2015年06月28日

1289.蔓延し始めたぶらぶら病

・内部被曝で最も注意しなければならいなのが、「非常にだるい」「仕事ができない」「家事ができない」という、原爆症の中で一番つらかった『ぶらぶら病』(肥田舜太カ) ・盛岡の動物園、都内、各地で「ナルコレプシー」といえるような状態を示す人たちが報告されている。 ・被曝による症状は、これからが本番。再度、アンテナを巡らす必要がある  被曝から4年が経過し、様々な訳のわからない現象が表に出てくるようになった。たとえば、楽天の故障は多発による神頼みや、動植物の大量死など。こんど..
posted by いんちょう at 10:17

2014年08月23日

1142.「ぶらぶら病」が猛威を振るっている

・フクシマ直後から、肥田先生は「非常にだるい」「仕事ができない」「家事ができない」という、原爆症の中で一番つらかった『ぶらぶら病』の危険性を指摘 ・東北、関東を中心にして、著しく増加しており、テレビ特集も組まれている ・自分の症状が当てはまらないか、もう一度確認してほしい にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  フクシマから4年目。そろそろ健康被害が表面化してきています。
いま、子どもの脳が"焼けている" ―― ハートネットTV、ディレクターのKです。 ある小児科医の取材で、ショッキングな話を..
posted by いんちょう at 18:54

2014年07月23日

1122.放射線と戦闘中であることを公言した福島市

・福島市が「放射線に負けないからだをつくろう」というパンフレットを作成 ・つまり、福島市には放射線(放射能)があり、住んでいる人は絶えず闘わされていると言うことを意味する ・政府は、放射能が福島県にあるかどうか、また「風評」とは何かをまず第一に明らかにするべきである。 にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ   2014072304.jpg福島市が「放射線に負けない」生活をしようとした情報ページを作成しました。  さすがに非難が多かったようで、
このページのタイトルを変更しました  このページのタイトルやチ..
posted by いんちょう at 21:22

2014年07月12日

1115.ネット中継を拒否する「原子力の、原子力による、原子力のための」経済産業省の原子力小委員会

・経産省の原子力政策の在り方を議論する原子力小委員会が、「意見を言いにくい方がいる」という理由でネット中継をしないことを決めた ・安井至委員長は、リスコミを振り回すトンデモ学者のひとり ・国民に開かれた原子力政策が必要だと提言されているにもかかわらず、この決定がまかり通るところに恐ろしさを感じる ・委員名簿を見れば、「原子力の、原子力による、原子力のための」小委員会であることがすぐにわかる にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ  
posted by いんちょう at 21:12

2014年06月12日

1093.医師に取材することもなく、白血病は放射能とは関連なしとするJ-CAST

・ヒロシマ、ナガサキの経験からしても、被曝で一番怖いのは「白血病」であり、3年後から増加していたとされている。 ・事故から数ヶ月で避難区域の犬猫の収集をされていた方、キャンプをされていた方、原発従業員、等にもみられたが、早すぎるから関係ないといわれていた ・事故から3年たった現在、白血病と放射能との関連は否定できないはずなのに、全力になって否定する集団がいる ・特に悪質なのは、J-CASTニュース。専門家の取材をしないままに記事にしているために、明らかに間違った記事を平..
posted by いんちょう at 21:57

2014年04月05日

1046.急増し続ける健康な人たちの死亡

・原因不明で昨日まで元気にしていた人間がぽっくり亡くなるのは、広島でも見られた被爆死の特徴の一つである。 ・311から丸3年たち、同じような経緯・症状で、若年の心筋梗塞(死亡原因不明)による死亡者が激増している ・現在は、若年の心筋梗塞があまりにも増えているため、珍しくないと吹聴されているが、医学的には非常に珍しい ・3年経過後の現在はまだ序章に過ぎない。今後、さらに急増するであろう。 にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ    昨日まで元気だった人間が、急死するのは被曝死の特徴です。
2014040401.jpg 兄「..
posted by いんちょう at 00:00

2014年03月08日

1029.ブログ記事 年間ベスト20の紹介(2011,2012,2013)

 このブログを開始したのは、2009年。311以降こつこつと書き続けて、エントリーが1000を超えてしまいました。過去のブログも結構おもしろい記事がありますので、毎週月曜日(20:00-20:30)ににこつこつと紹介しています。今回は、2011-2013年のベスト10記事を紹介させていただきます。 にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ   2013年 1.皮膚のできものに注意−丹毒、せつ、よう 2.心臓病、失明、低身長、奇形・・隠蔽し続けるマスコ 3.フクシマで起きている奇形の報告 4.原爆と核..
posted by いんちょう at 17:00

2013年12月28日

被曝後、わずか数ヶ月から白血病の発症が見られた 杉原芳夫医師の手記(3)

 白血病−最も有名な放射能に誘発される疾患といっていいでしょう。私自身も原発事故当初から注目し、極々初期からその症例をいくつかブログに紹介してきました。当時は、そのような短期間で起きるはずがない、風評をまきちらすだけだとものすごいバッシングを受け、さらに対応方法などまったく知らなかったものですから、往生しました。 1.30-40代女性・・埼玉?在住。急性骨髄性白血病 2011.8.1診断 8.9死亡 2.2歳のこども・・原発にわりかし近い。急性リンパ性..
posted by いんちょう at 20:39

2013年07月19日

国防軍を作り、命令に背く人間は死刑−自民党の目指す「うつくしい国」

 古代中国を統一し、度量衡を統一し、ありとあらゆる権力を自らの元に集中させた始皇帝 2013071903.jpg 韓非子(@Kanpshiというボットあり)の唱える法治国家を採用し、国民を苛烈なる法律の縛りで、統一せしめました。いくつかつぶやかれている言葉を紹介しましょう
posted by いんちょう at 06:59

