません。

チェルノブイリ原発事故後の健康問題では、
2.小児甲状腺がんの特徴
 甲状腺検診で問題になるのは、発見されたがん甲状腺結節や異常甲状腺エコー所見の取り扱いである。これら結節患者にエコーガイド下吸引針生検と細胞診を試みると7%に甲状腺がん(大部分は乳頭がん)が発見される


 この理論が成立するのは、チェルノブイリよりも放出量が少ないときですが、実際のところはチェルノブイリよりもはるかに放出量が大きく、健康被害は当初の想定よりもはるかに早いスピードですすんでいます。そのことも象牙の塔に済んでいるからわからないんでしょうか。

鈴木真一
2012091104.jpg

この教授。2011年10月の甲状腺異常についてから
2012091105.jpg

この新聞記事に対して、鈴木真一教授は同じデータに問題ないと説明しています。
2012091106.jpg

 なぜ、このようなことがおこるのか。結局、内部被曝は原爆につながるために、軍事秘密となり隠されてしまうのです。


 第7に、ICRPのリスクの考えからは、リスクを「容認」するものにはどこまでもリスクが押しつけられる。この結果、とりわけ社会的に弱い立場にある人びとに放射線の被害が転嫁されることになる。原発で働く労働者の場合も、被害の告発が即解雇につながるような弱い立場にある下請けの労働者に被曝は集中し、被害もまた深刻なものとなる。ウラン鉱石が採掘されるアメリカやカナダのインディアン、オーストラリアの原住民、南アフリカの黒人なども同様である。原子力の施設が建てられるところは、大部分が経済的、社会的に差別れてきたちいきである。原子力産業は経済的な遅れにつけ込んで、札びらで頬をたたいて、、現地の住民に被曝のリスクを受忍せよと迫る。それらの人びとに被曝を強制した上に、被害が表れると、自分たちで過小評価しておいた放射線のリスク評価を用いて、「科学的」には因果関係が証明されないからその被害は原発の放射能が原因ではない、と被害を切り捨てる

 この理論で統治されているのが現在の日本です

9月11日の特ダネで紹介されていますので、ここにリンクを張っておきます




◆関連ブログ
フクシマを植民地支配するナガサキの医学者達−731部隊の現代版2012年08月28日
福島−子どもの甲状腺にしこり(追加検査なし)2012年01月31日
福島の子 甲状腺機能変化2011年10月05日
長崎原爆訴訟−内部被曝を無視する裁判所により棄却2012年06月26日
2012091504.jpg中川翔子のブログ
2012-09-11 15:50:01
未来
とくだねで福島の子供の甲状腺検査について…
あまり報道されないこういった事実テレビでどんどんやってほしいとおもいました
あまりにも!!
放射能について見て見ぬふりしすぎているいまの現状触れちゃいけないような空気事態が疑問
子供36%に異常って
大問題だし怖すぎる
因果関係はどうなっているんだろう
これでも事故は関係ないというのだろうか…
安全安全ってなにが安全なんだか
五年後の近い未来大変なことになっていても安全と言い切る意味が全くわからない…
子供の未来は一体誰が守るのか…
多くの方が知りたい真実を
いろんなこと一切隠さずに教えてほしいですが…

うーん
不安を見て見ぬふりするの疲れた…


 勇気ある発言と評さねばならないことに、恐ろしさを覚えます。
posted by いんちょう at 21:48| Comment(39) | 原子力
この記事へのコメント
もっとも消極的な彼らでさえ、ついに病変の存在を確認したわけですね。因果関係についての主観的な見解は勝手に言わせておけばいいとして、事実はすでにはじまったわけですね。もうなにも間に合わない。

寂しい気持ちです。

なぜ避難させなかったのか、適切な指示を出さなかったのか。この内閣、福島県職員/知事はなぜ故意に偽情報を流して県民を被曝させたのか。国民は責め続けると思います。
Posted by つきのわっくま at 2012年09月11日 22:31
仮に放射線由来のガンだとしても、1年半で出ても不思議はないと思います。
ただし3σ、2σなのか?それとも範囲内なのか?それがわかりません。

