2017年11月13日

1352.電話線(2芯)でLAN構築

 当院には少し離れた(直線で80m程度)ところにガレージと、車庫があります。医院と車庫の間には、30年近く前にひかれた2芯の導線でインターホン(現在不使用)が設置されていました。
2017111304.jpg 2017111301.jpg

世の中が物騒になってきたので、

・録画機能のついた監視カメラを設置したい。
・ネットからその状況を確認したい
・できるだけ安価に
・新たに工事はしたくない

という条件で、思案していました。
続きを読む
posted by いんちょう at 21:04| Comment(2) | DIY

2017年04月02日

1427.予算15,000円で、ドアチャイムをスマートドアインターフォンに更新する

 築30年以上の我が家の玄関には写真のドアベルが設置されている
2017040213.jpg

 カメラどころか、インターフォンも何もないベルだけの非常にシンプルなタイプ。いずれ、カメラ付きのインターフォンに交換しようと思ってはいたものの、親機を設置するのに適当な場所がなかなか思いつかない。(下手に設置すると、今よりも動線が悪くなるw)
 ネットでいろいろと検索していると、格安でスマホを親機とする装置が販売されていた。木造住宅であるから、線の取り回しにはそれほどくろうしないだろうと安易考えて購入を決めた。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:54| Comment(2) | DIY

2017年04月01日

1428.壁掛け時計の修理

結婚祝いにもらった下記時計が故障してしまったので、修理してみた。
2017040101.jpg

 時計の価格の大半はいわゆる「デザイン料」であり、ムーブメントの価格は相対的に低い。気に入った時計を探すのもまた結構大変である。時計の裏を見てみると、
2017040102.jpg

続きを読む
posted by いんちょう at 19:52| Comment(2) | DIY

2016年02月28日

1349.Acer液晶(P224W)ディスプレイを修理する

2016022804.jpg・最近のパソコン、テレビなどの家電製品は、高効率のスイッチング電源を利用して、家庭用の100Vから内部のICなどを駆動する電気を得ている。
・スイッチング電源の故障で多いのが、電源ランプが一瞬つくもののすぐに消えるという内部コンデンサーの不良である
・購入5年程度経過したAcerの液晶ディスプレイが、同じような故障状態となったため、DIYで修理。無事使えるようになった。

続きを読む
posted by いんちょう at 16:11| Comment(6) | DIY

2011年02月22日

POS用端末の修理

 昨年の12月末に格安(4,000円)でPOS用端末を購入しました。
2011022201.jpg
12/29の記事のようにレシートプリンタを取り付け、非常に快適に動作。

1月の中旬にはHDDの故障のためブートできなくなり、HDD交換

偶然同じSeagate の IDE HDD。新品が左です。随分と薄くなっているのおわかりでしょうか。
2011022202.jpg

このIDEのHDDは、もう在庫がほとんどありません。Amazonで買おうとしても、結構苦労します。(近所のパソコンショップで購入しました)これだけで5000円程度。・・・もう本体をオーバーしています。

 このPOS用端末は、
・心電図
・検尿
・身長体重
のデータ処理をしてくれる中核端末。このくらいの出費は全く惜しくありません。

それから半月後、診療中に電源が急に落ちてしまい、その後全く反応しなくなりました。診療中でしたので、急遽バックアップパソコンに変更。結構冷や汗ものです。

 さて、このPOS用端末は、
・タッチ式の液晶パネル
・液晶パネルの裏にあるマザーボード
・スイッチ、オーディオ関係のパネル
・RS-232C, LANなどのインターフェース基盤
と分散して配置されています。
2011022209.jpg

オーディオパネル
2011022213.jpg

インターフェース基盤
2011022210.jpg

まず、電源関係であることを確かめるために、別のパソコンの電源を
・マザーボード
に接続。上記のスイッチパネルとHDDを接続して、電源を入れてみましたところ、何事もなく起動しました。やはり、電源が故障していると思われます。

 この組み込み式の電源は
2011022203.jpg
特殊な大きさなので、なかなか国内の取り扱いがありません。いろいろ調べてみましたら、 ATX FLEX電源という規格で、ある程度は流通しているようです。

 早速、AMAZONに発注。日曜日に頼みましたら、月曜日に届きました。
2011022205.jpg

2011022206.jpg2011022207.jpg
見比べましても、全く同じ大きさです。(ねじ穴も)

 これは楽勝。と全部組み立てましたところ、やはり電源が入らず。

????