2013年06月21日

フクシマの被曝では奇形は起きない、何の被害もない、ガンも起きない

2013062101.jpg Modelling the global atmospheric transport and deposition of radionuclides from the Fukushima Dai-ichi nuclear accident) 東京が〜、東北が〜 といっておりますが、実際のところは、日本全体が汚染され、それどころか世界中に広がっています。 2013060706.jpg フクシマによる影響の風刺画が、こちらで紹介されています。いずれも奇形のオンパレード。 2013062102.jpg 放射能に被曝..
posted by いんちょう at 20:24

2013年05月31日

扁桃炎の増加は、亜急性の被曝症状ではないか。

 芸能人の扁桃炎、扁桃周囲炎の報道を非常に多く見ます。フクシマ以前であれば、このような病気でタレントが活動を対しすることなど、あり得なかった−と言うよりも、表に出せない病気のいいわけとしても使えなかったでしょう。扁桃炎で1週間入院だってよ。なんてことは、嘘だとばれるので、だいたい虫垂炎になっていたはずです。ところが、フクシマ以降、私がざっと見ただけでも AKB48佐藤 扁桃炎とほほ。。。喉いたいー」22歳 女性 2012/5/10 08:42 土屋アンナ、扁桃炎で療養..
posted by いんちょう at 20:21

2013年05月16日

大和魂で放射能と戦わされる日本国民−消費者庁、リスコミ、田植え

戦場に散った乙女たち 3から 2013051601.jpg 精神力で戦うことを強要した陸軍の本土決戦政策。国防婦人会の竹槍部隊。(写真は『昭和史』毎日新聞社編、第11巻「破局の道」より) 竹槍戦法と天突き運動 2013051602.jpg こんな子どもまで・・ はだしのゲン 2013051603.jpg もちろん、大人も。国民一丸となって、鬼畜米英の兵士と最後の一兵卒、最後の国民まで戦うべく、訓練をしていました。もちろん、マシンガンに竹槍でかなうはずもなく、単なる精神論であったのは今となっては明らかでしょう。そして、私が疑問に思うこと..
posted by いんちょう at 23:23

2013年04月24日

「核兵器」にすら、反対しない・できない日本政府

 何の罪もない市民の上に核兵器を2発も落とされた日本 2013042403.jpg 追跡:2013ひろしま 「被爆再現人形」撤去 「訴える力強い」反対の声多く 原爆資料館「実物展示で十分」 /広島毎日新聞 2013年04月23日 地方版  原爆資料館(中区)が、原爆投下直後の悲惨な状況を伝える「被爆再現人形」を2015年度末で撤去すると決めたことを受け、インターネット上で方針撤回を求める署名運動が盛り上がっている。視覚に直接訴える人形は「悲惨さがよく伝わる」と残すよう求める声が上がる一..
posted by いんちょう at 21:53

2013年04月14日

ピカの毒−残留放射能−の真実(投下直後からプレスコードで隠蔽した米国と暴いたオーストラリア人記者)

 原爆の投下の中で、最も隠蔽されてきたのが、いわゆる「ピカの毒」と言われてきた代物−残留放射能−です。この残留放射能は、原爆を使う上で最も大きな問題であるとともに、差別の要因ともなりうるので、米国の意向(核兵器の残虐性を隠す)と日本の意向(体制維持と被曝被害隠し)がマッチして、被爆者自身が大きな犠牲となっています。  放射能は管理区域から持ち出さないように、除染する必要があるわけですが、プレスの前でそれを端的に話すと、大臣の首が飛びます。 鉢呂氏「放射能うつす」と..
posted by いんちょう at 22:15

2013年03月27日

「原爆体験を世界に」橋爪文〜NHKラジオ深夜便から(1)

橋爪文さんの話を聞いたのは、2011年の8月でした。すばらしいお話でしたので、ブログに何度も紹介して、本も書いてすっかりファンになりました。残念ながら、ネットでの放送も終わってしまいましたので、本当に残念に思っておりましたところ、きーこさんが書き起こしをされました。ながいのですが、全文をここで紹介させていただきます。 みんな楽しくHappy♡がいい♪ 1.その瞬間に、わたしは 「太陽が目の前に落ちた」と思いました 8/4橋爪文氏(文字起こし) 2.炎の下、黄..
posted by いんちょう at 22:07

2013年03月07日

放射能被害の実態を隠すためのプロパガンダ−今までとこれから

 放射能の被害を決して認めないことこそが、日本が敗戦以来米国に命じられ何が何でも守らなければならない一番大事なことです。そうするためには、どんなうそでもつくのがこの国の政治家であり、学者です。 みんなよくわかっていると見えて、こんな川柳  詐欺師には教授の肩書よく似合い(奥徒) 政府、マスコミは、うまくだましたと思っているでしょうが、日本人は全員がバカなわけではありませんので、あしからず。 事故当初に「直ちに危険はない」と言っていたのは、ご存じこの方 ..
posted by いんちょう at 22:52

2013年01月20日

生体濃縮が露見・・ムラソイから25万4千ベクレル

福島の魚から基準2540倍の放射性セシウム2013.1.19 10:28 [放射能漏れ]  東京電力は18日、福島第1原発の港湾内で取った魚の一種、ムラソイから1キロ当たり25万4000ベクレルの放射性セシウム濃度が検出されたと発表した。国の基準の2540倍で、過去最高の値を記録した。  東電によると、ムラソイは昨年12月20日に採取された。国が定める一般食品の基準値は1キロ100ベクレルで、これまでは昨年8月に採取したアイナメから1キロ2万5800ベクレルの放射性セ..
posted by いんちょう at 19:51

