2013年07月25日

心臓病、失明、低身長、奇形・・隠蔽し続けるマスコミ

 放射能の被害を認めてしまうと、非人道的兵器として核兵器を持てなくなります。米国と先の大戦で敗北してしまい、「核の傘」に入っている日本の政治家は、「日本をトリモロス」とは称していますが、その政策は、米国の従順なる植民地になろうとするものばかり。敗戦直後にしかれていたプレスコードよりもさらにひどく、米国の不利益になることは一切報道しません。必ず出てくる健康被害をどう隠すかに、主力を注ぎ込んでいます。

フクシマでは、かつてない健康被害が起きることは、実はあの山下俊一氏も認めています。
2013072502.jpg
「これから福島という名前は世界中に知れ渡ります。福島、福島、福島、何でも福島。これは凄いですよ。もう、広島・長崎は負けた。福島の名前の方が世界に冠たる響きを持ちます。ピンチはチャンス。最大のチャンスです。何もしないのに福島、有名になっちゃったぞ。これを使わん手はない。」

 事故が起きただけでは世界中に知れ渡るわけではありませんね。なぜ、こういうことがぽろっと出てきたのかを十分に考える必要があるでしょう。

 放射能で一番怖いのは奇形の問題。動植物の奇形のみならず、当然人間でも植物で見られたような奇形がどんどんとみられるようになります。

それを知っていますので、わざわざ次のようなマスコミ報道がなされ、

新生児「原発事故影響ない」 福島医大が調査結果
 原発事故に伴う県民健康管理調査のうち、県と福島医大が県内の妊婦や出産後の母親約1万6000人を対象に行った2011(平成23)年度の妊産婦調査で、同大は19日、福島市で開いた市町村の担当者向け結果報告会で、回答者のうち、早産だった人や低出生体重児が占める割合は、全国のデータとほぼ変わらない結果だったと報告した。同調査の回答者は9316人で、回答率は58.2%だった。
 先天奇形・異常がある県内の赤ちゃんの割合は2.7%で、産科医で一般的とされる異常の発見率(3〜5%)と同様の水準となった。同大放射線医学県民健康管理センター妊産婦調査部門長の藤森敬也教授は「現時点では全国とほぼ変わらない傾向で、原発事故の影響はないとみられる」との見解を示した。
 同大によると、県内で早産だった人は412人(回答者に占める割合4.8%)、低出生体重児は772人(同8.9%)で、人口動態統計を基にした全国の早産者(同5.7%)と低出生体重児(同9.6%)とほぼ変わらなかった。
 藤森教授は今後の調査について「客観的なデータを継続して示していくことで県内の妊産婦の安全、安心につなげたい」と語った。
(2013年7月20日 福島民友ニュース)


 客観的なデータが出ていますが、巷間で言われていることとは全く違います。
もはや福島県は、人体実験場か!福島県では15人に12人が、奇形児を出産!

「福島で頭2つの子が生まれている」 緑の党候補街頭演説が物議を醸す2013/7/16 20:14


2012.3には、私の手元に次のような投書が来ています。

奇形と分かったご家庭には、保健師をはじめ次々と何人もで訪ねてくること。
妊娠中に突然、胎児の頭部が大きくなり、堕胎をすすめられた方。
口唇裂の赤ちゃんの診察のために病院に出かけた際、「ひとに見られたくない、聞か
れたくない」と
ひと目を気にする方には、病院の方から「お宅だけじゃないですよ。気にしなくても
大丈夫です」と声がかけられること。
実際、おなじ事情に苦悩する患者さんご家族どうしが、「ごろごろと」隣り合って病
院にいること…等々。

 とうぜんですね。隠すしかありませんから。今最も奇形児が多いとされている イラクファルージャでも科学的評価では、念に数例しか奇形児は生まれてこないことになっているのですから。

 常識から考えると、おかしな報道は他にもたくさんあります。昨日流れていたニュース。

水源濁り2万世帯断水 山形・大雨被害 孤立全て解消
 記録的な豪雨で河川の氾濫や土砂崩れなどが相次いだ山形県内は19日、降雨から一夜明けて復旧作業が進む一方、水源が濁っているため広範囲にわたって断水した。
 県によると、濁った水の処理が追いつかず、山形県村山、天童、河北、大江の2市2町で約2万2000世帯で断水し、給水車が出動した。約8000世帯が断水している村山市の復旧は20日以降になる見通し。


 大雨で断水になるとは、聞いたことがありません。おおかた、山に降り積もっていたセシウムが川に流れ込んで、使用基準を上回ったために断水させたのでしょう。「濁っている」と言えば、言えなくもない。さすが、「大本営発表」で鍛えた日本のマスコミです。

 健康被害と言えば、日頃からの刷り込みは大事です。健康番組として、一定の評価がある「ためしてがってん」・・ここもまた、被曝症状を教えてくれています。昨日の放映は・・

40代から多発!恐怖の「隠れ心臓病」2013年07月24日放送
突然、ギュッと胸が痛くなる「心臓病」。
年をとってから気にする病気・・・かと思いきや、なんと40代が発症のピークという、ナゾの心臓病の存在が明らかに!
しかもこのナゾの心臓病、心臓がすごく痛いにもかかわらず、最新の画像検査を受けても異変が見つからないというのです。

もう一つご紹介するのが、どこも痛くないまま、突然死を招くタイプの心臓病。こちらは、体のあるトラブルによって、心臓のピンチを知らせる「痛み」という警報装置が作動しなくなってしまうのです!