 どうやら、どこかに間違いがあるようです。

 再度分解して、電源を抜いていきましたところ、、、

インターフェース基盤に電源を差し込むと、起動しなくなることがわかりました。どうやら、この基盤がおかしいようです。

電源端子にテスターを当ててみますと、12V - GND間の絶縁がほとんどありません。おそらく、この短絡で電源の保護回路が働いているのでしょう。

ざっと見渡しましたところ、電解コンデンサーがアヤシイと左側のコンデンサーを引き抜いて、絶縁を確かめましたが、異常なし。

 さて、困りました。。。

あとは、
・チップコンデンサー、
・左側のFET
くらいしかありません。しかし、この判断はいったいどうするのか。。

FET 故障 判断で検索。下記のページにあたりました。

http://dry-room.net/other/fet/

MOS-FETは、

一番左が ゲート
真ん中が ドレイン
右が   ソース
の用です。ドレイン、ソース間に抵抗が全くありません。

では、ソースを外してみましょう。
2011022211.jpg

みごと、絶縁が回復しました。このFETが故障したと考えて良さそうです。

さて、この回路は、

コイル、FET、コンデンサー

が組み合わさっており、最終的にはロールプリンタの電源(24V)となっています。供給電圧は、12Vですから、昇圧回路と思われます。

http://www.riric.jp/electronics/design/power/up-convert.html

を参照。

 このロール紙プリンタは、最高40W程度消費します。とすれば、印刷の最中にFETが焼損してしまったと考えると全てのつじつまはあう。一番右端の大きな電解コンデンサーも昇圧回路の一員でしょう。無くしたとしても、インターフェース基盤の機能には何ら問題ないはず。で、外しました。
2011022212.jpg

借り組みして、OK。修理が完了しました。
・・なお、もともとの電源を使いました。(新規の電源は必要なかったわけ。)

まとめますと・・・

 移植のつもりだったが、部分切除で回復でしょうか。
posted by いんちょう at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2011年02月13日

洗濯機の分解掃除

午後からは、洗濯機の分解。
東芝のAW-80VC(購入したのは、約5年前)

もちろん、ときどきは洗濯機の中も化学洗浄剤を用いて掃除しています。
IMGP0961.jpg
どうでしょう。そんなに汚くはなさそうですが。。。


IMGP0962.jpg
まず、洗濯機受け。もののみごとにへドロ。まずここを掃除。
IMGP0963.jpg
これは、簡単簡単


後ろのネジを2本外す。(カメラマンは、長女−6歳)

IMGP0964.jpg

こうすることで、蓋が外れます。
IMGP0967.jpg

洗濯機内部(それほど汚れは目立ちません)
IMGP0968.jpg
マイナスのねじ回しで、ネジを緩めて外しますと、、、

、、、うらはひどい。
IMGP0969.jpg

外したあともヘドロだらけ。10ミリレンチで外します。ここを外せば、回転槽が外れます。
IMGP0971.jpg

外したあと。おわかりでしょうか?洗剤が層になって残っています。
IMGP0972.jpg

まずは、洗濯機内部の清掃(ここからが手間がかかります)そのままでは排水できないので、適宜電源を入れ、すすきにして内部の水を排水する必要があります。
IMGP0973.jpg
と綺麗になりました。

バルセーター裏側の掃除。
IMGP0974.jpg

カバーを外すしても、またもヘドロ。。。
IMGP0975.jpg

乾燥用のダクトもヘドロ
IMGP0976.jpg

中の糸取りもヘドロ
IMGP0978.jpg

回転槽もヘドロがこびりついています。
IMGP0979.jpg

綺麗になった回転槽
IMGP0982.jpg

糸取りも綺麗にしてから組み立てます。
IMGP0983.jpg

ほぼ完成。
IMGP0984.jpg

が、ネジが1個余ってしまいました。。
IMGP0985.jpg

これは、来年のお楽しみとしておきましょう
posted by いんちょう at 21:20| Comment(1) | TrackBack(0) | DIY

2011年01月30日

台所水栓のパッキン交換

 台所用のシングルレバー混合栓から少し水漏れが出てきました。

今回はこの交換。

まず、型番(TKY8)を調べ、
2011013005.jpg

その消耗部品(THF7)をホームセンターから購入
仮に近くにホームセンターがなくとも、インターネットから購入可能。(送料がかかってしまいますが)
2011013006.jpg