2012年12月26日

はだしのゲン−中沢啓治氏 鬼籍に入る

2012122601.jpg  はだしのゲンの筆者である中沢啓治氏が死去されました。晩年は肺がんを患っておられたようですが、インタビューなどでお元気な姿をついこの前まで拝見していましたので、残念でなりません。ヒバクシャの中で、核兵器と原発を結びつけて発言しておられる方は、ほとんどおられません。私の知る限りは、肥田先生、橋爪文氏、そして中沢啓治氏のみです。  はだしのゲンを購入したのは311以降の2011年9月。全巻を通して読んだのも、その時が初めてです。診察中に何度も目を赤くしながら、読..
posted by いんちょう at 22:21

2012年12月24日

尼崎講演会のアンケート感想の紹介

11月24日【土】尼崎の講演会の感想をまとめていただきましたので、こちらで紹介させていただきます。ありがとうございました。 ●小野先生のお話を直接お伺い出来何よりでした!色々な情報を自分で点と線でつなげていくのが重要であると分かりました。何も知らず生きるより自分で少しでも守れるように考えます!お話しありがとうございました!!帰宅後、本とDVD見ます!家族か友人にも紹介します!! (30代 女性 大阪) ●選挙では脱原発より「お金(年金。雇用)」が一番でした。原発は..
posted by いんちょう at 21:54

2012年12月01日

起立性調節障害−医師会のひねり出した「ぶらぶら病」の別名

 医師のつける病名・・診断が付いたと思って喜んでいるかも知れませんが、症状を単に病名にしただけのことはよくあります。 例えば・・・ ・過敏性腸症候群・・検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。  これは、単に下痢が続いていることを病名にしただけ ・機能性胃腸障害・・胃潰瘍や胃癌など器質的疾患がないのに、胃痛、胃のもたれ感、膨満感、食欲不振、むかつき、むねやけを症状とする疾..
posted by いんちょう at 17:14

2012年11月16日

原発工作員アサツーディ・ケイの報告書に見る「正しい」Q&Aの書き方

2012111601.jpg  実家の家捜しをしていて見つけた東電時代の名刺。ここに書かれている原子力技術課は、私が退職してから数年後に消滅してしまいました。いろいろな仕事をしていましたが、傍流の仕事でありながら、大変だったのがQ&A作成。  ウソをつかずに、いかに答えにならない答えを作るかが勝負。そして、そのような答えを作るためには、過去に作った膨大なQ&Aを見ながら、焼き直しで作ることが要求されます。これこそが安全神話をつくるために重要な方法であり、この神話を作る一員であった服部拓也氏のように「..
posted by いんちょう at 22:03

2012年11月13日

東電社員から、医師へ−あなたの知らないフクシマの事実

 以前、フクシマの医師会報に載った論文をこちらのブログに掲載しましたところ、著作権違反だと糾弾され、仕方なく削除したことがあります。著作権はたしかにやっかいです。現在自費出版をするべく準備をしていますが、この著作権には悩まされました。  著作権の例外規定は、次の通りです■無料・無許可でできる部分引用のルール 以下のルールの範囲内であれば、誰でも(新聞記者でも一般の方でも)、著作権者の許諾(許可・使用料の支払い)なく、勝手に引用して構いません。著作権法上、合法です..
posted by いんちょう at 21:48

2012年10月19日

核兵器にすら反対できない日本政府

 何十万人もの人に被害を及ぼした原爆。ヒロシマ、ナガサキを経験しました。ピカにやられただけではなく、その後もずっとその被害は続いています。 ヒバクシャの悲惨な状況 広島平和資料館データベースから 2012101901.jpg このほかには、このデータベースには貴重な生の証言などを聞くことができます。  このように言いようのない苦しみを受け、さらにフクシマで大量に放射能を現在もなおまき散らし、生態系に多大な影響を与えている核兵器について、日本政府の正式見解が先日発表さ..
posted by いんちょう at 20:47

2012年10月06日

ついに表舞台に引きずり出された米国

 IAEAの総会で日本政府が、「原発ゼロ」を公言しました。 「原子力利用、今後も拡大」 IAEA総会で天野氏明言 天野之弥事務局長は開幕の声明で、食品や医療など多岐の分野にわたり原子力が活用されていることを紹介したほか、核開発が懸念される国に対し必要な協力を速やかに行うよう要請した。原子力発電については、アジア諸国を中心に今後20年間でますます利用が広がっていくことに触れ、福島第一原子力発電所事故での教訓を活かし原子力安全に最大限に留意が重要であると語った。また、12..
posted by いんちょう at 19:31

2012年10月04日

原爆と核実験場での放射能と奇形児(600万アクセス)

放射能により起きる疾患は、下痢、口内炎、知能低下、心筋梗塞、脳梗塞、突然死、白血病、全身倦怠感、ガンなどありふれた疾患ばかりで、区別がなかなかつきません。唯一誰の目にもわかるのが、奇形児の増加だとおもいますが、これもありとあらゆる方法で隠してきます。  まず、真実を述べていると思う動画「死の灰の正体」をご紹介します。   奇形児の写真は、こちらで紹介していますが、一枚だけ−50分過ぎからです ちょっとだけほそく マイクロマイクロキューリー = pCi で 単位換算表..
posted by いんちょう at 21:16

