2020年07月31日

ついに感染爆発−本格的なコロナ流行期へ

いよいよ、コロナが本格的に感染を広げてきています。

【速報】新型コロナの全国の感染者が1463人 1日の感染者数としては過去最多
FNNプライムオンライン 2020/07/31 18:41
コピーライトマーク FNNプライムオンライン
全国の感染者が1,400人を超えた。
31日、これまでに確認された全国の新型コロナウイルスの新規感染者は1,463人で、30日の1,301人を大きく上回り、過去最多となった。
福岡県で過去最多の170人の感染が確認されたほか、大阪府ではこれまでで2番目に多い216人の感染を確認。
また、東京の新規感染者は、過去最多の463人だった。
第二波と呼ばれていますが、地方にとっては、実質的な第一波です。
2020073192.jpg
 もはや、容易ならざる状況であるのは間違いありません。地方にとってはこれからが本番です。前回大都市の「第一波」は経験していないわけですから。


続きを読む
posted by いんちょう at 20:39| Comment(2) | Covid-19

2020年07月30日

熊本市医師会PCRセンターに出動協力

当院からPCRの検査予約をできるようになったことは、以前ブログにいたしました。本日、出動協力医をしましたので、簡単なレポートを

2020073089.jpg

(熊本市医師会のPCRセンター)
・かかりつけ医の紹介で、PCR検査をできる。
・自己負担は初診料保険相当分のみ。(3割の時約900円)
・完全予約制
・現在の処理能力は1日14人、28検体
・いわゆるKIOSK型。採取者と患者はボックスグローブ越し
・現在の検体は、唾液2cc と 鼻咽頭ぬぐい液

 処理能力(PCR検査機器の問題)から、残念ながらかなり少ない処理能力しかなく、しかも現在2日待ちになっています。7月1日から検査を開始して、現在までのところの陽性者は、昨日の1名のみ。

続きを読む
posted by いんちょう at 18:22| Comment(1) | Covid-19

2020年07月29日

8月の日本感染症学会はどうなるか。

 日本感染症学会という感染症を専門とする学会があります。この学会は残念ながら、

・コロナは怖くない
・PCR検査は必要最低限
・3月になれば、コロナなど消滅する
・梅雨で消滅する
・夏の紫外線で消滅する

と主張している医師が多い印象を受けます。当初は4月の東京で学会を開く予定でしたが、非常事態宣言が発令されたために、結局8月に延期としました。
 正直、8月に収まると考えている時点で甘いと考えていたわけですが、現在の状況を見れば明らかでしょう。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:00| Comment(0) | Covid-19

2020年07月27日

安楽死事件から、医師資格不正入手事件へ拡大

 京都嘱託殺人事件−もはや、安楽死事件とは呼べません−のうちの一人、山本直樹容疑者に医師免許不正疑惑が飛び出しました。
容疑者の医師免許、不正に取得か 嘱託殺人
2020.7.26 19:43産経WEST
 難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、薬物を投与して女性を殺害したとして京都府警が嘱託殺人の疑いで逮捕した医師の山本直樹容疑者(43)=東京都港区=が、医師免許を不正に取得した疑いがあることが26日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 捜査関係者らによると、山本容疑者は約10年前に海外の大学の医学部を卒業したとして医師国家試験を受験し、医師免許を取得したが、府警が大学に照会したところ、卒業の事実を確認できなかったという。
 医師国家試験を受けるには、医学部の卒業資格が必要となります。単に筆記の医師国家試験にさえ受かればよいというものではありません。
 小池都知事のカイロ大学卒業問題とは、質が完全に異なります。そして、この医師国家試験の不正取得にもうひとりの大久保愉一に関わっているという噂までまことしやかに流れています。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:13| Comment(0) | Covid-19

2020年07月26日

ほら吹き男爵 中野、維新はいつまでK値に固執するのか

 大阪府長をして、天を仰がせた中野貴志(大阪大学核物理研究センター教授)。彼の理論は、

この病気は発症後2週間で治るので、指数関数的に増え続けるのは不可能。


というものです。もちろん学者が、なにを主張してもかまいません。が、そのデマを行政が採用したとたんに罪は大きくなります。そもそも、上記の前提条件は明らかな誤りですから、

