2020年05月12日

2020年5月12日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 22:09| Comment(0) | Covid-19

検査態勢の確立していない現時点での自粛解除は非常に危険

 コロナ肺炎は相変わらず猛威をふるっていますが、検査を極端に絞っている日本では連休効果もあり、陽性者数が極端に減っています。東京ではついに30人を減ったと大本営発表よろしく続けています。



 これが患者の実数ならば何の問題もないのですが、昨日の国会答弁では・・・

続きを読む
posted by いんちょう at 17:29| Comment(4) | Covid-19

2020年05月11日

2020年5月11日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 22:28| Comment(0) | Covid-19

PCR検査に軍医は必要ではない。医師は常に前線にいる

あまりにも唖然とする報道が流れていましたので、医師の一人として反論しておきます。


おおたわ氏 PCR検査増えないのは「あたりまえ」軍医の有無を指摘
5/9(土) 8:54配信 デイリースポーツ
おおたわ氏 PCR検査増えないのは「あたりまえ」軍医の有無を指摘
 内科医で、現在は法務省非常勤医師として刑務所の受刑者たちの矯正医療にあたる、おおたわ史絵氏が8日、日本のPCR検査が増えないのは「あたりまえ」だとし、その原因の一つとして「日本には軍医がいない。前戦で鍛えられた医師もいない」ことをあげた。

 おおたわ氏は検査をするには場所が限られ、やる医師が少ないとした。「医療従事者自らも感染リスクを負う」とし、海外で検査が速やかに進む理由に「軍隊の医師の存在」をあげた。「彼らは日常的に生物兵器に対する演習として防御服や汚染物の扱いに長けている。だから迷いが少なく、コロナにも向かっていける」とした。

 一方の日本では「大多数の医師は防御服を着た事がない」という。さらに「もとから世界で最も清潔な国のひとつゆえ、疫病対策には重点が置かれていなかった」と指摘。「そんな慣れない彼らが自衛隊の指導のもとに検査を始めている。使命感以外の何者でもない」と感謝した。


続きを読む
posted by いんちょう at 15:08| Comment(7) | Covid-19

2020年05月10日

2020年5月10日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 22:31| Comment(0) | Covid-19

【悲報】日本のコロナ対策専門者会議は全く機能していなかった

 私は、かつて東京電力の原子力部門に勤めていました。安全部門を担当する箇所だったため、なんども通産省の顧問委員会に資料を運んでいったものです。そこで使用される資料の表紙は「通商産業省 資源エネルギー庁」とかかれていたのですが、もちろん作っているのは東京電力、そして実際に中身を作っているのは日立、東芝のメーカーでした。つまり、

プラントメーカー(日立、東芝)が資料を作る

東京電力の担当者がメーカーと打ち合わせ。
 初めて聞く内容をメーカーに質問しながら理解して、コメントをつける。資料の修正を依頼する

東京電力の上司に説明(私よりも理解している人たちばかりだったので、特に問題なし)

東京電力が通産省の担当者に説明
 メーカーから聞いた話を又聞きで説明

通産省が顧問委員会に説明

というながれです。一番わかっているのはメーカーです。基本的に会議の説明をするのは通産省のお役人、質問が出ると答えるのは東電社員、東電社員が答えられないと持ち帰って、メーカーに聞いて次回の顧問会で回答。

続きを読む
posted by いんちょう at 13:00| Comment(5) | Covid-19

発熱後4日間待てと「推奨」した人殺し集団

厚労省が、ようやく4日間の自宅待機を取り下げました。発熱後に4日間は、自宅待機をせよと言い始めたのは元々専門家の医師たちです。特にプライマリー・ケア学会が医師向けパンフレット(2020年3月11日)に、
感冒様症状の患者には発症初期には自宅療養を促し,早期の受診を避け,不用意な出勤等の外出を避けていただくことが必須です.
1.症状が軽いときは自宅療養してください
2.症状が4日以上(高齢者,持病,妊娠では2日以上)続いたら,「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)」へ電話相談してください
と、書いてあるのですから、医師の一部はそう対応し、マニュアル対応しかできない保健所が4日間の発熱を金科玉条のように守ったのも当然です。