大切な命を守るために、あまり知られていない2つのタイプの心臓病の最新情報をお伝えします


40代で心筋梗塞・・普通あり得ないのですが、この前ニュースになりましたね。。

天海祐希さん「軽い心筋梗塞」舞台降板 代役は宮沢りえさん2013.5.8 13:27 [宝塚歌劇団]
 東京芸術劇場は8日、上演中の舞台「おのれナポレオン」(三谷幸喜さん作・演出)に出演中の宝塚出身女優、天海祐希さん(45)が軽い心筋梗塞の症状のため、舞台を降板すると発表した。天海さんは6日昼の公演終了後に体調不良を訴え、都内の病院で軽度の心筋梗塞と判明。1週間から10日間の安静治療を要するとの診断で入院したという。これに伴い、8日夜と9日昼の公演は中止する。今後の代役は宮沢りえさん(40)が務める予定。
2013072501.jpg

 発症当初は、医師の間でも、閉経前の女性で、しかも極端に太っているわけでもない女性が、なぜ心筋梗塞になるのか・・と議論になっていたのですが、2ヶ月もたつとこの有様・・つまり、40代の女性の心筋梗塞が増えている と、こんなことが起きても普通ですよ という番組をNHKが平気で作るわけです。そして、日常会話で次のように情報を制限させるようになるでしょう

A「天海さんって、まだ40代で、あんなに綺麗で、たばこも吸っていないと思われるのに、なぜ心筋梗塞になるのかしらね。もしかして、あの事故が関係〜」
B「何言っているの、このまえためしてガッテンで、40代の心筋梗塞が増えていると言ってたわよ。あなたは、なんでも放射能放射能って、いうけど、もう少し勉強したら?そんなことだから、誰も相手にしてくれなくなるのよ」

いやはや、おそろしい話です。このような圧力と戦っても仕方ありませんから、賢い主婦は、次のように考えましょう

ためしてガッテンは、被曝症状を紹介してくれる。

その通りでしょう。では、次回の予定は・・・

うっかりミスで発覚!40代を襲う謎の病(仮)2013年07月31日 (水曜) 午後8時 〜 8時43分
人にぶつかったり、コップをこぼしたり。ついついやっちゃう「うっかりミス」。
でもそれ、単なる「うっかり」じゃないかも!? 40代から忍び寄る「目の病」が原因かもしれない!
失明の原因、第一位なのに、9割の人が気づけない実態とは?

患者360万人、誰でも一度は聞いたことがある「目の病」。
実はこの病気、ほとんど気づかないまま徐々に視野が欠けていき、最終的には失明にまで至る、怖〜いもの。
でも、視野が欠けるのなら、もっと早めに気づけそうなのだが、そこには、人間の脳が持つ特殊な能力が関係していた!
実は、視野が欠けた部分に、ある意外なものが「見えている」ことが発見を遅らせる原因だったのだ!
治療法や、超早期でわかる簡単検査法もご紹介。


 視野狭窄・・・ん、同じ病気の方がおられましたね。

地井武男が緊急入院「目が見えない」(スポーツ報知)
俳優の地井武男(69)が緊急入院したことが
2012年01月30日、分かった。
関係者によると、「目が見えない」と訴え、
精密検査を受けているという。

地井は現在、テレビ朝日系の旅番組
「ちい散歩」(月〜金曜・前9時55分)にレギュラー出演中。
放送では元気な姿を見せており、
最近になって急に体調を崩したとみられる。
これまで大病を報じられたことはなかった。

2013072503.jpg

この方はその後、ためしてガッテンで紹介された心臓の病気となり、なくなられました。
地井武男さん死去! 「目が見えない!」から始まった地井さんの病気・・・2012年06月30日 をご覧ください。

 子供の成長にも異常が現れると言われておりますが、次の記事

福島県いわき市の元教員「昨年いわき市の小学校で身長が1センチも伸びていない子が多い。異常である」2013-07-25 00:25:53
「例えば身長なんかもですね、あの〜 毎年3回測るんですけれども
体重が増えていない、身長が1ミリも伸びていないというと
普通担任は、「どうしたんだろう。この子 家庭でなんか虐待とか
そういう心配事とかあるのかな」という事を考えるんですね。
成長期の子なので1ミリも伸びない子はいないんです。普通は
それなんですけども、昨年度学校の中で1センチも伸びていない
1ミリもいたかな けっこういたんです。」


 お子さんの、身長体重は、きちんと増加していますか?

