2014年05月13日

1068.「美味しんぼ」大阪府が言論封殺行為

・美味しんぼでは、大阪がれき燃焼による健康被害も取り上げられている
・発言者の松井英介氏は、発言自体を正しいと認めている
・大阪府は、事前に原稿を入手し、出版しないよう公的な圧力をかけた。
・出版の自由を脅かす行為が、白昼堂々と行われている。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

美味しんぼでは、鼻血の件だけ注目されているようですが、作中で大阪のがれきにも言及。
2014051302.jpg2014051301.jpg
この発言に対して、「美味しんぼ」で名前を挙げられた 松井英介氏は事実だと認めています。

「美味しんぼ」登場の医師 「すべて事実。抗議は被災者に失礼」
(2014年5月13日)
「綿密な取材を受けた」
2014051303.jpg 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味(おい)しんぼ」に「岐阜環境医学研究所長」として実名で登場し、原発事故や震災がれきと鼻血の関連性を指摘している元岐阜大助教授の松井英介医師(76)=岐阜市=は12日、本紙の取材に「すべて事実。実際に異変を感じている人たちがいる」と主張した。福島県や大阪市などの抗議には「事実無根≠ニいうのは、その人たちに失礼だ」と反論した。

 放射線診療が専門。福島県双葉町に依頼されて2012年度から町の放射線アドバイザーとして年間数十日、町内に滞在し、多くの被災者から「鼻血が突然出る」「せきが止まらない」「体がだるい」などの症状を聞き取ったという。

 「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲さんと昨年末に出会い、4カ月にわたり「綿密な取材を受けた」と強調。問題の漫画を「子どもたちが読んで、自分の体の仕組みや放射線に関心を持ってほしい」と話した。


 原作者がきちんと証言者に取材し、それをそのままマンガにしているのですから、何ら問題ないはずですが、大阪府は違いました。
美味しんぼ 大阪府と市が小学館に抗議文
5月12日 13時35分
雑誌に連載されている漫画「美味しんぼ」で、12日に発売された最新号の中に東日本大震災のがれきを処理した大阪の焼却場の近くで眼などに不快な症状を訴える人がいるなどという表現があることについて、大阪府と大阪市は12日、「事実と異なり、極めて不適切な表現だ」として、小学館に対し抗議文を送りました。

大阪府と大阪市が抗議したのは、12日に発売された「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている雁屋哲さん原作で、花咲アキラさんが描く漫画「美味しんぼ」の内容についてです。
この中で、登場人物の会話の中に東日本大震災のがれきの処理について、「大阪で受け入れたがれきを処理する焼却場の近くに住む1000人ほどを対象にお母さんたちが調査したところ、放射線だけの影響と断定はできませんが、眼や呼吸器系の症状が出ています。鼻血、眼、のどや皮膚などに、不快な症状を訴える人がおよそ800人もあったのです」という表現があります。
この表現について、大阪府と大阪市は今月9日に「雑誌のような状況はなく、不適切な表現だ」などとして、小学館に対し発売までに内容の一部を訂正するよう申し入れていました。
しかし、大阪府と大阪市は表現の訂正などがなかったため、「事実と異なり、無用な不安をあおるだけでなく極めて不適切な表現だ」として12日、小学館に対し、手紙とメールで抗議文を送りました。
松井知事「事実と違うところ多々ある」

大阪府の松井知事は記者団に対し、「漫画の内容は事実と違うところが多々ある。あたかも大阪で福島のがれきを処理したかのような表現になっているし、鼻血などの症状が出たように描かれているが、そのような事実はないことを保健所や医師会に確認した。表現の自由があるので事実であれば抗議しないが、事実ではないことで風評被害というか、いらぬ混乱を招くようなことはやめてもらいたい」と述べました。
橋下市長「行き過ぎではないか」

大阪市の橋下市長は記者団に対し、「漫画の世界だから、基本的には、自由に表現してもらっていいがフィクションなのか、事実なのか、よく分からないなかでは、行き過ぎではないか。地元の医師会に確認しても、漫画にあるような患者はいないため、根拠を出してもらいたい。『美味しんぼ』は、僕も楽しく読んでいるが、福島の厳しい状況を考えて、みんなが安心できて、元気が出るような内容にしてもらいたい」と述べました。
小学館「次の雑誌で見解表明したい」

大阪府と大阪市の抗議について、小学館広報室はNHKの取材に対し、「今月19日に発売する次の雑誌の中で、これまでの内容について、関係する自治体や有識者から聞いた意見を掲載するとともに、そうした意見を踏まえた雑誌の編集部としての見解を表明したい」と話しています。


書類
2014051304.jpg
平成26年5月9日

株式会社小学館
ビッグコミックスピリッツ編集長
■■■■様
大阪府環境農林水産部長 石川晴久
大阪市環境局長 山本仁


 平成26年5月12日発売予定週刊ビッグコミックスピリッツ掲載の「美味しんぼ」の内容の一部訂正について(申し入れ)昨日、大阪市からの要請に応じ御送付頂きました標題週刊誌掲載予定の「美味しんぼ」については、その作中に、登場人物が「大阪で、受け入れたガレキを処理する焼却場の近くに住む住民1000人ほどを対象に、お母さんたちが調査したところ、放射線だけの影響と断定はできませんが、眼や呼吸器系の症状が出ています。」、「鼻血や、眼、のどや皮膚などに、不快や症状を訴える人が約800人もあったのです。」とコメントする表現がありますが、この表現は不適切であり、発売までにその内容を削除・訂正するよう強く申し入れます
(以下略)


 これは、明らかに憲法の出版の自由に違反してます。
日本国憲法第21条
1.集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2.検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない
この文書の日付が5月9日(金)、出版が12日(月)ですから、かなり早い事前検閲ですし、表現の自由を侵しています。
(ここのコメント欄に、地方自治体は憲法を守る必要がないと書いている人がいますが、それならば日本国民一人一人も守る必要がないことになります。なぜ、納税の義務が憲法に書かれているのですか?国と国民だけが憲法を守って、地方自治体が守る必要はないという根拠は何でしょうか。ばかばかしく、話になりません。
 また、「たか」なるソフトバンクモバイルからの嫌がらせコメントがたくさん書かれています。サンプルとして承認しておりますが、このような「釣り」コメントには反応せず、読み飛ばしてください。コメント欄を荒らすことだけが、このような人物達の目的なのですから)

 なぜ、こんなことが許されるのでしょうか。全く信じられません。

■関連ブログ
1066.総統閣下は鼻血問題でお怒りのようです2014年05月11日
ネット工作員さん、ご苦労様2011年08月30日
タグ:美味しんぼ
posted by いんちょう at 22:12| Comment(86) | 原子力
この記事へのコメント
今日、橋下市長が「美味しんぼ」について批判的なコメントをしているところをテレビでみました。

せっかく弁護士の資格をお持ちでも、あんな発言が出来るものなのですね。

福島に居住されている住民の方々も、「美味しんぼ」の作者さんに腹が立つというコメントをする方々ばかり放送されていました。

責められなければならないのは、割高で危険な原子力を推進してきた電力会社であり、スピーディの予想を公表しなかった政府であるべきなのに。

高線量でも移住させずに効果の薄い除染にジャブジャブ無駄なお金を使っていることは、誰も責めないのですね。

今の日本に言論の自由はないのでしょうか。

やはり、高校の恩師が言っていたように、日本は実はアジアで一番成功している共産主義国なのでしょうか。

あんな深刻な原発事故を起こしておきながら、まだ原発を再稼働させたがったり海外に売り込むなんて、狂気の沙汰です。
Posted by 橋下市長にがっかり at 2014年05月13日 23:14
汚染物質の焼却による拡散、と言う常識を逸脱した政策を平然と行ったのですから、今更間違っていたとは言えないのです。
そして、多くの鼻血を出した人がいる事実を無視し、福島の被爆は健康に影響は無いといい続けている道徳観の無い役人と政治家ですから、これからも希望は持てないでしょう。
現実は目の前に処理することも絶望的な事故進捗中の4機の原発があっても、帰郷政策を強引に進めている現実があります。
昨年、川内村と田村市に入り一部測定を行いましたが本当にこれで住めるのか?と言う場所が多く絶望的でした。
Posted by 足袋 at 2014年05月13日 23:20
橋元氏はじめ批判派面々にはもっともっと煽って欲しいですね。
19日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の売り上げが伸びるでしょう。
私もその記事とその後に見解を発表することを予告している雁屋哲氏のブログを楽しみにしてます。
それにしてもバブルの頃は楽しみに読んでいましたが美食追求の愚かさに気づいて以来10年近く歯牙にもかけていませんでしたが久しぶりに「美味しんぼ」に注目するようになりました。
これも批判派の功績でしょう。
Posted by さざれいし at 2014年05月13日 23:27
大阪市が瓦礫を燃やした時期、放射性物質はこちらへ飛んで来たのかもしれない。

風向きで、福島第一原発から直接流れて来たのかもしれない。

誰にも証拠は出せない。

でも、その頃、関西にある小学校のある学年では、骨折してギプスをしている児童が約10%いた。
これは、事実である。

地産地消だったはずの給食が、東北の食材を食べて応援しようと舵をきった時期も重なる。

中学生になると給食はないので、今はギプスの生徒は見かけない。

このコメントも風評被害を助長すると批判されるだろうか。
Posted by 関西在住 at 2014年05月13日 23:38
いやもっとも罪深いのは、現福島県知事佐藤雄平氏だと思う。欠陥品マーク1の福一を、金に目がくらみ政敵を排除してまで延命させた。被害者を装っているが、原発反対派のみならず、推進派にとっても最大の加害者だ。
Posted by 森本 勲 at 2014年05月13日 23:42
当時、兵庫県に住んでいましたが、雨に直接濡れた後、ダルくなって鼻血が出ました。後にも先にもその時だけですが、その後、皮膚炎が治らなかったり、体調に異変は残っています。福島の放射性の雲が四国山中にまで達しているという情報を見た事がありますが、今回、大阪等の放射性瓦礫処理の可能性もあったのかなと思います。日時を記録しておけばよかったです。自分の体調については体験された方は外部要因による異変は直感的に判ると思います。政治家が「考えられない」というのは知性、感性が利権によって麻痺しているからでしょう。特に、橋下さんは米軍に風俗利用を勧めた感性の人ですから。
Posted by 海外脱出組 at 2014年05月14日 00:04
憲法の規定は国家を規制するものですので、地方自治体が”申し入れ”をしたとしても憲法違反にはなりません。
そもそも、地方自治体が現自治体外の出版社に何らかの具体的な強権的措置なんか取れない訳ですから、”申し入れ”ぐらいしかできないわけで、これは別の立場で文句を言っている(こちらも表現の自由になるのか?)だけになります。
寧ろ、問題に火をつけるだけなので逆効果でしょうね。