ゴミどもが、これをすぐに否定するという事は、放射線由来のガンだと認めているようなものですね。
本来は「わからない。可能性はある」とするはずなので。
この辺りでいい加減に国民には気づいて欲しいものですが。(病院に行ってどんな先生にみてもらっても「多分大丈夫でしょう」「〜の可能性がありますね」という言い方をされます。良くても悪くても断定はしません。)


福島は「逃げていないチェルノブイリ」なので、被害はチェルノブイリより大きくなるでしょう。

それにしても、放射性核種などそのほとんどは短寿命なので、1週間でも1ヶ月でも逃げておけば、被曝量を激減できたのに、責任者は当然死んで償うべきでしょうね。
Posted by 日本人A at 2012年09月11日 23:40
先生

これまでの調査で425人が、5・1ミリ以上の結節(しこり)や、20・1ミリ以上の袋状の嚢胞のうほうが見つかり「2次検査が必要」とされた。60人が2次検査を受け、うち38人の結果が判明。この中の1人ががんと判断された。

という事は、2次検査までの結果が判明しているのは、38/425=0.089(9%)で、425人の結果が出れば、単純計算で11人の甲状腺癌になるのでしょうか?

当然、結節やのう胞の大きさで判断できないでしょうから、8万人のエコー検査で見つかった甲状腺異常の36%の子供達の細胞診を直ちに行うべきだし、
まだ1次検査すら行われていない子供達(36万人−8万人=28万人)は、他府県の協力も得て、早急に検査を行うべきです。

1次検査で異常と判断されなかった子供達の次回検査は2年後と聞いていますが、この病変の進行の速さをみれば、最低半年(勝手は判断です)ごとの検査を子供達に受けさせるべきです。

北九州市も、がれきを必死になって受け入れるのではなく、このような子供達を受け入れ(せめて検査協力)するべきじゃないのか。

Posted by 大庭孝広 at 2012年09月11日 23:42
小野先生

度々すみません。

先ほどのコメントで、425人の2次検査の結果が出れば、単純計算で11人の甲状腺癌が見つかるのか?
と表現しましたが、まだ対象の子供36万人のうち8万人しか検査が終わっていませんから、36万人の検査が直ちに終われば、その4.5倍の甲状腺癌患者が見つかるという事になると思います。
(約50人)

データの母集団が多いので、統計的な判断は間違っていないと思います。

福島県立医大の連中は悪魔です。
Posted by 大庭孝広 at 2012年09月12日 00:00
小野先生

三度すみません。
明日、役所に行って、北九州市の18歳未満の子供達(1000人程度)の甲状腺エコー検査が出来ないか相談してみます。
目的は2つ
@17日からの石巻市のガレキ焼却スタートに向けて、甲状腺には放射性ヨウ素だけではなく、放射性セシウムも蓄積されるという話ですので、万が一(万が一ではありませんが)の事を考えて、ガレキ焼却前の現状を調査しておく。
A福島県の子供達の甲状腺異常36%に対し、今までそのような調査をした事がなく、その36%が正常なのか異常なのかわからないという話になっていますが、現在福一原発事故の影響が無いと思われる北九州市(西日本)で、同様の子供達のエコー検査を行い、福島県の状況が正常か異常かの比較判断材料にする。

Aこそ、被災地に対する絆(人道的協力)になると思います。
Posted by 大庭孝広 at 2012年09月12日 00:34
小野先生

子供達の甲状腺異常の問題ですが、
福島県立医大の報告書をみると、H23年度よりもH24年度の方が、異常率が上がっています。
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/240911siryou2.pdf

H23年度の異常率は、38114人検査の結果
A2判定とB判定を合わせて13654人で35.8%

H24年度の異常率は、42060人検査の結果
A2判定とB判定を合わせて18358人で43.6%

と1年間で約8%も異常率はアップしています。
これだけでも、充分に福一原発事故の因果関係があると言えると思います。

先生のブログで紹介いただいているように、福島県立医大の発表は、トータルの検査数8万人に対し425人のB判定と、そのうちの2次検査38人で1人の甲状腺癌という発表だけで、時間経過における状況の進行(悪化)については言及していません。
悪質過ぎます。