真理は時の娘

というように、化けの皮がはがれていきます。彼の主張は、学問として成立していません。


続きを読む
posted by いんちょう at 19:17| Comment(1) | Covid-19

2020年07月25日

京都安楽死事件−その背景を探る

京都で難病ALS患者を安楽死させて、医師二人が逮捕されました。
安楽死したALS患者女性の語った言葉とは 京都安楽死事件、医師2人逮捕
2020年7月23日 11:40
2020072584.jpg
 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した林優里さん=当時(51)、京都市中京区=が、医師2人から薬物を投与され殺害された安楽死事件。京都府警捜査1課などは23日、いずれも嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。
 安楽死は、手塚治虫のマンガにもドクターキリコが出てくるように、医療の本質的な問題でもあります。治療によって元気に動き回れるようになれるのであれば、もちろんすばらしいのですが、一番うまくいって寝たきりという方もおられます。
 ブラックジャックの中では、身体の大半が機械となり、それでも生きている高齢の女性が出ていました。もちろん、費用がかかるわけですから、その女性以外の家族は食うや食わず。それは、果たして許されるのかと言った問いでした。
 望みのない患者がキリコに自殺を頼み、ばれないように殺す、それをブラックジャックが何とか助けようとする−何度も出てくるストーリーです。

 この方面については、答えはありません。しかしながら、医療は人を生かすためにあります。人を殺す方法は勉強しません。私が医学生の頃、同じような安楽死事件があり、そのときに使われた薬物が「筋弛緩剤」でした。この薬物を利用したことに対して、当時の麻酔科の教官が、全く持って許されない。これは「安楽死」ではないと怒っていました。筋弛緩剤を使えば呼吸ができなくなるから死にます。が、呼吸したいのに呼吸できないのだから、これは拷問だ。こんな薬剤を使っては絶対にだめだと我々学生に向かって、発言していたことだけは覚えています。まず、今回の安楽死事件でも、この薬物が一番気になりました。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:41| Comment(0) | Covid-19

2020年07月24日

新型コロナ感染−いよいよ本土決戦突入

 いよいよ1日の感染者数が1000人近くまで増えてしまいました
国内感染者981人 東京366人、愛知97人―過去最多を更新・新型コロナ
2020年07月23日23時28分
 国内では23日、新たに981人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1日当たりの感染者は前日の795人を大きく上回り、2日連続で過去最多を更新した。このうち、東京都は366人と最多を大幅に更新。愛知県(97人)、福岡県(66人)、埼玉県(64人)などでも最多の感染者が確認された。
2020072401.jpg
グラフは 2020.7.24 熊日新聞より
 もはや誰がどう見ても、第二波がきているのは明らかですが、大本営で国民を欺き続けてきた日本政府は、さすがひと味違います。そして、その大本営の問題点を全く認識しなかった国民も同じ。

続きを読む
posted by いんちょう at 14:14| Comment(4) | Covid-19

2020年07月22日

第一波・・Stay Home 第二波・・GO TO トラベル

 新型コロナ第一波の時は、志村けん、岡江久美子、有名な方が次々と亡くなられました。8割おじさんもでてきて、さらには首相までも「Stay Home」を呼びかけていたのは記憶に新しいところです。その効果もあって、感染者数は激減し、どうにか通常の生活が行うことができるようになってきました。学校も6月には再開し、やれやれと思っていたときに出てきたのが、

大阪のほら吹き男爵こと 中野貴志阪大教授
2020062735.jpg

大阪維新が彼をして、

「感染拡大の収束に外出自粛や休業要請による効果はなかった」と明言

させました。彼は、新型コロナが指数関数的に感染者を増やすことは「物理的」にあり得ないという主張です。世界各国で、指数関数的に増えているにもかかわらずです。この「デマ」を信じた大阪維新は、2度大阪モデルの「改変」を行いましたが、結局「黄色」を発令せざるを得なくなりました。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:58| Comment(2) | Covid-19

2020年07月20日

無意味であることがようやく露呈したコロナ抗体検査

 新型コロナの確定診断は、PCR検査しかありません。そのPCR検査をできる限り妨害して、抗体検査で代用使用とするグループがいたことは、4月の時点からこのブログでも指摘していました。ウイルス感染症の確定診断として、抗体検査をやってもいったいどういうことなのか、はっきりとわからないことなど臨床医ならば、全員常識として知っていることだからです。
 ウイルスを直接検出できるPCR検査があること自体、新型コロナが起きるまでは恥ずかしながら全く知りませんでした。それほど、日本の臨床は遅れているのです(私が遅れているだけかも知れませんが、現在の状況を見るとそうではないでしょう)。昔ながらの「抗体検査」にこだわったあげくに、大失敗をしています。一番最初に表に出てきたのは、巨人。(「抗体検査」が無意味であることを天下に示した巨人)抗体陽性者が、PCR陽性ともなり、結局隔離。そして、「微陽性」なる珍妙な術語まで飛び出してきたことは、失笑を呼びました。
 これで、抗体検査が広まることはなかろうと考えていましたら、ソフトバンクの全社員を対象とした抗体検査により、また「息」を吹き返してしまいました。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:34| Comment(2) | Covid-19

2020年07月19日

中野貴志ほら吹き阪大教授とその一味−辛坊治郎の「“PCR検査信仰”を捨てないと重症患者を救えなくなる」理論

 世界各国がPCR検査を拡充し、陽性者をできる限り隔離することで、中国をはじめとする世界各国はどうにかコロナと折り合いをつけています。ただ、先進国の中で日本だけが、検査の「有害」性を説き、挙げ句の果てには検査を受けると偽陽性の可能性もあり、帝王切開させられるから検査拒否せよという主張をする医師さえいます。
 そうはいっても日本全国で検査が順調に増えているのは確かです。焦ってきたスンナ派は、ついに「尾身」に「検査のしすぎはよくない」としゃべらせ、BuzzFeedの新人記者にないことないことを書かせています。しかし、嘘記事は、いくら読みこなそうとしても本質的に矛盾があるので、読後感がすっきりしません。そして、一番の問題点は、記者も全く進歩できないことです。こういうウソは、局面局面で発言内容がまったく変わってきますから、首尾一貫した「真実」ではなく、「広報」に陥らざるを得ないのです。一度、「広報」を書くようになってしまうと、もはやそこからは抜けられないんじゃないんでしょうか。いくら記事を書いても、詳しくないわけですから、どこかに呼ばれてもまともに受け答え、さえできないでしょう。哀れなことです。

 さて、前回「あれは“やらせ”です」と暴露した辛坊治郎氏がまたトンデモ発言をしていたようなので、見てみましょう。

続きを読む
posted by いんちょう at 10:53| Comment(0) | Covid-19

2020年07月17日

中学校の内科検診を行いました

 新型コロナは学校にも大きな影響を与えています。私は隣にある西山中学校の校医をしています。例年ならば、5月くらいからぼちぼちと内科検診を3日に分けて実施していました。ところが、今回はご存じのように新型コロナのため、6月から学校が再開。学校健診については感染防御対策をとることが要請されています。

・密にならない
・聴診器は毎回消毒
・校医も毎回消毒
・マスク、できればフェースガードの使用

が、要求されます。特に問題なのは、聴診器の消毒。学年全体の前に、水泳部のみ―10名足らず−を実施しましたが、なにより聴診器の消毒、手指の消毒で疲れてしまい、とてもこれでは学年全体は無理と判断せざるを得ませんでした。やっても意味があるかどうか、かなり疑わしい内科健診ですが、それでも受験生にとっては非常に大事です。それは,高校受験の時には健診結果が必ず必要となるため。もちろん、自費でクリニックを受診するのも方法としてはあります。しかしながら、決して安いとはいえない料金がかかってしまいます。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:36| Comment(7) | Covid-19

2020年07月15日

妊婦に対する検査忌避要請は、犯罪だ

 世界各国で、検査、隔離を行うことでどうにか新型コロナと戦っています。唯一、日本語でしか医療を理解できず、頑固で、不勉強の医師たちがPCR検査は有害無益論−スンナ派−を唱えています。
 専門医と言われる人が、今回次のようなツイート

さすがに、これは見逃せません。未だに偽陽性云々を言うこと自体、あまりにも低レベルです。そして、強制的に入院させるほど影響を与える検査を1回の陽性のみで決めつけることはありません。それは、医療者にとっても、そしてなにより妊婦さんにとって大変な出来事ですから、何度も確認します。
 仮に陽性だとわかれば、当然隔離されます。が、もし、陽性をかくして出産し、あとからクラスター感染がわかって、他の妊婦、医療者、そして嬰児に影響を与えた場合に責任はとれるのでしょうか。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:42| Comment(4) | Covid-19