成長曲線をきちんと描いて、異常が起きていないことを確認しましょう。

 洗脳番組を見て納得してしまうことほど、愚かなことはありませんから。

◆関連ブログ
残るか去るかは住民自身が判断しなくてはなりません。-山下俊一2011年08月21日
原爆と核実験場での放射能と奇形児(600万アクセス)2012年10月04日
子どものタンパク尿検査を−バンダジェフスキー氏の講演会から2012年03月20日
BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」3月1日放送から・・フィルムバッジをつける子どもたち2012年03月08日
タグ:P
posted by いんちょう at 06:10| Comment(26) | 原子力
この記事へのコメント
雑誌現代思想の最新号の別冊で「フォンノイマン特集」が組まれてましたが、この本は必読書だと思う。核武装の正当性をゲーム理論を使って論じている輩も多いが、フォンノイマンはその両方を作った男である。このことを改めて考え直す必要があるだろう。別々にかんがえてはいけないのだ、繋がっている。核もゲーム理論も両方ある程度知っていたが、読んでみて正解だった。分析思考で、バラバラに考えてはいけなかった。この本にストレンジラブ博士の映画の計画にdoomsday device (皆殺し兵器と訳されているが、審判の日兵器と訳した方がニュアンスが伝わると思う、doomsdayを英語辞典で調べてくれ)というものが出てきて、核戦争が起こったらソ連が致死量の放射能を全世界にばらまいて、地上の全人類を死滅させ、少数のコンピューターが選別した人間だけが地下都市に避難して人類の黄金時代が始まるだろう。ソ連はそういうものを作っているが、米国は作ってないのか?とかいわれて、今作っているところさとか言っているシーンがあるらしい。最近の映画だとターミネーターの審判の日が有名だが、こっちが本家なんだろ。もちろんこんなキチガイ思想の大元はキリスト狂だ。最後の審判は核で行うというのが世界の支配者の計画なんだよ。核でキリスト狂の終末思想が現実に実現できるようになってしまった。で、世界の支配者が実際に世界中の原発を爆発させて同じ計画をたった今も推進してるんだよ。ウラン鉱山を牛耳っているやつらは全部これが最終目的。400機の原発が全て核攻撃され、ターミネータのように世界は終焉し、特権階級のみが地下都市に引きこもって、黄金時代を到来させる予定だ。あとは何百年もずっと地下都市で生活するんだとさ。こういう考えは、ゲーム理論で相互確証破壊を極限まで考えていくと、致死量の放射能で地上を滅亡させるという結論に達する。これがdoomsday計画の真相だ。核攻撃には核攻撃で反撃するより放射能を撒き散らして、世界を滅ぼしたほうがいいと、実際に考えてる。ゲーム理論で考えるとそういう結論になるんだと。みんな原発を通常兵器で攻撃されることばっか危険性を主張するが、核攻撃された場合は想定してる?中性子爆弾で原発を核攻撃されたら、停止中でも爆発するだろ、ちょっと考えりゃわかる。MOX燃料も中性子爆弾で大爆発するための爆弾。起爆剤は中性子爆弾なんだよ。北朝鮮と中国は、日本の原発に中性子爆弾とEMP核爆弾(電磁波異常用)をロックオンしている。中性子爆弾で原発を核爆発させ、EMP核爆弾で電気やインターネットを封じる。中核都市は水爆やクラスター核爆弾で殲滅するだろう。人口数百万の都市も一瞬で壊滅可能、東京23区も数発の核爆弾で跡形もなく崩壊させられる。首相官邸も国会議事堂もクラスター核爆弾で爆破される。あとは機が熟せばdoomsday deviceによる計画が完遂され、数十億人が殺され人類の黄金時代という計画だよ。こんなことを好き放題やられているのにまだ目を覚まさない。
Posted by Nuclear=doomsday device at 2013年07月25日 07:59
院長、私は40代の男性です。原発事故発生後、体調不良に陥り、職場付近の内科に診断を受けた所『胃潰瘍』と診断され二度、受信をして二ヶ月そのまま処方された胃潰瘍の薬を服用してました。症状は改善どころか、悪化の一途でした。もう少し詳しく調べて欲しい旨を伝えたら『胃カメラしますか』ときたので地元の掛かり付けの医師に診断を受けに行くと言って断りました。地元の医師に行き症状を伝えたら『私が出身した病院に救急搬送する、その間に詳しく話して』と言われたので話しました。救急車が到着し、病院に入るとレントゲンやCTを撮り、酸素吸入と点滴をして即入院。心不全でした、幸い心筋は壊死しておらず今は抗圧剤等を服用しながら塩化ナトリウムを控える食生活を心掛けています。元々、血圧は高い方でしたが通勤に自転車を使用して放射性物質を吸入したからなのか?は定かではありませんが、今は車で通勤、エアコンを年中使い内循環にしています。少しでも参考になれば、と思います。
Posted by 通りすがりの者です at 2013年07月25日 12:36
「ためしてガッテン」2週連続被爆症状特集なんですね。そこまで焦って特集するくらい危険が迫ってるのでしょう。