当然、H23年度の検査で、A1判定の問題なしの子供達も、現在はどのような状況にあるかわかりません。

工業高校しか出ていない私に比べれば、数百倍は頭の良い福島県立医大の先生方ですから、こんな事わからない訳はありません。

テレビの取材にもとぼけて対応・無視で、こいつら完全に狂っています。

Posted by 大庭孝広 at 2012年09月12日 05:57
院長先生、

この記事を読んだ時は泣きそうになりました。
もし、日本政府が福島県民の安全を考えた避難処置を取っていたら、この子供は癌になんてならなかったんではないか?

人の生命を守るために医者になった人達が、何で真実を隠そうとするのか理解できません。

日本国民、福島県民の命を守る為には、この方法(下のリンク)しかないと思います。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2333.html

http://hirookay.blog.fc2.com/

人任せでは駄目です。
みんなで立ち上がりましょう。
Posted by 雪 at 2012年09月12日 06:23
福島の事故から半年ほど経った時に、さる病院の小児ガンの専門家と話した時に、「小児ガン。事故を機に増えるでしょうね。」と、非常に冷静に言われていたのを思い出します。確かに、通常の小児甲状ガンの発生頻度が最悪、今回、50万人に1人だとすると、期初の9万人のサンプリングだけで、ガンが検知されたと言うことは、今後の検知率に注視する必要があると思います。大庭さんの言われているように、事象が福島依存かどうかをより確実に同定するのと、この既に羅患してしまった1名も含め、既にガンにかかっしまっている可能性のある、児童をとにかく早期で救うため、残り91%の検査結果を至急出すことが必要なのと、中部日本と、西日本のあと2〜3点位の県で、N(データ数)を福島県のものと等価にしての同様の検査が必要だと思います。あとは、これから年次を越えて出てくる発ガンデータが、漸減傾向に行くのか、フラットで行くのか、その辺りのところを、国民皆の監視で、この国のあらゆる組織からの隠蔽が無いようにしないといけません。実際のデータを改竄すれば、それをやった者とやるように圧力をかけた者の両方が、容赦なく刑事罰に問われるようにしておくのがいいでしょう。福島第一のことでガンになった場合、それは本人の責任では無いし、今は、ガンも早期発見すれば完治する病気なので、周囲からはあらゆる事で、差別されようが無いし、ガンが発見されたのが、どこの市町村か、また年そうがどの位なのかは、公表されてもいいと思いますが。既に、悪魔に魂を売っている組織としては、周囲からの地震・津波の到来に対する警告も聞かず、国民を欺いて福島第一を継続運動して来た東電と、適当な'電気足りない'データを出して原発再稼働をした関電あたりで、十分でしょう。国内でかつて、民主党の閣僚経験者にも、ラジオ番組で、「どうして、福島県の大半が事故の影響で危ないと分かっていながら、国は逃がさなかったのですか?」と問われた質問に、「それは、お金が勿体無かったからだ。」と答えた人がいましたが、一時的にでも、国に人を逃してあげる金さえも無いならば、事件の主犯である東電や、国民の税金をバックに自分たちに多大なポケットマネーを得たいがだけのために、国民を騙して危ないと分かっている原発を継続運転して来た、原子力村に、至急肩代わりさせる方法もあったのに、こう言った指を加えたままで同胞を助けなかった人権無視・人の命無視の政治家/役人無資格者の音声も、裁判での証拠となり得るので、しっかり録っておく事が必要でしょう。福島・福井は、無念で仕方がないと思います。
Posted by ちゃまいえ at 2012年09月12日 09:27
フジテレビ「とくだね」
福島県 子供の甲状腺検査で36%に異常を発見 全編
http://touch.dailymotion.com/video/xtghg4_yyy-yyyyyyyyy36-y-yyyyy-yy_news

