2016年04月16日

1354.熊本地震 本震?

 自宅の倒壊は免れましたが、熊本市内は橋が落ちたり、マンションがつぶれたりとひどい状況です。

昨日の揺れが予行演習のように、今回は長い地震が続き、生きた心地はしませんでした。

とりあえず、無事であることのみ報告させていただきます。
posted by いんちょう at 03:30| Comment(20) | 原子力

2016年04月15日

1353.熊本地震の影響

2016041401.jpg・2016年4月19日 21:26 に熊本を震源とするM6.5 震度7の地震が起きました。ご心配いただきありがとうございます。
・私の住んでいる地区では、幸いライフラインは維持されてはいるものの、固定の悪かった家具や、ブロック塀などが倒れました
・診療には差し支えはなかったものの、被害状況を少し紹介させていただきます。
続きを読む
posted by いんちょう at 19:58| Comment(5) | 院内紹介

2016年04月04日

1352.イスラム国の使った「核」兵器?

2016040401.jpg・2015年8月にイスラム国がパルミラ遺跡を爆破し、きのこ雲を伴う映像を公開している。
・イスラム国が公開している画像を見ると、このような大規模な爆発が起きるとは考えにくい非常に小型の爆弾を利用したと主張している
・イスラム国が核兵器を持っていることを先進各国にわからせるために示威的に使用したと考えられないだろうか。

続きを読む
posted by いんちょう at 21:16| Comment(19) | 原子力

2016年04月03日

1351.チェルノブイリの報道から、フクシマの真実を見破る−溶融燃料約1,000トン チェルノブイリの5倍

2016040301.jpg・世界最悪の原発事故の一つであるチェルノブイリは、未だに廃炉計画が立たず、収束まで何年経つかさえ見通しが立たないとされている。
・それよりも遥かにひどい原発事故であるフクシマについて、同じ報道機関(日本)が廃炉まで40年とするあり得ないウソを平気で報道し、かつ両者の矛盾点を誰も指摘していない
・チェルノブイリとフクシマ。溶融燃料量を比較するだけでもその困難さがわかる。廃炉などできやしないことなど、業界の人間はみんなわかっているのである。しかも、これらの試算には、燃料プールの核燃料は無視していることを忘れてはならない。
続きを読む
posted by いんちょう at 20:47| Comment(4) | 原子力

2016年04月02日

1350.「乙武ワールド」を「理解する」

2016040201.jpg・自民党から参議院東京選挙区に出馬予定指されていた乙武洋匡氏が、週刊新潮の不倫報道によって出馬取り消しとなった。
・記事が漏れてきたあとに出てくる情報は、たとえば浮気をされた奥さんが謝罪をしたりという、世間一般常識からするとかけ離れた内容ばかりであった
・常識で非難することはたやすいが、人間それほど変わらない。なぜ、そういった心理、状況になるのか考察を進めてみる。


続きを読む
タグ:乙武洋匡
posted by いんちょう at 22:07| Comment(9) | 原子力

2016年02月28日

1349.Acer液晶(P224W)ディスプレイを修理する

2016022804.jpg・最近のパソコン、テレビなどの家電製品は、高効率のスイッチング電源を利用して、家庭用の100Vから内部のICなどを駆動する電気を得ている。
・スイッチング電源の故障で多いのが、電源ランプが一瞬つくもののすぐに消えるという内部コンデンサーの不良である
・購入5年程度経過したAcerの液晶ディスプレイが、同じような故障状態となったため、DIYで修理。無事使えるようになった。

続きを読む
posted by いんちょう at 16:11| Comment(6) | DIY

2016年02月27日

1348.金曜日雑談ツイキャス

 久しぶりにツイキャスを行いました。
・イスラム国の遺跡破壊
・東電の作ったシビアアクシデント対策ビデオ
・人口減少
・芸能人の病気ほか

続きを読む
posted by いんちょう at 20:33| Comment(11) | 原子力

2016年01月05日

1347.現場の実情をまったく考慮に入れない検討会を平気で作る日本の役所−薬の包装から考える

2016010501.jpg・失敗学の権威とされる「畑村洋太郎」氏を委員長とする消費者庁が、「子供が開封しにくい「チャイルドレジスタンス(CR)機能」の付いた包装容器の導入を検討するよう厚生労働省に提言する報告書をまとめた」
・今から数年前に同じCR機能のついた使い捨てライターが義務化され、子供どころか大人まで着火に苦労するようになってしまったのは、皆様ご承知の通り。
・すべては現場の実情を知らない机上の空論を振りかざして規制しようとする役所と、昔の名前で出ています式の進歩を止めてしまった「権威者」が尊重されるところに日本の大きな問題がある。続きを読む
posted by いんちょう at 20:42| Comment(20) | 日記

