2014年03月30日

1042.福島原発初の作業員死亡事故?

 ウソは言わないが、本当のことも言わないという原子力村独特の特徴があります。ボーとしていると簡単にだまされます。しかし、所詮ウソのようなものですから、過去の記事と照らし合わせることで、どこをごまかしているのかを簡単に見破ることができます。
福島第一で作業員死亡 周辺病院は閉鎖中 搬送63キロ先 2014年3月29日 朝刊
 東京電力福島第一原発で二十八日、掘削作業をしていた福島県広野町、下請け会社の安藤堅(かたし)さん(55)が土砂の下敷きになり、病院に運ばれたが間もなく死亡した。事故収束作業中の死亡事故は初めて


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ   「事故収束作業中の死亡事故は初めて」と書いてありますが・・・

心筋梗塞!?福島第1原発の作業員が死亡‎した状況まとめから
福島第一原発作業員が体調不良、病院で死亡
 東京電力の福島第一原子力発電所で14日午前6時50分頃、機材の搬送をしていた東電の協力企業の60歳代の男性作業員が意識不明となり、福島県いわき市内の病院に運ばれたが、午前9時33分に死亡した。

 同原発の復旧作業中に作業員が死亡したのは初めて。東電で死因などを確認している。

 東電によると、男性は午前6時頃から、高濃度汚染水が移送されている集中廃棄物処理施設内の4つある建物の一つで、同僚男性と電動ノコギリを2階から1階に搬送している最中に体調不良を訴えた。同原発内の医務室に運ばれ、作業員の活動拠点「Jヴィレッジ」で医師の診察を受けた後、午前8時35分頃、病院に搬送された。男性のいた建物地下2階に汚染水が貯蔵されていたが、男性は防護服を着ており、被曝(ひばく)線量は0・17ミリ・シーベルトで、身体に放射性物質の付着はなかったという。男性は、前日の13日から同原発に入り、午前6時〜9時の作業時間で働いていたという。
(2011年5月14日13時19分 読売新聞)

作業員が急性白血病で死亡=収束工事「因果関係なし」−東電・福島原発
 東京電力は30日、福島第1原発事故の収束作業に従事した男性が、急性白血病で死亡したと発表した。同原発での被ばく放射線量は累計で0.5ミリシーベルトで、東電は「収束作業との因果関係はない」としている。
 東電によると、男性は8月上旬から7日間、同原発で休憩所の出入りや放射線量を管理する業務に従事。勤務を終えた後に体調を崩して入院し、東電は16日に死亡の報告を受けた。
 勤務前の健康診断で異常はなかったという。被ばく量のうち、内部被ばくはゼロだった。(2011/08/30-12:25)

福島原発作業員が死亡…体調不良、事故後3人目2011年10月6日(木)19:33
 東京電力は、体調不良で病院に5日運ばれた福島第一原発の50歳代の男性作業員が6日朝、死亡したと発表した。
 男性は下請け企業に所属。8月8日から、福島第一原発で汚染水処理用のタンクの設置作業などに従事していた。累積の放射線 被曝 ( ひばく ) 量は2・02ミリ・シーベルト。東電は、被曝は死因に無関係とみている。同原発での作業員の死亡は、事故発生後3人目

原発作業員が死亡 福島第一、心筋梗塞か
 東京電力は22日、福島第一原発内で男性作業員(57)が意識不明の状態で見つかり、心肺停止状態でいわき市内の病院に搬送されたと発表した。県警によると、男性は同日午後に死亡した。東電は「現時点で倒れた原因や持病の有無は分からない」としている。県警は、死因は心筋梗塞とみて調べている。
 東電によると、男性は同日午前9時ごろから、他の作業員4人と汚染水貯蔵タンクの増設工事に当たっていた。同9時50分ごろに体調不良を訴え、厚生棟の休憩室で休んでいた。1度は「体調が良くなった」と同僚に伝えたが、同10時35分ごろ、意識のない状態であおむけに倒れているのを別の作業員に発見されたという。同原発事故の収束作業に当たった作業員の死亡は東電が把握しているだけで5人目
 男性は昨年8月から同原発で働き始め、累積の被ばく線量は25.24ミリシーベルトという。
(2012/08/23 12:01カテゴリー:福島第一原発事故)

これ以外にも、たくさんの方が心筋梗塞などで亡くなられているようです

2014033001.jpg しかしながら、最初に紹介した東京新聞記事では、今までに福島原発で起きた事故、死亡についてまとめてあり、その中には少なくとも2人の方が死亡されたことが書かれています。では、なぜ最初に紹介した記事が、ウソにならないのか。よくよく見ますと、「事故収束作業中の死亡」と書かれています。つまり、作業員の死亡とは違うと主張しているわけです。作業中に気分が悪くなって敷地や病院で亡くなるのとは全然違う こんな理論がどうどうとまかり通って、東電が主張するまま新聞でも報道される


