2013年03月04日

原子力シニアネットワーク−大衆にすり寄る破廉恥集団

 「真理は時の娘で、権威の娘ではない」。欧州の古いことわざ 日経新聞から
 「真理は時の娘で、権威の娘ではない」。欧州の古いことわざだ。権力者は本当のことを一時は隠すことができても、時間がたてば明らかになる、といった意味だろう。

 日経新聞とはとても思えないまともな論評です。まさしく、この言葉を日経新聞自身に贈りたい気がします。この前ネットで流れていた新聞記事
koren_a 香蓮 3月2日
原子力エリート【核のごみ関心なかった】ここまでてこずるとは−西日本新聞 pic.twitter.com/RLzdYllRso
2013030401.jpg
西日本新聞2013年3月2日

大事なところだけ書き抜きます。

1月20日午後、福岡市都心ビルの一室。高レベル放射性廃棄物に関するNPO主催の勉強会が開かれた。集まった主婦やサラリーマンたちに、金氏顯(かなうじあきら)68は語りかけた。「原発賛成、反対は別にして、何とかしないといけない」
 金氏は一市民であってそうではない。世界を代表する原子力プラントメーカー最大手、三菱重工業のOBだ。技術者として日本の原子力史のど真ん中を歩き、常務取締役まで上り詰めた、原子力エリートである
(中略)
原子力草創期、金氏たち技術者は核のゴミの問題をどう考えていたのだろう。「関心なかったですよ」。処分方法についても「研究段階だったしゆっくり考えればいい、と。ここまで手こずるとは思わなかった。」

 いくら恥知らずでも、ここまでのうのうとしゃべるとは呆れかえります。しかも、自称エリートなんですよ。この程度の想像力しかない人間が・・


から・・この本は各地の原発がいかにカネとだまし討ちで作られてきたかが、克明に書かれています。日本の民主主義は、原発後になくなったのではありません。最初から、そのようなものは幻想に過ぎなかったと言うことがよくわかります。
75年5月の「国際経済」誌のインタビューに対して、山口恒則四国電力社長は、こう語っていたのだった。
「われわれは国の政策でやれというから急いでやったわけでしょう。・・・燃料サイクルの問題の解決がついていないのに日本でどんどん軽水炉をつくっていく。本当におかしな話で、濃縮が日本でできるわけでなし、再処理が日本でできるわけでなし、とにかく発電所だけがどんどんできていくのは早過ぎます。」 


 今から、38年前の電力会社の重役が、再処理の問題に言及しているにもかかわらず、当時30歳の原子力エリートが、核廃棄物に対して、想像が回らなかったと平気で言う。この人物の出所が非常に興味を引かれました。

 今は、グーグルがあるから、簡単にわかります。

この人物は原子力シニアネットワークの代表者

いろいろ調べると、NHKが放映した「低線量被ばく 揺れる国際基準」に対して、抗議文を提出した団体だとわかりました。この番組は非常によくできています


一応見付かりましたので、張っておきます。

これに対して、すぐさま文句をつけたのが、原子力シニアグループ

なぜ私たちはNHKの誤報に抗議したのか  追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺れる国際基準」の捏造を巡って - 金氏 顯

2013030402.jpg
金氏 顯 (かねうじ あきら) エネルギー問題に発言する会代表幹事 (GEPR版)

1・はじめに
筆者は1960年代後半に大学院(機械工学専攻)を卒業し、重工業メーカーで約30年間にわたり原子力発電所の設計、開発、保守に携わってきた。2004年に第一線を退いてから原子力技術者OBの団体であるエネルギー問題に発言する会(通称:エネルギー会)に入会し、次世代層への技術伝承・人材育成、政策提言、マスコミ報道へ意見、雑誌などへ投稿、シンポジウムの開催など行なってきた。

今回の東電福島第一原子力発電所の事故では多くの方々に多大のご不便とご心労をおかけし、原子力関係者として痛恨の極みである。私たちは福島の復旧を願い、現地で活動している会員も多い。私たちが大変心を痛めていることのひとつに、住民の間に低線量放射線被ばくの健康影響への不安が拡がっていることである。

その原因の一つは一部のメディアによる偏った内容や事実誤認の報道だ。最も影響の大きかった報道は、NHKが平成23(2012)年12月28日に放映した、『追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺れる国際基準」』である。 私たちはNHKと3度にわたり意見交換を行い、そこで対応が行われなかったために、放送倫理・番組検証機構(BPO)に、番組の訂正を求めて提訴中だ。(提訴資料) (注1)