2020年07月13日

おかしな記事を見たときは、その記者も記憶せよ(2)

 前回のブログで、BuzzFeedの記事を取り上げました。このBuzzFeed Japanは、非上場であるとしても代表者もメンバー構成もはっきりせず、はたしてマスコミでこんな情報公開でよいのかと疑問に思うレベルでした。

 さて、新入社員の書いたPCR不要論を見てみましょう。もちろん、彼一人で書いているのではなく「専門家」の意見を聞いています。まず、第1番目。峰宗太郎医師−私の界隈では「マシュマロくん」と呼んでおりますけれども。。
 かれは、米国に留学していながら、毎日数時間はツイッター(マシュマロ)に精力を傾けておられます。あの生存競争の激しい米国の研究職なのにたいしたものです。

2020071370.jpg

続きを読む
posted by いんちょう at 20:20| Comment(5) | Covid-19

2020年07月12日

おかしな記事を見たときは、その記者も記憶せよ

 かつて日本の新聞には、署名記事がほとんど見当たらず、海外からそれはおかしいと指摘されていました。(ネット時代になる随分前)当時は、なぜおかしいのか全くわかりませんでした。しかし、ネットに流れる大量の記事を見ていますと、それがいかに重要なことかよくわかります。
 デマを流すには、少なくとも3つの要素が必要です。

1.デマを作る本人
2.デマを記事にする人間
3.デマを掲載する会社

1.だけでしたら、何の問題もありません。そのへんのおやじが、飲んだくれて酒場でわめいているのと同じだからです。それを、とりあげる2,3があることによってある一定程度の力を持つようになります。とくに会社の命をうけて(納得しないまま)記者が書くこともあるでしょうが、おそらく大半は内容を理解できないまま垂れ流す記者が多いようです。
 不勉強によるものか、それとも根本的に頭が悪いのか、あるいはその両方か。取材を続けていれば、その矛盾に気がつくはずなのに、一切考えない。その手の記事は「広報」と呼ぶべきです。

 インターネット時代ですから、ブログ、ツイッターは検閲はありません。書けばみんなにみてもらえる状態になります。しかしながら、ある一定以上の影響力を持とうとすると、比較的多くの読者を抱える「ネットメディア」に取り上げてもらわなければなりません。

 最近、有名人のツイッター発言だけで記事になったり、専門家と言うよりも売名家と呼んだ方がふさわしいたちが、デマを平気でまき散らすことが目につくようになりました。それは原発事故の時にもみられましたが、今回は世界中の国々が苦しんでいる感染症ですから、海外の手法のギャップを埋めるためにあの手この手の報道がされいています。これら情報を統合すれば、「真理」に近づくのはそれほど難しくないとは思うのですが、誰がどう考えても負けている戦争を4年近くやり続けた「国家」はまだまだあきらめていないようです。

続きを読む
posted by いんちょう at 10:28| Comment(8) | Covid-19

2020年07月11日

3度目の正直なるか。維新の「大阪モデル」

 5000名のコンサートも全員コロナにかかるわけではないから、ダイジョーブ と主張する維新大阪の作った大阪モデルが、いよいよ発動間近となりました。

大阪の新モデル、「黄信号」点灯の可能性も…若者の感染目立つ
読売新聞2020/07/11 16:23
読売新聞) コピーライトマーク 読売新聞 (写真:読売新聞)
 大阪府で10日、22人の新たな新型コロナウイルス感染者が確認され、府が休業要請・解除などを行うための新たな「大阪モデル」で、警戒基準の「黄信号」が週末か週明けにも点灯する可能性が出てきた。
2020071165.jpg
 府によると、11日に新規感染者が32人以上、このうち感染経路不明者が31人以上であれば、3基準を満たし「黄信号」が点灯する。

 その場合、府は対策本部会議を開き、府民に呼びかける具体的内容などを協議する。吉村洋文知事は「夜の繁華街への感染対策徹底や若者への注意を呼びかけることになる」としている


続きを読む
posted by いんちょう at 20:01| Comment(0) | Covid-19