 かなり高いのですが、まあこれが相場のようです。なかには施工説明書が入っていました。
2011013007.jpg

 交換するだけのようです。水道の元栓を閉めて、
2011013001.jpg

 キャップを外す。なかにパッキンが入ってます。
2011013002.jpg

これを交換し、再度締め付け
2011013003.jpg

 あっさり終了しました。一応内部の分解

2011013004.jpg

 水漏れ箇所は、よくわかりませんでした。

 部品代はかかりますが、施工自体は簡単。元栓の締め忘れには、注意
posted by いんちょう at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2011年01月11日

電灯のLED化

 LED(発光ダイオード)照明が安くなってきました。

今回は、2カ所交換

まず、火災報知器用の非常ランプ

2011011102.jpg

もともと、35V 5Wの豆球でした(交換時は、切れていました)このLEDは0.5W。

火災報知器は、24hrつけっぱなしですので、

5W x 24hr x 365日 = 43.8kwhr (963円/年)

0.5w x 24hr x 365日= 4.38kwhr (96円/年)

と1年分の電気料金で元が取れてしまいます。しかも、交換は不要と言って良いでしょう。

 次は、トイレの補助照明
2011011101.jpg

左側が、今まで。右が今回つけた豆球。

消費電力がこれは大きく違います。通常のクリプトン電球が、40W, LEDが0.7Wです。

ためしに、電力料金を計算してみましょう。1日8時間つけるとしますと、

40W x 8hr x 300日 = 96kwhr ( 2,112円/ 年)

0.7W x 8hr x 300日 = 1.68kwhr ( 37円/ 年)

とかなり違います(1年の開業日を 300日と仮定しています)

つけっぱなしたとしても、大した金額にはなりませんので、この電球は昼間でもつけっぱなしとすることにしました。(さすがに夏期は、消そうかと思っています)

 これらの発光ダイオードは、ご覧の通り金額も安く、おすすめです。

 熊本では、ハンズマンで入手できました。

 このほかに、常夜灯であるナツメ球もLEDが出ています。(400円程度)これも、消費電力が1/10になります。

 最近は、信号機も発光ダイオードが増えています。

・長寿命
・低消費電力

で消費者にはいうこと無しですが、信号のメンテナンス業者にとっては、非常に厳しい時代になった気が致します。
posted by いんちょう at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2010年12月19日

お風呂の定量止水栓

 毎日のお湯はりどのようにしていますか?

タイマーをセットする
水位センサーを使う

あるいは、

ワンボタンでお湯が適量たまる?

タイマーを掛けても、水位センサーをセットしていても、お湯を自分で止めなければいけません。

そんな時に便利なのが、定量止水栓。蛇口に付けるタイプも売られています。

・・・今まではこれを使ってました。

 今付けている蛇口の温度調整がうまくいかなくなってきましたので、(タカギの製品)思い切って、TOTOの定量止水栓付きを購入。

TOTO 自動水止めシャワー水栓 TMF47CS 30,000円-43,000円


このタイプはなかなかDIYショップには売っていません。インターネット通販です。

20101219.jpg

 取付後の写真です。

左側が温度調整、右側がシャワーの水栓。真ん中のダイヤルが定量止水の設定ダイヤル。

180リットルで丁度でした。

お湯で溢れさせてしまうこともなく、非常に快適です。

困るのは、、、
・・・ホテルなどに宿泊したときにお湯をとめるのを忘れてしまうこと。

工事がなかなかできない場合は、

真ん中のを使用していました。これも、ホームセンターではなかなか見かけないようです。




 これなら、今ある蛇口に付けることができます。(製品の大きさにはご注意ください。バスタブと蛇口の高さに余裕が無いと取り付けることができません)
posted by いんちょう at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2010年12月13日

加湿器の修理

 約3年前に購入した三菱の加湿器(SV-DK807)

2010121301.jpg

ランニングコストが安く、能力も高く、なかなか重宝しています。

 この前急にカタカタ鳴り出して、内部のディスクがうまく回らなくなってしまいました。
2010121302.jpg

この加湿器は、ディスク式で、写真に示す緑色のディスク層に水の膜を作り、それをファンで蒸発させます。このディスクが回らないのでは、加湿できません。調べてみますと、すっかりギアが摩耗していました。
2010121306.jpg

 清掃したあとのディスクの組み立てが悪く、余計な負荷をかけてしまったようです。三菱の修理センターに電話してみましたが、このような機械だけの部品を直接個人には販売できない。持ち込み修理をしてくださいとのことでした。