本稿では、この経緯を紹介したい。今の原子力報道の問題、つまり誤った情報によって社会混乱が誘発されている事実、さらに情報を提供するメディアの一部に無責任な体質があることを示すと思うためだ。

言うまでもなく、報道の自由と人々の原子力をめぐる活発な意見表明を、私たちは当然のことと受け止めている。しかし、それは事実に基づかなければならない。


抗議文

 こう言われて思い出しました。この抗議文があまりにひどいので、代表者に対して2012年1月30日に電話をしていたのです。会話を一部録音してありますので、公開いたします。この人物は私の抗議に対して、いきなり、「あなたは医者ですか?」と聞き返しました。まるで、医者でなければ、低線量被曝のことについて文句を言うなともとれる発言です。そういう発言主こそ、医者ではないにもかかわらずです。



原子力村の住民は、今まで反省したことは一度としてないし、これからも反省することなど二度とないでしょう。こういった人物を十分に注意して、その口先にだまされないようにしましょう。人物、所属団体は、しっかりと記憶することです。

 原子力シニアネットワークは、小倉高校の学生と2011年の9月には懇親会をやり、次のような発言をしています。
2011年9月22日23時43分 朝日
 北九州市で開かれた日本原子力学会の大会最終日の22日、東京電力福島第一原発事故などについて業界OBの研究者らが若者と語り合う会があった。OBのつてで集められたという高校生らからは「安定したエネルギー供給に原子力は必要」などと逆風の業界に好意的な意見が相次ぎ、演出色の濃い催しとなった。
 原子力関連企業などに勤めていた元技術者や元研究者ら約300人でつくる原子力学会シニアネットワーク(SNW)が開いた。高校生2人と大学院生1人が約40人の前で講演し、続いて意見交換した。

 北九州市内の高校2年の生徒は「原発を今すぐ止めたら確実に電気が足りなくなり、日本経済が徐々に立ちゆかなくなる」。同じ高校の別の生徒は、放射能汚染に関する食品の風評被害に「怒りを覚えている」と話した。


 こつこつとまとめていると、このようにある日突如として、ばらばらに見えた点と点とがつながり、全体像が見えてきます。自分でいろいろな意見を参考にしながらまとめること。そうしたことで、全体像が見えてきます。

 原子力シニアネットワーク・・・もう覚えました?

◆関連ブログ
政府も電力も自治体も漁協も全部−同じ穴のムジナ2011年07月30日
2012年01月09日
放射能と人体(9)ICRPと低線量被曝−科学的に証明する気はない
小中学生、高校生、役人、有名大学教授 正しいことを言っているのはだれ?2011年09月23日
posted by いんちょう at 21:30| Comment(12) | 原子力
この記事へのコメント
 先生に質問です。東電は「フクイチの汚染水が増え続ける原因は地下水の流入であろう」と認めてきましたが、それはつまり、建屋の地下部分に亀裂や破壊があることを意味しますよね。誰もが薄々感じていることですが、もし、メルトダウンした燃料が下部コンクリートを突き抜けていないなら、そうした建屋の地下壁・地下床の亀裂は、津波で生じるわけがなく、地震が原因と断定できるのではないでしょうか。地震による配管やICの破損は未だうやむやにして認めていませんが、地下水の流入こそが「原発は地震で壊れる」ということの証と考えます。院長先生のご見解はいかがですか?
Posted by 読者 at 2013年03月04日 22:55
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130304/460609/

Googleが福島県の浪江町でストリートビューの撮影を開始したそうです。

完成するのは数ヶ月先だそうですが、どんな姿になっているのか、町民共々期待したいですね。

撮影班はどんなスタイルで撮影しているか気になります。
You Tubeも閲覧出来ます。
Posted by ハマの住人 at 2013年03月05日 07:07
先生 更新有り難うございます。
私には出来ることがないかも知れませんが知ることが出来ます。
少し興味を持つだけで沢山の素晴らしいページで勉強することが出来ます。
多くの方がそうだと思います。
知ることしか出来ないけれど、実はそれが一番大切なんですよね。
その大切さを一番に知っているからこそマスコミは原発問題、放射能問題を扱わないのです。

ところでこちらのサイトの右側にある検索ボックスに今気付きました。
このサイト内の検索が出来るのでとても便利ですね。
先生のデータベース検索が出来て、みなさんもお調べの際に重宝すると思います。
Posted by 太郎 at 2013年03月05日 14:35
PM2.5、熊本県で全国初の注意喚起
朝日新聞デジタル 3月5日(火)11時27分配信

 健康への影響が懸念される微小粒子状物質PM2・5について、熊本県は5日、国が定めた暫定指針値の「1日平均で1立方メートルあたり70マイクログラム」を超える可能性があるとして、県内の全市町村や保健所などに注意喚起の情報を流した。環境省によると2月27日に国が暫定指針を定めて以来、こうした基準で注意喚起したのは全国で初めて。

熊本県の本当の状況はどうでしょうか?