福島県 子供の甲状腺検査で36%に異常を発見 後編
http://touch.dailymotion.com/video/xtghf6
Posted by olivine at 2012年09月12日 09:50
最近Twitterをチェックすることが多いのですが(情報が早いので)、東電が海外向けだけに「福島原発事故で漏れた放射能はチェルノブイリの四倍」だと報告した、というのを見ました。英語が分からないので確認できないのですが、本当でしょうか。チェルノブイリ事故後、人間に異常が出始めたのが五年後ということでしたから、辻褄はあうと思います。これが本当なら(東電発表なら、事実なんでしょうけど)政府は、全ての原発を停止、廃炉とし、放射能拡散を防止し(瓦礫焼却は犯罪です)、福島の高濃度汚染地域を立ち入り禁止とし、県内の人を逃がし、東日本の子供を保養に出すことを即刻やらなければならない。いったい、日本の狂った政治はいつまで続くのか。まだ、放射能は安全だと言っている人間も、重罪です。
Posted by 福岡に避難した母 at 2012年09月12日 10:33
他県に嫁いだ娘には、(これから妊娠出産予定ですが)里帰り出産はしない様に伝えてあります。

産後私が嫁ぎ先に出向き、手伝ってあげます。

残念ながら、周囲で放射能被害等の話をまともに出来るのは、少数の方しかいません。

その話題には触れない、突っ込んだ話を
しない。 また、とてもしにくい雰囲気です。

皆、子どもを大事に思い教育にも
熱心です。

でも、避難を続けている、 避難を継続、または遠方へ移住をした方には、非難めいた
コメントをする雰囲気があります。

周囲の友人も、近くに子どもを置きたい人が
多く、私の様に進学の際遠方へと動いた人間は
あまりいません。

続々と近くへの就職や進学の報告が届き
それまで、被曝の危険性を話して来た方達だっただけに、それ以来その話題は封印しました。


子どもに被曝の影響が将来何も起きない保証は
無いので、遠方への進学以外
私には選択肢がありませんでした。








 
Posted by 福島県の西部在住 at 2012年09月12日 16:01
甲状腺異常8%増加は1年でなく半年です。
甲状腺エコー検査は昨年10月からは始まり今年3月31日分までを平成23年度としまとめました。今回4月から8月24日までをまとめて今年の中間報告としました。従って、約半年しかたっていません。
今回の検査はチェルノブイリよりはるかに少ないという想定で始まったようです。ところが想像を絶する速さで出ています。この理由は大量の放射性ヨウ素を吸入したと解釈するのが自然で無理のない考えだと思います。ヨウ素131の半減期は短く測定しようがありません。幸い、被ばくの影響という形で体に影響がでているのでそこを掴むべきすべきとおもいます。例えば甲状腺ホルモン関連の各種検査、染色体異常検査など行うべきとおもいます。現状はチェルノブイリより絶対低いと信じきっているところが問題と思います。
Posted by sakuradorf at 2012年09月12日 16:39
福岡に避難されたお母様、

アレクサンダー ヒギンス氏のブログに今年の5月にアップされた記事です。

「福岡で大気中に放出されたセシウムは、チェルノブイリの4倍」
表も載っています。

http://blog.alexanderhiggins.com/2012/05/23/tepco-fukushima-cesium-release-4-times-chernobyl-137321/
Posted by 香港の主婦 at 2012年09月12日 16:41
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/05/351.htmlから

山下教授が発表したデータ。
http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131attach2.pdf
長崎とチェルノブイリの子供の比較

福島、、といっても、気をつけないといけないのは、いわき市がヨウ素の被曝を受けている点です。


http://gabasaku.asablo.jp/blog/2012/03/14/6374826
いわき市はヨウ素131で汚染された
隠された「福島最大の都市」の初期被曝


セシウムの被害は、文部省の航空機地図で明らかになっていますし、今測定しても、その被害が残っています。
しかし、ヨウ素は、半減期8日で消えてしまっています。
せめて、もっと細かい地点で、空間放射線量を事故直後から経時的に測定していたら、急減=ヨウ素が沢山あったことがわかったのかもしれませんね。

9/30には、三春町でのヨウ素配布のNHK特集もあるようですが、どうなることやら。

とにかく、膨大なデータを綺麗に取るために、悪魔になる医師が出ないことを祈るばかりです。
Posted by 首都圏のママ at 2012年09月12日 20:06
特権階級の医者が、社会的弱者の被ばくや状況について解説するのは、上から目線でいささか不愉快である。しかし、情報として多くの人に知ってもらう良いきっかけになると思う。以前読んだ新聞記事では、原発季節労働者を、消えても(いなくなっても)良い人と記述があった。本当の被害者は、決して表には出てこない。そのような人がピラミッド構造の底辺を担っているという事を忘れないようにしたい。
Posted by 米寿 at 2012年09月12日 20:56
しかし、チェルノブイリでは4、5年後から甲状腺ガンが増加したといいますが、それは自覚症状が出始めてから検査してわかったことではないのですか?
今回の福島では、最初から甲状腺ガンになる可能性がわかっていて、自覚症状が出る前に検査しています。実際に自覚症状が出るのは結局4、5年後だったのではないでしょうか?
チェルノブイリでは甲状腺ガンになるということは誰も予測していなかったはずです。
そこから考えれば、山下教授などの発言は詭弁としか言いようがありません。
Posted by ガンジン at 2012年09月12日 21:05
 香港の主婦 様

 「福岡」ではなくて、「福島」です。

でも、チェルノブイリの4倍だなんて!
なぜ、日本では報道&発表されないのでしょうか?いいかげん、この情報統制をやめてほしいです。 

私は、家族から「放射脳」と言われてますが、逆に、なぜ、放射能の危険性がわからないのかが私にはわかりません。
Posted by さら at 2012年09月13日 00:20
sakuradorfさん

情報ありがとうございます。
という事は、23年度のエコー検査した子供達の中には、原発事故後6ヶ月程度の時間しか経っていないタイミングで検査した子供もいるわけで、A1評価を受けていたとしても、次回の検査が2年後で大丈夫と言われて安心出来る訳はありません。

この福島県の対応は、考えれば考えるほど頭がおかしくなりそうですが、悪意の強い福島県と福島県立医大に検査を任せておかず、早急に他府県協力の検査体制を確立しないといけません。
子供の甲状腺癌は、肺への転移の可能性も高いようで、このままでは危機的な状況も避けられなくなるのではないでしょうか?

組織的な大量幼児虐待と言えますから、人権団体などの行動も期待します。(海外からの圧力などがなければ、隠蔽日本では状況の好転は期待できないかもしれません)
Posted by 大庭孝広 at 2012年09月13日 05:14
この報道を見て、以前、講演会で肥田先生が「福島の汚染状況を考えると、1年半位から症状が出始めるはず」とおっしゃってたのを思い出してしまいました。

まあ、原発推進思考の医者は、「関係ない」と反応するのは、想像がつきましたよね。
あの人たちは、どの位の人数の子供達の健康被害がでたら「原発事故が原因」と認めるのでしょうか。。。

50人までは「原発事故が原因とは考えにくい」、51人目から「原発事故が原因の検証をせざるをえない」、101人目から「原発事故が原因の可能性がある」ってステップを踏むカンジでしょうか。

昨日のニュースでは、昨年あのタイミングで発表した「冷温停止状態にはいった」以降、原発作業員方たちの被ばくによる健康調査など、補償を打ち切ることが決まってるようですね。

最前線で被ばくしながら働く人たちに対する補償がそのレベルですから、福島の子供たちに対する補償も、できる限りしなくて済むように政府は動いていくんだろうな・・・と昨日思いました。

水俣病の裁判の協力をされてきた山口先生が、「今回の原発事故で被害を受けた人が、原発事故が原因と政府に認めさせるには、水俣病のような特徴的な症状がでるのではないので、証明に相当な時間がかかることを覚悟しなければいけない」とおっしゃっていたのを思い出しました。

福島の子供たちはどうなっていくのでしょうね。。。
Posted by みーも at 2012年09月13日 08:15
今、福島県立医科大に苦情(抗議)の電話を入れました。