続きを読む
posted by いんちょう at 08:46| Comment(6) | Covid-19

2020年05月09日

2020年5月9日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

タグ:ツイキャス
posted by いんちょう at 23:59| Comment(0) | Covid-19

2020年05月08日

2020年5月8日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 23:59| Comment(0) | Covid-19

病気のみを診て、患者・社会を全く気にしない医師

 医師が真っ先にCovid-19から逃げ出してしまいました。感染防御手法を研究せずに、罹患する可能性があるから、あるいは患者が集中するから・・という理由でインフルエンザの検査さえしないように指導した日本医師会。その強烈なしっぺ返しとして、各医療機関の来院患者が減ってしまい、いずれも青息吐息なのは皆様ご存じでしょう。今考えると感染研の口車(日本の伝統工芸的PCR検査は、数をふやせない。増やさないように論理武装せよ)に乗ってしまったわけです。未だに各学会は、検査の「無意味」さを一生懸命説いています。世界各国が、一生懸命件数を増やそうとしているのに。そんなに役に立たない検査なら、世界中で一生懸命しないという常識さえないんでしょうね。さすが、大本営発表をまともに信じた国民の末裔です。

 さて、またも現場を知っている医師の「証言」がでてきました。記事にしたのは原発事故の報道の時から有名な新潮です。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:15| Comment(4) | Covid-19

2020年05月07日

2020年5月7日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 23:59| Comment(1) | Covid-19

ビースが埋まった-PCR検査を妨害しているのは感染研

 日本のPCR検査がなぜ、増えないのか。そろそろ、ツイッター上では議論が出尽くした感があります。

直接の原因は、「伝統工芸品」的な手法で日本が検査をしているのに対して、諸外国は全自動のPCR装置をしているから。
2020050701.JPG2020050703.JPG
左が日本、右が韓国。日本人は職人である伝統工芸技師(臨床検査技師)が、一つ一つ試薬をスポイトで吸い取って、一つ一つ丁寧にスピッツの中に注入します。韓国は写真に示すように全部自動化しています。そりゃあ、増えませんよね。そして伝統工芸士の数が足りないから、検査は増えないんです。我々も大変なんですと主張しているわけです。
 では、フランスはどうか。昨日のブログで紹介したようになんと日本の会社のPCR装置で全自動化をして、どんどんと検査をやって、感謝状までもらっているのは、ご紹介した通り

続きを読む
タグ:PCR
posted by いんちょう at 16:14| Comment(3) | Covid-19

2020年05月06日

2020年5月6日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 23:59| Comment(0) | Covid-19

全自動で行うPCR検査−日本メーカーも主役の一つ、ガラパゴス利権で使用出来ず

 感染が確認された当初から、ものすごい数のPCR検査を実施していた韓国。その現場の様子が、TBSによって取材されました。

5日で“自粛解除”、韓国・大量PCR検査の“秘密”
5日 23時19分
 日本では、緊急事態宣言が延長されたわけですが、ちょうど5日までで外出自粛の要請がなくなったのがお隣の韓国です。その韓国で感染を抑え込む対策の要となったのが、徹底的なPCR検査です。なかなか検査数が増えない日本と違い、韓国はなぜ大量の検査ができたのか。一日1万件の能力を誇る検査機関に、カメラが入りました。


 フロッピー時代のツールでやっている日本はだめだ、自動化しろとさんざん書いてきましたが、ここまで違っているとすれば、もうどう逆立ちしても件数が増えないのは当たり前です。SSDとフロッピーどころか、もはや今の時代にパンチテープでデータを入れているに等しい。ピペットを手作業で操作し、感染のリスクを負いながら実施しいる保健所の方々。もうそんなことをする必要はありません。相手は機械とコンビューたーですからかなうはずがありません。戦う前から負けてます。

続きを読む
posted by いんちょう at 15:55| Comment(14) | Covid-19

2020年05月05日

2020年5月5日 ツイキャス

毎日、21時よりツイキャスしています

posted by いんちょう at 23:59| Comment(0) | Covid-19