2012年08月10日

第4回院内勉強会 原爆被害と内部被曝

 昨日、第4回目院内勉強会を行いました。 内容は ・放射能の基本事項(Bq, Sv, 半減期) ・原爆と原発をおなじもの ・内部被曝と外部被曝 ・ペトカウ効果 ・ABCCと731部隊 ・胎児への影響 など。途中BGMにイマジンが使われていたため、著作権違反の申し入れが来ました。そのため、この部分の音声はアフレコに変更してあります。ご了承ください。  今回の勉強会の参加人数は8名ほどでした。ほとんどの方が、東京方面から避難されてこられた方々で、..
posted by いんちょう at 21:51

2012年08月05日

夏休みの推薦図書・・読書感想文用

 我々は、ヒロシマ・ナガサキ・フクシマと一般人が大規模な被曝を三回も経験させられました。フクシマの被曝経験は、膨大な血税と御用学者の隠蔽によりこのインターネット時代においてもデマあつかいされ、ほとんど広まっていません。被曝を診る医師はおらず、むしろ放射能がいかに安全かを「証明」するために、その能力をフルに使っています。  先日は、福島県に住む医師の方から、その一端を紹介させていただき、ブログの記事にもしましたが、ご本人から論文の削除要求が有り、ざんねんながら本文は削除せざる..
posted by いんちょう at 09:53

2012年07月29日

フクシマが安全という知見は我々にはない−放影研が公式に認める(知られざる放射線研究機関 ABCC/放影研)

 今まで、フクシマが安全安全と色々な学者、医師が説明してきました。山下俊一氏は、100mSvまでは癌は起きないと、結論が出ているかのように何度も何度も発言し、さらに福島の小児科医の方もそのようなお話しを福島県民の前でされているようです。  肥田先生をはじめとする原爆被害者は、そのようなことはない。内部被曝の怖さを知らないから、そのような安全論を言うことができるのだと非難をされていましたが、国家権力の強力なマスコミ操縦能力の前では、その言葉も打ち消され、一部の人にしか信用..
posted by いんちょう at 05:15

2012年07月24日

放射能の真実を伝える動画と、推進側の動画

 今まで2回医師会の「公式」見解を紹介しました。医師は専門職です。本来は医師会の言うことなんて、聞かない人たちばかりで、医師会推薦の国会議員だって平気で落とす集団なのに、今回の放射能に関しては約8割程度の人が、医師会の言うことを信用しているのは非常に奇異に思います。通常なら、そんなことは認められないと騒ぐ人が必ず出てくるはずなのに、そのようなことをいっている医師は本当にごく僅かなのはなぜでしょうか。  私から見ますと、放射能安全でほとんど固めきっているように思えますが、..
posted by いんちょう at 21:33

2012年07月23日

福島県医師会報に載った福島県小児科医の見解

 私の手元には、「こんなことが書いてあった」 と資料を送っていただくことがあります。なかなか全部を紹介することもできず、申し訳ありません。また、時々ネットでは拡散しないでくださいという資料も送られてきますが、ネットに書かないという約束は致しかねますので、そのような資料はお送りにならないようにお願いいたします。 今回は福島県医師会員の方から送られてきた資料です。最初に福島県医師会報を紹介して、その方のコメントをご紹介します。 福島県医師会報 第74巻 第7号 201..
posted by いんちょう at 21:00

2012年07月16日

「あいうべ体操」で健康な身体を作ろう。伝承館での勉強会から

竹熊宜孝先生 2012071601.jpg  菊池養生園で、「土からの食農教室」を長年実践してこられた医師です。実は家内の父(義父)と大学の研究室が同じで、そういった縁もあり、今回講演会(7月15日)にゲストとして呼んでいただきました。 講演会自体は、西日本新聞の佐藤弘編集委員が企画され、北は青森など全国各地から、医師、歯科医師の方達約50名ほどが参加されておられました。 メインの講師は、今井一彰(いまいかずあき)先生 ・呼吸方法でアトピーは治る ・いぼ取りに一番いいのは祈ること..
posted by いんちょう at 21:34

2012年06月27日

フクシマの真実と内部被曝(屋久島)書き下し

2012年5月27日(日)に屋久島で行いました講演会 3月に講演依頼をしていただいた方が、書き下し文を作成して下さいました。こちらに紹介させていただきます。どのDVDでもほぼ同じ内容ですので、復習、あるいは時間がない方は読んでいただけたらと思います。 「フクシマの真実と内部被曝」 DVD要点まとめ集                       (目次) 1. 私のバックグラウンド 2. 原発の原理・問題点・電力が推進する理由 3. フクシマ事故..
posted by いんちょう at 21:03

2012年06月16日

プルトニウム汚染地図の衝撃

 事故当初から、プルトニウムは重いからとばないと 御用学者たちが話していました。 東大病院放射線科准教授・中川恵一&日本原子力技術協会最高顧問・石川迪夫「プルトニウムは非常に重いので遠くへ飛散しない」 アナウンサー「一般市民、私たちの生活にはどんな影響があるんでしょうか?」 中川恵一「「はい、これはありません」「この物質は非常に重いんですね。ですから、ヨウ素のように飛散していくことがありません」「わたしが生まれた50年前、プルトニウムの量は今の1000倍だったん..
posted by いんちょう at 08:28

