2016年08月27日

1392.印刷できなくなったブラザー複合機をコピー機にする

・コピー/プリンタ(/FAX)の機能をもついわゆる「複合機」は2万円足らずと言う圧倒的なパフォーマンスをもつが、インク代が高く、またプリンタ部が壊れやすいという欠点を持つ
・約6年前にMFC-935CDNを購入し,コピーマシンとして非常に重宝していたものの、詰め替えインクを利用していたためか数年でプリンタ部分が満足に稼働しなくなった。
・FAX/スキャナ部は健全であることから、他のプリンタを利用してコピー機を構築した。印刷コストも複合機に比べれば安くなるのでお勧め。

続きを読む
posted by いんちょう at 22:08| Comment(3) | 院内紹介

2016年04月15日

1353.熊本地震の影響

2016041401.jpg・2016年4月19日 21:26 に熊本を震源とするM6.5 震度7の地震が起きました。ご心配いただきありがとうございます。
・私の住んでいる地区では、幸いライフラインは維持されてはいるものの、固定の悪かった家具や、ブロック塀などが倒れました
・診療には差し支えはなかったものの、被害状況を少し紹介させていただきます。
続きを読む
posted by いんちょう at 19:58| Comment(5) | 院内紹介

2010年09月25日

インフルエンザ予防接種の予約開始

 昨日、市民会館でインフルエンザ予防接種の説明会がありました。

 以前、速報でお伝えしたとおり、接種費用はどこの医療機関でも同じです。
(1回目)3600円
(2回目)2550円(小学生以下)

また、生活保護の方、非課税世帯の方は、熊本市から全額補助が出ます。市役所で、あらかじめ手続きをされてから、ご来院ください。

 例年通り、65歳以上の方は無料です。

また、今年もホームページからの予約を開始します。
http://onodekita.com/2010flu
2010092501.jpg
から、お申込みください。(予約がなくても予防接種は可能です)

 ワクチンは、十分量確保できております。
posted by いんちょう at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 院内紹介

2010年07月20日

冷水器を設置しました

 梅雨が明けて、猛暑日がやってきました。

 いつも水分を補給してくださいと指導しているにもかかわらず、昨年までは院内で水分補給できませんでした。冷水器を購入しようと探してみましたが、最近はやりの大きなペットボトルを使用する装置はランニングコストが高すぎて断念。

 一般的な冷水器となりました。この機種は、開業医仲間のSNSで教えてもらいました。
2010072001.jpg
もちろん通販です(楽天から)

とくに組み立てはいりませんが。。。
2010072002.jpg

どうぞご利用ください。
posted by いんちょう at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 院内紹介

2010年03月25日

計量器検定

計量機器には、検定が必用なことご存じでしょうか?

2010032404.jpg 薬の調剤には、0.1g単位の測定が必要となりますし、体重計も信頼がなければ困ってしまいます。当院でも2年に一回検定をうけています。

 まずは、電子天秤
2010032401.jpg
2010032402.jpg

いくつもの分銅をおいて、測定が正しくされているかを調べていってます。デジタル式なので、検定も簡単。(ごまかしもききません)

2010032405.jpg

検定証のシールがつきました(ちょっと目立ちすぎと思いますが)

次は体重計

2010032403.jpg

見えているおもりは、20kgx2です。(結構重い)

2010032404.jpg

また、同じようにおもりを追加していきます。表示もぴったり合っていました。

 この機器は購入して、2年もたっていませんので、今回の検定は、シールなし。

 このように、医院におかれている計測機器は、定期的にその測定値の信頼性を確認しています。
posted by いんちょう at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 院内紹介

2009年08月25日

新型インフレエンザ

 昨日より、朝にそよそよと秋の風が気持ちよく吹き抜けるようになりました。
熊本では、9月中旬に行われる、いわゆる「ぼした祭り」(加藤清正公の朝鮮遠征を起源とする)になるまで、通常は暑い日が続くことが多いのですが。1993年の米不足のようにならなければよいけれどと心配しています。
 このように1日で季節ががらっと変わるのは、普通は大陸(中国)と言われています。なにかがおかしい感じです。