”美味しんぼ”は作者やら内容やらに様々な問題があるようなのがわかってきて、惰性で読んでいました。
反原発に関しては同意見です。

ところで、偶然にもスピリッツを読んでいる時に鼻血が出ました。
人により、様々なのでしょうが、僕の場合、単に鼻糞をほじくっていて、内側を傷つけたというようなものでなく、それこそ、ダダーっと噴射するような勢いでした。右の穴を塞いだら、今度は左の穴から出てきたので、左右の穴を塞いで口で呼吸すること1〜2時間で穴を塞ぎました。途中、何度か血の塊を飲みこみました。
関西在住なので、先月末に東京に行ったのが原因したのか、それとも食べ物か…
食事メニューも大幅に変えようと思っております。
Posted by Cipher at 2014年05月14日 00:12
今回の美味しんぼ事件で
日本全国に一番何が広まったかと言うと、左翼思想の持ち主が嘘つきであるというのがばれたこと。
これはGJ!!と言っていい
嘘も軽いものなら、まんまと信じちゃう人もいるだろう。しかし、あまりにも常識はずれな嘘を大々的に発表しちゃうと、さすがに鈍い人も嘘と気付く。そして今回の場合、その嘘の発端が左翼のマッチポンプだと知る人が増えたわけだ。
結果的に、左翼の雁屋氏の思惑とは逆に、反原発派イメージダウンにつながった。
福島での鼻血だけでもし終えていたら、多少は不安を煽ることで効果あったろうけど、大阪の例を出しちゃうと完全に嘘がばれてしまう。雁屋も大阪をなめすぎてた、又は無知だったと言うべきかな。瓦礫焼却場の近くには民家が存在しない離島の埋立地だったなんて雁屋は知らなかったんだね。墓穴を掘ったとはこのこと。
Posted by ぬー at 2014年05月14日 00:22
松井氏の発言で大阪のお母さんが周辺住民に調査したというのは松井氏が後ろ盾している大阪おかんの会の事でしょうかね?
大阪おかんの会が調査したというのは大阪のゴミ処理場周辺住民ではありませんが?
しかも、調査したと言いますが実態は定かではありません。
きちんと活動しているならばしかもネットで呼びかけるならネットでも統計などを公表するべきですがしてません。
雁屋氏が証言者に取材したのは真実でしょうかね?
Posted by たか at 2014年05月14日 01:17
舌の根の乾かぬうちに失言を繰り返すだけでなく"sexpert"と絶賛された下の根も乾かない徹君。 一心不乱に腐乱するのはshyster都維新だけで充分だ。
Posted by 非国民の独り言 at 2014年05月14日 01:38
専門家と称しき人間が、さっそく、
こう言った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140513-00000112-san-soci
"低線量被曝が原因で鼻血が出ることは、科学的にはありえない。
大量被曝した場合は血小板が減少するため、
血が止まりにくく、鼻血が出やすくなるが、
血小板が減るのは
(がんの死亡リスク上昇が確認されている100ミリシーベルトの10倍にあたる)
1千ミリシーベルト以上の被曝をした場合であり、
それ以下の被曝では影響がない。
住民も福島第1原発で働く作業員も、
事故で1千ミリシーベルトを超える被曝をした人はいない。
住民の被曝線量は大半が10ミリシーベルト以下。
原発作業員の中に、白血球や血小板の数値に異常がある人がいるとは聞いていない。
もし低線量被曝の影響で鼻血が出るのだとしたら、
一般の人々より被曝線量の高い放射線技師や宇宙飛行士は鼻血が止まらないことになる。"
これを言っている遠藤啓吾というのは、
調べてみると、
首相官邸付きの原子力災害専門家グループの人間。
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka.html
(ネーミングリストでトップに来ている)
しかも、その遠藤なる男も
下記のレポを知ってはいると思うが、
ウクライナのバンダシェフスキー教授が
論文の中で曰く、
チェルノブイリでの詳しい実データを見れば、一目瞭然で、事故後、多くの人が、
晩発の低線量被爆で、
甲状腺や消化器、心筋をやられているのに、
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/09/non-cancer-illnesses-and-conditions-in.html
上記の自分のコメントでは、その中にあって、鼻粘膜が何故、やられないのか、説明がない。
セシウム137の直径が0.01umであり、
それに対し、鼻孔が、
成人の直径が1cmくらいあるから、
簡単に、鼻腔に入り込んで、
鼻粘膜に付着、周囲の組織に向かって、
β線とγ線を出し続ける可能性は
大いにあるのに、だ。
また、彼の
"がんの死亡リスク上昇が確認されている
100ミリシーベルトの10倍にあたる"
の項でも、バンダシェフスキーの調査した地図と照らし合わせれば、
もっと、低い数値にあることがわかる。
さらに、
"もし低線量被曝の影響で
鼻血が出るのだとしたら、
一般の人々より被曝線量の高い放射線技師や
宇宙飛行士は鼻血が止まらないことになる。"
の部分も、寧ろ、遠藤の言う、
その通りというか、あるいは、遠藤自身が知らないだけなのか、放射能には、個人個人で
感受性が違うことに
言及していないだけではなく、
トリビューンにも載った2007年の英国の放射線科学者からのレポートによれば、
核実験を長くやって来た、
多くの担当者たちに聞取り調査をしたら、
鼻血は、低線量を被った多くの人達に経験されている。
自分以外の者が書いた、原発後の晩発の低線量による健康被害に関する
論文/レポート/記事が、全て、インチキだと言い切るには、
彼(遠藤)も、相当労力が要ると思う。
事故当初から予測されていることだが、
1986年に起きたチェルノブイリの事故により、循環器/消化器/皮膚結合組織/骨格筋などにおいて、
各種疾患がピークを迎えたのが、事故後、5〜9年。
http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html
福島の案件でも、事故後3年を経た今になって、
チェルノブイリと同じものが飛散したので、
当然、
いろいろな健康被害の話が各地で出だした。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%9A%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%AE%E5%86%B7%E3%82%84%E6%B0%B4&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=zukunashi
過去の事案においてのトレンドもあるのに、
こういった、多くの同胞が言っている身体的訴えを、「全部ウソだ!」と証明付きで、言うのにも、相当労力が要ると思う。
そこで、
本来、人に良心があれば、
少なくとも、今からでも、経口被爆を少なくする側に向けるべく、
全て、今、日本で起こっていることを晒し、
重病発生への早期発見の体制を万全なものにし、
リスクを知らないことによってまで、
死ぬ人が多く出る、大被害になるのを防がなくてはいけない局面なのに、
菅はじめ、政権は、何をエキセントリックになり、焦っているのか。
このままだと、原発推進者が、
傷害の加害者になると。
たかだか、漫画の世界の福島の鼻血に反応するなどとは、考えられない
却って、今回の事は、
スルーしておいた方がよかったというか、
皆、広島やスリーマイル、チェルノブイリ等、
過去の例"から
健康被害が出ることは予想されていた
(私を健康診断した、小児がんが専門の医者も、
これから、ガンは増える増えるだろうと、
福島の事故の時点で、
言っていた) にもかかわらず、
双葉町/福島県/環境省/大阪市や府/大臣連中が、あらかじめ、申し合わせたかのように、
"健康被害。絶対、あり得ない!"と、
御用学者と同期して、
言い切ってしまい、結果的には、却って、
産品を売る面では、
逆風評を巻き起したような気がする。
結果的には、ここまで拙速なコメントを政府自体が出すことで、“本当の状況は危ない”と
気付かない国民は、誰もいない訳なので、
結果的によかったとも言えるのだが。
他方で本件は、
従来、言論の自由があった
日本において、
東日本で体調が悪くなっても、
非常に訴えづらくなるような、
言論統制とも見たが、
(国内でも、中部大学の武田先生が
この国民に警告を訴える良心ある人間が、
逆に悪者になる、
傾向を非難している。
http://takedanet.com/2014/05/post_32bc.html
)
しかし、日本国内に、
幾ら圧力をかけて口止めしたって、
海外の記者/博士あたり経由で、
福島後の鼻血や健康被害などの
ニュース/レポートは、
ここまで情報の発達した時代、
いくらでも、信憑性の高いものが、
回って来る。
http://enenews.com/mayor-fukushima-ive-lost-almost-all-body-hair-chest-down-nosebleed-hasnt-stopped
“Nosebleed hasn’t stopped”
しかも、上記遠藤は、68歳とのこと。
"何事もなくあって欲しい"はいいが、
事実や過去のデータを見ようとせず、
頭ごなしに、各地で起こって来る症状を
"ストレスだろう。"
"気合が入ってないからだろう。"で
否定して来る放射線の専門家と称する学者が、
政府お抱えの中にいること自体、
信じられないが、
もし、完ぺきにやろうとするならば、
海外のマスコミや学者たちにまで、圧力をかけておくべきだと思う。
そう言えば、
「そうなんですよ。
 現行は、全数ではなく、
 サンプリング(抜き取りで
 測っているんですよ。」
と担当者が言ったっきり、
スーパーで、幾ら頼んでも、
顧客がレジ前で、
ガイガーで測ることも含めて、
東北のものを含め、各種産品の線量の
全数検査をやってくれなかったのを思い出す。
今の日本は、
原発事故の責任の所在が一体、
どこの誰にあるのかを問うこともせず、
如何ばかりかの同胞の命を
犠牲となる事を覚悟してまで、
特定の地域の産品を売りたいのか、
それとも、
辛苦を分かち合って、
国民全員の命を救いたいのか、
どちらなんだろう。
"安らかに死んでくれ。"
俺は、嫌だな。
先日、話した英国の放射線学者も言っていた。そのうち、目に見えての健康被害が多発し出して、みんな、騒ぎだして、原発の創始者や東電の担当者は、刑務所にはいることになるだろう、と。さっき、大手製造業に勤める友人に、「原発や放射能の問題、どう思う?」と訊いたら、自分で、福島の事故の状況をブログで貼り付けておきながら、「難しくて、わからないな。」とのことだった。こう言った、自分自身で、物事を咀嚼して考えない人が多かったからこそ、推進側は、「原発。絶対、安全ですよ。」と言い、同胞を騙せたとも言えるが、いろいろな事実が白日の下に晒されて来た、今だからこそ、自分自身が要らぬ罪を押しつけられないためにも、寧ろ、良心側に回っておくべきだと思う。
Posted by 日本では、これから、晩発の低線量障害と思しき、症状が出ても、それを申告し辛くなりそうなので、海外で、診断・治療してもらった方がいいですね at 2014年05月14日 03:29
美味しんぼ 火消しのつもりが火に油を注いでいてテンパリ中ですね。墓穴掘りまくり。

東京在住の私は避難出来ない分、子供の学校が休みになると静養がてら関西方面に2012年から旅行に行くようになりました。大阪のがれきの受け入れのニュースは知っていましたが、焼却の期間までは不勉強で・・・去年も大阪と名古屋の旅行に行き、前半は大阪のユニバーサルスタジオジャパンに子供を連れて朝から遊びに行きました。午後になると喉の扁桃の辺りがピリピリ痛くなりだして、夜ホテルに帰る時にはパーク近くのマツキヨでうがい薬と痛み止めを買い、飲まないといられないほど辛くなっていました。
夫は私ほどではないものの、喉がいがらっぽいので風邪かもしれないと言っていましたが、私は夜寝る前になったら左目の白目の半分が真っ赤になってしまい、その時になってあわてて、ニュース検索をして此花区でガレキ焼却中である事を知ったのです。
同じような症状は2011年にも都内で体験していて、全く同じだったので原因はガレキだろうなとその時思ったのです。
その後、体調不良のままの旅行でしたが、名古屋から東京に戻る頃には目の充血も収まってきました。
汚染地帯から離れたつもりが、粒子をばらまいている所で2011年の再現を体験してしまうといった皮肉な経験をしました。私は鼻血は出してはいませんが、かわりに目とのどの炎症が酷く、副鼻腔炎が悪化したりヘルペスが震災前より高い頻度で出るようになりました。
年のせい、ストレスのせい、体質のせい、複合的な原因が合わさっているのかもしれません。
免疫の強さ、体温によっても症状の大小、有無があると思うので私は運の悪い体質なんでしょうね。
今年もユニバーサルスタジオには行きましたが、なんの症状もありません。
あの時、間近で行われていたガレキ焼却のせいと考える方が合点がいくのです。
Posted by 都内からです at 2014年05月14日 03:29
表現の自由があるからといって、確たる証拠もなしに何を書いていいとはなりませんが?
作者は作中にて何もデータを示さずに、鼻血=被爆と決めつけてますよね?
貴殿は、医者ならばわかるはずですが、鼻血が出るのが放射線被爆が原因ならば致命傷になる高線量を浴びている事になりますけど?
また、松井氏の発言はPM2.5などときちんと区別出来ているとは思えません!
松井氏が関わりある団体はPM2.5にも触れてますがきちんとデータすら公表せず内々で議論しているだけでしょう?怪しいですね!
Posted by たか at 2014年05月14日 03:33
私も、海外に住んでいるが、ここ1年間の、
安倍内閣の軍国主義化は、すざましいものがあると思う。他国から見ても、同様だろう。それは、海外にいて、今住んでいる国そのもの、そして、そこに住んでいる多国籍の外国人とも、比較できることで、日本と日本人を、客観的に見れるからこそ、言えることだと思う。つまり、見ていると、安倍は、A級戦犯の分祀をせずして、靖国に参り(戦争を積極的にやり出し残虐行為に及んだ人間に手を合わせたのだから、外から見れば、彼が好戦的であり、戦争肯定者と見えるのも、至極当然である)、菅義偉と組み、福島の案件で、あれだけ日本は懲りているのに、トルコに原発を売り、国内でも、依然原発を再稼働させようとし(電力需要の実態を考えれば、敢えて、原発が無くても、やっていける訳だから、海外への「いつでも核を作れるんだぞ。」とする、威嚇でしかないと見る)、オウムがサリンを撒いたのと同様、本邦の広範に、放射線物質と言う名の毒物を撒いた犯人を捕まえようともしない。さらに、秘密保護法を通し、今回、日本を含まない、他国間の戦いであっても、自国の方から、同盟国に加担すべく
責めていけるように
(太平洋戦争で、原発を2発も落とされ、
充分、日本は懲りているのに、何で、そこまで、国際間に緊張をもたらし、後に禍根だけが残るようなことに鼻を突っ込まないといけないのか)、集団的自衛権を行使しようとしている。安倍は、明らかに、軍備に走っているし、他国と仲良くするよりは、狂気の沙汰の戦争をしたいのだと思う。当然、中国・韓国ならずとも、日本に核を持って欲しくないアメリカも、安倍のこのような最近の、国際緊張を招く急展開を見て、本邦が核兵器を作れないようにと、「実験プルトニウムを返してくれ。」と牽制をかけて来た。
そして、今回の美味しんぼの、
低線量被爆による健康被害への
言論封殺のこと。
戦争に向けて、全て出揃ったではないか。
ここで考えるべきは、
国内外で、数百万、1千万人が死んだ、悲惨な第2次世界大戦を知る世代が減って、戦争と言っても、ピンと来ない、多血をあおられ、国粋を利用されやすい、人間が増えただけに、極めて恐ろしいのだ。
しかし、
日本は今ならば、好戦的な人間など、
いつでも、選挙で落とすことが出来るし、
結果としては、戦争への準備に
税金を投じることを拒否できるので、
政権をよく、監視することが必要である。
少なくても、今ならば、少なからずも、
自分の意見くらい言える。
実際、今の日本は、
7割くらいがそうなのだが、
自分で、ものごとを咀嚼しないで、
また、議論もしないで、
「難しくて、よくわからない。」
「上司がそう言うから。就いていくしか。」
「お金が儲かるから、
 非道な事でもやるしかない。」
では、これらの利用者によって、
いつ戦争が始まってもおかしくない。
日本に住んでいる人達によって、
人間らしく考え、意見を戦わしてもらうことで
僅かに、平和側への一縷の望みがある。
おそらく誰しも、戦争が始まって、
測らずしも、愛する家族や自分が
死ぬのは、嫌だと思うし、
また、自分側は死ななくても、
本当は恨んでもいない、
個人的には外国人を殺戮するのも、
アニメの世界でやるのとは違って、
後味が悪いと思う。
私としても、帰国に2の足を踏んでしまい、
(引くのだ)
世界各国を、
好戦国のレッテルを貼られながら、
ジプシーとして、わたり歩くしかない。
福島の案件もあり
(口に出して言わずと、やはり、
 本音は、推進側にしても、
 脱原発側にしても、状況は危ないし、
 収束が見えないものに対しての防御に、
 非常にストレスがたまると考えている)、
また、
上に挙げたような今の政治情勢もある故、
多くの中堅の日本人が海外に出たがっている
ことも知ってはいるが、
本来ならば、そうであってはいけない。
そう言うことで、
老若男女、問わず、
日本にいる皆さん。
どうか、真の意味で、母国を安全に守るべく、
よろしく、お願いします。
Posted by 日本は、明らかに軍国主義化が進んでいるので、注意した方がいい at 2014年05月14日 04:30
> 鼻血=被爆と決めつけてますよね?
> 貴殿は、医者ならばわかるはずですが、鼻血が出るのが放射線被爆が原因ならば
> 致命傷になる高線量を浴びている事になりますけど?