川崎在住ですが、セミの声が全くきこえません。
ですが、マンションの外に面した共用廊下や、非常階段に死骸が転がっています。
鳴く前に命が尽きてしまっているようで不気味です。
Posted by ゆう at 2013年07月25日 13:28
こんにちは。

最近では、一番良心的な報道をしていると言われているテレ朝ですが、
猪瀬直樹都知事の奥さんの脳腫瘍と、しずちゃんのボクシングコーチの皮膚癌(メラノーマ)を受けて、どちらも進行が早い癌と取り上げていた様です。

正しい報道なのでしょうか?

どちらにしても、有名人の死亡(急死含む)情報が多過ぎです。

チェルノブイリの例で言えば、健康被害が深刻化してくるのは、
5年後くらいからなんですよね?

今(原発事故後2年強)でこの状況とは恐しい事です。
Posted by 大庭孝広 at 2013年07月25日 15:14
元住んでいたところ(那須塩原)は隣組14軒でしたそこで最近立て続けに3人亡くなったと昨日同じ隣組の人から電話がありました
2人は高齢の方ですが一人は61歳の女性
死因は歯を抜いた後ばい菌が入って時間差なく亡くなったそうです。でも抜歯した後は抗生物質の薬がかならず出されるはずです。抗生物質の効かない菌なのか?夫が35年間父は45年歯科医をしていました夫は口腔外科出身なのでかなりの難抜歯もしていましたが、そんなことは一度もありませんでした
Posted by yaeko at 2013年07月25日 15:25
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072301002379.html

楢葉町の破片、36ミリシーベルト 東電再測定

これは…

40代で心筋梗塞なんか311前にどの程度有ったのか…、
ためして〜というならばセシウム134・137を飲んで公開実験で第三者が検証できるようにして試してみれば良いのですよ、
セシウム飲んでる人と・飲んだつもりになっている人の比較実験をためして検証して合点したいよ…。
Posted by 南部のアホな大阪人 at 2013年07月25日 17:51
ちいさんは病気になったあと、千葉の地元の同級生に、「事情があって詳しいことは言えない」とメールされたそうです。(正確には覚えていません、たしかそんなニュアンス)
TV朝日モーニングバードでメール画像つきで放映してました。
Posted by ちいさんぽ、好きだった at 2013年07月25日 19:25
こんばんは。

この様な報道があり心配です。
「茨城県北茨城市で12日、毎時7マイクロシーベルトと高い放射線量を測定と原子力規制庁。」
http://www.47news.jp/FN/201307/FN2013072501002202.html

茨城県北茨城市という事は、
すでに確認運転が始まってる鮫川村のバイオマス発電焼却炉の影響ではないでしょうか?