 新型インフルエンザが全国的に猛威をふるい始めました。当院では、幸いなことにまだインフルエンザと診断された方はおられないのですが、医院の入り口にマスク、手指消毒用アルコールを置いています。
 手指の洗い方はイラストでも示しておりますので、参考にしてみてください。マスクは、実費配布中です。
09082501.jpg
posted by いんちょう at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 院内紹介

2009年05月13日

電子カルテの導入(2)

 平成18年の3月から、ちょうど院内の改装を行いましたので、その際にLANケーブルを敷設するとともに光フレッツプレミアムも契約。
 とりあえず、サーバー(画面なし)と診察室用(20inch x2)の2台で小規模なLANを設置しました。あとは、受け付けようにまだ稼働していないパソコンが1台。ネットワークの構成などいろいろと大変でしたが、まあ、診療にすぐに必要なわけではなく、ぼつぼつと始めました。
 まず、最初にしたのは、患者さんのID作成です。社保、国保のアイウエオ順に1番から振っていきました。何しろ手作業でやってもらいましたので、2重IDの人がいたり、ID番号に対応する人がわからなくなったりと大変です。・・このようにあまり考えずに連番を振ったのは、管理の面からすると非常に良かったと思います。新患さんが来た場合も簡単に番号を決められますので。。

 医師会の検査センターに血液検査を依頼していますが、この新しくつけたIDを今までの検査に連携してもらい、2年分のデータをもらうことができました。過去2年分のデータが入れば、まずまずでしょうか。
 しかしながら、困ったのが、患者さんのIDと名前、住所の入力。大した人数ではなかったのですが、やはりかなり手を取られました。(最初は、私が入力。Dynamicsが本格稼働するようになってからは、受付で入力してもらっています)
 ここまで、終了するのに3−4ヶ月はかかったかと思います。とりあえず、IDを入力すると、検査結果は表示されるようになりました。
090513.jpg
RSBの初期画面です。非常に使いやすくできています。
posted by いんちょう at 17:58| Comment(0) | 院内紹介

2009年05月12日

電子カルテの導入(1)

 当院は、昭和43年10月に開業した出来田医院が母体となっています。私が共同診療を始めたのが、平成17年頃でした。カルテもレセプトも紙+手書き作成を行っていました。
 紙のカルテも閲覧性もたかく、私自身は好きなのですが、検査結果を閲覧したり、前のデータと比較したり、グラフにしたりと言うことは苦手です。電子カルテと大上段にはかぶらず、まず検査データの整理から始めることとしました。
 開業医向けで、コストパフォーマンスの良い電子カルテは「Dynamics」それと親和性の高い検査データ整理ソフトとして「RS_Base」があることがわかりました。電子カルテであるDynamicsは、会計ソフト(医学の分野ではレセコンと言います)も兼ねていますので、手書きで作っていたレセプトも合わせてレセコン作成に変更するつもりです。
 開業医向けのレセコンとしては、あとは医師会が作成し、フリーで配布されている「ORCA」もあります。これは、Linux上で動作し、当時(平成18年頃)からオンライン請求に対応していたソフトです。試そうと思いましたが、入力に専用の医療事務員が必要となりますので、あきらめました。
 まずは、RS_Baseの導入。このソフトは広島の開業医である山下郡司先生がおひとりで作成、メンテをされています。年会費も7,000円もかからず(導入を決めた際は、たしかDVDの送料+α程度だったような気がします)、とりあえずポケットマネーで構築することとしました。
Nbv{[h01.jpgRS_Baseで作成したグラフです。見やすく、患者さんにも好評です。
posted by いんちょう at 20:01| Comment(0) | 院内紹介