でも、今でま一度も鼻血が出ていなかった人が、
あるいは、放射線従事していた人や、
高線量の地域に近づいた人が、
鼻をいじってもいないのに、
突然、止まらないくら、激しく鼻血が
出たら、強く疑いますよね。
今回あたりの申告は、以前から鼻血がでていたり、
鼻をいじって出てきての申告ではありませんよね。

おそらく、政府があれだけ、たかだか、
ナーバスになったと言うのは、
いろいろと取りざたされている鼻血が、
彼らが白血病を想起されるものだったからではないかと見ています。
実態としては、確かに、チェルノブイリの事故後、
白血病も増えてはいるのですが、
後に出て来る低線量被爆の場合は、
英国の放射線の学者が、研究しましたが、
血小板が減ったり、白血球が増えたりするものではなく、
あくまで、鼻の粘膜によるもののようです。
粘膜が極端に過敏になっていたり、小さなポリープが出来ていたりした。
長年、核実験に携わっていた担当者を多くサンプリングして
得られた結論のようです。
彼らも、高い割合で、鼻出血の症状があったからです。
鼻の穴も大きいので、やはり、1mmの100分の1程度の
セシウムも、鼻腔に入り込んで、
それが鼻粘膜に付着する可能性は当然あります。
必ずしも、それら、鼻血を出している核実験の従事者が
白血病になっている訳でもありません。
ただし、付着し、セシウム137だと1.6MeVのエネルギーを以って
β線、γ線を出していくのだから、
周囲の鼻粘膜を傷つけはするものの、
皮膚側に修復力があって、治ってもいくものだから、
鼻血 → 平常 → 鼻血 → 平常 →
が繰り返されるのではないでしょうか。
私の場合も、瓦礫処理の国内での分散応援ということで、
海岸で処理するために、品川に汚染瓦礫が持ち込まれた日に、
たまたま、そんなことは何も知らず、
品川から5kmほど離れた時に、20年ぶりに
、しかも鼻もいじっていないのに、滝のように鼻血が出ました
(今、流行りのストレス節を言われたら、私も、
 人怒るのですが。
 むしろ、その時は、久々に東京に出たということで、
 ふだんよりも、精神的にふわっとしていた時にそうなりました)。
それからは、意図的に、
高線量地域に近づかないようにしていたこともあってか、
鼻血は、それ1回だけでした。
それから数か月して測った値ですが、WBC(白血球数)、RBC(赤血球数)、
PLT(血小板数)も、ほぼ正常な値でした。
つまり、低線量に被爆されても、放射性物質の代謝・排泄もあれば、
鼻粘膜の皮膚の修復力もあるから、
そうなって、以降、気をつけていれば、1〜2回の鼻出血で済むとみます。
被災地から、かなり遠くに行って、倦怠感等が取れ、
以前のように体調がよくなったという例も、
単純に一過性のうつ病で済まされないくらいに、
多数訊いていますので、井戸川前双葉町長も、きっと、双葉から移住されれば、
鼻出血も次第に改善されるのではないでしょうか。
ただ、この手の鼻血は、身体全体から見れば、重症ではなくても、
内部被ばくによって、他の器官にも、放射性物質が取り込まれ、
γ線あたりを出している可能性があるので、
大いに、警告にはなっていると考えます。
また、放射線は、年齢によってだけではなく、
個人によっても、感受性が違うことは、大いに認識すべきでしょう。
同じ、線量を浴びて、
ある人がそうなったからと言って、ある人はならない場合もあるし、
その逆もしかり。
ところで、この問題に関して、シロクロが付くのは、
耳鼻咽喉科が旗を振って、
鼻血が出て、何とか、止まった直後に、
内視鏡で、鼻腔を観察、カメラで収め、画像的に、
正常な皮膚の状態と比較するのが、最もいいかもしれませんね。
でないと、幾ら、体調不良や、突然の鼻出血の体験者が、
本当の自分の生理的体験のことを言ったって、
どちらにしても水掛け論になってしまうのかもしれません。
組織を取って、セシウム他福島第一から飛んで来たとおぼしき
放射性物質が付いているかどうかを
検査するのもいいですが、患者は誰しも嫌がるでしょう。
だから、それは、今、時々、話題になっている
東北・関東で、比較的、若年層が突然死をした人の脳・心臓への放射線物質の付着の
有無を見るということに変えればいいのではないかと思います。
セシウム137などは、半減期が29年ほど
ありますので、医者側も気をつけて、精査に検査すれば、体内に入り込んでいるとすれば、
証拠を見つけることも可能でしょう。
ちなみに、その英国の学者が言うには、
本当の白血病も含めて、がんの増加は、福島第一から半径200kmの所を平均すると、
事故前に比べて、ここしばらくは、
30%増で推移するだろう、とのことでした。
そんな感じで、日本人は、元々正義感があり、うやむやを嫌う国民でしたので、
そのスタンスでやって、5〜9年後に来ると言われている、
心筋梗塞・脳梗塞・消火器障害も含め、
あらゆる臓器で、30%増なり、大幅増と言われる
(甲状腺がんに至っては、50〜100倍増と言われますよね)
被害のピークを防いでいけばいいのかと思います。
こういうことを書いたのは、
不安をあおっている訳でもなんでもなく、
広島・スリーマイル・チェルノブイリの例から、
いろいろな症例が伝わって来ていますので、生き残れる人は、それなりの防御をして
生き残って欲しい、情報を知らないことで、むげに死ぬ人が出て欲しくない
と思っているのです。もちろん、医療費も、最初の段階で手を打っておけば、
安く済みますが、重症化すれば、膨大は治療への労力と、高額の医療費がかかって来る
ことは、日本医学会も認識しておくべきでしょう。
Posted by 井戸川前双葉町長が今も経験されている鼻血というのは、原発由来でないとするならば、原因は他に何なのかの詳細の説明が要るし、その鼻血は、現行体中にとっては重症化されていなくても、大いに、重篤な病が起こる可能性への警告になっていると思います。 at 2014年05月14日 09:57
先生、みなさん、こんにちは。
記事もコメントもいつも拝読しています。

この「美味しんぼ」の件。
ものすごくあたりまえのことなのに・・・・と思います。
「不安をあおるようなことを言うな」
「因果関係はない」
体制側が熱心にそう言う場合、因果関係はあるのです。
もうずっと同じことをしてきているではないですか。企業と政府は加害者側なので最初は、ごまかせるうちは「違う」というのです。
なんでそんなこともわかならいのかなとため息が出ます。
政府側の人間はちゃんと分かっているのです。

でも一番悲惨で悲しいのは、体制側につこうと頑張っているネトウヨとか言われる人たち。

いざとなればすぐに棄民される側の人間なのに、どうしてそういうことをなさるのか、私には本当に理解できません。
時給1000円とかもらっても国の平和や命を奪われては全然ワリが合いませんよ。
(現政権は完全に軍国主義に走っています。誰も戦争はいやでしょう。政府と軍事産業にのみメリットがあるのです)
時給がものすごく高額であってもワリに合いません。

原発が爆発した、放射能汚染されている瓦礫を焼却し続けた。
健康被害がないわけがないでしょう。
だれでも本当は分かっているはず。
私も身をもって経験したので断言できます。
(っていうか、経験してなくても「人体や環境にものすごく悪いモノ」ってわかるでしょう、フツー・・・・と思うのですが)

問題はそこじゃなくて、
1)あったら困る・補償したくない側
2)お上がないと言っているんだから、ないに決まってるじゃないかーーと騒ぐ人たち
3)事実を受け止める人たち・真実を知りたい人たち

問題はいつの時代も2の人々なんだなと思います。こういう人たちが公害の隠蔽を助長し、戦争を支える。
自分に実際オハチ(被害を受ける・最前線に行かされる等)が来てはじめて「あれ!政府は自分のこと(だけ)は守ってくれるんだろーーー」と言いながら死んでいくか、やっと気づくかなんだろうなと思います。
そういう層の人たちが私は本当に残念で悲しいです。

原発のことも、集団的自衛権のことも、TPPも水道民営化も秘密保護法のことも根っこは全てつながっています。

売国政策であり、1%のための政治であり、アメリカの属国日本の姿です。
アメリカの軍産複合体・超富裕層のために、日本と日本が生かされる道に進もうとしています。
それは阻止しなければなりません。

おかしいものはおかしい!と言おう。

・・・こういうこと、分かっている人にはあたりまえすぎるハナシなんですが、
分からない人に伝えても、まるで理解されない。
本当に無力感を感じる瞬間です。

長々とすみませんでした。

最後に、「美味しんぼ」の原作者のかたが現地に足を運び、丁寧な取材をして作品にしてくださったことに感謝します。ありがとうございます。

書店やコンビニで買おうと思ったのですが、売り切れなのか見つけられなかったので、また探してみます。なかったら漫画喫茶(ネットカフェ)で読みます。

Posted by りえ at 2014年05月14日 11:25
かなりの「地方」都市在住ですが、この号のスピリッツ自体が入手困難でした。

近辺のコンビニチェーンを、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンと、それぞれ複数店調べました。店員に問い合わせたところ、売り切れてしまったか(ちょうど店頭に出そうな日付の1日後)、最初から配布されてこなかったか、だそうです。週刊誌類については、店が注文するのではなく、「上」で何を配布するか決めるそうです。

もし、配布自体が政治的配慮で止められたということなら大変な事態です。しかし、最後のセブンイレブンで、一冊だけですが当該号のスピリッツを発見。よれよれで、いかにも多数の人に読まれた感じでした。

調べたのはこれだけなので、ほとんどの店でスピリッツが見つからなかったのは、最初から配布がなかったからなのか、それとも、あっという間に売り切れたからなのかは判断できませんでした。

もし、後者であったなら、すごい情報拡散力です。私は新聞、テレビと縁を切っていますし、この騒動のときは、たまたま忙しくてオフラインだったので、気が付くのが1、2日遅れた感があります。しかし、スマホなどで、たえずネットをチェックしている人たちはただちに行動したということでしょうね。
Posted by Sheeple at 2014年05月14日 12:18
院長先生

美味んぼとは関係ありませんが、先生にご報告です。
最近米国WA州で奇形児が増加中というニュースがやたら増えました。NBCやABC系のローカルニュースでも放送されました。無脳児など病院の先生も驚くほど増えているようです。YakimaはHanfordに近いのでそのせいもあると思いますが、やはり日本から流れてきた放射能の影響でしょうか...

SEVERE BIRTH DEFECTS SOAR IN WASHINGTON STATE; FUKUSHIMA RADIATION TAKES HOLD
http://www.turnerradionetwork.com/news/292-mjt
Posted by 匿名 at 2014年05月14日 12:27
今日の新潟日報朝刊コラム欄「日報抄」

 ことし紫綬褒章を受けた漫画家、しりあがり寿さんに「川下り 双子のオヤジ」という連作がある。2人がいかだで川を下っていくと、壊れた原発があったり、小鳥たちがピーチクパーチク論争を続ける森があったりする。論争に耳を傾けると−
 「この毒水は触れると死ぬぞ」「そんな大ゲサな」「大ゲサってチェルノブイリを知らないのか」「あれとこれとは違うだろ」。困ったおじさんたちは、「信用できる」といわれるリーダーに、どうすればいいのかを尋ねた。答えは「まぁ ただちに健康に害があるとは言えんからなー」
 すぐれた漫画は、読む側に「答えは自分で考えよ」と迫る。一本の作品が、こんがらがった頭の中を照らす懐中電灯の役割や、忘れてはならない問題をあらためて胸に刻む彫刻刀の働きをしてくれることがある
 小学館の雑誌に連載中の「美味(おい)しんぼ」で、主人公らが福島原発訪問後に鼻血を出す表現をめぐり議論が起きている。福島県は「県民や、応援してくれる方々を傷つけ、風評被害を助長する」
 小学館は「現地のさまざまな声を伝える機会が大きく減っている中で、議論をいま一度深める一助となることを願って作者が採用した」としている。双方の主張はそれぞれのホームページで読むことができる
 安全と安心に関わる大事な問題だ。双子のおじさんは作中で言った。「正しい情報が分かれば後は自分たちで判断する」。人ごとにせず、冷静に事実を積み重ね、前に進むための議論を続けたい。

・・・福1事故直後から、
・食べて応援
・がれき受け入れ&焼却
・旅行へ行こう
を熱心に推進してきた新潟日報が、このような事を言うのには違和感感じまくりというか、それどころか、ヘソで茶を沸かすといった感じが。特にがれき受け入れを熱心に推進していた時に行っていたことを思い出すとね。
この際、「美味しんぼ叩き」と「橋本大阪市長擁護」を大々的に行なったらいかがでしょうか?それこそ某新潟大教授のコメントでも載せて(笑)。
日報が以前主張していたことが根底から覆されかねない事態になりつつなるのですよ?(笑)


Posted by 新潟県民 at 2014年05月14日 12:41
やはり、
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140514-00000004-sasahi-soci
にあるように、
NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」の野呂美加代表は、「福島の案件で、2011年6〜8月にかけて、問診会に来られた人や家族の3〜4割は鼻血の症状がありました。他の症状は、口内炎や下痢などです」
「福島の現地では、鼻血が出ても、
 それを大っぴらには、言い出せない雰囲気なんです。」と、言っている。
政府は、今度は、マンガの主人公
雁屋さんに続いて、このNPOの野呂さんを
「福島の産品が売れなくなるのに、
 言ってはいけないような
 ことを言うな!」
と言うことで、叩きますか?
その裏で、東北ならば、
楽天があるのに、
福島県初のプロ野球球団が
誕生するとか。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/baseball_challenge_league/?id=6116673
それよりは、むしろ、
今の福島県は、
“言い出しにくい雰囲気”も何も、
正確な情報共有をして、
その情報を県民に風通し良くして、
チェルノブイリの例からは、
5〜9年にピークを迎えると言われている、癌。白血病も含めて、
健康被害を防ぐに当たって、
万全な体制にするのに、
心血を注いだ方がいいと思いますが。
と、言うのは、今の世の中、
早期発見であれば、癌も治るし、
放射線物質が心筋に取り付いての
心筋梗塞でも、
何等かの前駆症状はあるだとうし、
遠くに避難しておけば、
経口被爆もかなり防げることになる。
と、言うのは、
取り返しのつかないことになっても
し方がないので。
Posted by こういう日本で、いいのかなあ、と思いますが。。。 at 2014年05月14日 14:07
今日のミヤネ屋で、試験操業の福島の魚を東京のデパートで売ると言ってました。大丈夫なの?
その後に年金問題。食べて応援してたら年金も貰えないと思うんだけど。
Posted by 主婦 at 2014年05月14日 15:40
鼻血の件については、もっと慎重に客観的に取材すべきだったと思う。

福岡の子供、福島の8倍も鼻血を出す? 小児科医が調査、理由は「わからない」
http://www.j-cast.com/2014/05/13204626.html

病気になれば、ひょっとしたら放射線被曝と関係があるのかもと、誰でも不安になるのが普通だと思います。
放射線を専門とするある学者のことばを思い出しました。
「若い頃、実験で放射性物質を扱っていました。放射線被曝の管理はきちんとやっていましたが、20年後大病した時に、やっぱりあの頃の放射線が原因かもしれないと考えてしまったことがある」
専門家でさえ、病気になると不安になるんです。

美味しいんぼの表現手法は、UFOやUMAのテレビ番組のやり方と本質的な部分では同じです。

番組では警官、パイロット、学者など、社会的に信用されている肩書きの人たちの発言(ほとんどは裏付けが取れないもの)を利用して「ひょっとしたら本当かも」と視聴者に思わせていますよね。
それと同じことを放射線という微妙な問題でやってしまっているから問題なのです。
取材した人の発言内容が正しいかどうか、さらに取材して確かめていれば、これ程批判されることはなかったと思うんですがね。http://bit.ly/1qBORVN

Posted by miwamon at 2014年05月14日 15:54
まずこいつが長崎大学学長
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/message/profile/index.html

*****長崎大学学長 片峰 茂(医学博士)に告ぐ*****

貴大学の教授である高村昇教授は、「1000ミリ(1グレイ)以上の放射線を一度に被ばくすると、吐き気や全身倦怠(けんたい)感といった全身症状が出ます。これらの急性放射線症の症状は確定的影響と呼ばれ、一定の線量(しきい値)を超える被ばくをした場合には出現しますが、それ以下の線量では出現しません」然るに「鼻血は放射線被ばくによるものであるとは考えられない。」とメディアをとおして日本全国民に。

しかし、いったい1グレイが「しきい値」であるという発想はどこから来たのか。貴大学の医学部のレベルをおおいに疑うべき根拠を以下に述べる。

以下は英語版ウイキペディアの”Acute Radiation Sickness” のページ
http://en.wikipedia.org/wiki/Acute_radiation_syndrome#cite_note-Review10-1

そこには次のような重要な記述があるではないか。

初期の.Hematopoietic(造血性)の症状については、These changes can be detected by blood tests after receiving a whole-body acute dose as low as 0.25 Gy, though they might never be felt by the patient if the dose is below 1 Gy.(概訳)これらの変化(吐き気や倦怠感などの全身症状のこと)は、1グレイ以下では患者自身が感じることはないが、全身に35rad(0.35グレイ)程度の低い放射線を一挙に浴びた後の血液検査で発見することができる。

またこのような記述もある。These symptoms may occur at radiation doses as low as 35 rad (0.35 Gy).(概訳)このような症状(むかつき、吐き気、頭痛などの)は、35rad(0.35グレイ)くらいの低い被爆でも起こりうる。

これは1グレイ以下でもこれらの急性被爆による変化はすでに造血系に起きており、それは検査をすればわかるということだ。いったい1グレイが「しきい値」であると主張する根拠はいったいどこにあるのか!