福一原発からの放射性物質の放出であれば、福島県内各地で線量の上昇がみられるはずですので。
Posted by 大庭孝広 at 2013年07月25日 22:55
ホリエモンの話が話題になっているが、奴は原子力ロケットで恒星間飛行するのが目的らしいから、1シーベルトだろうが10シーベルトだろうが安全だと311前から言ってるよ。NASAですら、火星まで飛行するのに1シーベルト浴びるが、これはさすがに健康に影響あると認めているのに、ホリエモンは影響などありえないと信仰している。そんなもの恐れていたら宇宙進出は不可能だって。科学は無限大だと信じており、無重力や宇宙放射線の問題も科学や医学で解決できると信仰しているし実際投資までしたいらしい。原子力産業に洗脳されたのかたんにアホなのかは知らないが、宇宙線とプルトニウムを吸い込むのが同じだと勘違いしているのは事実でこの前もテレビで食べて応援していた。人類が銀河系に進出した未来を描く小説、銀河英雄伝説でも、敵国の食料を放射能汚染して食べれなくしてやろうと脅迫するシーンまであるというのに。冷凍睡眠や自分のクローンに意識を転送する技術やサイボーグ化や意識の電脳化までやってでも、何万年も何億年もかけて宇宙飛行したいってさ。宇宙の果てまで有人飛行する予定そうだ。太陽系も原子力で植民地化。月面とか地震(月震)が多発するのに、大量の原発を月面にまで建造すると言っている(この話は宇宙工学の本にも普通に書いてある)。すぐれたエネルギー源だそうだ。地震国日本での耐震技術を応用するとか言っている。発狂しているんじゃないか?爆発しても大気がないから拡散しないってよ。月面は太陽光でまかなった方が明らかに効率がいいだろうに、なんで宇宙まで汚染するのか。ここまで言ってるんだから、多分グルだろうな。遺伝子組み換えやクローン人間を作って脳や意識だけ入れ替えてでも生き延びて何百光年も離れた星系へ有人で行くのが最終目的らしいが、このままでは食べて応援で死ぬだろう。医学は万能で不死技術や臓器交換も金があれば今すぐできると思っているようで、生物学や医学の知識はろくにないようだ。腎臓は直せないことすらしらない。いざとなれば医者や科学者を雇って投資すればいいと思っている典型的なアホ。金や人を集めても実現できなかった例は高速増殖炉などいろいろあるだろうに。iPSも癌化リスクがあるのに。実際ライブドア事件で失脚しなければ現在でここまでやられていた可能性すらある。小惑星採掘用の会社まで立ち上げて暗躍している。核産業や核戦争のみならず、こういう方向で核汚染を広げられる可能性も考慮に入れる必要がある。連中はあの手この手でウランを使いたくてたまらない、核分裂させたくてたまらないのだ。海水からウランが抽出できればウランも無尽蔵だから、東電ある意味そこまで見越して垂れ流しで海水からの核燃料サイクルでもやっているんだろう。連中はウラン燃料で太陽系まで核汚染区域にしたいらしい。惑星間空間で放射能塵がどう振る舞うかすらわからないのに、今東電が言っているのと同じように、宇宙は広いのだから拡散するから健康に問題ないといってまで推進するだろう。線量も宇宙線のが高いとか、どこかで聞いた嘘をつくに違いない。宇宙船そのものが核分裂生成物で汚染されても健康に影響ないとか除染すれば安全とかいうだろう、そのための下拵えが福島。太陽系のウランを全て採掘しつくしてから、使い果たしてからようやく健康被害を認めるに違いない。そのころには、さすがに核融合も実現しているんだろうから核分裂は前近代的技術になっているだろう。核融合の場合、宇宙の元素の大半が水素やヘリウムだそうだから、トリチウムの危険性を認めるのは宇宙が滅亡してからだろう。ウラン鉱山の総裁は地球のウランでは飽きたらずに太陽系のウランまで採掘して核分裂をおこしたくてたまらない依存症。フリーマン・ダイソンもオリオン計画は太陽系を核汚染区域にする計画だったと認めている。ホリエモンは、福島原発が収束したら、跡地を宇宙港に改造したいとかいってるよ、著書かどっかで。ネットだったかもしれない。いずれにしても恐らく本気だろう。もともと福島あたりは地震も少なく、ロケットの事故が起こっても地球の自転とあわせて海に落ちるだけだから、311前から宇宙港の誘致地として運動が盛んだったらしいが、核汚染されても原子力ロケットを打ち上げてプルトニウムを撒き散らしても安全だっていっている。収束してまでプルトニウムを撒き散らしたいらしいが、住民は安全だと洗脳できたし、やはりグルだろう。宇宙のが福島原発構内よりも線量が高いから、極めて安全だそうだ。宇宙の陽子線とプルトニウムを吸いこむのは同じだと信仰している。環境団体が騒ぐかもしれないが、ただちに健康に影響ないって。こういうバックグラウンドを考慮に入れて奴の言動を見る必要がある。
Posted by ホリエモンの正体 at 2013年07月26日 00:33
院長先生、いつも貴重な情報のご提供、ありがとうございます。

こちらのコメント欄でご縁ができた方からのご好意により、先日来日されたユーリ・バンダジェフスキー博士の講演録などをいただきました。

バンダジェフスキー博士の検証はセシウム137の内部被曝による生体濃縮の影響がメインですが、セシウム137に限っても、心臓、肝臓、腎臓のみならず実に広範囲に及ぶ取りこみが見られ、

ヨウ素131甲状腺ガン原因説だけでなくセシウム137もまた甲状腺ガンを引き起こす最大要因になること、セシウム137による子供の白内障の増加、セシウム137により女性の排卵を含む月経周期を司るホルモン分泌が攪乱されること、ならびに妊婦における胎児の発育不全、異常など、

ざっと資料を散見し、多臓器、多組織に損傷を与えるセシウム137の害にあらためて恐怖を感じました。

特に心筋細胞内のミトコンドリアが凝集し膨大し異形化した写真は見るものに戦慄を覚えさせるに十分かと存じます。

心臓、脳、肝臓、甲状腺、腎臓、脾臓、骨格筋、小腸への取りこみが顕著であるとのデータが提示されています。

特に心筋ミトコンドリアの廃絶、肝細胞壊死、腎臓の糸球体の破壊などは血液の運搬、解毒、濾過という人体にとって最重要な機能を壊滅させる事を意味しますので、セシウム137は極めて危険な核種と認識されてきます。