・・困りました。
新しい加湿器を買おうと提案しましたが、あえなく却下。

 商品を購入しました販売店(ベスト電器)に相談しましたところ、部品を教えてもらえば、発注しますとのこと。

 で、届いた部品が、
2010121304.jpg

さすが、日本メーカー。きちんと補修部品が在庫されています。やはり、日本メーカーの力は侮れません。

2010121305.jpg

 来た部品と比較してみました。ほとんど歯車になっていないのがおわかりでしょうか。

 2010121303.jpg

と無事組み立てられました。修理完了。

 もうしばらく、この加湿器も活躍してくれそうです。
posted by いんちょう at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2010年11月26日

ソーラータイマー

 2週間ほど前に、看板点灯を自動化したと紹介いたしました。
このことを、医師のSNSに書きましたところ、とある先生より、
「日没に点灯するタイマーを使っています。」
と紹介していただきました。

 そんな便利なものがあるのかと調べてみましたら、「ソーラータイマー」という名称で、一般的に売られています。まあ、それほど数量が出る機械ではありませんから、近所のDIYショップには在庫なし。

 ネットで注文。(いい時代になりました)
2010112501.JPG
2010112502.JPG
1個あたり、12,000円程(定価2万円程度)です。

全国を10のエリアに分けて、カレンダーが内蔵され、自動的に日没、日出を計算してくれます。2番目の写真でわかるように、熊本は区域10(熊本が代表地点のようです)
日没2分前〜23時まで
の点灯に設定しました。

 現状のタイムスイッチです。いわゆる定時式・・これですと、季節が変わるごとに時間を変更する必要があります。だんだんと面倒になってきたので、前回暗くなると点灯するEEスイッチを取り付けました。
2010112503.JPG

 配線を見てお気づきでしょうが、交流というのに白線、黒線が使われています。ちょっと電気に詳しい方は、交流にはプラス、マイナスはないのだから、区別する必要はないと思われるかもしれません。が、それは大きな間違い。
白線−対大地で 0ボルト(すなわち、触っても感電しない)
黒線−対大地で100ボルト ・・・ 感電します。

と大きな違いがあるのです。これを確かめるには、検電ドライバーを使います。調べてみたところ、黒線で光りましたので、配線自体はあっています。

が、大きな間違いが・・・この配線では、スイッチがオフの状態でも看板に黒線・・すなわち感電する電圧がかかっています。電気工事士の試験では、「重大欠陥。一発で不合格」です。おそらく、設置業者の方が思い込みで配線されたのだと思います。(その他の配線は、綺麗にされており、全く問題はありませんでした)ここは、あとで直しておく必要があります。

2010112504.JPG

せっかく、EEスイッチを取り付けるためにこのように工事をしておりましたが、
2010112505.JPG

ともとに戻しました。

で、
2010112506.JPG

と設置しました。(極性を変更しているの、おわかりでしょうか)

 これで、当院は、日没前2分から23時まで、看板が点灯するようになりました。

DIYには、電気工事士の資格が非常に役立つと再認識。
posted by いんちょう at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | DIY

2010年11月13日

看板の自動点灯

電気工事士2種免許をとって、スイッチの交換などをちまちましていましたが、今日は久しぶりに大物に着手しました。
 暗くなると自動点灯する看板です。今までは、タイマースイッチで、決められた時間が来たら、点灯し、消灯するようにしていました。が、夏と冬ではずいぶんと日没時間が異なりますので、そのたびに設定する必要があります。だんだん面倒になりますし、この前までつい変更を忘れていて、暗くなったのに付いていないことがあるとクレームが付きました。うーむ、これではいけません。早速、自動点灯機能をつけることにしました。

 当院は、2つの看板があります。そのうちひとつは、最初から、暗くなると自動点灯する機能が付いています。まず、その装置を見てみます。
F1000016.jpgふむふむEEスイッチと書いてあるな。。早速ネットで検索します。
EEスイッチ 8010
10A用のスイッチのようです。近くのホームセンターでは売っていませんでしたので、通販を利用して、購入。
F1000009.jpg

2000円もかかりませんでした。

それでは工事です。一番苦労したのは、取付用ビスの取り付け。
電気ドリルを使って、結構苦労しました。
今までの配線を外して、新しい配線の準備。このあたりは、さんざん資格試験の時に練習しています。白線を全部いっぺんにつなぐのがポイント。
F1000006.jpg
配線終了して、スリーブで固定。そして、ビニールテープを巻きました。EEスイッチまでは3線のVVFケーブルを使用。このあたりは、2種工事免許を持っていないと、なかなか分かりにくい。
F1000004.jpg
完成時の写真です。3芯のケーブルを少しケチッてしまったために、ちょっと電線が短くなってしまいました。
F1000002.jpg