しかも同ペ−ジにある被爆線量と症状の関連表“Whole-body absorbed dose (Gy)”を見ると、各症状の発症率はパーセントで表されており、どの症状を見ても数字に幅があることからすれば、あまりにもあたりまえのことではあるが、個人の体質や体格によって発症率が異なることを示している。スレッショルド(sleshold=しきい値)とは、判断の境目になる数字という意味であるから、放射線症において1グレイが「しきい値」であるという理解は全くの誤りであり、高村昇教授は医師として国民に「大嘘」をついていることになる。

日本の医師法の冒頭のはこうある。

「第1条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。」

つまり医師というものは“preventive principle”(予防の原則)にのっとり、できるだけ早く予防に努めるのが世界の常識である。これはヨーロッパではすでにEU法に盛り込まれており、アメリカの国立医学図書館が提供している被爆症状についての記事にも急性・慢性に関わらず「しきい値」の存在など述べられていないことからも明らかである。

UNSCEARは、震災前は低線量被爆についてはしきい値など存在しないという立場を取っていたが、なぜか震災後の2012年に行われた第59回の委員会で突如180度翻された(発表は同年8月)。この委員会には多くの日本の学者が出席していることと、IAEAはいわゆる「業界団体」であることからすれば、この報告書の中立性は疑わしく、「業界雑誌」的なものであることは明らかである。然るに、UNSCEARの報告をそのまま政府の公式な見解として利用している国はほとんどない。この点でUNSCEARの報告を利用し「風評」という表現で、東京電力の罪を国民に転嫁した福島県知事はまさに悪質としか言いようがない。

悲惨な原爆の被害からの経験を生かし、より多くの日本人を救おうというのが被爆地である長崎の医師の役目であるにもかかわらず、こともあろうにこれらの研究に携わる医師たちが科学データを都合のよいように説明し、「鼻血と放射能とは関係ない」と言ってのけ、国民をしかるべき検査や治療から遠ざけているのは明らかに、「人権侵害」、場合によっては「医師法違反」、「大量殺人」に相当する罪かもしれない。

今後は世界の人権団体等も巻き込み、長崎大学の医学部教職者の悪質な実態を世界に発信していく。医師としての基本的な義務を果たさず、カネや出世のために国民の命をそまつにしたことを後悔する日がいつか来るだろう!
Posted by 長崎大学学長 片峰 茂(医学博士)に告ぐ! at 2014年05月14日 16:29
いんちょう先生
Twitterの鼻血、めっちゃ素敵です。

それはさておき。りえさんのコメントの2)に該当する人。私のそばにいます。

2)の人は汚染地域に多額の投資(不動産など)をしてしまい、経済的に豊かに暮らしていくにはその土地を離れられない人たちです。(やっぱり、お金なんですよ。)
健康より豊かさが大事で豊かさを捨てられないんです。だから認めたくない人です。

Posted by 真実でないものを信じる人は救われない。 at 2014年05月14日 16:37
いんちょう先生
Twitterの鼻血、めっちゃ素敵です。

それはさておき。りえさんのコメントの2)に該当する人。私のそばにいます。

2)の人は汚染地域に多額の投資(不動産など)をしてしまい、経済的に豊かに暮らしていくにはその土地を離れられない人たちです。(やっぱり、お金なんですよ。)
健康より豊かさが大事で豊かさを捨てられないんです。だから認めたくない人です。
Posted by ふたこぶらくだ   at 2014年05月14日 16:41
一見客観的であるように装ってはいるが,テレビ新聞の言論統制は,70年前の大本営発表と何ら変わっていない。科学的論争を避け,精神論,情緒論をもちだし,風評というマジックワードで済ませるマスコミ報道はみごとに政府の意向に沿っている。放出された京ベクレルレベルの放射性物質を無視することに,いったい何のメリットがあるのか。
Posted by ポム at 2014年05月14日 23:03
 雁屋氏の思惑がズバリ当たった企画だったってことですね。
 鼻血はタダの抽象的表現であり、彼が描きたかったことは、この様に隠したり歪曲することへの怒りだと思います。その証拠に漫画の中で最後のほうらしいですが、全員が鼻血を流す場面が有るんです。
 為政者の皆さんがこのマジックに引っかかって騒ぎを大きくしてくれたので、彼の思惑は大成功って訳です。
 問題の鼻血は被曝なのかストレスとか他の要因なのかも分からない、と作中でも診察した医者に云わせているんです。
 それよりも問題の根源は原発事故そのものである、と彼は表現したかったのはないでしょうか。
 更にそれを隠蔽する権力者への怒りなどです。
 佐藤知事は「県民一丸となって被害に立ち向かって再建に努力している時に残念だ」と言っていました。しかし本当に一丸でしょうか?かなりの人が逃げたい、と思ってい居るのではないでしょうか。でも逃げられないのが現状なのではないでしょうか。資金、親との葛藤、逃げた先でのイジメや仕事の有無など色々考えたらそう簡単には避難などできる訳がないから、福島に居残っている人が多いと考えます。
 私自身埼玉在住で、きっと被曝していると思っています。(今年に入ってから痛くはないのですが、腹部がゴロゴロ鳴って急な下痢に襲われたりしています。)それでも資金などを考えたら避難などそう簡単ではありません。そう簡単に決断できることではないのです。
 このような避難したいと考えている人々と再建したいと思って、居残ることを考えている方々を平等に支援するべきで、その為の法律も作られました。しかしその法律を役立たずなものにしたのは、その為政者達です。福島県内33市町村にしか適用範囲を認めなかったのです。その為今もそのことで揉めています。そのことに佐藤知事はコメントもしません。
 これらが雁屋氏の憤りの根源だと思います。
 最後に大阪の件は、調べたお母さん達が以前市に報告書を提出しているのに、なんの対策も返事も出していません。その事は橋本氏もきっと知っていると思いますので、これも詭弁ですね。
Posted by 武尊43 at 2014年05月14日 23:04
大阪の舞洲の焼却場、うちから見えます。がれき焼却が分かっている日は窓を閉めてました。大阪湾に突き出したところにあるので、風向きによって兵庫県でも尼崎から姫路くらいまで飛ぶんです。西風にのって大阪の真ん中を横断していたと思います。USJが真東の隣にあるので、その時に訪れた人から喉や目が痛いと言った訴えがあった記憶があります。USJわきの土を検査しましたが検出しなかったので、多分通っただけでフォールアウトはしなかったのでしょう。 たしか、焼却の日程に合わせて橋下は理由をつけて出張していました。市長動静は新聞に載りますから、調べたら焼却の日とそうでない日の彼の在庁の頻度が分かるはずです。どなたか調べられる人いないですか?
Posted by NoNo at 2014年05月14日 23:46
大阪市と大阪府、「事実無根」と言いますが、大阪の市民団体が2013年2月に体調変化や瓦礫の農薬などに対する陳情書を出してますよね。
大阪市会・民生保健委員会で取り上げられ、資料としても配布されたとか。
府は「保健所や医師会に確認」して、そんな症状は無いと言いますが、瓦礫焼却のせいだと思う人々は、保健所や医師会に言うよりも、自治体に意見するでしょう。瓦礫の事など気にしない人々は、「風邪かな」「疲れが溜まってるかな」「PM2.5かな」「あれ、鼻血でちゃった」「結膜炎かな」と思う程度で、医者に行く人、行かずに市販薬を使う人、様々でしょう。

確か範囲は京都や兵庫など近隣県(と言っても、京都市は盆地で吹き溜まりますし、神戸市や、神戸市より更に大阪寄りの自治体などは、焼却工場の目と鼻の先)も含みますから、大阪の地元医師会に聞いても意味ないような…。
それとも、市民団体からの陳情書などは、忘れてしまったのか、誰も知らないと思ってあえて無視したのでしょうか。

本当に、後ろめたい人々が必死になって「たかがマンガ」の「鼻血」や「体調変化」を否定していて、滑稽なほどです。笑えませんが…。
次はどなたが反論されるのか、と思ってしまいます。
Posted by 青緑 at 2014年05月15日 01:21
別に鼻血が出たのは子供ではないのに。
見事な論点のすり替え、恐れ入ります。
Posted by Cipher at 2014年05月15日 01:44
今更ですが、別記事のコメント欄に書かれている方もおられましたが、「マンガの鼻血」だけを取り上げて騒ぐことで、国やマスコミは他のより重大なことを隠しているのかもしれないな、と思いました。
今までの国やマスコミの動きを思い出しました。
国民に広く知られたくない事を隠すために、外国の騒動を大々的に報道したり、テレビ映えしそうな別の案件を持ち出したり、お祭りムードを盛り上げたり、色々です。
それを思うと、美味しんぼにある「鼻血」より重大な事を隠したいのか、もしくは、美味しんぼ騒ぎを使って、また全然違う何かを隠したいのか。と思ってしまいます。
Posted by 青緑 at 2014年05月15日 01:46
この言論プラットフォーム アゴラというの、
どうもオカシイと思ってウィキで調べたら

http://agora-web.jp/archives/1594937.html

アゴラ(Agora)は、主に経済に関連した記事を扱う日本のウェブサイトである。運営者は韓国のインターネット最大手・NHNの日本現地法人である、NHN Japan株式会社(現ウェブサービス本部、旧株式会社ライブドア)と株式会社アゴラ研究所(2011-12-1まで株式会社アゴラブックス)。

韓国のメディアなんです。電通も韓国系だそうですが、外国人がメディアを乗っ取って操作しています。安部総理の父親も半島の人だそうです。だから日本人を抹消しようとしているのでしょう。以下の動画シリーズを全部みれば日本の真相から原発問題まで説明されています
是非ご参考までご覧いただければ幸いです。
日本は外国勢力にコントロールされています。
http://www.youtube.com/watch?v=igJ12gwRtvQ&index=2&list=PLMA8BWNvBdz-29sRtVJgysWMcX_586YDt
Posted by 海外脱出組 at 2014年05月15日 02:46
小泉元首相は、トヨタの奥田が慰留するも、
東電など設立の研究機関顧問辞任して、財界と決別した
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000061-san-pol
と、言うことだから、やはり彼は、脱原発に筋が通っていて、
立派だと思う。
ただ、息子の進次郎が、
「美味しんぼ。何を言っているんだ?!
 私は、現地に何度も出向き、鼻血どころか、何とも無い。
 むしろ、元気になった。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140514-00000001-jct-soci
と、発し、自らは、放射線の有資格者では無いため、
放射能への感受性には、個人差があることが、わかっていないのか、
知っていても、そこを言わない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140515-00000004-jij-pol
心配なのは、もう一方の脱原発の急先鋒、細川さんの体調だ。
身体がすぐれなく、目まいもすると言うことで、ここしばらくは、脱原発活動を休止するとのこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000108-mai-pol.view-000#contents-body
もちろん、落としも落としで、76だから、加齢のこともあるんだけど、
ここ1年あたりは、何処にいたのかな。
地元の熊本?それとも、東京?
ところで、美味しんぼの表現を受けて、
さっそく、福島からの放射線(の話が出るの?)にナーバスになっている政府付きの学者が、
> もし低線量被曝の影響で鼻血が
> 出るのだとしたら、
> 一般の人々より被曝線量の高い放射線技師や
> 宇宙飛行士は鼻血が止まらないことになる。
なるコメントを出した訳ですが、
> 放射線技師や宇宙飛行士
も何も、
今回、取りざたされている、鼻血や倦怠、体調不良を被っている人達は、
皆、身体がスッピンの状態で、放射線を受けているのに対し、
それらの職業の人は、放射線防護服を来て、放射線を防いでいる訳ですから、
より健康被害が出にくい状況にあるのは、当たり前です
(それでも、2007年調査で、核実験を長年やって来た担当者には、多数、鼻出血が見られた。
 これは、急性でなく、低線量を受けての晩発の話でです)。
宇宙服など、鉛も入っているので、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1059174345
放射線の透過度が、低いものから、α線→β線→γ線(10cmの鉛でブロック可能)→中性子線
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Alfa_beta_gamma_neutron_radiation_M1.PNG
と言うことからすれば、かなりの放射線は、αからγ線まで、宇宙服で、ブロックしています。
もっとも、物質への透過度がいい、中性子線に関してはどうかと言うと、
地上では、福島から飛んで来ている放射性物質による放射線の影響を除いては、
おおよその、放射線の線量は、
http://www.yasuienv.net/RadEfHuman.htm
(1)体内からの被曝   0.3ミリシーベルト カリウム40他。
(2)宇宙線         0.28ミリシーベルト
(3)大地放射線      0.32ミリシーベルト
(4)核実験起源      0.05ミリシーベルトぐらいか
(5)その他色々      0.01ミリシーベルトぐらいか
(6)医療X線        0.5ミリシーベルトぐらいか
の通りですが、
宇宙における、中性子線の影響としては、
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-07-09
“宇宙飛行士が経験した症状として今まで報告されたのは、吐き気、宿酔(二日酔)等である。また、目をつぶっても閃光を感じたという報告がある。吐き気や宿酔の全てが放射線によるとは限らないが、閃光は重粒子が網膜細胞を破壊したためだろうと言われている。宇宙放射線に含まれる粒子のうち、宇宙放射線の重粒子(ヘリウムより重い原子)の占める割合は全体の約1%に過ぎない。しかし、その生体影響は大きく、粒子密度まで考慮しても生体影響は陽子に匹敵すると推定されている。それは細胞レベルの生体影響の大きさが入射粒子のエネルギー損失に依存し、それは入射粒子の電荷の二乗に比例するためである。そのため陽子(電荷が1)による損傷は修復される余地があるが、重粒子(電荷が2以上)の場合は修復不能なほど破壊的に損傷する可能性があるためである。重粒子の中では比較的量の多い鉄が重要である。宇宙船内に二次的に生まれる中性子の影響については未知の点が多い。”
と、言うものがあります。
よって、この、御用学者の先生が出したコメントに関する評価としては、
「裸体で受ける身体への放射線の影響と、
 従来放射線をブロックする構造になっている、
 放射線防護服を着ての、身体的影響を比較してみても、
 条件が違うので、実験・議論にはならない。
 もっとも、防護服を着ていても、
 この先生が言うのとは違って、
 吐き気や鼻血が出るケースは、急性のみならず、
 低線量の晩発でもありうる。」
ということになります。
(このあたりのことは本人もよくわかっているはずなんですが)
Posted by 注意喚起です_1 at 2014年05月15日 07:09
実際は、低線量の晩発による鼻血に関しては、
セシウム137等、放射性物質が、鼻腔に入り込み、鼻粘膜が非常に過敏になっていた、
と同時に、小さなポリープが出来ていた患者も多かった、との、英国からの報告が
あります。
ただ、必ずしも、白血球数が増えたり、血小板の数が減ったりするような、
白血病にはつながってはいないのです。
だから、福島の原発周辺、そして、近県で、こういった鼻をいじってもいないのに、
なかなか止まらない鼻血が、何度も出るようなことがあれば、
ただちに、鼻腔への内視鏡、血液検査を平行して行うことも必要ですが、
血液のパラメータが変化していない鼻血だけに限れば、
政府や御用は、実際に放射線由来のものであっても、
皮膚側からの修復もあるので、
そうナーバスになる必要はない。
ただし、放射能の感受性には、年齢差と併せて、個人差があるので、
特に、真の状況を文科系の人達に発信しないといけない、医者・科学者・工学者は、
多数の発症そのものを無きものとするような野蛮なことはすべきではないのと、
このような鼻出血が、重篤な病へのシグナルではないとは言っても、
現状、放射性物質が、身体中の何処に入って来ても、
あるいは、既に入り込んでいるかもしれない状況を作っているを
忘れてはいけません。
排泄されずに、
骨や心筋、などに長くとどまれば、
その放射性物質が出す、
放射線によって、周囲の組織が破壊されたり、
(放射線というのは、一定のエネルギーを出しますから)
DNAのチェインが2本とも切れたりして、
重病や場合によっては、幼児の奇形が
発生したりする可能性があると言うことです。