本記事に挙げた症例の中では俳優の地井武男氏の白内障に似た症状から始まり心筋の機能停止で絶命したと思われる経緯がセシウム137の内部被曝に酷似していると思われます。

どうして内部被曝を未然に防ぐのか?という命題にはまだ明確な解答は得られていませんが、様々な実験や実例からあくまで可能性としては粘性物質(多糖体、糖鎖、ムコ多糖類などと呼ばれる物質)の積極的な摂取が腸壁からの放射性核種の吸収を阻止する有望な成分と予想され、日々の養生に活用しております。

フクイチからの北半球全土への大規模放射能拡散が終わらない日常を生きるのですから、最低限の防衛や養生を心がけています。

今後とも院長先生の情報を参照し、自分なりの放射能対策の確立に努めます。
Posted by 養生法の探求 at 2013年07月26日 01:03
>体重が増えていない、身長が1ミリも伸びていない

これは単に放射能の影響と言うよりも、外で遊ばすことを怖がって家の中から外に出さないのも影響していると思います。

プレイボーイでは若年性の痛風が広がっているそうですね。
そういえば、前回の参院選、民主党から浜野喜史 (よしふみ)という人が受かっていますが、電力総連役員で街頭演説は一切、しなかったそうです…電力総連の集会中心の選挙活動だったとか…

それから、こういうのを見つけました。
【ビキニ水爆実験】科学者にだまされ、島に戻った人々の悲劇〜福島の帰郷推進運動も同じ人体実験
http://blog.goo.ne.jp/skrnhnsk/e/225c9cf0c07d8cd62ea1cb1a65960111

福島も同じ…
Posted by Cipher at 2013年07月26日 01:27
>チェルノブイリの例で言えば、健康被害が深刻化してくるのは、5年後くらいからなんですよね?

正確にいえば、ソ連政府が健康被害を隠しきれなくなったのが5年後です。
Posted by Cipher at 2013年07月26日 01:34
もしもこの先、40代で倒れる人が続出し始めたら、案外御用マスコミは、故・西丸震哉氏の41歳寿命説を引っ張り出してくるかも?

40代で、妻子や色んな借金を残したまま死ぬ・・・。我々日本男児は、己のライフスタイルその物を見直さなければならなくなるかもしれませんね。
Posted by 新潟県民 at 2013年07月26日 04:51
過日、姉と口唇裂について話す機会がありました。
姉と私は、地域の公立小(児童数約500)中(生徒数約400)高(生徒数約800)と、同じ学校に通いました。
私は、その間一人も口唇裂の人を見たことがないと言い、姉は、小学生のとき、手術痕のある人を一人だけ見たことがあると言いました。

姉は、60歳になりました。
その後は口唇裂の人を見たことがないと言いました。

私は、10年ほど教壇に立っていたことがあります。
その間も、口唇裂の子どもは一人も見たことがありません。

25年程前、長男を妊娠中、同じ産婦人科にかかっていた方の女の赤ちゃんが口唇裂だったのが、唯一身近で見聞きした例です。(妊娠中に超音波で判明したそうです)

統計を取ったわけではありません。
私の経験です。
「お宅だけではないですよ」の言葉がどれだけ異常なことかと思いました。

改めて、女の子のママの出身地を地図で調べてみました。
玄海原発から15キロと離れていない所でした。
う〜ん。
Posted by emoto55 at 2013年07月26日 09:01
現在、関西に一時帰国中の者です。帰国後、胸の辺りに痛みを感じ、「エコノミー症候群かな」と思って、エコーやらレントゲンやら血液検査やら、いろいろチェックしてもらっても原因不明。関空利用だったので、「大阪の瓦礫焼却が影響している?」と、つい疑ってしまいました。私の住んでいる国よりも、空気が悪いことは事実でしょうから。

また、入ったレストランで隣に座った男性が、「今年同窓会に出たら、同級生がばたばた死んでてびっくりした。こんなに死亡者が多い年は始めてや」みたいな事を話していて、驚きました。



あと、以下はトンデモ話の領域に入るので、話半分に読み流してくださって結構です。↓

先日京都に行った時の事です。

私の住んでいる国は、空の色がとても青くてきれいなのですが、日本の空は色が淡くて白っぽいし、くすんでいるな―と空を見上げていたところ、明らかに民間機ではない軍用機?らしい飛行機が低空を飛んでいて、そのそばから二本の飛行機雲がくっきりできているのを見かけました。
飛行機雲って、そんな簡単にできるのかな? と
不思議に思っていたとき、昔ある人から聞いた「ケムトレイル」http://happism.cyzowoman.com/2013/02/post_1987.html
というものを思い出しました。

人口削減、土壌改悪、気象変更、テロリスト対策などのために空から化学物質(時に有害物質)を撒き散らし、それが飛行機雲のように残るため、「ケミカルトレイル」―略して「ケムトレイル」と呼ばれている…というものです。

もしこの放射性物質やら化学薬品やらが日本全国の空からばらまかれているのだとしたら、現在関東東北だけでなく、関西や九州でも風疹やら手足口病やらが流行っている理由にもなるのではないでしょうか?