受けたのは事務局の方で、「お答えは出来ませんが」という事でしたが、私の気持ちは伝えました。

皆さんもご意見があれば、是非 電話・メールで直接気持ちを伝えてください。

http://www.fmu.ac.jp/univ/inquiry.html
総合案内窓口 電話 024-547-1111(代表)
Posted by 大庭孝広 at 2012年09月13日 09:54
福島で結婚して子供を産んで育ててもらわないと、2世、3世のデータがとれず途絶えてしまっては困ると考えているのだろうとおもいます。
子々孫々までモルモットということではないですか?
飯舘中学校での中川恵一の講演みたいなのありましたけど、飯舘村の子供たちは特に山下たちにとってはターゲットではないですか?
被害があると言えば治療のみを求められ、賠償費用もかかるし、モルモットも逃げる、それでは困るそうおもっているのではないかと、老若男女が一斉に大量に被ばくし、被ばくし続ける機会なんてめったにないと。
安全だと過小評価する以外にもデータが欲しい。
検査や治療をデータを提供することを条件にしてそれによって得られたものによる論文や研究成果自体、通常なら違反になるのではないですか?審査する委員会を通したならそうなるんじゃないんですかね?
山下たちは被害を否定することとデータの独り占めが目的のようにおもえます。

5時台のAMラジオ(どの系列かはちょっとわからりません)で北九州のがれきのことで埠頭に集まる反対の人のインタビューありました。
「鼻血や頭痛などの被害がでた。これからも同じことがあるだろう」と今までこういうのはテレビ、ラジオでも流れることはなかったのに、やはり流れが変わっているのでは?
Posted by つばき at 2012年09月13日 18:17
友たちへ
病気になるということは、本当に大変なことだ。一時的に、あるいは残りの一生の、生活がガラッと変わってしまうんだ。
臨床医なら分かるだろう?たくさんの方のその場面を、みてきただろう?
子どもが病気になった時の親の悲しみ。親と離れて夜の病院で一人で眠る子どもたち。泣いてしまう子もいる。みてきただろう?
それなのに、まだこの事態を知らんふりするのか?口をつぐんだままか?
忙しいだろうが、もう一年半たつんだ。調べて勉強する時間はあったはずだ。もう言い訳はききたくない。


Posted by 目をさませ、声をあげろ! at 2012年09月14日 06:17
>チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんが
>見つかったのは最短4年

こう言っているという事は、少なくとも4年後には福島県でも福1事故由来による甲状腺がん患者が出現すると見越しているのですかね?
もし、今後も一切福島県では甲状腺がん患者が出現しないと思っているのでしたら、それはあまりにもおめでた過ぎます。

話は変わりますが、NHK-EテレのETV特集では、今週と来週の2回に渡って、チェルノブイリ原発事故の影響を取り上げておりますね。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0916.html
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0923.html
これが将来の福島県の姿ではない、と思える人は幸せだと思います。
Posted by 新潟県民 at 2012年09月18日 20:07
理系のエンジニアとして自分で確かめないと気が済まない性分から、福島には何度か足を運びました。郡山駅前のロータリーでも、福島市の幾つかの場所、いわき市においても、地面の上に線量計を置くと2マイクロSV/h程度ありました。これは、地面にある放射性物質からのものです。線量計を持ち上げると値が小さくなることからも自明です。また、その地面の上を歩いてセシウムがまったく舞うことがないということはないと思います。ということは、こういう所を歩いていて、背の低い子供ほど、セシウムを吸いやすいと考える方が妥当だと思います。もともと、空中をセシウムは飛んで、静岡のお茶が被ばくしています。こういう経路でセシウムを吸ってしまうのも内部被ばくだと思いますが、そういうことは考慮もされず、実験もしていないと思います。
Posted by 前田拓也 at 2012年09月24日 23:13
>>前田さん

吸引の調査は何件か、昨年から行われていますよ。思う前に、ググったらすぐでてきますよ(京大とか)。何でしていないと思うのか不思議ですが。空気中の粒径や放射線量の分布も事故時点でKEKで行われています。理系ならば、事実から判断しましょう。
Posted by 新井 at 2012年10月03日 04:42
福島以外でも子どもだけでなく大人にも甲状腺の異常が見つかっています。関東・東北地方に住む人はほぼ全員被爆しているわけですからこれは当然です。今後は、調査を関東・東北地域全体に広めていくべきです。