ところで、その、上記の
“福島の放射線。晩発に関しては、健康被害などは一切ない。絶対安全だ。”
なるコメントを出した
首相官邸月の原子力専門家グループの
遠藤 啓吾(京都医療科学大学 学長、群馬大学名誉教授、元(社)日本医学放射線学会理事長)
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka.html
は、意外に、外面は、よさそうですね。
http://www.kyoto-msc.jp/campus_info/pre_message.html
でも、福島の事故直後のストロンチウム90を持ち出しての発言など
http://d.hatena.ne.jp/Cosmopolitan/20110519/1305783270
非難されているようです。
医者というのは、Terminal Careなどを見ても、
対個人では、
助からない人でも、安心して、
安らかに死んでもらうために、
「大丈夫ですよ。」
と、言うものだと思います。
しかし、今回の案件は、
対個人ではなく、対国民なのです。
事態があまりにも大きいので、
もはや、原発の創始者や、事故当時の東電の会長・社長に
気を遣う必要性もないと思います。
(こう言うのを庇いに入ると、今は昔と違い、
海外から廻って、正確な情報が入るネット時代になっている以上、
自分まで、悪者になります。東京裁判で、自分は上官の言う通りやっただけなのに、
正悪、自分では何も考えていなかったが故に、その人までもが処刑された例、
結構ありましたよね。)
チェルノブイリの例では、出生数も減り、
実際のところは、あの事故が起因となって、病気で死んだ人は
100万人であると、学者が発表して来ている
http://www.youtube.com/watch?v=FCQI_s5U6CE
以上、日本でも、現在挙がっている情報から目をそむけたり、
無きものとして、叩きに入るのではなく、
今からでも、
正確な情報公開をした上で、しかるべき指示さえすれば、
それらの人達を助けようと思えば、
助けることができる患者・患者予備軍が多くいます。
政府、その機関に属する全学者、中央・地方も含め、全役人・全国会議員は、
良心を以て、より高い次元で行動して欲しいですね。
Posted by 注意喚起_2 at 2014年05月15日 07:11
昨日紹介したウイキペディアの概訳で、0.25を0.35とタイプしてしまったので、ここに訂正します。全体の意味には全く影響ありません。

初期の.Hematopoietic(造血性)の症状については、These changes can be detected by blood tests after receiving a whole-body acute dose as low as 0.25 Gy, though they might never be felt by the patient if the dose is below 1 Gy.(概訳)これらの変化(吐き気や倦怠感などの全身症状のこと)は、1グレイ以下では患者自身が感じることはないが、全身に0.25グレイ程度の低い放射線を一挙に浴びた後の血液検査で発見することができる。

しかし驚くべきことは、「急性放射線症候群」をウィキペディアの英語版と日本語版で調べると、使用している写真は同じであるが、都合の悪い事実、「0.25グレイ程度ですでに血液検査で以上がわかる」とか、「0.35グレイですでに症状が出てくる場合もある」、また被爆量と症状の相関関係の表までも、日本語版には削除されてしまっている。ざっと見ただけでも日本語版ウイキペディアの記事のほうがかなり短い。

英語版ウイキペディアより
Acute radiation syndrome(ARS)急性放射線症候群
http://en.wikipedia.org/wiki/Acute_radiation_syndrome

日本語版ウイキペディアより
急性放射線症候群
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A5%E6%80%A7%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

さらに日本語版では、初期の被爆症状については「1Gy以上の全身被曝によって出現する」と高村昇の発言と一致するよう「表現工作」してあるのには驚きである!両サイトとも同じ写真が使われていることからみると、日本語サイトを作った際に、故意に情報操作したとしか考えられない。

御用医師はここまで同胞をなめてかかっているわけだ。教育改革の遅れがよく言われているが、政府や御用にとっては、日本人が英語ができないほうが都合がよいのだろう。
Posted by タイプミスの訂正 & ウイキペディアまで言論封殺!!! at 2014年05月15日 10:25
表現の自由とは責任を伴います。

だからおいしんぼの内容を出版すること自体は自由。でもそれにより被害が起これば当然責任が発生する。もちろん漫画の内容の説明責任も存在します。

それだけです。別に難しいことはありません。

一人の思い込みだけで流布される風評がどれだけ恐ろしいものか。それは取材ではなく、ただの聞きこみです。取材とはウラを取ることです。ウラを取っているのなら説明できるはず。思い込みではない根拠を説明できるはずです。

どのくらいの人数で、どの程度の健康被害を、どういう基準で選びカウントしたか。もちろん調査したお母さんも公表すべきです。その統計のデータももちろん公にします。統計は基準がハッキリしなければそれは統計とは呼べません。これはおいしんぼという漫画の根幹にかかわることです。

表現の自由を申すのであれば責任と言う義務を負う必要があります。まず小学館は作者の2年間の綿密な取材とやらを公表し、そして漫画の内容の根拠を世界に向けて明らかにする必要がある。

これができないうちは何も通りません。ただの風評被害撒き散らしたってだけの話です。

そして風評被害と確定されたなら被害に対する損害賠償はもちろん負うべきです。億単位にはなるでしょうが責任はとってもらいます。

ある意味最初が肝心ですから。ここで適当にやってると慰安婦問題の二の舞になります。白黒ハッキリさせる。そして二度と風評被害が発生しないようにする。それが今の社会に望まれることなのです。

このおいしんぼの作者は21世紀の吉田清次となる可能性がある。で、本人もそれを望んでいるでしょうが、でももうこりごりです。早めに鉄柱を下し同じようなことは起きないようにしないといけません。

反原発運動は勝手にやってください。それこそ表現の自由です。でも被災者をコマのように扱う運動には断固として反対します。
Posted by あああ at 2014年05月15日 10:28
フクシマで史上最悪な核事故がありました。

国内はもとより、海洋と地球規模で放射能汚染されました。

核事故の責任者は未だに捕まってません。

放射能は未だに出つづけています。

日本人は自分で落とし前が付けられない未熟さを露呈しています。

放射能被曝で鼻血は世界の常識です。

日本社会は非常識ですね。
Posted by 放射能は復讐する at 2014年05月15日 11:05
◎廃仏毀釈と文明開化こそが地球史上最悪の卑劣外道な売国棄民政策である◎

「うつ病はただの甘え・怠けであることが実証されました」RKブログ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_70.html

>元凶は構造改革と称する日本破壊だと思います。
>猫太さん2014/05/10 22:58

うつ病の元凶は明治新政府田布施非人下克上初代総理大臣フリーメーソン伊藤博文が行ったムー大陸時代以来伝統の先祖代々真善美菩薩常民国日本を破壊した「廃仏毀釈」である。

http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/472.html#c139
から145まで参照

大和民族全員が仏教徒だった江戸時代まで日本にうつ病など存在しなかった。廃仏毀釈後の明治になってうつ病が多発するようになった。代表例が夏目漱石である。明治以後の文人は皆うつ病で自殺している。これがうつ病の元凶が廃仏毀釈であるという真実の明らかな証拠である。

そして人間の脳を破壊する毒薬である抗欝剤も明治以降になって初めてフリーメーソンの国から大和の国へ入ってくるようになった。もちろんフリーメーソン廃仏毀釈下克上非人伊藤博文が持ち込ませた大和民族滅亡を目論む毒薬である。

すなわち『文明開化』とは、大和の国のムー大陸以来伝統の崇高な仏教菩薩常民文化を廃仏毀釈してキリスト教ユダヤ教の凶悪下劣外道な一神教カルト重工業テロリズムで破壊し尽くし、菩薩常民大和民族が先祖代々親から子へと大切に培ってきた菩薩行大和魂を地球上から消滅させようとする、地球史上最も邪悪で最も外道な棄民売国政策そのものだったのである。


◎大和民族大和魂菩薩常民皆殺しを画策するGHQテレビを撲滅するにはB−CASカードをぶち捨てて犬アッチ池-受信料契約を解約するだけで良い ◎

こないだまでテレビそのものをぶち捨てろと言っていたけど、B−CASカードを抜いてしまえば人体に危険なCMだらけのGHQテレビデジタル放送を完全に受信できなくなって、安全な家庭用DVDやインターネットモニターとして使えることが最近わかったので、日本人のこどもから老人までGHQテレビ放送の凶悪な脳破壊攻撃から大切な脳を守るために、直ちにB−CASカードを抜いてNHK受信契約を完全解約破棄して、憲法違反放送法で国民の私有財産から現金を盗む居直り詐欺強盗犬アッチ池ーを大和魂菩薩常民国民主権日本国平和憲法の正義の鉄槌でぶっつぶしてやりましょう。

廃仏毀釈した田布施非人フリーメーソン売国奴伊藤博文の一派がヒロヒト吉田茂鳩山一郎小泉純也池田大作文鮮明中曽根康弘竹下登小沢一郎安倍晋太郎石原慎太郎小泉純一郎前原誠司鳩山由紀夫菅直人野田佳彦麻生太郎安倍晋三橋下徹である。

不正選挙で政権を取ったトレモロス自公連立憲法違反内乱罪棄民売国政権を日本から撲滅するには総務省の役人組織であるNHKをぶっつぶせばよい。GHQスパイ犬アッチ池ーが消滅すれば二度と不正選挙が出来なくなって安倍GHQ奇形司法GHQ売国奴霞ヶ関GHQこども殺しテレビマスゴミ不正政権はたちまち地球上から消えて無くなるよw
Posted by 通りがけ at 2014年05月15日 13:48
根拠を示しなさいという方に、問題ないと言い切る人は根拠を示さなくても良いのですか?

先月福島から西に避難した人に会いました。2011年の4月に首から肩にかけて黒くアザのようなものが現れそれがドンドン広がってジクジクと血膿が出ていて一年近く直るまで続いたと言っていました。福一から50キロほどのところに住んでいたそうです。それを見て2011年やはり西へ避難してきたお母さんも両腕に無数の黒いシミのような痕がありその真ん中が瘡蓋のようになっていました。やはりいつまでもその穴から血膿が出ていたと言っていた事を思い出しました。被爆したと思われるのがイヤなので人には滅多に話さないし見せないと言っていました。もしこれが被爆のせいと口に出したらその証拠を示せって攻められるのかも知れませんね
Posted by やえこ at 2014年05月15日 15:00
日英であまりにも内容に大きな違いのあるウイキペディアの急性被爆症状についての記事。英語版が多くの海外の第一人者たちの文献がベースになっているのに、日本語版が参考文献としているのは、衣笠達也医師(三菱重工業株式会社神戸造船所・三菱神戸病院医師)の書いた本。

ありました、ありました、この衣笠達也医師のトンデモぶりを書いたサイトも!http://hibi-zakkan.net/archives/22122661.html

それにしてもウイキまで周到に手をまわすなんて・・・多分他の記事でも工作員が不利なこと削除してまくっているでしょう、人物記事に関しても。
Posted by ありました、ありました! at 2014年05月15日 16:47
>放射能被曝で鼻血は世界の常識です。

この常識の医学的根拠を是非述べてください。どの程度の被爆量でどの程度の鼻血が発生するのか。もし医学的に答えられないのなら、それは思い込みという事になります。その場合、おいしんぼは風評被害を撒き散らしたと認定されます。

おいしんぼで問題になっているいる内容と原発、もしくは反原発運動は全くリンクしません。別問題なんです。一緒にする(したい?)から訳がわからなくなる。誰もおいしんぼの内容で政府を批判なんかしないし、もちろん東電批判なんかに飛び火しません。おいしんぼの指摘した内容の真実がどうなのか?です。そこが論点なんです。

そろそろ論点の理解くらいはされた方がよろしいと思います。まずは議論の土俵に上がりましょう。土俵にもあがらずTVの前で喚いているだけじゃみっともないし建設的ではありません。

日本の大人が非常識だって事を子供に見せて、それで満足なんですか?
Posted by あああ at 2014年05月15日 17:13
鼻血が話題になっています。

医学的根拠であるとか、どの程度の被曝量で鼻血が出るのか、証明することは出来ません。
それは、鼻血が被曝によるものだと感じている人も、鼻血は原発事故とは無関係だと主張している人も、同じですよね。

広島県出身の者としてコメントさせて頂きます。

原爆の時には、爆心地の近くにいた人から鼻血が出ました。
その後、広島市内へ家族を探しに行ったり、そこで井戸水を飲んだり食べたりした人が体調を崩したり鼻血を出したりしたそうです。これは、私の小学校時代の担任の両親や親族の話です。

つまり、どれだけ被曝してしまったか、ということです。
今後は、食べるものに気をつけ、内部被曝を極力避けるしかありません。

「美味しんぼ」で描かれていた鼻血を真っ向から否定し批判する大人が多くて、驚きます。
甲状腺癌の子供達が激増しているというのに、他に健康被害が全く出ないと心の底から思っているのでしょうか。

福島の原発事故は、政府の発表では広島型原爆の168発分だったそうです。
では、当然のことながら、健康被害も168倍は出るという可能性が高いのです。

心から、健康被害が出ないことを祈ってはいます。

これから、原発作業員の方が不足するであろうから、「美味しんぼ」の作者と小学館を批判している人達が、率先してボランティアで廃炉作業に入ってくださったら宜しいのではないでしょうか。
健康被害は無いと主張されているのですから、身をもってそれを証明して頂きたいです。

そうすれば、放射能を怖がっている人達に安心安全だと立証することになります。








Posted by 広島県出身 at 2014年05月15日 20:49
右を見て、左を見て横断歩道を渡りましょうと子供の頃習いませんでしたか?

ご自分で両極の情報を精査してみるのも大人の常識ではないでしょうか?

根拠をクレクレはお子ちゃまじみてます。
その論法は2ちゃんねるはじめ、ネットの世界でももうお腹一杯です。

恥ずかしながら若い時分の自分を思い出しました。

実際、震災後のボランティアで現地入りした仲間がその後、脱毛、声が出なくなる、全身に紫色の浮腫が浮き出る(通院するも原因不明の診断)、瓦礫焼却で嫁が寝込み、子供が喉の異常を訴えた時に、私は新しい真贋を求める眼を持つことができました。

他人の脳みそを使わずにご自分で。

中庸、極に傾かないようにバランスを求める行為が真の人間性向上の道です。

ご精進ください。
Posted by いいい at 2014年05月15日 20:58
演技でプロンター見ながらしゃべってる
ロボット演技しゃべりの
集団的自衛権 閣議で行使するのが問題
TPPも問題 畜産5年以内終了

鼻血は昔から常識 チェル20%
Bigコミックスピリッツ 自分の地域でも品薄 入荷無しのコンビにも有ったとおもう。

ノンフィクションを装ったフィクション
Posted by 農家 at 2014年05月15日 21:04
>根拠を示しなさいという方に、問題ないと言い切る人は根拠を示さなくても良いのですか?

医学とは統計学です。その医学で問題は起こらない、と判断されているのならそれが根拠です。風邪ひいたら風邪薬飲みますよね?。あれは有効成分が有意であると統計的に判断されてるから処方されているんです。それが医学です。統計上問題がないと判断されれば、それは医学的に問題はないのです。

>先月福島から西に避難した人に会いました。2011年の4月に首から肩にかけて黒くアザのようなものが現れそれがドンドン広がってジクジクと血膿が出ていて一年近く直るまで続いたと言っていました。福一から50キロほどのところに住んでいたそうです。それを見て2011年やはり西へ避難してきたお母さんも両腕に無数の黒いシミのような痕がありその真ん中が瘡蓋のようになっていました。やはりいつまでもその穴から血膿が出ていたと言っていた事を思い出しました。被爆したと思われるのがイヤなので人には滅多に話さないし見せないと言っていました。

だからそれが被爆のせいであると何で判断されてるのですか?
で、その二人だけですか?他の人は?まさかその二人は同じ時刻に同じ場所で行動を共にしてた?他には人はいなかったのですか?どうしてその二人だけが、他にも大勢居るであろう被災地でそのような症状に合われたのか?これ説明できますか?

>もしこれが被爆のせいと口に出したらその証拠を示せって攻められるのかも知れませんね

あたりまえです。寝言もいい加減にしてください。あなたの理屈が通れば被災地で頭がハゲれば皆放射能のせいになります。誰がそんな事真に受けると思いますか?。少しは真面目に考えてください。遊びじゃないんです。被災地の人は真剣に怒っているんです。

証拠がすべてです。客観的に判断できる証拠がなければそれは信頼にたるものではありません。それが通るのは宗教くらいでしょう。汚い水飲んで健康になるとか、教祖様は空中を浮くとか。そんな事信じるのは勝手です。でもそんな話社会は信用しません。なぜなら医学的にも物理学的にもありえないと判断されてるからです。

あなた達の言ってる事を聞くと頭が変になりそうです。被災者に何かあれば全部放射能のせいだ!とか。そんな理屈は個人の戯言でしかない。もしあなたの主張を信じてほしければ証拠、根拠を提示しなさい。それしかありません。

まさか、私の言葉が証拠だ!とか言わないですよね?。あれ?このセリフどっかで聞いた事あるなあw
Posted by あああ at 2014年05月15日 22:19
>それにしてもウイキまで周到に手をまわすなんて・・・多分他の記事でも工作員が不利なこと削除してまくっているでしょう、人物記事に関しても。

あのう。余計なお世話かも知れませんがウィキなんて信じないほうがいいです。あれはオープンソースですから。正しい事が書いてあると考えるのはあまりにも情弱すぎます。

工作という意味で言えばその通りで、つまり右側左側どちらでも工作できるんです。だから信じちゃいけません。面倒でもきちんとした書物で調べましょう。

今や頭のいい人はネットなんてほとんど信頼していません。企業でも政府でも重要なものほど管理が紙に戻っています。ICT化やIT化は便利という面では人類に大変な恩恵を与えてくれましたが、しかしそのおかげで安全性、質が恐ろしく低下した。だから重要な情報を扱う人は原始的な紙へと先祖がえりしているのです。

ネットってその程度のものです。だからウィキなんて便器みたいなもん信じるだけアホです。工作も無意味です。騙せても情弱だけですし、騙せたと思ってもいずれは本当の事に気が付きます。

だから周到に手を回すとかはないんですよ。普通の生活、普通の毎日であって周到に手を回すとかじゃない。あなたの言ってることが正しいとしてもね。それは特別ではなく普通なんです。

ひょっとしてわかって書いているんですか?それは買いかぶりすぎですか?
Posted by あああ at 2014年05月15日 22:34
今度は、大阪でがれきを焼却したために鼻血ですかね?

焼却施設付近には、住宅が無い代わりに、USJがあります。
そこの来場者や、特に従業員には、健康被害が続出して、とても営業できないだろうと思われますが、休業しているのですか?
Posted by 山坂転太 at 2014年05月15日 23:22
「あああ」さん「山坂転太」さん、長々とご苦労さまです。院長先生がツイキャスでおっしゃっているように、最初の文だけ読んですっ飛ばしました。眼精疲労を避けるためにも。

"nosebleed radiatin sickness"(鼻血、放射線被爆症)でググるとこんなに沢山の記事が出てきますね。これらほとんどのサイトに「鼻血は放射線被爆症の典型的な症状である」と書いてありますね(笑)。

しかも先頭に出てくるのはアメリカ政府の運営する医学情報サイトのMedlinePlus。ネット上の情報はオープンソースだからこそ嘘は事かない、これが「世界の常識」。政府系のサイトならなおさら。へたすると訴訟問題になる可能性もありますから。まあたいていの場合はdisclaimer(免責事項)がついていますが、おかしなことを書くと最終的にはサイト運営者の信用に関わってきますのでね。まあ、今回の鼻血問題で、「日本の常識世界の非常識」が世界に改めて知られたわけです。海外のメディアでもこの鼻血問題は取り上げられています。

グーグル検索
"nosebleed radiation sickness"鼻血、放射線被爆症
https://www.google.co.jp/?gfe_rd=cr&ei=81V1U82dKMWh8wXjlYHoBg#q=nosebleed+radiation+sickness

「鼻血は放射能と関係ない」と吹き込まれているのは世界広しといえども、日本人だけ。日本人はここまで堂々と政府にナメられるなんて・・・唖然、愕然、ある意味当然?!
Posted by よくここまでなめられたもんだね〜 at 2014年05月16日 09:36
放射能被曝を予防しよう!

虫歯の予防、インフルエンザの予防、エイズの予防。

予防は今や常識ですよね。

放射能は非常に危険です。汚染地域での居住はリスクを伴います。

小野医師が言われるように西日本も汚染されました。

吸気被曝、食料からの被曝などのリスクを考えて予防したいけど、現状は被曝進行中です。

50年代から60年代の大気内核実験、チェルノブイリ、フクシマ、個人史では三度目の放射能被曝です。

自分自身の健康に楽観的にはなれないです。
Posted by 放射能は復讐する at 2014年05月16日 10:48
お医者様のブログで医学とうとうと偉そうにぶってるけどさ、そういうのを釈迦に説法っていうんだよね。
あああ、馬鹿臭い。

あああ、自己欺瞞は魂を腐らす。
あなたの心は生きても地獄、死んでも地獄。
だから気が変になりそうなんですよ。
いつか成仏してください。


Posted by いいい at 2014年05月16日 11:06
日本の大人が非常識だって事を子供に見てもらいましょう。まあ非常識ってくくり非常にあいまいで乱暴ですけど。残忍だって事かな。

見てもらわないよう懸命な人たち、ぼやっとして火消しに回っているうちに勇ましい指導者の巻き添え食っちゃうのに。何も知らされずすでに巻き添え食ってる子を守ってよ。
Posted by マツダマツコ at 2014年05月16日 12:03
一応突っ込んどきます。

>これらほとんどのサイトに「鼻血は放射線被爆症の典型的な症状である」と書いてありますね(笑)。

じゃチョコレート食べ過ぎて鼻血でても放射能のせいになるんですか?w

誰もそんな事言ってないんですよ。
論点は因果関係。その鼻血が放射能によるものなのかどうか?。医学的にその証明がなされなければ鼻血鼻血連呼しても意味ないんです。

だから、この理屈でいえば被災地で頭のハゲてる人は放射能のせいになるんですよ。ありえないでしょ?

もう少し真面目に考えてください。これはおいしんぼ騒動のキモとも言えますので。
Posted by あああ at 2014年05月16日 16:35
もうひとつ。

>「鼻血は放射能と関係ない」と吹き込まれているのは世界広しといえども、日本人だけ。日本人はここまで堂々と政府にナメられるなんて・・・唖然、愕然、ある意味当然?!

いや関係ないなんて言ってません。重度の被爆で鼻血がでるというのは知ってます。でも、それと前市長が言ってる鼻血とは別。なぜなら因果関係が証明されていないから。その前市長の鼻血が仮に本当だとしても、それが放射能のせいなのかは医学的に立証されなければいけません。

当人の勝手な思い込みで語られても他人には全く説得力がないんです。

鼻血が被爆した時にしか出ないのなら前市長の証言は重いと思います。その場合、鼻血は被爆のせいだろう、という推論に結びつく事も十分理解しています。

でも鼻血は被爆してなくても出るんです。原因が別かもしれない可能性の方が高いのに、どうしてこの場合は被爆のせいだと信じる事ができますか?

だから誤魔化さないでください。

2年間も綿密に取材したんですから作者はその内容を公表すればいい。鼻血が被爆の可能性であること。そこが論点です。いつまでも鼻血鼻血連呼するのはみっともないのでやめたほうがいいと思います。このロジックでは中学生でも騙せません。私の知ってる中学生は論点を的確に指摘しました。あなたの言ってる事は中学生すら騙せない主張ということです。

もう一回言います。

鼻血は放射能と関係あるかもしれない。でも他の症例でも鼻血は出る。被爆固有の症状でないのなら前市長の鼻血が被爆のよるものという証明をしなければならない。

もし医学的に立証できれば私はおいしんぼを完全擁護します。おいしんぼ叩いている人たちを一人残らず論破してやります。

でも、今みたいな穴だらけのロジックでは納得はできないんです。私は私の頭で考え私の声で意見を主張しています。だから適当なごまかしは通用しません。是非、私を納得させるだけの反論をお願いしたい。心よりお待ちしています。
Posted by あああ at 2014年05月16日 16:55
> マツダマツコ様

風評被害の巻き添えを食ってる人の事も考えてあげてくださいね。

自分の思想の押し売りの為に被害を蒙ってる善良な人がいるんです。個人的にでもいいので是非補償をしてやってください。これは良心です。お願いします。
Posted by あああ at 2014年05月16日 16:58
大阪舞洲清掃工場の周辺には住民は住んでいないとするバカなコメントがあちこちで散見されますが、あの狭い大阪なら府民全員が周辺住民なんですよ。
北九州市で震災がれき焼却を開始した日、長崎県佐世保市でも0.15マイクロまで急に空間線量が上がったと計測者から直接聞いたし、福岡市はおろか、山陰や四国からも体調異変の声が一斉に上がりました。廃棄物の専門家も清掃工場の煙突から出た汚染は何百キロでも飛んでいくと語っています。
私は大阪おかんの会が集め、非公開としていた大阪がれき焼却の健康被害の疑いのある事例集を入手しました。北九州市で起きた事例と酷似していました。
絶対にがれき焼却健康被害は存在します。北九州市での事例は既に関東で医師の学会でも発表されています。
美味しいぼ、頑張れ!
Posted by 鷹&鯉 at 2014年05月16日 20:06
あああ、中2病の屁理屈。
良心だなんてまた自己欺瞞。
お願いしますなんて舌出して言ってやがる。
貧しいなぁ。
Posted by いいい at 2014年05月16日 21:19
>いいい様

あれ?ばれちゃった?www
Posted by あああ at 2014年05月16日 22:33
一応、ここのコメを見る限り私の疑問や主張に対して的確な反論はおこなえないようですね。

これからも同じことしか言わないんでしょうね。まあ仕方ないか。

鼻血はやめてハゲた、にすればいいのに。なんて正直思います。どうせ根拠をひとつも言えないんだから。ハゲにしましょうよ。時代はハゲです。ハゲ。
Posted by あああ at 2014年05月16日 22:39
絶対にがれき焼却健康被害は存在します・・!?

どこかで聞いた言葉だと思ったら、
「STAP細胞は存在します!」でしたね。

あなたの心の中では、存在するのでしょうが、
調査元の「大阪おかんの会」でさえ、困惑しているようです。

自己申告の集計であり、実際に症状が出ているのか、回答者が実在するのかなどは確認していないのだそうです。
これで調査といえるのでしょうか?
誰でも何度でも好きに投稿できて、なんおチェックもないのに。

そして、「何の連絡もなく、突然違う内容で掲載された」のですってさ」。
https://twitter.com/drsteppenwolf/status/467056532291452928/photo/1

夏休みの宿題でも、もう少しちゃんと調べますよ。
調査も調査なら、書き方も書き方ですよね。
1000人中800人に健康被害が発生しているってことになってしまうのだから、針小棒大とはこのことです。
Posted by 山坂転太 at 2014年05月16日 23:05
あなたは、長崎または広島の原爆資料館に行って原子爆弾たった一発でどれだけ色々な病気になって苦しんだ患者さんがいるのか、勉強して来て下さい。

あなたは、福島原発事故による健康被害は出ないと、本気で思っていますか?不勉強なのですね。

広島の原爆の160倍以上の放射性物質が拡散したと政府は発表しました。
だから、被曝による健康被害も160倍以上に出る可能性が高いと考えるのが普通でしょう。
小学生にでも計算出来ますね。

福島の原発事故による健康被害は出ないという根拠とデータを明確にしなければならないのは、あなたの方です。

甲状腺癌の子供達が激増していることも、どうお考えですか?

出来るものなら、健康被害は出ないと証明してごらんなさい。

それから、もうコメントするのを止めてくださらない?
あなたが沢山コメントすると、他に参考になる良いコメントをしてくださった方がいても、見落としてしまいます。


Posted by 「あああ」さんへ at 2014年05月16日 23:27
山坂のおっさん、一人ではダメだと思って、助っ人よんだかw
Posted by Cipher at 2014年05月17日 00:19
あああさんは、
筆の入れ方を拝見させて
いただきますと、
ひょっとして、
役人の方かもしれませんが、
博士でも、医者でも、
放射線技師でもありませんね。
ただ、
このまま、福島で訴えのある、
健康関係の各種症状が、
放射線によるものか、
どうかに関し、
このまま、
うやむやになって
しまうかも知れないと、
心配されておられる様子が
本当に、手に取るように、
よくわかります。
現実を申し上げますと、
1986年に起きた、
チェルノブイリの原発事故の
晩発の低線量被ばくによる
健康被害の影響が、
http://ameblo.jp/sunamerio/image-11380553912-12238877254.html
http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=127081
です。
何れも、
出所がはっきりしていますので、
この通りだとは思うのですが、
悲しいかな、5〜9年後に
各種症状が極端に、
増えてしまっています。
それで、同じものが、
環境中に飛び散った福島は、
どうかと言うと、
福島県内の1年後に関してはこうです。
http://ameblo.jp/kyasutaka1/image-11260958255-11993890218.html
http://ameblo.jp/kyasutaka1/image-11260958255-11993890218.html
やはり、病例は増えていますが、
これが、福島の事故の影響ではないと
主張されるならば、説明が要ります。
福島県。
幼年層に、
甲状腺がんが、極端に増えているのか、
ご承知の通りです、
ただ、原発のせいか、そうでないせいなのか、
最近は、シロクロを付ける方法も、
最近の医学ではあります。
セシウム137の大きさが、
直径にして、10ミクロンから、0.01ミクロンです。
そして、電子顕微鏡での改造度が
まさに0.01ミクロンですので、
突然死やガン死があった、
検体を司法解剖して、
電子顕微鏡で見れば、
福島からの放射線物質による
影響で死んだのか、
そうでないのかは、わかるようです。
チェルノブイリで被害を
受けた西ヨーロッパでも、
そのあたりの研究は盛んになって、
イタリアあたりでは、
何か原子力関係で
事故でもあった後
病気が増えた時には、
犯人が特定できないといけない、
と言うことで、
そのような方向で進んでいます。
(本当ですよ。)
“あああ”さんは、
「いや違う。
 絶対、晩発の低線量被ばくなど、
 この世に存在しない!
 福島第一の近くで、
 訴えのある
 鼻血とか、倦怠感とか、下痢とか、
 言うのは、
 絶対、現実とは異なる風評被害だ!」
と、主張されているのですから、
私は、“あああ”さんが、
今回の事故の案件で、
公害という面で、
原発を始めた人が悪いのか無実なのか、
あるいは、
事故当時の東電の社長・会長が
悪いのか無実なのか、
また、“絆”と言うことで、
汚染瓦礫を全国にばら撒いた人達
が悪いのか無実なのか、
(何も、福島に限らず、
 その機で、
 全国でも、体がおかしくなった、
 という人は出ていますよね。
 健康の訴えそのものが、
 あるのは、事実なのだから、
 確実に調べるまでは、
 マンガの作者同様、
 バッシングしてはいけない。)
いい問題提起を
されたと思っています。
鼻の鼻腔の組織を
取って来ることも含め、
上記のように、今や、シロクロはっきり
付ける方法もあるのですから、
今後、徹底して、
全国的に、
それで、やりましょうや。
啖呵を切られている以上、
依存は、ありませんよね。
今や、東日本での病気の訴えは、
福島県の農水産業を脅かすとまで、
言われています。
医学的・放射線工学的に、
各種、健康に関する訴えの原因を
はっきりしておかないと、
“あああ”さんも、今後、
非常に、寝覚めが悪い、
あるいは、
夜も寝られないということで、
私も、同情しているのです。
いずれにしても、
我々のような、自由主義圏に
おいて、人の命を救うための、
情報公開は当たり前ですが、
もし、本当の犯人がわかれば、
マンガの主人公に責任を取らせたり、
あるいは、
旧共産圏のように、
それを描写した、
出版社を発禁にするようなことをせず、その、真犯人に責任を取らせて、
以降来るであろう、
健康被害の予防に、
国民・県民が、
心血を注げば、いいだけのことです。
あまり、間違ったことを
言ってないと思うのですが、
“あああ”さん。
その線で、
如何でしょうか?
Posted by “あああ”さん。何も、心配されることはありません。 at 2014年05月17日 01:39
現に近くで原発が爆発して放射性物質がまき散らされてしまった所に実際その時いらっしゃった福島県双葉町、前町長井戸川克隆さんの症状について、

>他の症例でも鼻血は出る。被爆固有の症状でないのなら前市長の鼻血が被爆のよるものという証明をしなければならない。

と書き込まれている人がいますけど、というか殆どの反論がこの「証明しろよ」と「科学的にありえない」の2点がどこかの文献を斜め読みしたんでしょうが入っているんですよね。

実在する人間がだれに聞いたでもない自分の症例を3.11以前には無い症状が出たと、少なくとも時系列をあげて公に公表している訳でこれはマンガの捏造でもなんでもない事実なんです。


一般の人が医者が使うレントゲン等で外部から放射線の被曝をしたり、代謝が早く体内で濃縮せず一定量を保ち(おしっこが近くなりますよね)ナトリウムと一緒に電解質を調節するバナナに多く含まれている、天然放射性カリウムなんかを除けば、大規模に一般人が爆発によって大気中に拡散した原子炉が作った人工放射能を、呼吸によって鼻腔や気管支、肺にまで入り曝露するような事はチェルノブイリと福島しかおきていません。
ソビエト時代の国営原発の事故の情報も冷戦下の当時、データの取り始めが遅く放射性ヨウ素による甲状腺への影響も現在福島で採用されているデータでは不確定とも言われています。
広島、長崎においては熱線やけどなどの外部放射線被爆について被害はあっても、爆弾のチリを吸い込むことによっておこる内部被曝は認めていないのでデータになりません。

要するに原子炉で作った放射性物質を少量でも自らまたは検体が吸い込み、鼻腔に病理変化が現れるか実験して必要数正しい時系列で影響がないことを証明しているデータは表向きどこにも無い筈です。
パンジェフスキー博士は唯一、被爆で亡くなった死体の病理解剖で内部被曝の実態をデータと共に残そうとしましたが当局によって逮捕され、データは取り上げられたので当人が現在証言してもデマ扱いですよね。

民主主義の国では、唯一福島だけが初めて起こした、放射性物質の拡散事故な訳ですから、有害無害どちらのデータも存在しないし、しってる学者さんもいない筈なんですよ。

それなのにまかり通ってる、外部被曝の影響論。
エタノールとメタノールの体内毒性が一緒で安全。これぐらい飲んでも影響はない!!
メタノールは飲んではいけないと言ったら、酒が売れなくなる。風評被害だ!と言っているようなものなのに、おかしいとおもいませんか?


「俺や俺の周りに鼻血を出した人間はいない」
良く見かける文言ですが、周りって何人?
それこそ、一人が言ったら、みんな言ってる論法でどうにも解釈できますよね。

では、前町長が放射性物質が呼吸器(レントゲンは外部放射線。ぜんぜん違いますよ)に入った事によって粘膜に直接β線やγ線、α線が曝露しつづけることによって被曝症状が起こる筈がないとして、これがデマだとしたらなんで前町長は鼻血をいまだに出し続けているんでしょうか?

反証の根拠に偉い学者の名を連ね、外部被曝と内部被曝と被爆の違いも解らないしったかぶりなもっともらしい誰かの引用を用いて、データ、データと五月蠅く騒ぎ二言目には放射脳とか反原発とか共産党とか反日、とどめにスローガンの風評被害を○○の一つ覚えのご立派なコメントを残されている割には、「低線量で鼻血なんか出るわけないさぁ」と定説だからチョコレート食べ過ぎは有り、人は鼻血を出すは有り、でも福島の放射線による鼻血は絶対にあり得ないといえる根拠はなんですか?

鼻腔に直に内側から放射性物質を付けて経過を見ない限り、低線量は影響なしなんて断言できないでしょう!?
データが無いんだから。

「他の症例でも鼻血は出る」と書いた人は井戸川さんの何を御存じなんでしょう??

「他」って何?実際見たの???

それこそ医学的な証拠を見せてください。


統計が出せなければ確かにデータになりませんが、低線量被曝が実在した場合はたくさんの方の犠牲と引き換えで、なおかつ正確なデータを残せた場合だけなのです。
いったい学者さんの有益なデータ集めの為に何万人犠牲になるんでしょうね。
データが出せた時、健康な人が何割残るのか。
デマと決めつけ、風評被害という村意識の絆で縛り付け、口をふさがせた人はどう責任をとるのか・・じゃなくとれるのか

私は誰も扇動しませんしされませんが、自身で実際に見て、聞き、体験した事しか信じません。

だから

実際、鼻血(2011.3.16幼稚園の友達が都内の公園で、が最初で以降入学の小学校では毎月20人前後が鼻血で保健室利用)、喉の痛み、骨折、ヘルペス、副鼻腔炎の悪化、眼底出血、日中平常時突然の嘔吐、痛みが無く突然現れて消える打撲痕のような痣、30代の男性の原因不明突然死、1年以上から咳、突然の眠気、甲状腺機能低下症、

今の所、都内の子供の学校の児童と私と知人に実際おきた事。

2011年3月11日以降の症状
被曝の要因除いて原因が説明できる人は具体的に教えてほしい。
安全と思う人はご自由に。





Posted by 都内からです at 2014年05月17日 01:54
あああ、とっくにばれてるよ。
あああ、いくら上手に言葉を並べても人情味がない、嘘臭い。
皆が臭さに鼻つまむ。

それに気づかぬ鼻つまみ者。
確信犯の恥知らず。


Posted by いいい at 2014年05月17日 02:59
福島第一原発では作業員が不足しており、募集しています。安全だと確証がある人は自ら実証してほしい。家族連れで。話はそれから。
Posted by FoFO at 2014年05月17日 07:24
>“あああ”さん。何も、心配されることはありません。様

正直いいます。その必死さが私はキモチ悪くて仕方がない。

ただ、言ってる事はわかります。でもその根拠を医学的に言えないから、それはあなたの個人的な思いですよね、という話になるわけです。そんな個人の勝手な思い込みを社会で共有できるわけはありません。

それと、もう一度話を戻します。

おいしんぼは原発行政や東電のこととは無関係です。おいしんぼというマンガの最大の欠点は2年間も綿密な取材を行ったといいながら実は聞き取りしか行っておらずウラも確認せずに事実でないことを事実のように流布したことです。これがおいしんぼというマンガの最大の問題点であり罪なのです。

根底に反原発運動が絡んでいるのは余程のバカ以外は気づいていると思いますから言いますが、やり方がヘタなんですよね。論理的に説得力を持たず感情の発露のみで意見を通そうとすれば反感を買う。これは大人のすることではありません。感情というのは論理のウラに潜めないと欺瞞性が増すのです。これは議論の根本だと私は認識しています。

つまりどう考えてもおいしんぼのマンガの内容で反原発運動を盛り上げようとしても、それは最初から無理があったという事なんです。今回の作戦を考えた人はクビにした方がいいです。そして作戦を練り直すかしてください。

原発反対なら反対でいいんですよ。でも被災地の人権をゴミのように扱うその傲慢さは絶対に許すことはできません。ちゃんと正攻法で活動して社会の信任を得る努力をするべきです。最近の反原発運動の盛り下がりから危機感を感じての行動なのでしょうが、逆効果になってしまったというのはあまりに皮肉すぎる結果だし当たり前の結果なんです。

おいしんぼを叩いている人たち皆が原発が安心だ、なんて言ってるわけではないのは理解されてますよね?。原発は危険です。でもおいしんぼの風評被害はそれ以上のインパクトがあった。ただそれだけなんです。

そこをおいしんぼ擁護派は理解できないのが不思議でしょうがない。要は論点の整理の話ですが。その論理的思考力の欠如がこのような無意味で無様な行動を引き起こし結果敗北に帰することになった、という事で個人的にはすごくわかりやすいんですけども。

何にしても感情では議論はできません。前頭葉を働かせて議論しましょう。
Posted by あああ at 2014年05月17日 09:00
>あなたは、長崎または広島の原爆資料館に行って原子爆弾たった一発でどれだけ色々な病気になって苦しんだ患者さんがいるのか、勉強して来て下さい。

いやそれくらい知ってます。

>あなたは、福島原発事故による健康被害は出ないと、本気で思っていますか?不勉強なのですね。

出ないとか私言いました?
私はおいしんぼの内容に根拠がないと言ってるだけですが。

>広島の原爆の160倍以上の放射性物質が拡散したと政府は発表しました。
だから、被曝による健康被害も160倍以上に出る可能性が高いと考えるのが普通でしょう。
小学生にでも計算出来ますね。

で、それが前町長の鼻血の根拠だというんですか?。160倍だから鼻血もでるはずだ?。まあ確かに小学生の考えそうなロジックですね。

>福島の原発事故による健康被害は出ないという根拠とデータを明確にしなければならないのは、あなたの方です。

健康被害は出るかもしれない。出ないかも知れない。私はそういってる。で、客観的に判断するためには医学的な根拠が必要だと。
私はどちらとも言ってないのですから被害が出ると主張するあなたが根拠を説明してください。今ボールを持ってるのはあなたですよ。

>甲状腺癌の子供達が激増していることも、どうお考えですか?