2012年05月31日

大飯原発再稼働−自分の意見を政府に

 フクシマの教訓は、いくら安全性を高めても事故は起きる。事故が起きた時にどう対処するのかまで、きちんと詰めた上で、原発を動かせ。だと私は思います。 しかしながら「川内原発停止求め提訴」の記事を読みますと、原告側はいまだに「絶対安全は不可能」と訴訟理由を挙げています。私は、事故が起きた場合の対応を取るのは不可能。運転するのならば、事故が起きた場合の補償費用など支払うことは不可能。といった理由を付け加えるべきだと強く思います。安全議論になりますと、裁判官は体制側の味方をしま..
posted by いんちょう at 06:53

2012年05月04日

内部被曝−ペトカウ効果と遺伝疾患

われわれは原発事故にどう対処すればよいか(肥田舜太郎氏)から 「福島で被ばく初期症状が始まっている。今年秋から来年たくさん出てくる」 被ばく医師肥田舜太郎氏の演説 2011年5月 「被ばくはアメリカの軍事機密。伝えると厳罰だった」被ばく医師肥田舜太郎氏の演説(文字おこし)(前編) 「ところが後から街へ入った人が、今の医学ではわからないいろんな病気で苦しんだとうことを聞いても、それはその患者を診た医者が、原爆のことを悪くいうためにデマを飛ばしているんであって、体..
posted by いんちょう at 19:57

2012年04月04日

震災ガレキを燃やすいわき市

 私は日本人は、原爆の被害を受けているので、放射能は怖いことなど説明するまでもないとばかり思っていたのですが、原爆から復興できたのだから、放射能は怖くない と思っている人の方がはるかに多いようです。  肥田先生が、内部被曝について一貫して、警告をされているにもかかわらず、それを無視している政府は、一体だれの為に存在しているのでしょう。 震災がれきを本格焼却へ いわき市「線量、問題なし」と判断   いわき市は平成24年度、東日本大震災のがれきの本格焼却を開始する方..
posted by いんちょう at 21:34

2012年04月02日

献血と被曝問題

 みんなで支え合う献血(勝手広告というジャンルらしいですが、非常に良くできています) 献血ができる人は、日赤で非常に厳しく制限されています。 特定の病気にかかったことのある方 心臓病・悪性腫瘍・けいれん性疾患・血液疾患・ぜんそく・脳卒中など 服薬中、妊娠中・授乳中、発熱等の方 エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方 輸血歴・臓器移植歴のある方 6ヵ月以内にピアスの穴をあけた方 6ヵ月以内にいれずみを入れた方 一定期間内に予防接種を受..
posted by いんちょう at 15:57

2012年03月28日

東北でぶらぶら病出現か。

福島でうつ病などと診断、原発事故と関連3割超  東京電力福島第一原発事故後に福島県内の医療機関の精神科や心療内科外来を受診し、うつ病などと診断された患者の3割以上が、原発事故と関連があるとみられることが26日、福島県立医大(福島市)の調査で分かった。  入院患者も、放射線被曝(ひばく)への恐怖が入院と関連しているとみられる割合が全体の4分の1に上った。  県内77施設を対象に、事故直後の昨年3月12日から約3か月間に、毎週1日を抽出し、受診患者の状況を調査。回答のあった..
posted by いんちょう at 21:39

2012年03月08日

BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」3月1日放送から・・フィルムバッジをつける子どもたち

BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」3月1日放送から・・フィルムバッジをつける子どもたち  先日、福島郡山市の屋外活動30分制限について、記事にしましたところ、次の情報提供がありました。 ちなみに、郡山市が独自の時間制限を設けたのは、市長が原発事故直後に「直ちに健康に影響はない」という政府の発表を垂れ流す一方で、自分の孫はいろんな理由をつけて関西にいち早く避難させたことを市民から追求されそうになったからです。  真偽の程はわかりません。また、別の..
posted by いんちょう at 21:20

2012年02月24日

いずれどうせまた世界のどこかで起こるであろう放射能被害に備えて、健康被害の有無を含めた情報を蓄積しておくことは、人類への貢献(福島民報)

ちょっと長いのですが、福島民報の論説を紹介します。 2012022404.jpg 【県民の健康調査】日本、人類への貢献(2月1日)     18歳以下の県民の医療費を無料にする要望が、「医療制度全体の根幹に関わるので困難」と国から断られた。目的は県民の特に子供や若い世代の健康被害を長期間検査し、被害があれば直ちに回復することと、それを完ぺきに行うことで若い人たちが福島県内にとどまることにある。国の補助金が目的ではない。やりくりして独自の制度を貫徹したらいい。  ことは福..
posted by いんちょう at 22:11

2012年02月21日

内部被曝と外部被曝を「正しく」理解する

 福島の事故後、初めて(といっていいでしょう)内部被爆問題が取り上げられるようになりました。この問題の第一人者は、肥田舜太郎先生であるのは論を待たないでしょう。実際に被爆者を何千人も診察し、なにか大きな問題があると探し当てられました。  かたや、東大を始めとするいわゆる御用学者達は、自分で患者を診ることもせず、ICRPが政治的に決めた数値を現実に当てはめる努力ばかりしています。「この線量で被害が出るわけがない」「被害が起きるとは科学的に認められていない」  なぜ、結論が先..
posted by いんちょう at 22:44

2012年02月19日

ナターシャ・グジー チェルノブイリから舞いおりた歌の女神

 人は、色々な使命を帯びて生まれてきたと最近よく思うようになりました。それは、自分ではどうしようもない力。全員が「歴史の証人」として、自分の身に降りかかってくることを伝えていかねばなりません。権力に負けることなく、世間にながされることなく。  ヒロシマ・ナガサキでは、肥田舜太郎氏、橋爪文氏、中沢啓治氏(はだしのゲン作者)他、たくさんの方が自分の身を切りながら、証言を残されています。  チェルノブイリを経験して、日本に今おられる方はいないのでしょうか。 旧ソビエト..
posted by いんちょう at 17:13

2012年02月18日

放射能と白血病の増加

昨年の11月22日に次のようなニュースがネットを駆け巡りました。 白血病患者急増 医学界で高まる不安  各都道府県の国公立医師会病院の統計によると、今年の4月から10月にかけて、「白血病」と診断された患者数が、昨年の約7倍にのぼったことが21日に判明した。 これを受けて、日本医師会会長原中勝征は、原発事故との因果関係は不明として、原因が判明次第発表するとした。 白血病と診断された患者の約60%以上が急性白血病で、統計をとりはじめた1978年以来、このような比率は例..
posted by いんちょう at 21:13

2011年12月22日

放射能と人体(8)ブラブラ病以外の被曝症状とは?