無事に暗くなったら点灯しました。これで、ずいぶんと楽ができそうです。

・・このような工事でも資格が必要です。間違った工事をしないように、資格をとったあとに工事しましょう。
posted by いんちょう at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2010年08月29日

遮光ネット

 先週から、窓に遮光ネットをはってみました。驚く効果があります。

 遮光ネットとは、園芸などで使われてるネットで、直射日光を70-95%くらい遮断してくれます。価格も安く、2m x 1m で \240-\300円程度。5m, 10mと買い足して、今回はどーんと2m x 50mを購入

20100829020.jpg

\13,500でした。(ベトナム製)・・価格の安いものは、作りがちゃちだったりして、選ぶのは結構難しいです。この製品は、両端にひもがあり、結構丈夫です。

2010082901.jpg
こんな感じで家中の窓にはっていきました。非常に軽く、ひかくてき光線が通るにもかかわらず、室温がそれほど上がりません。この遮光ネットは、おすすめ。
posted by いんちょう at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

自転車タイヤの交換

 今乗っている自転車は、もうおよそ10年間使用しています。ダイエーで15,000円程度だったとおもいますが、アルミフレームのためか、まだまだ十分に綺麗です。

 そろそろ、後輪のタイヤの溝が擦り切れてきましたので、交換することにしました。
IMGP0747.jpg

 量販店でタイヤが1000円程度、チューブが700-800円くらい。前輪も同時に交換すると4000円近くかかってしまいます。こんな時には、amazon。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002KLQALK/ref=oss_product
IRC 45型 26×1-3/8 ブラック/ブラック 1ペア(タイヤ・チューブ各2本組) 価格: ¥ 1,890

 送料を入れても、2300円程度でした。
F1000018.jpg

 前輪の交換は、それほど難しくはありません。ナットを緩めて、外すだけ。(といっても、チューブの取り外しにずいぶん手間取って、朝の通勤前でしたので、結構焦りました)

 さて、いよいよ後輪。まず、作業がしやすいように自転車をひっくり返します。
IMGP0742.jpg

タイヤの右と左の組立状況を写真に記録しておきます(すぐに忘れてしまいますので、これは結構重要な作業です)
IMGP0743.jpg
IMGP0744.jpg

分解していきます。
IMGP0745.jpg

タイヤが外れました。
IMGP0746.jpg

タイヤとチューブを交換して、再度組み立てます。
IMGP0748.jpg
IMGP0749.jpg
もう、暗くなってしまいました。。。

が、うまくチェーンが空回りしてくれませんし、ペダルが非常に重い。。・・・翌日に持ち越し。

 翌日、いろいろ調整したところ、チェーンのたるみがなくなっていることに気が付きました。チェーンの引っ張り調整がうまくいってなかったみたいです。

 ようやく完成して、乗ることができました。

自転車屋さんでは、前輪2000円、後輪2500円の手間賃がかかるようです。ちょっと、小遣いを節約することができました。

 なお、この手の作業は、ネットで懇切丁寧に説明してあります。今回は、それらのサイトを参考にさせていただきました
posted by いんちょう at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY

2009年10月10日

プラリペア

 このようなところを壊したことはないでしょうか?

09101001.jpg

これは、10年近く使っているCanonのパーソナルコピー機の紙送り部です。FC-20(まだ現役商品のようで、びっくり)
 瞬間接着剤でくっつけても、荷重がかなりかかる場所ですので、補修は不可能といって良いかと思います。

そこで、 以前より気になっていたプラスチック修理用接着剤プラリペア
http://www.plarepair.net/
を購入してみました。

09101002.jpg

この時点では、セット商品を購入したつもりになっていました。

付いている説明書の通りに、部品の一部を削ってV字型とします。

09101003.jpg

さて、ここに接着剤をつけようとして、困りました。
ニードルも、何もありません。





仕方ない次の代替用品を使いました。

09101005.jpg

耳かきはどこにでもあるとおもいますが、注射器は厳しいです。
購入時にセット商品を購入されることをお勧めしておきます。

さて、完成。

09101004.jpg

まだ、試してはいませんが、一度プラスチックを溶かして、接着しますので、十分な強度が保持されているはずです。プラスチックの半田付け補修という感じでしょうか。

ちなみににおいは、歯医者さんで補修の時に使うにおいと同じでした。(同じ成分らしい)

プラリペア・・・おすすめです。
posted by いんちょう at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY