2018年07月04日

1447.Google Calendarの予定をLine Notifyで連絡する

Google Apps Scriptの第2弾として、本日、明日、明後日のGoogleカレンダーに書かれた予定を、決められた時間にLINE Notifyに送るスクリプトを紹介します。本人のみならず、食事の要不要などの連絡に大変便利です。残念ながら、Google Calender にも IFTTTにも、決められた時間に通知を発行する機能はありません。Google Apps Scriptを利用すれば、簡単に実現できますので、紹介します。

参考にしたページ
Googleカレンダーの予定を毎朝LINEに通知する

続きを読む
タグ:Google Calendar
posted by いんちょう at 20:12| Comment(3) | IT

2018年06月28日

1446. Google Apps Script で、Geigerカウンターの異常をモニタする

 お久しぶりです。いろいろとありまして、しばらくブログの更新を控えておりました。
今回は、このブログの右側に表示しているガイガーの異常を検知して、LINEに通知するプログラムを GAS(Google App Script)で作りましたので、紹介させていただきます。

 必要な準備
−LINE Notifyを登録し、トークンを発行する。
 Googleで検索すれば、取得の仕方はいろいろと出てきます。

Google Apps Script
Google Drive から作成します。こちら をご覧ください

続きを読む
posted by いんちょう at 19:54| Comment(0) | IT

2015年07月29日

1295.医療関連ソフトのご紹介(GS1バーコードによる在庫管理と調剤チェック)

 2週間以上更新をお休みして、失礼いたしました。この2週間ほど、院内で使用している自作ソフトを公開に備えて、ブラッシュアップしておりました。昨日ようやく公開できるほどまでになりましたので、この場を借りて、宣伝させていただきます。

・医療機関向け GS-1/JANCODEを使った 汎用在庫管理システム(pJAZ)
http://onodekita.com/pjaz/
 一般公開されているMEDISデータ、レセプト電算用コードを用いて、薬価の妥当性および在庫の管理を行う。

・調剤用バーコードを用いた処方チェックシステム(Dubicsy:ドビッシー)
http://onodekita.com/dubicsy/


 調剤用バーコードを用いて処方チェックを行っているのは、日本中の医院の中で私の医院だけではないかと自負しておりますw

■関連ブログ
1265.院内調剤のバーコードチェック2015年03月25日

posted by いんちょう at 20:52| Comment(1) | IT

2010年10月08日

ドットインパクトプリンタの設定

 ドットインパクトプリンタをご存知でしょうか?
Canonが1990年ころにインクジェットプリンタを発売して、あっという間に主役の位置から引きずり下ろされましたが、1980年代には主流のプリンタでした。
 じー、じーいってうるさいプリンタを覚えておられる方も多いかと思います。

 もはや見る影もないといった感じではありますが、一部の用途には今でも活躍しています。それは、複写伝票を扱う場合です。もじどおり、ドットをインパクト して印字しますので、複写伝票にも使えるのです。インクジェットは音もしませんし、高解像度ですが、インパクトがないため、複写伝票には使えません。もちろん、ページプリンタも。

 そういった場面で、ほそぼそと生き残っているため、インクジェットの価格を知っている今となっては、とてつもなく高く感じます。インクジェットならば、最新鋭の機種でも2万円も出せば、十分お釣りが来ます。
ちょっと、EPSONのサイトを見てみましょう。
http://www.epson.jp/products/printer/dot/

目の飛び出る価格ではありませんか?この機種は、消耗品がほとんどなく、インクジェットプリンタのようにインクで儲けるわけにはいかないので、どうしてもこの価格帯になってしまうわけです。

 なぜ、わたしがこのプリンタに興味を持っているかといえば、65歳以上の方のインフルエンザの予防接種問診票が、複写式になっているためです。項目としては、住所、氏名、ワクチンのロット番号、保険証の番号、接種した医院の名前の情報など、ごく僅かな内容ではありますが、これがかなり面倒です。これをコンピュータの情報から打ち出そうというわけ。

 が、こんなお金をこのプリンタに出すのは、当院の大蔵省(古い表現ですね)に認められません。で、中古のインパクトプリンタをオークションで落としました。

富士通の VSP2851
http://primeserver.fujitsu.com/printer/products/vsp/vsp2851/

目が飛び出る価格ですが、女性の肖像画書かれたお札1枚程度で入手できました。

 が、こまったのが、LANの設定。Web上のどこにもマニュアルがありませんし、ボタンをどう押しても、それらしいメニューが出てきません。購入先にも聞きましたが、メーカーに聞いてくださいとのこと。富士通のサポートセンターにダメもとで電話してみました。すると、親切に教えていただけましたので、ここに公開します。もし、同じプリンタを落札されて、困った方がおられたら、参考にしてみてください。

 セットアップモードの入り方

用紙選択+用紙セット を押したまま、 電源スイッチを入れる。

そのまま待っていると

97→→→→→→

のような表示が出て、

セットアップツウシン 1/5

となります。

基本的に 
-用紙セットで メニューの奥に
-手前排出で メニューのひとつ上に
移動します。

セットアップツウシン 1/5
の下に
サポートサーバ 1/3
LANインターファイス 2/3
ソウチメイセッテイ 3/3

があり、
サポートサーバー 1/3
の下に
Print Walker 1/3
6680-NMC 2/3
HostPrint 3/3

Host Print 3/3の下に
MACアドレス 1/10
IPアドレス 2/10
ネットマスク 3/10
ゲートウェイ 4/10
デフォルトルータ 8/10 (0.0.0.0)
サーバIPアドレス 9/10 (0.0.0.0)
セッションリトライ 10/10
とあり、IPアドレス、ネットマスクを自分の環境に合わせて設定します。

手前排出を複数回押して、
セットアップカキコミ

用紙セットを押して
シテイチカキコミ

さらに用紙セットを押すと

SWヲオス

と出ますので、スタートスイッチを押すと、データが書き換えられます。

 かなり複雑ですし、自力での解読は不可能と思われます。

参考にしてみてください。

これで、無事に使えるようになりました。

検索用ワード VSP 2851 LAN設定 IP アドレス
posted by いんちょう at 23:26| Comment(3) | TrackBack(1) | IT

2010年08月27日

ビデオカードの修理

 毎日暑い日が続いておりますが、熱中症などにやられた方はおられないでしょうか。

 お盆休み中に帰省しておりました。
・最終日の前の晩にアルコールを大量摂取
・朝に少しだけ外のプール
・高速に乗るので、水分摂取料を制限
としたために、38度をこえる熱発、みごとに熱中症に。3日間の点滴となってしまいました。・・自己診療になりますので、保険は使えませんし、仕事も休めませんでした。(熱中症になり易い体質なので、十分注意していたのですが。。。)
F1000001a.jpg

まだ、もう少し暑い日が続きます。ご注意ください。

 さて、本日はパソコンのビデオカードの修理を行ないました。以前、中古カードを購入して放ったらかしになっていたPCI-Express x16用のカードです。
F1000016.jpg

導入予定のパソコンには、PCI-Express x16 スロットは1つしかなく、すでに1つのビデオカードが差し込まれており、そのままでは使えません。。エッジを切り書いて、PCI-Express x8ポートに差し込めるようにしました。
 幸い2つのグラフィックカードはカードは、干渉することもなく同時に4画面を表示できましたが、ファンに異音が生じ、途中で止まってしまいました。ファンを取り外してみましたが、フィンが高温になってしまい、このままでは心配。

 いろいろと検索をかけてみると、グリスアップが効果があるようです。購入したのが、このタミヤのグリース。(400円)近所の模型店で入手しました。
F1000021.jpg

ファンを取り外し、
F1000022.jpg

後ろのシールを外して、プラスチックのリングを壊さないように外します。(つい、乱暴にして私は壊してしまいました)
F1000026.jpg

このようにファンが外れます。ファン自体がモーターのロータとなっていますので、代替品を見つけることは不可能だと思われます。
F1000023.jpg

真ん中の軸のところにグリースを適量塗ります。
F1000025.jpg

あとは、組み立てて終了です。異音もでなくなり、無事にファンが回転するようになりました。動かなくなったり、異音がするファンはこうやって直してみましょう。
posted by いんちょう at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | IT

2009年10月12日

パスワードの管理

 パスワードの管理をどうするか。
結構問題です。
複雑なパスワードにするのがよいと思っていても、なかなかできない。
結局同じパスワード?
数字のみあるいは意味のある単語のみ?
になっていないでしょうか。

そんな時に便利なのが、
KeepassX
http://www.keepassx.org/
です。

起動させると、
09101202.png

のように表示されます。
全体のパスワードとキーファイルを入力すれば、

09101201.png

のように開きます。

キーファイルはどのようなファイルでもよいのですが、どこにでもあるファイルを指定したり、あるいはデジカメの写真を指定すると第3者には非常に分かりにくくなるのでおすすめです。

このKeypassXで作成したデータベースのファイルを
DropBox(インターネット上でファイルを共用するサービスです)に作成し、
https://www.getdropbox.com/

自分のパソコンに、キーファイルを保存しておくと、だれからも見られることなく、複雑なパスワードを使うことが出きるようになります。

この、KeypassX, Dropboxは、Linux, Windows, MACに対応していますので、複数のOSを使うことができます。

 わたしは、Ubuntu, Windowsで使用中。

なお、なかなかUbuntuで編集ができませんでした。いろいろと調べたのですが、なかなか解決せず。

DropboxはWindowsでは勝手に起動してくれるのですが、Ubuntuでは手動起動させる必要がありました。なかなか同期できない場合は、チェックしてみてください。

補足
https://www.getdropbox.com/referrals/NTIwNzExNjE5
から作成すると、2GB+250MBの容量を作成できます。

posted by いんちょう at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | IT