被曝した母から生まれた子、健康調査を拡大 環境省11年12月20日19時25分 東京電力福島第一原発事故で被曝(ひばく)した恐れがある母親から生まれた子どもの健康調査を検討している環境省は、対象者について、当初想定していた福島市など14市町村の母子7千組から、福島県全体の2万5千組に増やす方針を決めた。来年度から調査する方針だ。  この調査は、全国約10万組の母子を対象に、今年1月から始まっている化学物質の健康影響調査(エコチル調査)の一環として実施する。原発事故後に、..
posted by いんちょう at 23:22

2011年12月20日

原爆被ばく者の方の証言

 最近、被曝と思われる症状をツイッター、ブログなどで見かけることが多くなりました。私自身は、内部被曝の患者さんと直接話したことはもちろんありません。おそらく、話したことがない医師がほとんどでしょう。そして、症状をまとめたような教科書は、もちろんありません。  有名な方々としては、 ・肥田舜太郎氏(被曝をされた医師・・現在94歳) ・橋爪文氏(市民の立場から原爆体験を語られる・・現在80歳) ・中沢啓治氏(はだしのゲンの作者・・現在72歳) いずれの方も活躍さ..
posted by いんちょう at 21:18

2011年11月19日

長崎原爆体験の講話会

他の記事も読みたくなったら道案内へ なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能) ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。  14時から、熊大の工学部で長崎で原爆にあわれた方の被爆体験講話会に参加させていただきました。パンフレットは以前紹介しましたが、再掲載 2011111601.jpg  フクシマがあったのに、なぜかしら原発についての記載は一切ありません。  被爆体験を話されましたのは、当時14歳、現在80歳の男性の方。..
posted by いんちょう at 21:16

2011年11月16日

本物の被爆体験を聞いて、自分に力を

 今まで、橋爪文氏、肥田舜太郎氏、中沢啓治氏(はだしのゲン作者)とその作者の言葉を映像、音声で聞きました。どの話しも全てご自身で体験されたことですから、学者や役人の言葉とちがって胸を強く揺すぶられます。自分が今していることに少しでも疑問を感じたら、この人たちの話を聞けば、またやる気が出てきます。・・関連ブログにこの方たちのはなしを紹介しています。  何も知らない学者のことを聞いては、迷うだけ。時間の無駄。 先日知ったのですが、原爆資料館でも動画でこういった証言をま..
posted by いんちょう at 15:12

2011年11月09日

福島除染ボランティアと入市被爆

他の記事も読みたくなったら道案内へ なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能) ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。  環境省はついに、除染ボランティアを大々的にホームページで募集を始めました。 2011110901.jpg 伊達市、福島市と言えば、駅伝でも紹介したように、かなりの放射能汚染地域で、原子炉内であれば全面マスクがない限り、入域してはいけないエリアです。 リクビダートル  リクビダートル(ロシア語Лик..
posted by いんちょう at 17:31

2011年11月06日

はだしのゲンの作者−中沢啓治

他の記事も読みたくなったら道案内へ なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能) ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。  なかなか、家庭の人に理解してもらえないママの話を良く耳にします。一体どうしたらいいのでしょうか。推進派は、カネを湯水のように使い、安心・安全を振りまいています。見ていて嘆かわしくなるほどで、各地で突然死の報告が相次いでいるにもかかわらず、表面上何一つ変わらない日常生活が続いています。こ..
posted by いんちょう at 10:08

2011年11月01日

2011.10月の注目記事

他の記事も読みたくなったら道案内へ
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能)
ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。

今月まで140万アクセスを越えました。ありがとうございます。
2011年10月にアクセスが多かった記事です。
  1. 気になる症例のまとめ2011.9.11
  2. 内部被曝−その評価と治療方法2011-10-10
  3. ..
posted by いんちょう at 23:59

2011年10月21日

人類とはなんと愚かで、なんと素晴らしいのだろう

他の記事も読みたくなったら道案内へ なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能) ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。 核爆発の実験  何度見ても、このような爆弾を人間の上に落とした人間がいることに怒りを覚えます。口で言い表せない怒り。そして、この現実を全く知らなかったこと。そして、独立のためには核も必要かもしれないとすこしだけ思っていたこと。原発でつとめていたこと。広島、長崎の事実を知りながら..
posted by いんちょう at 17:09

2011年10月17日

昨日は医師会当番医

 医師会では、私はまだまだひよっこなので、最近はずっと日曜日夕方の当番医が続いています。土曜日には確認の電話をもらっていたのですが、本日はすっかり忘れており、20分ほどたってから病院から督促の電話がありました。  医師は必ずいなければならないので、こういうポカは非常に迷惑をかけます。朝からいい天気で、ちょっと散歩に出かけて、図書館に行ったりと優雅な1日を過ごしていたため、すっかり忘れていました。  医師会病院の方にはご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。 ..
posted by いんちょう at 00:11