その具体的データと医学的根拠をお願いします。

>出来るものなら、健康被害は出ないと証明してごらんなさい。

だから出るとも出ないとも言ってません。放射能による健康被害だと医学的に断定できないならそれは放射能の被害じゃないんでしょう。そういうスタンスです。だって私は専門家じゃありませんから。
それに反論するなら放射能の因果関係を説明しましょう。説明できないから風評被害といわられて叩かれるのです。

>それから、もうコメントするのを止めてくださらない?

あなたにその権利がおありなのですか?
正に独裁者気取りですね。その思考に全てが現れていると思います。

>あなたが沢山コメントすると、他に参考になる良いコメントをしてくださった方がいても、見落としてしまいます。

その程度で見落とすって事は良いコメントじゃないんでしょうw。良いコメントとは議論が深まるコメントだと思います。であれば、私のコメントは大変良いコメントだと思いますが。

このおいしんぼの問題は原発ではなくて根拠のない風評被害にあるんです。原発問題にすり変えるのはもう無理です。それは私が散々指摘してるとおりです。

おしんぼは休載が決まったそうです。やはり作者の2年間の綿密な取材というのは嘘だったんだと思います。綿密に取材したのなら具体的な根拠、それが医学的じゃないにせよ、何かしら説明できると思っていたのですが、やはりそれは無理な要求だったんでしょう。反原発運動は否定しません。やってください。でもデマで風評被害を撒き散らすのは絶対に許せません。
Posted by あああ at 2014年05月17日 10:46
他の方からの答えにくい質問は無視して、コメントの揚げ足を取り、自分勝手なことばかり書き込んでいるお二人。

良心が全く痛まないのであれば、あなた達は、oppositional defiant disorderなのだと思われます。

お気の毒です。

あなた方がコメントすればする程、私は「せめて内部被曝に気をつけよう」と思えるから、いいですけれどね。
Posted by 「あああ」さんと「山坂転太」さんへ at 2014年05月17日 11:01
☆【重要】福島県双葉町の議事録に「鼻血が止まらなかった」という記述が!国会でも鼻血の増加が報告される!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2495.html

工作員の方は物忘れが酷いようで...被曝すると脳の働きにも影響でますよね。
Posted by 熊本県民 at 2014年05月17日 15:25
福島県双葉町で鼻血「有意に多い」調査 「避難生活か、被ばくによって起きた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140516-00000005-jct-soci&p=1
Posted by 熊本県民 at 2014年05月17日 15:29
あああ、自画自賛。
鼻つまみ者が上から目線。
滑稽ここに極まれり。
自分の臭さに気づかぬあああ。
それは嗅覚が駄目になってるんよ。
物事、情報の真贋かぎ分けられない。
そのまま一生行くんだね。
美しい花の香りもわからぬままに。

ち〜ん。
Posted by いいい at 2014年05月17日 16:18
「あああ」さんと「山坂転太」さんのコメントだけは、読むのを止めることにしました。
本当に時間の無駄ですし、他の方のコメントを馬鹿にしていて見るに堪えません。

健康被害の具体的なデータと医学的根拠が欲しければ、ご自分で探して来られるべきではないでしょうか。

「あああ」さんと「山坂」さんへのお薦めは、アメリカに行って図書館で資料を読むことです。
被爆での健康被害も8年前は閲覧出来ました。
「原爆投下は人体実験」の件は、日本人として悔しさがこみあげて来ました。
是非、渡米された際は一度はご覧になって下さい。

Posted by 二児の母 at 2014年05月17日 21:47
山坂転太とあああ氏は幸福の科学

ある日、幸福の信者が、このHPを覗いて不安になった。本部の教えが間違っているのではないかと。
幸福の中間管理職であるお二人は信者の動揺を抑えるための論説を書き始めた。
なにせ宗教団体の中間管理職ほど、”美味しい”仕事はないからね。

真相はこんなところじゃないかな。
だから、ここにコメントしている人達を説得しようなんて全く考えちゃいないし、論理的に議論を戦わせる気もない。
ここを読む、信者の動揺を抑えることだけが目的。

だから、端から議論が成立しないのは当たり前。
Posted by Cipher at 2014年05月18日 01:51
鼻血=白血病=放射能
と勘違いしてないか?

いい加減にしろ
うそばっかり並べて、大阪に住んでるけど
家族友人で鼻血なんぞ出た人いないぞ

前回の衆議院選挙で自民党が投票数操作していたといった奴らがいたが、それと同じだな
根拠無く、「こんなはずじゃない」「おかしい」
という感覚だけで「事実です」
って放射能以前に幼稚すぎる
Posted by 放射脳 at 2014年05月18日 13:09
> いいい様

うわー臭い臭い。何この匂い?たまらんなあ。

だったらいいんじゃないですか?あなたは真贋を見極めているんでしょ?だったら一人でニヤニヤしてればいいのに。

うわ何この匂い?

いちいちくっさいコメしかできないあなたに何か言われてもねえw

くっさいくっさい。

まあ反原発運動がんばってください。毎週国会前でデモですか?ヒマな人たちが羨ましいですよ。まあ好きでやられているんだろうから否定はしませんが。私はあなたと違って公平なんでね。

ちーん。
Posted by あああ at 2014年05月18日 15:24
>Cipher さま

>山坂転太とあああ氏は幸福の科学

よくしらないんですが幸福の科学ってマトモなこと言うんですか?

>ある日、幸福の信者が、このHPを覗いて不安になった。本部の教えが間違っているのではないかと。
幸福の中間管理職であるお二人は信者の動揺を抑えるための論説を書き始めた。
なにせ宗教団体の中間管理職ほど、”美味しい”仕事はないからね。

まあレッテル貼って安心するのは弱者の基本的行動パターンですからねえ。つーか、このブログに何か意味があるんですか?。そんなにバッシングされるほど大きな対象なの?。別に中身は大したことないと思いますけど。よくある反原発とサヨクのブログのひとつだと思っていました。

>真相はこんなところじゃないかな。

まあそれで安心できるなら思いこむしかないのでしょう。私が違うって否定しても意味ないですもんね?。で、そんな意味のないことしかあなたは言えない。要は頭が悪いって事です。

>だから、ここにコメントしている人達を説得しようなんて全く考えちゃいないし、論理的に議論を戦わせる気もない。

えええええええ??????
議論する気ないのあなたたちでしょ?。いくら議論ふっかけても無視してるじゃないですか?。都合の悪いことは聞こえないフリで。

もし議論する気があれば私はいつでもウェルカムです。ここのブログ見てると負ける気が全然しないんでw

>ここを読む、信者の動揺を抑えることだけが目的。

え?幸福の科学とここのブログは敵対関係なんですか?。よくわからないけど、やっぱりここも宗教だったんですね。さすがに話が通じないと思った。

>だから、端から議論が成立しないのは当たり前。

あーこれ逃げの口上ですよね?。負けを認めたくないから「成立しないのは当たり前(キリッ」って奴。いや議論するなら付き合いますよ。全然ウェルカムです。でも議論するなら私の話も理解しなくちゃ。今までみたいなデマ喚くだけじゃそりゃ議論になりませんって。
Posted by あああ at 2014年05月18日 15:35
>二児の母様

>「あああ」さんと「山坂転太」さんのコメントだけは、読むのを止めることにしました。

自分の殻に閉じこもりたいなら絶対に見ないほうがいいです。これはあなたの言うとおり。見ちゃだめですよ。

>本当に時間の無駄ですし、他の方のコメントを馬鹿にしていて見るに堪えません。

バカにしてるのか?論破されてるのか?で見方は変わるでしょうね。
確かに時間の無駄ですよ。見ないほうがいいです。見ないでください。私はちゃんと言いましたよ。見ないでください、と。

>健康被害の具体的なデータと医学的根拠が欲しければ、ご自分で探して来られるべきではないでしょうか。

いや、それサヨクの人権弁護士の常套句ですがなwww

健康被害があるかどうかわからにと言ってる人が何故調べないといけないんですか?。あなたは健康被害があると信じているんですよね?。だったらその人の主張を聞けばいいじゃないですか?

仮に私が健康被害を調べて無ければ「ナイ」という事でいいんですか?。だったら調べるの面倒なんで「ナイ」という事にしますよ。それでOKですよね?

>「あああ」さんと「山坂」さんへのお薦めは、アメリカに行って図書館で資料を読むことです。

アメリカに行っておいしんぼ読めと言うことですか?w

>被爆での健康被害も8年前は閲覧出来ました。
「原爆投下は人体実験」の件は、日本人として悔しさがこみあげて来ました。
是非、渡米された際は一度はご覧になって下さい。

あの、それがおいしんぼのマンガの内容とどう関係あるんですか?。おいしんぼの問題は風評被害です。アメリカに行って風評被害の何を調べればいいんですか?

もう論点ズレまくりで竹田先生もそりゃ怒るっつーの。
Posted by あああ at 2014年05月18日 15:45
風評被害…
連投…
気持ち悪い工作員…
メディアにもアベまで出て来るくらいだから
よほどまずい内容だったんですね美味しんぼ…
ドンドン風評と煽って下さい。

あっ、ここの読者はご存知でしょうが国民の皆様、今月も出荷制限でてますよ。身近な大切な方達に拡散しましょう。参考まで。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035y9s-att/2r98520000035yfm_1_1_3_1.pdf
Posted by 通りすがり at 2014年05月18日 18:04
スピリッツを読んで鼻血を出した人がいるようですよ。大変でしたね。お大事になさってください。

「スピリッツを読んだけど鼻血を出さなかった」という話はとんと聞いたことがないところを見ると、スピリッツを読むとかなりの確率で鼻血が出るようです。

危ないですよ。
気をつけてください。
近づかないのが一番です。

もしかしたら、インクに放射性物質が使用されているのかもしれません。
なぜ誰も調べないのか?
出版ムラの陰謀ではないのか?

いや、これは政府による人口削減隠密政策に違いない!

スピリッツと鼻血との間に因果関係が無いということは証明されていません!

予防原則に従って、十分に注意してください!
20年後に後悔しないように。
何としても子どもを守りましょう。
科学は全能ではあり得ません。
スピリッツと鼻血との関係については、世界に十分な知見がないのです!

・・以上、「美味しんぼレベルの『言論の自由』ごっこ」でした。

思ってたより楽しいですな。
皆さんの気持ちが少し分かったような気がします。

Posted by 山坂転太 at 2014年05月18日 22:45
痛ましいことですが、甲状腺がんだけではないですよ。サイログロブリンの上昇を示す子供や若い女性はかなり診ました。予備軍が表に出てくるのはこれからです。
採血の機会があったら白血球の分画を調べることをお勧めします。前骨髄球や骨髄球など、決して末梢血中に出てくることのない幼弱な白血球を見ることが多くなるでしょう。血液内科でもやってない限り目にすることのないものです。心電図も出来る限り取りましょう。異常が出るけど実に多彩。論より証拠、出来るだけ多くの検査所見を患者さんは手元に集めておくことです。心ある医師にはそのデータのコピー(自分のも必ず持っておく)を渡しておくことです。広島長崎ではデータをばらされたら困る連中のカルテ処分作業が可能でしたが、東日本全てとなればかなり骨が折れるでしょう。可能であれば海外の医師にもそのデータを送って拡散しておくことです。そうすれば、これらの現象を隠すためにどれほど馬鹿げた理屈付けが行われていたか、はっきりする時が来ますよ。美味しんぼを読んで疑問を持たれて、なおかつ自分の健康状態にも疑問を持たれた方、ぜひ明日からでも実行してください。
Posted by Back in the HN at 2014年05月18日 23:05
検査所見を自分で確かめることの効用ですが、検査値が正常範囲でも自他覚症状がある場合、正常範囲の中のギリギリの値を取っていないかに気を付けておいて下さい。Alpが正常範囲だけど子供なのに微妙に低い子の身長が止まって下の子に追い越されたケースを診たことがあります。 鼻血ほど派手ではありませんが、ともするとマンネリ化してしまいがちな自己防衛策をもう一度考える契機にしたり、やはり避難をするか考えるきっかけになります。リンパ球がやたら低いので、庭いじりを止めたら正常化したケースもありました。こういうケースは枚挙に暇がありません。自分や我が子を守るのに、他人がどう思うかは関係ありません。その人たちが我が子の健康を守ってくれるわけではありません。自分、家族、周囲の人々に不審な突然死、癌の増加、若年化、微妙な異常がないか、目を凝らしていてください。
Posted by Back in the HN at 2014年05月19日 08:35
私、生まれて、幼い頃の兄弟ケンカと幼い頃、塀の上から落ちて顔を強打した時意外に鼻血を出した記憶がありません。今年の2月〜3月頃に左の鼻くそに血が混じっていました。それも約2ケ月に渡り鼻をほじる(汚くてスマン)度に鼻くそに血が混じっている。(右の鼻くそは血が混じっていない。)
原発関係かは不明ですが事実としてありました。
私は原発大反対な事は事実で1日も早い撤退決意を政治決断して頂きたいと思う立場ではありますが、鼻くそに血が混じっていた事は捏造やプロパガンダ的手法ではない事をお約束申し上げます。
Posted by ねこノほんね at 2014年05月19日 17:44
わたくし、幼い頃には年に数回鼻血を出していました。

わたくしの兄と弟も同じくらい出していました。

あれは、放射能の影響だったのでしょうか?

昭和の話ですが・・

Posted by 山坂転太 at 2014年05月20日 22:24
いいいさま
流石の文才。

あああさま
反抗期の厨房レベル。

どうしてこうも違うのか、しかも、うぜー。粘着するとこ見るとトーナスと出所が一緒とピンと来る(笑)
Posted by 何中華本中華 at 2014年05月20日 22:53
読む人が読んで、自己防衛の参考にしてくれればそれでよいだけ。安全安全としがみつきたい人には何を言っても無駄だとここ1-2年でよくわかった。そうしたい人はそうすればいい。身内であっても反対はしない。お好きにどうぞ。自分の運命は自分で選べる間はそうした方がいい。戦争のように選択の余地がなくなりそうだったら、その直前にさっさと去るのもいいと思う。外国籍の人間には工作員も手が届かないし、工作員のような地位の連中はいずれ戦争に引っ張り出される。その時は何を工作するのか見物だなあ。
Posted by Back in the HN at 2014年05月21日 00:09
 週刊ビッグコミックスピリッツ連載の「美味しんぼ」(原作:雁屋哲)の「鼻血描写」を巡って安倍政権の閣僚らから批判の声が相次いでいたが…

「原発周辺で鼻血」いち早く取り上げていた自民党の国会議員

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00010000-noborder-pol

事実は残ります。
Posted by 熊本県民 at 2014年05月21日 02:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。