お野菜は主に熊本の物をアンテナショップで購入することが多いのです。
現在野菜はすべて家に持ち帰るとまず、電解アルカリ水で表面の油性の農薬を落として、43度位のお湯でジャブジャブ洗ってから、水分を拭き取ってビニール袋に入れて保存するようにしています。PM2.5であれば対処できる処置だと思うのですが、放射性物質だとさらに水に浸け置く時間を長くした方が良いのかも。
それでも、東北、関東地方の野菜を買うよりは安心ですが。
Posted by 都内からです at 2013年03月05日 15:55
追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」はNHKにしては珍しい?ちゃんとした番組でしたね。(先日3月3日放送のNHKスペシャル「震災ビックデータ」には、あのチーム中川の早野龍五が出ていました!すきあらばこの輩が顔を出す。)
真相ファイルには、アメリカイリノイ州シカゴ郊外の三つの原発から放出されて井戸水などを汚染したトリチウムのことが出ていて、この井戸水で脳腫瘍を患った少女の映像が痛ましかった。原発の周囲では脳腫瘍と白血病が30%増え、小児ガンは2倍に…このトリチウムが残った汚染水を東電は海に流そうというのか?やめてくれ!
動画といえば、IWJさんとニコニコ動画が流して下さった今回の第一原発構内取材の三時間半に及ぶ生々しい映像は、まるで悪夢のような近未来映画のような。クレーンや建設中の建物は、ライブカメラではわからない巨大さで改めて驚きました。これはもう…ゼネコンはガンガン儲けてますね!人が直に撮った映像の持つ力は大きいです。もう実感で、やはり日本に未来はないと思いましたよ。荒廃あるのみ。私のような一介の普通の年寄り主婦が「多核種除去設備」の映像を食い入るように見てるなんて、思えばブラックな図ですね。


Posted by タナトリル at 2013年03月05日 18:25
小野先生
貴重なビデオ、ありがとうございました。
これ、スウェーデンの例から言えば、
原発は絶対、やったらいけないのがよくわかります。
日本で、福島の事故があったから、
原発に対して、
嫌悪感が持たれたからと言って、
海外に売りつける経産相の
気持ちが解らない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Toshimitsu_Motegi.jpg
もはや、人間の顔をしていないし、
従来、日本人は、そこまで野蛮・残虐な
人種では無かったと思っているので、
日本人を名乗るのは止めていただきたいですね。
いずれにしても、厳然たる事実があります。
スリーマイル・チェルノブイリに続いて、
この日本で、福島第一の事故が起こった。
先例から言って、また、国内、事故後
2年で既に来ている予兆から言って、
内部被曝による、発癌・白血病、
その他、健康障害が増えるのは
確実だと思います。
日本医学会も、どうも、
その事実を認めたくないような気もしているのですが、
この現象、もはや予防できないのかもしれない、
全医者・全医者の卵総がかりで、
周囲の多くの人が、
ガンや白血病になるのを前提で、
早期発見と、それらの人を完治させるための
治療の確率に専念して欲しいのです。
例え、その人の本当の専門が、耳鼻咽喉科や
場合によっては、美容整形外科であるかもしれない。でも、人間、誰しも、何らかの飲食物を口にしないと生きてはいけないのだし、実際、無節操に、危険な汚染がれきを、あくまで、個人的な利権が儲かるからと言う理由で、被災地と称して、ばら蒔いている輩もいます。うちの社員食堂なんて、何であそこまでやるのかと思うのですが、高線量地の野菜を故意に選んで、食材に用いているのです(社員、死んだらどうするのか?!と。殆どの社員は、輸送コスト増で3割値段がアップしてもいいから、生きていたいし、がんにはなりたくないと思います)、今は、ほぼ、この先が確定しているような非常事態です。
本来の専門を副にして、寧ろ、ガン制圧を
主にする位の気持ちで、犠牲者が増えるのを
身体を張って防いで欲しいと、日本の全医者に切望します。
Posted by ちゃまいえ at 2013年03月06日 05:18
墜落事故により多くの死人を出している「未亡人製造機」オスプレイの本州飛行が今日から開始される。その際、ルートを九州から四国に変更すると、アメリカから日本に前日に突然連絡があった。「やっぱりあっちを飛ぶことにしたんでよろしくな」ってなもんである。
アメリカ軍は九州で陸自の訓練があるからと言っているが陸自によるとその訓練があることは以前から通告していたとのこと。