つまり、関東東北だけで起きると、原発の影響と疑われる。でも似たような有害物質を関西以西でも撒き散らしてしまえば、全国的に流行していると思い込ませることができます。

今や何でもありの世の中ですから、ひょっとしたらこういうこともありうるかもしれないと、頭の片隅にでも置いておいてください。そして、明らかにおかしい飛行機雲を見たときには、マスクをする事をおすすめします。
Posted by 海外滞在者 at 2013年07月26日 10:26
福島の海側トレンチの汚染水の数値がすんごいことになっているらしい。
興味のある方は東電の資料みてください。

そこから放射してると自分は思いますけどねぇ。
大阪も福島の影響を受けていると思う。
ただ、線源が複数あるとホットスポットも複雑なのでは。間の物質の影響は私には分かりません。

どこに住んでどんな生活したら長生きできるのかな。
昔人類はアホだったと思うけど、そんなことまで踏襲しなくていいと思う。世界的に脱原発して欲しいです。

日本への外国人旅行者数がこれまでで最高になったそうです。アジアが強いとか。簡単に日本が終わらないように頑張ってると思えばいいのかなぁ。金融ニュースは、日本と世界あちこち買収や提携したりされたりいろいろのようで、そういう意味ではフェアなのかも。
Posted by 大阪在住 at 2013年07月26日 12:09
国連の専門機関も、日本の専門機関も、米国や欧州の専門機関も問題ないって判断しているのに、なお病気がどうの奇形児がどうのと指摘されている方々がいますが、悲しいことに証拠を見せることができた人物が一人もいないこと。もしこれが事実ならば世界的な記者になれそうですね。ピューリッツァー賞も夢ではありません。ただ残念なのは震災後、危険説を唱える方が少数派、いや絶滅危惧種なところまできてしまったところでしょうか。もし注目を浴びたければ、人が空を飛んだとか言えばもう少し議論を呼ぶことができるかな。
Posted by 天才を発見した at 2013年08月21日 22:07
もし、自分の赤ちゃんに先天性の奇形があったら、誰しも「出来れば話したくない」と感じるのではないでしょうか。だから、多くの人達が知らないのだと私は思います。

最近、放射線量の高い場所から引っ越して来た方と知り合いました。その方は、妊娠数カ月で、主治医の先生のすすめで人工流産を余儀なくされたそうです。お腹の赤ちゃんは、頭の中にいっぱい水がたまっていたのでした。
そのご夫婦は、身近な他の妊婦さんにも同じような事が起こったので、自主避難を決意されたのでした。

私の祖母は、広島県で産婆さん、つまり助産師をしていました。
小学1年生になったばかりの私に、祖母は自分が多くの奇形や障害のある赤ちゃんをとり上げた話をしました。上唇の異常・多指など。
祖母はその秋に亡くなりましたが、私は聞いた話を忘れる事は出来ません。

政府の発表でも、福島は広島型の原爆の168発分という事らしいです。
広島に落とされた原爆の核物質は、僅かな量でした。福島第一原発の4基の原子炉の中にあった燃料は、合計で何トンだったでしょうか。
比較すると、暗澹たる気持ちになります。

私のもう一人の祖母は、白血病で亡くなりました。親族にもう一人、白血病で亡くなった伯父さんがいます。
二人とも、被爆者手帳は持っていませんでした。

助産師をしていた祖母は、「戦争はいけない。でも、もし原爆が落ちたら、そこでは井戸水や食べ物は口にしてはいけない」と言いました。

政府と東京電力が、除染ではなく避難の方に舵をきってくれる事を切に願います。



Posted by 西日本在住 at 2013年08月22日 00:01
emoto55さん
口唇裂の人(治療済み)はたまにいます。
自分の過去の知り合いに3人、街中で見かけただけなら何度もあります。

ダウン症や無脳症(両者とも大体1000人に1人)より発生頻度も高く(大体500人に1人)、被爆していなければ縁のない先天性異常とは言えません。手術痕が少し残る程度の人が多いので気が付かなかっただけではないでしょうか。
Posted by 大阪出身 at 2013年09月05日 04:50
日本との戦争に核兵器はいらないですね。通常兵器で原発を攻撃すればいい。核兵器を使わなけば
crimes against humanity なんぞと言われなくて済むし。運搬兵器の精緻化こそ脅威だ。
Posted by 雨出男 at 2013年10月08日 18:41
大阪出身さんコメントありがとうございます。