2009年05月11日

手製のベンチ

当院の入り口のドアをあると、すぐ左に木製のベンチがあります。
DSCN4554.jpg 
 診察にこられた患者さんたちが、バランスを崩しながら、履き物を脱いでいただいておられました。何とかならないかと、「ハンズマン」「ナフコ」などに行ってみましたが、なかなかこれひらめきといったベンチがありません。それなら、作ってしまえと作ったのがこのベンチです。
 参考にさせていただいたサイトは、こちらです。2x4材は、住宅につかわれる木材で、ホームセンターなどでかなり安く入手できます。今回作成したベンチも木材の材料費は1000円以下でした。
 地元の「ハンズマン」工作室を利用し、おっかなびっくり電動ノコを使って、木材を切断。後は、電動ドリル・ドライバーなどを使って組み立てました。今回、はじめて電動ドリル兼ドライバーを購入。少し、道具にお金がかかってしまいました...
 できばえはいかがでしょうか?高さもちょうどよく、なかなか評判もよいようです。
 当院にお越しの際は、腰掛けてみてください。
posted by いんちょう at 21:56| Comment(0) | 院内紹介

2009年05月02日

新型インフルエンザ対策?

 いつの間にか、豚インフルエンザの名称は使用されなくなってしまいました。東南アジアで発生した「鳥インフルエンザ」の場合は名称変更など考慮すらされなかったはず。
 新型インフルエンザ(H1N1)では、記憶に残りにくい。せめて、「メキシコインフルエンザ」の方ががよいのではと思います。

 連休前最後の診療日でした。休日後に比べると休日前は受診される患者さんは多くはないのですが、大型連休だけあって、この法則は当てはまりませんでした。
 病院は土日休みのところがほとんどですが、診療所で土日休みとしているところはかなり珍しいかと思います。土曜日にご近所の診療所を受診されてはいかがでしょうか。

先日もブログで書きましたが、当院でも発熱相談センターの内容を領収書に付け加えました。いわゆるレシートプリンタ+Dynamicsを使用していますので、このような改変も自由自在に可能です。今後も、領収書を使って重要な情報を流していこうと考えています。
reciept.jpg
posted by いんちょう at 20:34| Comment(0) | 院内紹介

2009年05月01日

連休前は忙しい。。

 休日明け、5月の連休前の金曜日は、さすがに忙しくなります。昼休みも食事をするだけ、予定時間を1時間もオーバーして訪問診療に行きました。行く側はこちらの都合なので仕方ありませんが、待っている側はいつ来てくれるのだろうとかなりの負担になっていることと思います。(通常は、ほぼ予定通りに訪問できているのですが)

 月初めは、どこの病院、医院も忙しくなります。というのは、レセプト(診療報酬をもらうための書類です)を10日までに提出しなければならないためです。特に今回のように連休が月初めにあると大変です。連休が終わると7日になりますので、それからではもう間に合いません。かといって、2日までに終わらせるのも難しい。ほとんどの病院では、休日出勤をせざるを得ないことと思います。

 私のところでは、私が請求責任者も兼ねていますので、チェックはほとんど自分でしています。今月より電子カルテにしたこともあり、事務の時間外はほとんどなくなりました。請求も既にオンライン請求となっています。オンライン請求は、導入するまでが大変ですが、
・印刷する必要がない(大量の紙を印刷し、抜けがなくなるようにするにはかなりの労力がかかります)
・レセプトを支払基金まで持って行く必要がない。
と導入した機関にはある程度のメリットもあります。ただし、個人情報保護の問題など、これからますます留意しておかねばならないでしょう。
online2.jpgオンライン請求の最初の画面です。ここから、請求していくこととなります。なお、接続はインターネットは介しておらず、NTTフレッツ網を使用していますので、通信の際に傍受される心配などはありません。
posted by いんちょう at 23:34| Comment(0) | 院内紹介

2009年04月25日

ダイソーのメガホン

当院は内科専門なので、どうしてもお年の召された方が多くなります。
 (内科医の立場からですと、60半ばくらいまでは文句なく若いと感じます)

 難聴の方には、いわゆる補聴器を使ったりもしていましたが、どうも雑音が多くなり、うまくいきません。
 で、思いついたのがこのメガホン・・・ダイソーで発見
 さすが、メガ+ホンと言うだけあり、普通の声でも十分大きくなりますし、電池式のようにがりがりと言った雑音が全く発声しません。
・軽い
・こわれない
・安い
の3拍子そろった良い器具です。これから、活躍してくれることと思います。(診察用、点滴用、往診用に3つ買いました)それでも300円ちょっと手(チョキ)
megaphone.jpg 
posted by いんちょう at 14:48| 院内紹介