2014年03月09日

1030. 現在発売中のFRIDAY(2014/03/21号)にインタビューが掲載

 先週の金曜日に発売されましたFRIDAYに電話インタビュー記事が掲載されました。

2014030901.jpg
2014030902.jpg

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ   お手にとってご覧ください。

 一言追加を
「小野君、これは国策だからやることになっているんだよ。」
 東京電力・福島第二原発に勤務していた小野俊一氏(49)は、そう語った当時の上司の言葉が、今も耳に残っている。
 安全性が確保されているとか、発電コストが安いなどの理由は後付けに過ぎない。「国策だからやる」−これが東電のホンネだ。しかしそのホンネが、国民に開示されることは決してない。

のくだり。私自身は、

「当時の原発のコスト(khwあたり)は14〜15円、鹿島火力(石油)は2〜3円、LNG新設火力は6〜8円。東通原発(当時建設予定)は30円だった。(しかも、安全性に莫大なコストがかかるくせに絶対に安全とは言えない、そして廃炉手段も、核のゴミの処分も決まっていない。)それなのになぜ推進するんですか」

と言ったことに対して、当時の課長級の人が答えたような記憶があります。(発電所の時は、東通り30円を見て、同じような質問をした記憶があるのですが、はっきりしません。)

「国策」って、電力にとってなんのメリットもないのに(厳密に言えば、総括原価方式ですのでメリットがないというのはウソ)、なぜそう言ったことをすっ飛ばして、「国策」で推進できるのか、非常に無責任に感じました。

 こう言った流れ出ないと、「国策だから推進する」と私が説明した本当の意味は浮かび上がってきません。ちょっと残念です。

なお、この時の写真は、熊日新聞社のインタビューの際に撮っていただいたもの。(熊日新聞の許諾を得て使わせていただきました)
2014030903.jpg

(田中龍作ジャーナル)
原発安全神話のウソを告発し続ける東電出身の医師 @onodekita2013年8月5日 18:04

■関連ブログ
原発こそ高コスト・・11月2日 熊日インタビュー記事2011年11月03日



にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へl
posted by いんちょう at 21:47| Comment(4) | 原子力
この記事へのコメント
先生こんばんわ。
いつも拝見させてもらってます。小野信者じゃないけど先生の洞察力と(メインで取り上げる裏には必ず何かがある)これには敬服しています。

今日22才の男性が長引く熱と倦怠感で来院。
検査の結果はWBC↑ Hb↓白血病の疑いと診断されました。2年前の検査では何も異常なし。
付き添いできた父親も結果を聞き呆然とされていました。Twitterでは被ばく症状を書けてもこの青年には聞けなかった。この3年間どこに行き何を食べたか…落ち込む本人と父親を前にして、聞けなかった。
青年は血液内科の病院に転送。
こちらの当直医の「長い戦いになると覚悟して下さい」
この言葉の重い意味…。
私は患者の背景に踏み込めなかった。「被ばく」に踏み込めなかった。

すいません。グチりました。
おやすみなさい。
Posted by ぺっこ at 2014年03月10日 00:03
こんにちわ。いつも先生のブログを拝見させて頂いております。
福島第一原発の凍土壁の事について書かせて頂きます。
結論から申し上げると、凍土壁で原発周囲を囲んでも、放射性物質を封じ込めるのは不可能と思います。
炉心溶融した核燃料を冷却するために、水を注入しています。
凍土壁は地面と垂直に作製するようですが、地面と平行には作製しないようです。
つまり、底に大きな穴があいた洗面器の状態になっているのだから、そこから水が漏れ続けて地下水と混じるのです。
やはり、現在の技術では炉心溶融した核燃料には人間の力では歯が立たないのを認めて、チェルノブイリのように石棺で覆うしか打つ手が無いでしょうね。
しかし、こんな簡単な事に東電のスタッフは気が付かないのでしょうか?


Posted by H.N at 2014年03月11日 10:55
上から石棺で覆っても、底から漏れるのに変わりはないのでは・・・・
Posted by Cipher at 2014年03月11日 21:09
核燃料を取り出す技術が確立したところで、取り出す頃には地下水の侵食で核燃料が海に出た後の祭りではないかと。
3号機燃料プールの使用済み核燃料は本当にプール底に存在するのでしょうか?底に堆積していれば高温になってプールの底が穴あきそうなものだとも思います。
水蒸気爆発の時の黒煙・煤煙がプールの使用済み核燃料だと思えてなりません。素人考えですが。
そうであるならば先生が仰るチェルノブイリの比較ではない量の放射性物質が放出したことになりますね。
チェルノブイリは1基のみの事故で使用済み核燃料はまだ無かったと聞きます。福島第一は3基の事故に最低でも1つの燃料プールの中の核燃料が健全性が保てていない状態です。


Posted by 出来る事は防衛しましょ at 2014年03月14日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。