2016年01月04日

1346.なぜ、電力会社は見え透いたウソを平気でつけるのか

・原子力規制庁が再稼働の条件とし、九電も約束していた「免震需要棟」の建設を九州電力が平然と反故にした。
・理由として、「地震が起きても平常心を維持できるよう特別な訓練を重ねている」などと、いいわけにもならないことを平気で説明している。
・まったくもって許されないことだが、なぜこういった発言している本人でさえも信じられないウソをなぜつかざるを得ないのか、相手の立場に立ってみると九電の窮状もまたみえてくる。


続きを読む
タグ:九州電力
posted by いんちょう at 20:09| Comment(18) | 原子力

2015年12月28日

1345.「放射能の被害の大半はわかっている」と主張する竜田一人氏の主張

2015122801.jpg・「いちえふ」の筆者竜田一人、新進気鋭の社会は学者、開沼博が「フクシマ安全論」を振りかざしている。
・これらの人物に特徴的なのは、過去の経験を一切無視して、当局の「公式」発表を鵜呑みにしているところにある
・「放射能の被害の大半はわかっている」とする竜田一人氏は、「ノーベル医学賞」候補に匹敵するのではないか。続きを読む
posted by いんちょう at 21:24| Comment(12) | 原子力

2015年12月24日

1344.三日坊主実験で、ヒラメには放射能が蓄積しないと結論づけた水産庁

2015122401.jpg・小学生の夏休み自由研究並みの「実験」で、水産庁がヒラメにはセシウムが蓄積しないと結論づけた。
・ヒラメの養殖期間は、約1年。たった3日、しかもたったの4匹で「科学的」結論が簡単に導かれるとは、放射能関連の研究は本当に恐ろしい
・明らかに税金の無駄遣いである。国の機関の発表する論文も第三者機関の査読が必要なのではないか。あまりにも質が悪い研究が目に余る。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:00| Comment(7) | 原子力

2015年12月20日

1343.ブラジルの小頭症と原子力産業

・高レベルに被曝した場合に、小頭症の子供が生まれることは、ヒロシマ、ナガサキでみられた事実である。
・最近、ブラジルで小頭症の子供が激増しているとの報道があった。原因は、「ウイルス」とされているが、今までに見られなかった事象である
・ブラジルの核産業について調べてみたところ、鉱山、燃料加工会社、原発の立地点との関連性が否定できないことがわかった。

続きを読む
posted by いんちょう at 17:01| Comment(13) | 原子力

2015年12月18日

2015年12月16日

1341.ノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシェービッチの「チェルノブイリの祈り」

2015121601.jpg・「チェルノブイリを取りまく世界のこと」を執筆したベラルーシ人であるアレクシェービッチが本年度のノーベル賞を受賞
・国民の精神性、置かれた状況、など、なにからなにまで、フクシマを彷彿とさせる記述が続く非常に重い本である。
・原子力村の面々もこの書籍に対して、「反論」を試みているようなので、併せて紹介したい。

続きを読む
posted by いんちょう at 22:04| Comment(5) | 原子力

2015年12月11日

1340.最悪の原発事故が起きたのに「科学的」に健康問題を否定する御用学者、医師たち

2015121101.jpg・最近、チェルノブイリと比較してたいしたことはないから、健康問題など起きない。特別視するのは「差別」だと避難する催しがあちこちで開かれている。
・実際のところは、事故当初は、測定器上限の10万cpmを超える汚染者が続出し、チェルノブイリでは強制避難区域レベルの汚染度が広大に発生し、あのIAEAでさえも日本政府に避難勧告を出しているのである。
・IAEAの事故評価(INES)でLEVEL-7(最悪)と評価されたのに、健康被害が起きないとすれば、高いカネのかかる原発安全対策などまったくもって不要のはず。

続きを読む
posted by いんちょう at 20:45| Comment(14) | 原子力