 こういう「ウソ」を平気でつく体質が原子力村、そして推進派にあるため、田母上氏が
「オリンピックを機に東京を災害に強いまちにする」と防災対策に力を入れる考えを表明した。原発政策については「十分な安全性を確保しながら使っていける。50年間、運転中の原発で亡くなった方は1人もいない」

平気で言えるわけです。ところが、「美浜原発」では、2004年に運転中の死亡事故がありますから、あきらかなデマ。引用したブログ主のように日本の原発では、公式的には「放射能」で死んだ人間はいないというのが本当のところでしょう。(裏ではいろいろと噂があるようですが)

 もし、化学工場の作業員が何人も自宅でなくなった場合は、通常その化学工場での毒物が原因とされて調査に入りますが、原発ではこれしきの放射能で死ぬわけがないとして不問にされます。なぜ、このような治外法権が許されるのでしょうか。まるで、平安時代の貴族荘園です。

■関連ブログ
作業員が急性白血病で死亡=収束工事「因果関係なし」−東電・福島原発2011年08月30日
福島原発作業員が死亡…体調不良、事故後3人目2011年10月09日



にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

タグ:1F
posted by いんちょう at 21:22| Comment(12) | 原子力
この記事へのコメント
1999年のJCOの事故は被曝による死亡事故ですが、田母神氏に言わせれば「JCOは原発ではない」ってところでしょうか。
核燃料加工施設なのだから、原発関連施設ではあるだろうに。
Posted by ジョージ at 2014年03月31日 02:43
 いつも、記事を参考にさせて頂いております。
今日も、FMラジオのニュースで地球温暖化により、経済危機、食料危機などが迫っていて大変なことだと流しておりました。原発推進のためになりふり構わず刷り込みが行われているようです。さすがに、ここまでくると目から耳から常に温暖化、原発危険は安全、原発を廃炉にすると景気低迷と唱えられては・・・。お上の言うことは正しいと考え易い国民性!いや県民性です。今後を心配するところです。
 それより、このような原発での労働災害について報道するべきですよね。もっぱら、芸能人の離婚だののゴシップ記事が一日の大半をしめるテレビメディアには難しい話でしょうけど。
 そういえば、脱原発を唱えた俳優さん女優さん、コメンテーターは、最近のCMや、テレビ討論番組には呼ばれなくなりましたね。
Posted by あらあら at 2014年03月31日 17:20
 つづき・・そうそう、STAP細胞報道については、しっかり特集組むのにね。今日なんて、ニュースで「おぼかたは・・」と犯罪者扱いです。・・あっ、これは読売テレビでした。(笑)偏向報道ならぬ偏向放送ばっかりですね。もうネットでしか、正確な情報は得ることが出来ないようです。
もちろん、それを精査する能力は必要ですけど。
Posted by あらあら at 2014年03月31日 17:33
いつもありがとうございます。
小野様の実証的で、且つ、真実の情報は、大変貴重で感謝致しております。日々、往診や治療で、御多忙の中、御手間でしょうが、フクイチの世界未知の領域事故の中で、これからも学ばせて頂きたいので、よろしくお願いいたします。
Posted by とみ新蔵 at 2014年04月01日 11:33
コメント欄の上に先生が推薦の著書が掲載されています。

天皇の陰謀はアマゾンでは古書扱いで出品者から購入するようになっています。価格も一概に安いとはいえません。

翻訳者はいいだももになっています。昨年9月に松崎元氏が翻訳を完成したものならネットで読めますから、紹介だけしておきます。翻訳に7年掛かった労作です。

長文ですから少しずつお読みになればいいと思います。

http://retirementaustralia.net/old/rk_tr_emperor_02_contents.htm

ついでにエピローグも

http://retirementaustralia.net/old/rk_tr_emperor_80_2_epilogue.html

『天皇の陰謀』の訳読を終えての感想文はコチラです。

http://retirementaustralia.net/watashikyowakoku/2013-10-22/347.html
Posted by ハマの住人 at 2014年04月01日 12:42
原発と関係ないのですが、
最近「飛行機雲(?)」が、半端ではありません。
散歩途中、目が痒くなったり、クシャミが出たりしたら、即、空を見上げる習慣がついてしまいました。
間違いなく、見上げた空には「飛行機雲(?)」。

この辺りは郊外の住宅地です。
夕方と朝、土日の頻度が高いです。

しかも昨日はなんと6本も・・・。
広がりすぎて、普通の雲と見分けがつかないものもあったかもしれません。
こんなのは初めてです。
いままでは2、3本だったのに・・・。

これ、絶対花粉症ではないと思います。
「飛行機雲(?)」が出ていない時は何ともないのですから・・・。

なんだかとても恐いです。
Posted by 風 at 2014年04月01日 22:36
日本人の多くは、原発で作業員が死にました、原発で死ぬ人がいるから原発やめましょう、というような思考はしないと思いますが、、。
Posted by なま at 2014年04月02日 17:24
宇宙服の人たちは