症状は個体差があるようで、化学物質に敏感な人ほどさまざまな反応が出ています。

また、9月7日日本生態学系協会・池谷会長が発現して批判を浴びた
「放射能雲が通った地域の人々は結婚しない方がいい。結婚して子供を産むと奇形発生率が上がる」
というのは悲しいかな生態遺伝学の見地からは真実です。
日本はこの先数年後から人口が急激に減少していくでしょう。
Posted by pon at 2012年10月03日 10:32
はじめまして。
昨年丸一年間、アメリカに住んでいました。
今年の1月に自宅のある福島市に戻ってきました。
自分の目で福島の現状を見てからこの先のことを決めたいと思い福島に戻ってきました。
住んでみて、東電、国、福島県の隠蔽体質や納得いかないやり方にがっかりしています。
さらに東電も県も、私たちのように3.11に福島県に居住していなかった県民はさまざまな補償対象外であるという事実を知りました。
来年子供達の進学を機に福島を出ようと決めました。
震災時アメリカでしたが、今回の甲状腺検査で娘二人(中学生・小学生)がA2判定の結果でした。
確か甲状腺はヨウ素が関係していて、比較的原発直後に被爆したことが問題なのかと思っていたのでこの結果に不安を感じています。
Posted by 福島に越してきた一家族 at 2012年10月04日 15:02
大気拡散量はチェルノブイリの18%
海に流した量も合わせると46%
↑海外メディアの推定値。
日本政府発表は海外メディアの半分の量

チェルノブイリより多いと発表したのは、事故後2週間後の朝鮮メディアが発表した推定値。

影響が無い地域と比べないと何とも言えないが、影響が無いとは絶対言えないと思う。
Posted by 東北住み at 2012年11月17日 21:56
オーストラリア在住です。

ウクライナ出身の方に話を聞きました。

結論から。

福島にいる方は絶対にお引越しして下さい!

お金も仕事も命あってこそです。

詳しく聞いた話はしても議論を招くだけになるのでしませんが

とにかく想像以上の結果が待っています。

あなたが思うよりずっと恐ろしいのです。
Posted by えりか at 2012年11月18日 18:01
18歳未満で8/36万人検査結果1人発癌ということは36万人中4-5人の可能性?チェルノの時は4年後からなのに福島は2年目からと言う事はやはり何かが違って福島の方が深刻な側面を持っているということ?ベラシールの医者の関東以北の事故当時被爆者の80%が3年以内に死ぬと言うのは言いすぎだと思うけど、結構厳しい状況なのだろうか・・・。
Posted by 名無し at 2012年11月19日 23:41
知人の外国人が東京都から遥か離れた地域に引っ越しました。彼ならもっと早く引っ越すだろうと思っていましたが。私は水素爆発が生じた時点からマスクもせず原発周辺の人々が平気で外出していたことにとても違和感を感じておりました。この時点でとてつもない内部被曝をしていることは明白です。また作業員達も免震重要棟なる施設内で平気で食事をしておりました。壊滅状態の原発敷地内で食事をするなど科学的知識があればとても恐ろしくてできないはずです。福島の人たちが結婚するのは自由だと思いますが、自分なら子供は作らないでしょう。かくいう私も被曝から百パーセント免れている訳ではありません。風に乗った放射性物質を少なからず浴びているはずですし、何より食事を通して相当量の被曝をしていると諦めています。魚を積極的に摂取する気持ちは完全になくしました。福島の事故直後仙台に在住している人がたまたま持っていたガイガーカウンターの数値がみるみる上昇しとんでもない自体になったことを悟ったと言っていたことを思い出しました。チェルノブイリの例を取るまでもなく、どの国家もこのような事態に陥った時、真っ先にすることはネガティブな事実の隠蔽です。明らかになるのは隠しきれない状態になってきてからです。今回の事例はそういう事態になっているのかも知れないということではないかと思っています。
Posted by 名無し at 2012年11月20日 08:52
また、癌になった子供がいるみたいですね。なぜか『初めて』と書いてありますが...。