飛行高度は昼間150km。夜間300km。昼間の150kmは東京タワー半分の高さ。
ちなみにオスプレイの飛行を許した人間がいる東京の上空は飛ばない。

これから日本はオスプレイを最低12機も買わされる可能性があるとのこと。1機100億円。

日本の空はアメリカのものだ。日本の金はアメリカのものだ。
(アメリカはジャイアンか)
自民党になってからアメリカはますますやりたい放題である。
Posted by のび太ニッポン at 2013年03月06日 10:38
先生こんにちは。

自分は、ストロンチウムとともに以前からトリチウムが気になっているのですが、バズビー博士も大変気に掛けられているやっかいな物質のようですね。
しかしまた、マスゴミさんは変な記事を書き出しましたね↓
http://mainichi.jp/opinion/news/20130306ddm002070118000c.html
相変わらず「風評被害」で片づけているのが困ったものですが・・・。
Posted by 陳 at 2013年03月06日 16:05
 核廃棄物の処理を考えなくちゃね
 中性子を付加することで、核ゴミを
減量したり安定同位体化する技術があるよ
 核ゴミの97%を占めるU238をPu239に変えると、核燃料にもなってオトク!
 だからもんじゅ研究費ください

ムラ人の言う核廃棄物処理とは、
もんじゅであり六ヶ所再処理のことです
Posted by 足尾銅山 at 2013年03月06日 18:11
福一三号機の爆発をその第一報からテレビで見ていた私は、爆発を見た瞬間に「ギャー、キノコ雲が上がったぁー」とその瞬間に叫んでしまったわけですが、どうもそれ以外にも似たような現象があったようで…。

東京湾岸の千葉にあるコスモ石油コンビナート爆発の瞬間
http://www.youtube.com/watch?v=SRUpJ3CAcYA
0:00 - 1度目の爆発
1:36 - 2度目の爆発
2:52 - 3度目の爆発
3:44 - 4度目の爆発

0:03では、左方にそびえる千葉ポートタワー(125.15m)よりも二倍以上のはるかに高い、キノコ形状の火柱のようなものがぐんぐん上がっています。

石油コンビナートの炎上爆発でこんな形になるものでしょうか…?
(詳しい方がいたらぜひ教えていただきたい)
あの火災では隣り合った劣化ウランの倉庫まで延焼してその屋根までもが焼け落ちたが、ドラム缶に入った(?)劣化ウラン自体は無事だったということになっています。
が、劣化ウランって燃えやすい物質とも聞きますよね。


劣化ウラン保管施設も延焼 コスモ石油のガスタンク火災で 千葉県議会
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1309498977

>県消防課は、同製油所のガスタンクの火災・爆発事故で、隣接するチッソ石油化学の劣化ウラン保管倉庫の屋根が焼け落ちていたことを明らかにした。
Posted by サボテン好き at 2013年03月06日 18:31
院長先生
いつも貴重な情報を有難うございます。
仕事の上で帰国子女とよく話すのですが、日本になじんだ人ほど最近の情報を全く知りません。政府の情報統制、見事と言わざるをえません。
しかし、これから子供が欲しい、あるいは子供がおなかにいる、子供が小さい、そういう女性はいったん情報を得るとどんどん自分で調べていくようです。彼女達は英語がスラスラ読めるので、情報収集能力が違います。こういう人たち、大事ですね。
Posted by GOGO at 2013年03月06日 19:20
 先生、グッジョブ!!ですね。聴きました!
レスポンスのレベルは口べたのわたしが関電社員に口論して返ってきた低レベル。
 立派な履歴でビビることないってあらためて教えていただけました。ありがとうございます。
 賛成とか反対とかを越えて核のゴミを考えるって、稼働したいからでしょうに。。。きれいなことばで誤魔化されそう。

 アサヒは 「演出色」のとこで すこーし本質を伝えようとしてるんですが、読み手が気づくかな。かなりハードル高いし、もうすこしわかりやすく伝えてほしい。
 NHKは慰安婦番組で安倍にたたかせ、この番組でもこの人たちにたたかせて「みなさまの」正統性をアピるために、たまにまともな番組を差し込んでるのかなと、NHKにもまともな職員がいるけどという寛容な受け止め方から一歩抜け出しかけのわたしです。

 先生のおかげで、いらいらする報道を違った視点で見れています。感謝です。
Posted by マツダマツコ at 2013年03月09日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。