【ようやく斉藤さんから話を聞く機会を得たが、約束の場所に来てくれるかどうか不安だった。姿が見えたときはホッとした。が、それもつかの間、席に着くなり、取材に対する不信感を露わにして、まくしたてた。】

斉藤:私らから、何を訊きたいんだい?マスコミとか、専門家とか、政治家とか、そういう人たちはね、自分ら、線量のあるところにはまず行こうとしないで、外から、どうたらこうたらって言っているけど、チャンチャラおかしいよ。自分ら、安全なところにいて、「汚染水が漏れてるぞ」とか、「これ、ダメじゃないか」とか。
 ダメだって言うなら、お前、一回でもいいから、50ミリシーベルトでも100ミリシーベルトでも浴びに来てみろと。それから言いなさいよと。私ら、言いたくなるよ。

【全く返す言葉がない。さらに現場の衝撃的な話が続いた。】

斉藤:だけどね、私らよりも、もっとすさまじい作業やっている人たちがいたんだよ。
 爆発からまだ程ない時期、もう、宇宙服みたいなのを着て行く人たちがいたんだ。酸素ボンベを持って、鉛の服を着て、その上にベストを着て。
 何をしているのかなんて、そりゃ分かんないよ。私らはそういう作業はやってないから。5〜6人で、ダッダッダッて中に入っていくんだ。この人たち、何してんだろうって見てた。
 結局、そういう人らが、メルトダウンした辺りに行って、何かの作業をしてたんだろう。事態はどんどん悪化して行く状況だったから、誰かがそこに行ってやらないといけない作業があったんだと思うよ。
 でも、その人ら、半分以上は亡くなっていると思う。まあ、名目は、心筋梗塞とか、何だとか、とにかく、被ばくで死んだとはなってないと思うけど。
 聞いた話では、だいたい2週間の作業で、1日に80万円から100万円ぐらい、2週間で1千万円以上。それを家族に渡して、自分はその仕事に飛び込んで行くと。その人なりの事情もあったんだろうね。
 みんな、一切口外しないという念書を書かされているんだ。それが国なのか東電なのか、私ら、分からないよ。誰も、口をつぐんで詳しいことは言わないから。

 だから、みなさん、外で空論みたいなことを言っているけど、原子炉がメルトダウンして、どうしようもないときに、誰かがやらないと収まらなかった。そこに飛び込んで行った人たちがいたから、今の状態が保たれているんだよ。
 そう思うと、この人らに、心の中で、こう毎日、手を合わせてるね。あなた方がいてやってくれたから、われわれは今の作業ができてるんですよって。

http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

吉田所長「爆発したらまた死んじゃうんだぜ」
http://www.youtube.com/watch?v=C99sS0kVM0o
Posted by 大和 at 2014年04月03日 16:49
>日本人の多くは、原発で作業員が死にました、原発で死ぬ人がいるから原発やめましょう、というような思考はしないと思いますが、、。

 なまさん  日本人代表?

Posted by あらあら at 2014年04月03日 17:33
おしどりマコ氏が福島第一原発で看護師をされていた方に取材をし原発作業員の現状をフランクフルトでのIPPNW主催の会見で述べられています。その要旨は「原発作業員は何人も亡くなっている。 作業中に死亡した方のみ発表される。(私は作業中に死亡したケースも相当数隠蔽していると思っている。) 作業時間外や休日.就寝中に亡くなる方もいるが一切発表されず死亡者数には含められない。 大量の被曝をし累積被曝が作業限度を超えて作業員を辞めた方がその後すぐ死亡するケースもあるが一切発表されないし死亡者数に含められない。」 電力会社.阿呆だろう.アベコベのсобакаな日本のマスゴミはもはや存在意義はない。 個人的には昨年福島県内で除染作業員がゴミ箱の中で外から施錠され焼死した事件が自殺と即座に断定された事が気になっている。
Posted by 非国民の独り言 at 2014年04月06日 16:46
作業中の死亡事故なんて全国でたくさんありますけど?
福島原発での作業は、その通常作業で着ない防護服を着用してますよね?
相当汗かくはずですが?
Posted by たか at 2014年05月14日 01:57
https://www.youtube.com/watch?v=LKYB91Elk7U#19m08s

19分あたりから 
話している人も又聞きのようですが、「また死んじゃうんだぜ」を裏付ける話なのかなと思います。
途中で男性が発する「たんがぐ」(正確ではないかも) は"運ぶ"といったような意味の方言だと思います。
要は素手ではもやは扱えないということ。

ドラム缶ということはおそらく放射性廃棄物であるということなのでしょう。

Posted by Kota.t at 2016年06月09日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。