2011年10月13日

原爆生き残りの方の証言(肥田医師、橋爪文さん)

他の記事も読みたくなったら道案内へ なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能) ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。 (注意−商用利用は固く禁じます。放射能に関するいかなる商品についても、私は推奨しません。)  今回の原発災害が、あと10年前後していたら・・と時々思うことがあります。まず、ここ10年のネット関係のサービス 1995 インターネット、やや普及開始 1996 Yahoo! JAPAN ..
posted by いんちょう at 20:25

2011年10月10日

内部被曝−その評価と治療方法

他の記事も読みたくなったら道案内へ なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能) ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。 (注意−商用利用は固く禁じます。放射能に関するいかなる商品についても、私は推奨しません。)  内部被曝の評価、検査方法などについて、聞かれることが多くなりました。私は原発の技術者の経験があり、内科の医師ではありますが、放射能については嫌いなのでほとんど勉強しておりませんでした。従いまし..
posted by いんちょう at 22:43

2011年10月01日

2011.9月の注目エントリー

他の記事も読みたくなったら道案内
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスを。(Googleは複合検索可能)
ブログ記事は、引用元リンクを明示の上ご自由にお使いください。

2011年9月にアクセスが多かった記事です。
  1. 放射性セシウム除染が困難な理由(70万アクセス)2011.9.1
  2. 気になる症例のまとめ2011.9.11
  3. 殺..
posted by いんちょう at 23:08

2011年09月02日

白血病入門(6)まとめ−予後因子と典型症例〜医師国試から

初めてこられて右も左も分からない方は、目次から
なにか知りたいことがあるならば右側の検索ボックスからどうぞ。(複合検索は不可)  さて、このシリーズも6回め(最終)となりました。今回は今までの講義をまとめるとともに、予後因子、教科書的症例をご紹介します。 肥田 白血病はまだでない。3年以降で、白血病はピークが5年、がんが7年だった。これは必ずピークは出る。医師は知っておいた方がいい。(これは5月の話) 初期症状 ・貧血 ・感染に伴う発熱 ・出血傾向 ・..
posted by いんちょう at 21:46

2011年09月01日

2011.8月の注目エントリー

最近、急に閲覧者数が増えました。他の注目記事をご覧になるには、目次からどうぞ。
(しばらく同文をブログの最初に記述します)

2011年8月にアクセスが多かった記事です。
  1. 放射能を必要以上に怖がることは「エセ科学」=カルト宗教-新聞論説から2011.8.29
  2. 白血病入門(2)初期症状と血液データの読み方2011.8.23
  3. 2011/3/1..
posted by いんちょう at 23:12

2011年08月30日

お互いの肌のぬくもりが生きる力になる

放射能を必要以上に怖がることは「エセ科学」=カルト宗教-新聞論説からには、たくさんのコメントをいただきありがとうございます。 現在80名以上の方になっています。  私も随分励まされますが、このコメントを読まれる方全員が、同じような悲しみをかかえ、周りの人に自分の危機感が伝わらない悔しさが伝わってきます。コメントを書かれた方も、書かれていない方も是非お読みになってください。勇気をもらえると思います。 次のラジオ問題と私の心の中ではつながりました。 「原爆体験..
posted by いんちょう at 15:59

2011年08月25日

白血病入門(3)白血病の種類と原因

1回目に白血病の症例を一人ご紹介しました。この方は30代〜50代で、福島原発との関連は不明です。(福島の大熊町−福島第一原発立地点−とつながりがある方で、関東地方在住だったようです。ブログ昨日月曜日、骨髄検査の結果が出ました。病名は急性白血病との診断結果です。 急性白血病には骨髄性、リンパ性と分かれ、それぞれタイプがあり、治療方法も異なるようですが、その種別確定には病理検査にあと数日かかるようです。 ・・病理検査->人間が目で見て判断するということです。全自動..
posted by いんちょう at 22:15

2011年08月24日

放射能に盆も正月もない

 熊本には、母子疎開、家族疎開をされている方がちらほらおられるようです。疎開となれば、いつ頃までといったメドがある程度必要になるのでしょうか。  どう考えるか。 それは、セシウムの半減期30年を基準にするしか私にはありません。 チェルノブイリの汚染基準を改めてみてみます。 <チェルノブイリ>Cs 137のみで判断     (強制避難エリア):148万Bq/m2(MBq/km2) 第一区分(強制移住エリア):55万5千-148万Bq/m2(MBq/km2..
posted by いんちょう at 12:58

2011年08月23日

世界中のみなさん、反原発に向けて立ち上がりましょう 橋爪 文(原爆被ばく者)

 情報を得るために、 ・ブログの参照元となっているサイトの訪問 をします。今知っているサイトだけでは、どうしても情報の偏りが出てくるからです。引用しているサイトの中をたぐっていくことで、いろいろな情報をさらに得ます。私のサイトを引用していただいているということは、基本的にはおなじ考えの方であることがほとんどです。その方の他の記事などを拝見させていただきますと、 ・家庭の主婦で、3.11まではのんびりと過ごしていました ・美容院の方で、有名人の来店写真が載っ..
posted by いんちょう at 12:20