--------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121118-00000007-khks-l07
甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定
河北新報 11月18日(日)6時10分配信

東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査 が必要」と初めて判定された子どもが1人いることが17日、関係者への取材で分かった。
18日に開かれる「県民健康管理調査」検討委員会で報告される。
調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、 がんかどうか判断する。
1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。
9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。だが、がんの状態から「震災以前に発症してい た疑いがある」として、原発事故の放射線との因果関係を否定している。
県立医大は「県内全ての子どもの検査という前例のない調査なので、早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。
最終更新:11月18日(日)6時10分
Posted by 無関係者 at 2012年11月21日 01:59
甲状腺癌という非常に発症率の低い病気の疑いのある人間がこれだけ出現しているだけで福一由来であることは明白でしょう。しかも18歳という比較的年齢の高い人間が発症していることも被曝量が尋常ではないことの証左と思われるのですがね。素人が見ても。
Posted by 名無し at 2012年11月21日 15:07
福島県立医大でふざけたことをほざいている教授どもこそ一刻も早く福島を離れたがっていることは間違いないと思います。金ととの兼ね合いで我慢しているだけです。
Posted by 名無し at 2012年11月21日 22:36
チェルノブイリは悲劇ですが、石棺を作ることができただけまだ福島よりましです。しかし、その石棺も内側からの放射でそろそろ崩壊しそうなので、それを覆う巨大な石棺を作る予定です。屋根を失った福島第一原発も石棺を作らなければ、燃料の取り出しなんて不可能ですが、猛烈な放射線を出している状態でどのように石棺を作るのでしょうか?あの量の放射線ではロボットすらまともに動かないでしょう。やるやると言いながら結局水を入れ続けるしかないのではないのでしょうか?まともに動かしていても浜岡のようにパイプが海水で腐ったりしています。あのように崩壊した施設に海水を注入したらどうなるか、考えるだに恐ろしいです。いつ崩れるのか地震と同じで予測はできないですが、確実に崩れるでしょう。
Posted by 名無し at 2012年11月22日 07:17
この期に及んでまだ福島県産の米の安全性をアピールとはあきれますね。新潟の阿賀野川は猪苗代湖に源流を持ち新潟に流れていますが、予想通り下流域では相当な放射線量です。
Posted by 名無し at 2012年11月23日 18:35
子供の甲状腺検査福島以外と同じ放射脳の妄想だったことが判明
http://zukolog.livedoor.biz/archives/25403776.html
Posted by 通りすがり at 2013年03月11日 23:26
新井さん

親として、小学生の子供を見てると、外で手を土で触る。その手をなめる。その手の爪をなめる。要は土を食べるような行為をする。何度、叱っても繰り返す。こういう行為を辞めるよう日中、ずっと監視できない。また、走り回ると土も舞う。服に土が着く。また、手で触る。なめる。そういう子供がする行為を前提とした測定ではないと思います。いじめであったり、親は子供にずっとついている訳ではないので、予想外のことをする場合もあり、親でもすべて把握している訳でもありません。そういう子供の行動もすべて観察して、条件を決めて、測定をしているとは思えません。
もし、いじめで、セシウム等を含む土を口の中に入れていたら、どうします? それは親はなかなか気づきません。想定外ですか。









Posted by 前田 at 2013年09月12日 23:08
山梨の富士五湖地方、富士山の麓で地元であるが、今年も野生のきのこ類は、基準値超えで、露天販売等できなかった。当初、静岡、山梨まで振ったセシウムが原因であると考えられるが、野生物は、もう、だめそうで、小さな産業であるが、もう、だめだろう。県内にちょっと報道されるだけであるが、山梨でも、まだ、放射能汚染が続きそうである。ただ、きのこ類でセシウムの吸収がよく、高い数値が出る理由は分かっていない。当然ながら、山梨は東京より福島から遠い。
Posted by 前田 at 2013年09月15日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。