私は、通った学校はそれなりの規模はありましたが、限られた狭いコミュニティの中で育ち、仕事にも就きました。

まだ少子化という言葉もなかった何十年も前の田舎の話です。
同じ学校に兄弟姉妹や親戚がいる人も珍しくなく、大人たちもどの子がどこの家の子ということが大体把握できているような環境でした。

自分が子どもだった時も、仕事で沢山の子どもを相手にしていた時も口唇裂は一人も見たことがありませんでした。
それはそれで幸せなことだったのだと今は思います。

現在は関東におりますが、都会では人の顔を気を付けてじっと見ることもあまりないので、大阪出身さんの仰るとおり、私は街中では見逃しているのでしょう。

ただ、今後、手術痕のある小さな子に頻繁に気付くようなことにならなければいいと祈ります。

10月2日早朝、前日まで元気だった姉婿の兄(65歳、南房総住み)がソファーに座ったままの状態で亡くなっているのを家族が発見しました。
検死の結果は、心不全でした。
これも現実です。
Posted by emoto55 at 2013年10月09日 08:55
今年の夏、福島県富岡から小学校6年生のお嬢さん2人をお預かりしました。今現在は福島市と千葉市にそれぞれ避難しているようです。
海外在住ですが、ボランティアホームステイです。
我が家にも5年生の女の子がいますが、2人とも小さいな?といった印象を受けました。1人はポッチャリ、1人はほっそりした子でしたが…娘と比べて軽く頭一つ分違うような印象でした。
海外在住ですので、娘や娘の同級生と比べて小さいのはアジア人なので当たり前かな?とも考えましたが、娘は両親共に日本人ですし、ローカルの子供達も小学生のうちはそこまでの差はない気がします。しかも年齢的にも一学年下になりますし…
でもたまたまかな〜などと思いつつ、最後のお別れパーティで他のお宅に滞在していた福島からのホームステイの子供達とも対面することになったわけですが、そこでも男の子も女の子も小学校高学年にしては小さいな…という印象を受け、その時放射能の影響と言う思いが頭をよぎりました。
こちらの記事で放射能が原因で成長が送れる止まる、といった事もあると書いてあり、この事が思い返されました。
何もしてあげられないのが悔しいです。また来年の夏ボランティアでお子さん達を預かりたい思いでいますが、たった二週間では健康な身体に戻してはあげられないのがもどかしいです。少しでも楽しんでもらって日々のストレスを解消してもらえることができたら…

Posted by 海外在住 at 2013年11月23日 12:39
中国はチベット自治区で人工地震実験、ウィグル自治区では核実験、化学兵器実験、新薬実験、等が行われています。数百万人の死者が出ています。自治区とは過去の勝ち組の子孫達が多くいる場所です。

日本の過去をよく調べてみてください。原爆を2か所も落とされ、水銀を川に流され、民間機が撃墜され、人工地震を何度も実験され、子宮頚癌ワクチンで実験されています。同じ事をされているのが気づきませんか?

60年前の甲午に第五福竜丸が被ばくし、それがきっかけで日本は原発推進国になりました。
そのビキニ環礁水爆実験で、被ばくしたロンゲラップ島民に米兵士が言った言葉、
親指を立て、「お前達の命などこの指の先にも満たない。」
アジアの人間を実験台のサルとしか考えていないのです。
Posted by 敗戦国は実験台 at 2014年01月16日 22:49
この独り言は何がしたいのですか
風評を作りたい、危険だと強調して反原発を訴えたい、どちらです。
40台で心筋梗塞があり得ない?、
脂質異常症や糖尿病ならあり得ますよね。
脂質異常症が進めば血管系はどうなります
医師なら解るはずですが。

大雨で断水?取水口が流れてきたゴミでふさがれる可能性は0ですか。
そのほかにも揚水ポンプの水没や貯水池越水など、原因は幾つでも考えられるよね。

奇形でも植物の奇形、タンポポの帯化を放射能のせいですか。
北海道で2009年に群生してますよ。放射能と関係ないですよね
大体、医師であるなら津波ヘドロの化学物質による異常もあり得る
と考えるのが普通でしょうけど






Posted by Apophis at 2016年03月29日 00:07
初めまして。お邪魔します。
ケムトレイルの事ですが、大分県大分市在住の人が、何時も飛行機が来て撒いてるから気持ち悪い。空気も悪い。と言っていました。
こんな悪い事をしないで欲しいですよ。
記事を拝読させて頂き有難うございました。
Posted by 三毛猫 at 2016年04月27日 10:41
子宮頚癌ワクチンの害っていつから言われだしたのかな…
海外ではこんな神経症状めったに起きてないよね?
内部被爆による神経症状の隠れ蓑なんじゃないのかな…
Posted by mana at 2017年05月30日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。