2011年08月20日

白血病入門(1)熊大の研修医時代

福島原発地域の犬猫を引き取り、里親探しを行っていた女性が急死 福島野菜の即売会などの活動も 2011082001.jpg 当該ブログ内に上記記事内容がすべて記載されていることを確認いたしましたので、再度掲載します。(クリックで拡大し、文章を読むことができます) 純情仔猫物語 肥田先生の新聞記事から −開業医の先生方にとって被ばくを治療する知識は、どういうものがあるのでしょうか。 肥田 一番マークしなければならない症状は、「非常にだるい」「仕事ができない」「家事ができない」という、原爆..
posted by いんちょう at 08:57

2011年08月18日

原子力発電入門(10)まとめ−絶対安全な原発は無理

 原発入門シリーズも、とりあえず今回で終了です。おおよそ基礎的な内容は理解できたのではないかと思います。元ネタは1回目でご紹介したように、米国の原子力専門家(Arnie Gunderson)の学生に向けた講義。米国の専門家の講義は、本当の基礎から応用まで入っており、大変ためになります。  今回の入門シリーズは、この講義を参考にしながら、私なりにまとめたものです。従いまして、具体的な数値・・・例えば炉心の大きさ、出力・・・などが抜けていますが、そこはご了承ください。  ..
posted by いんちょう at 07:07

2011年08月15日

原子力発電入門(8)−核分裂生成物の半減期と病気

 核分裂によって生じる代表的な物質に,ヨウ素131, セシウム137, セシウム 134, ストロンチウム 90などがあります。 まず、セシウム137。 2011081501.jpg この物質の半減期は、約30年。ある場所から除染などでなくなることはあっても、移動するだけ。消滅するわけではありません。 浅川町の稲わらからは、 約10万ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されました。この稲わらが、10kgあったとしますと、100万ベクレルとなります。 (セシウム 134も考えると、 20k..
posted by いんちょう at 20:53

2011年08月09日

福島はまるで別世界・・グリーンピース

 東大=御用学者 と頭から決めつけていました。とある方から、東大の児玉教授の動画を見たか?という情報を聞きましたが、また例の御用学者かと思って、しばらくそのまま放っておきました。ちょっと時間がありましたので、みましたところ大変驚き、エントリーをすぐに作りました。そのため、私のブログで取り上げたのは、国会答弁から3日後なのです。聞くところによりますと、この参考人招致を求めたのは、社民党とのこと。今まで社民党と聞くと失礼ながら、現実離れして何も考えていないと思っていました。  ..
posted by いんちょう at 06:00

2011年08月01日

松本市長 2011/3/22 定例記者会見-内部被曝の事実

チェルノブイリ原発事故で放射能汚染に晒されたベラルーシで5年半現地に住んで、医療活動を行った松本市長の定例記者会見での福島原発事故に関するコメントです。(2011.3.22に発言されていることに注目ください) 1)原発事故の際には最悪のことを考えて対応 2)子ども妊婦には早めにヨウ素剤投与 3)内部被曝を避けるために食品に注意 4)レントゲンなどの外部被曝はそのときで終わりです、内部被曝はそうではありません。  松本市長である菅谷昭氏は会見中にもおはなしされ..
posted by いんちょう at 05:11

2011年07月13日

子どもを守るために、具体的行動を

放射能は目に全く見えません。「みえないもの」に対する対応は、人によって異なるのは、当然と言えば当然です。 ・あなたは、神を信じますか? ・あの世はありますか? いろいろな意見があって当然でしょう。 まず、放射能の影響を信じていない立場に立つ方たち(たくさんありますね) 2011071301.jpg 確かにいろいろな面で、覚悟された紙面です。まあ、主読者は中年のおじさんですから、こういった紙面を作ることで、家庭内不和をあおっているのでしょう。一定数売れるでしょうし、陰ひなたにス..
posted by いんちょう at 06:16

2011年06月28日

信じられないのなら、日本国民をやめてもらうしかない。

6月27日(月)熊日の記事から 2011070602.jpg すばらしい記事です。よくここまでかけたと思います。 熊日記者リポートとありますので、熊日に電話しました。 少なくとも九州各県は、地方紙が独自に現地へ記者を送っており、この記者は40代後半の方とのことです。ここに書かれていることは、本当ですか?とお聞きしたあと、すばらしい記事なので、是非全国に配信してほしいとお願いいたしました。 ・東京新聞 ・福島日報 などに是非掲載していただきたく思います。  この記..
posted by いんちょう at 11:35

2011年06月27日

脱原発に騙されないよう

鹿野農水相、孫社長の電田プロジェクトを評価(朝日新聞) 2011年6月26日20時11分  鹿野道彦農林水産相は26日、耕作放棄地や休耕田に太陽光パネルを設置しようとソフトバンクの孫正義社長が提唱している「電田(でんでん)プロジェクト」について、「耕作放棄地を活用すれば、現実的にできる」と前向きに評価した。横浜市で開かれた太陽光発電の推進イベントで語った。  国内の耕作放棄地は約40万ヘクタールとされる。鹿野氏は「その4分の1は食料自給率向上に利用したいが、どうしても..
posted by いんちょう at 06:54

2011年06月26日

われわれは原発事故にどう対処すればよいか(肥田舜太郎氏)

肥田舜太郎(ひだしゅんたろう)氏 1917年広島生まれ。1944年陸軍医学校卒。軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。1945年広島にて被ばく。被ばく者救援にあたる。全日本民医連理事、埼玉民医連会長などを歴任。全日本民医連会長などを歴任。全日本民医連顧問、日本被団協原爆被害者中央相談所理事長。鎌仲ひとみ氏との共著『内部被ばくの脅威』(ちくま新書)は内部被ばくのメカニズムを解き明かし、その脅威の実相に迫る 「福島で被ばく初期症状が始まっている。今年秋から来年たくさん出てく..
posted by いんちょう at 20:29